ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

本格的なアナへの復帰~岩佐徹的アナウンス論55~07/08

d0164636_875389.jpg
・・・つづき

マイク・タイソン!


試験放送は'90年11月末から始まり、その大きな目玉としてボクシング・ヘビー級、
マイク・タイソンの試合を放送することになりました。日本でタイトルを失った
タイソンの再起第2戦です。
そのころ男のアナウンサーは 私と 大阪の朝日放送から移ってきた高柳謙一君の
二人だけでしたから、プロデューサーは当然のように私のところに来ました。

「しゃべったことありますか?」と言うので、「ないよ。でも、ボクシングはアイス
ホッケーにくらべれば、初めてやる種目としては、はるかにやさしいと思うよ」と
答えました。自信はともかく“成算”はありました。
選手は二人だけで、常にリングの中にいて間違えることはありえませんし、あとは
テクニックでなんとでもなると思ったのです。ハハハ。

それに、ボクシングは若い頃から好きな種目で、まだレベルが高かった世界戦は
ほとんど見ていました。担当しなかったのは、フジ入社のころ、日本は軽量級の
チャンピオンが次々に生まれてボクシング熱が非常に高く、先輩アナが大勢いて
“順番”が回ってくるのは相当先だとあきらめただけのことでした。
d0164636_87125.jpg
マイク・タイソンはたとえ“無冠”でも常に注目されているボクサーでしたから、
単なるスポーツ好きとして早くから彼に注目していた私にとっては、その試合を
実況できるのは、信じられないほどうれしい話でした。
「やさしい」と言ったものの、とにかく初めてだし、タイソンだし、万全の準備を
したいからと、いろいろ理屈をつけて、試合の10日前に出発させてもらいました。

ハプニングの連続

試合の会場はニュージャージー州アトランティック・シティーでした。
「一人旅離れているし、タクシーで行くからいい」というのに、プロデューサーは、
ニューワークの空港に、リムジンを用意してくれました。
これがケチのつきはじめになるとは思いもしませんでした。ハハハ。

フリーウエーからアトランティック・シティーの華やかなネオンが見え始めたなと
思ったら、急に車がスローダウン。どうしたのかと思えば、何とパトカーに停車を
命じられているのです! 知らないうちにスピードが出てしまったようです。

警官に求められた書類がなかなか見つからないあたりから雰囲気があやしくなり、
しばらくパトカーの方に行って何かをしていた警官が戻ってきて宣告しました。
「コンピューターでチェックしたら、この車はサスペンデッド(走行禁止)になって
いるからニュージャージーで走らせるわけにはいかない。TOW(牽引)することに
なるから荷物をパトカーの方に移しなさい。本署まで来てもらう」と。
d0164636_863279.jpg
「私の荷物もか?」と聞けば「そうだ」と言うので、「ちょっと待ってくれ。私は
東京から着いたばかりで、ホテルはすぐそこだから、まず私をそこへ連れていって
くれないか」と頼んでみましたが、「悪いけど、一度署まで来てくれ」と聞き入れて
くれません。結局、リムジンの運転手と一緒にパトカーの後部座席に乗せられ、
“連行”されたのです。ウインドブレーカーはかぶりませんでしたが。ハハハ。

その警官は沖縄にいたことがある、いわば『親日派』の、結構いいやつで、署に
着くとすぐ「ホテルには連絡してやる」と言って電話をしてくれました。
しかし、少ししゃべったかと思うと、私に向かって「おい、ホテルは君の名前では
予約がないと言ってるぞ」と言うのです。一難去ってまた一難です!
電話を代わって、思いつくあらゆる名前を出しても、答えは「予約はない」だけ、
しかも、後続部隊の予約もありませんでした。

とりあえず、一晩だけ部屋を確保し、その警官が呼んでくれたタクシーでようやく
ホテルにチェックインしましたが、日本でも取材以外で、警察の中に入った事など
なかっただけに、スリリングで貴重な体験でした。
あとで分かったことですが、そのころWOWOWのボクシング番組に関わっていた
某ジムの会長がそのホテルのオーナーと親しく「こっちに来るならうちに泊まれば
いいじゃないか」、「じゃあ、頼むよ」ということでまとまっていた話が、現場に
伝わっていなかったという、おそまつな話だったのです。

つづく・・・
by toruiwa2010 | 2012-07-08 08:08 | 岩佐徹的アナウンス論 | Comments(4)
Commented by デルボンバー at 2012-07-08 19:44 x
高柳アナはもうWOWOWの顔といって良いですよね。実況も、ツボを押さえていて、適度に“絶叫゛の混じった、個人的には好きなタイプですね。
そういえば、安田アナはお辞めになったのですかね?
Commented by toruiwa2010 at 2012-07-08 20:31
デルボンバーさん、こんばんは。

高柳は私と違って人柄もいいですから、
スタッフともうまくやってると思います。
「顔」・・・「格闘技の顔」ですかね。ハハハ。

安打についてはどうなってるのかよく知りません。
Commented by 山田康雄 at 2012-07-09 17:03 x
はじめまして 山田康雄と申します
ウィンブルドン決勝を見て ブログを書いておりましたら
岩佐さんと 栁さんの放送を思い出しました
ちょっと 調べていましたら 岩佐さんの ブログに 遭遇いたしました
Commented by toruiwa2010 at 2012-07-09 17:14
山田康雄さん、こんにちは。

ちょっと 調べていましたら 岩佐さんの
ブログに 遭遇いたしました・・・

・・・って、それだけかい!と、突っ込んどきます。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。