ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

おめでとうMLB通算50勝~黒田博樹、攻めの投球を~07/20

d0164636_9552648.jpg
07/19のツイート
NYYvsTOR:球宴をはさんで2試合結果が
出ていない黒田。前回はソロHRを打たれたが
6回までの投球は90点の出来だった。
出来がよくても勝てないのが勝負の世界だ。
5月の対戦では3HRされた。バティスタが
いないのは助かるがHRに注意したい。


せっかく1時45分の目覚ましで起きて居間に来たら、ニューヨークは雨の気配。
昼間なら待っている間、ほかのことをしていればいいのですから苦になりませんが、
この時間だと、やることもなく、さすがにきついです。ハハハ。

上空が明るいので中止にはならないと思いましたが、心配はむしろ黒田の方でした。
先発投手は登板日から逆算して、それまでの日々のルーティンをこなし、当日は、
試合開始時間から逆算し、起床から食事の時間や体をほぐすアップ、ブルペンでの
投球練習までを組み立てて行くと聞きますから、黒田もそのルーティンで途中まで
過ごしていたはずです。どの段階で、そのプランが崩れたかは分かりませんが、
映像から受ける印象では、雨が降り始めたのが最後の投球練習に入る前のように
見えたので、そうであってほしいと願いました。

試合が始まったのは午前3時すぎ…1時間待ちました。待った甲斐はありました。
黒田がメジャー通算50勝を飾る見事なピッチングを見ることができました。
d0164636_955521.jpg
ヤンキースが1回に4点を先取したときに“デジャブ”かと思いました。ハハハ。
前半戦最後の先発試合でも1回に5点取ってくれたのに勝てなかったからです。
「持って生まれたものですから」と苦笑していたという黒田ですが、開幕当初は
味方の援護がなくて苦しみ、ファンも地団太踏んだものです。しかし、5月27日の
A’s戦以後の10試合中8試合で先に点を取ってくれていて、その間の黒田の結果は
5勝1敗3ノーデシジョンです。そうです。援護があれば勝てるんです。
逆に言うと、昨日は“言い訳無用”の状件が整ってしまいました。ハハハ。

ファストボールのMAXは151キロだったと思いますが、ジグザグ打線を相手に
低めの変化球が生きていました。大きなピンチを招かなかったのは、どんなときも
決して投げ急がず、ここという場面で投げた変化球が効果的だったからでしょう。
6回の先頭バッター、左のゴーズに2-2から投げ込んだ、内角のボールゾーンから
ストライクに入っていく2シームは絶妙でした。

3ボールになったのは僅かに2回、得点圏に走者を背負ったのは3回だけでした。
108球、4安打無四球(死球1)、失点0で7回を投げ終えたところで雨が強くなり、
中断ののちコールドゲームになりました。

目を見張ったのはストライクが多かったことです。ここで言う“ストライク”とは
ストライクとコールされた球だけでなく、空振りやファウルなど、ボールゾーンに
あった球でも打者がバットを振ったものはすべて含みます。つまり、ストライクに
“見えた”ものまでを含んだ数字です。ハハハ。
それにしても、4回までの54球中40球、5~7回の54球中38球…私がスコアを
つけた17試合の中でこれだけストライクを投げた試合は初めてです。第2戦で
エンゼルスを8回0点に抑えたときでも109球中71球でした。
d0164636_9562714.jpg
これだけストライクを投げても、真芯でとらえられた打球は2,3本でした。
つまり、それほど、打者が「しめた」と思ったボールが実は打ちづらいのでしょう。
「攻めて行こうと思った」と語っていますが、この姿勢は正解だと思います。
最近はそうでもないですが、捕手・マーティンの性格によるのか、追い込んだあと、
無駄なボール球が多かったのが気になっていました。
今後は、「俺の球は痛打されにくい」と信じて、どんどん“ストライク”を投げて
納得した顔でマウンドを降りる回数を増やしてほしいと思います。
Throw strikes,Hiro !!
by toruiwa2010 | 2012-07-20 10:02 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by くに at 2012-07-22 13:27 x
岩左さんこんにちは。
ブログ拝見して遅ればせながら黒田メジャー50勝目の投球をMLB.comで見ました。
言われている通り6回の92マイルツーシーム見逃しの三振には痺れました。
昔マダックスがよく投げていたボールからストライクゾーンに入ってきて、打者はア然として見送るボールですね。

勝敗ではダルビッシュの方がいいですが、防御率だとほぼイーブン。
黒田は楽に投げて低目の変化球で内野ゴロに打ち取る技があるけど、ダルビッシュは常に全力投球で見ていてあまり余裕を感じません。
フォークかチャンジアップを有効に使えるようになると、もっと楽になって防御率もUPすると思うんですけど。
スイマセン。いつのまにか黒田からダルビッシュの話になって。
Commented by toruiwa2010 at 2012-07-22 14:18
くにサン、こんにちは。

防御率だとほぼイーブン・・・

私はそうは思いません。
3回ごとの防御率を見てみると、

1-3回:D/4.33:K/4.26
7-9回:D/3.46:K/3.21

ここまでは、ほぼイーブンでいいでしょう。

しかし、

4-6回:D/3.49:K/2.63

中盤の安定感が断然違います。
先発投手の大事な部分だと思います。
将来はともかく、現時点では黒田の方が
内容のいい投球をしていると思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。