ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

予定調和・大相撲・27時間テレビetc~先週のツイートから~     12/07/26

d0164636_10431159.jpg
予定調和ということ

07/19
「印象…変わらないっていうか、割と素直に
話されてるな、という感じですね」と菊川。
それがつまり控室の空気だったんだね。
ディレクターからの指示ではなく一種の
予定調和として“空気”が醸成され、出演者は
それに沿った話し方しかできなくなる…。


橋下大阪市長のかなり昔の不倫について週刊誌が暴露記事を書いた。どうでもいい
話だが、ワイドショー的には面白いのだろう。市長の会見の模様をビデオで流し、
スタジオでああでもないこうでもないと意見が出たあと、小倉から振られた菊川の
言葉は“通り一遍”だが興味深い。彼女にはこれ以上話しようがないのだ。

放送前に控室で軽い打ち合わせが行われるはずだ。その日 番組で取り上げる予定の
ネタについて当然話が出る。ディレクターから、「ここはXXさんから一言…」など
ゆるい構成が説明される。たぶん、「こんな感じで話して下さい」とは言わない。
ただ、あからさまではなく、その場の“空気”で“予定調和”は出来上がる。
d0164636_10434061.jpg
この話題で言えば、橋本をあまり正面からは責めない。
赤ちゃんパンダ死亡なら、とにかく残念がる。
イチローの移籍なら、勇気ある決断、ますます楽しみ、と言う…

そんな風に、カッチリではないけれど、話題ごとにどんな空気の流れになるかが
決まってしまうのだと思う。菊川の発言も、それまでの出演者の話を“踏まえて”
まとめただけの形になっていた。

ちなみに↑に書いたことは“事実”ではなく、経験から割り出した想像にすぎない。
しかし、ワイドショーにも時間の制限があって出演者が好き勝手に話していたら
枠の中に収まらないから、“予定調和”は必要悪、想像はそれほど外れていない。

だからこそ、ごくたまにうまく“調和”しなかったときにハプニング的な面白さが
生まれるのだ。
去年の1月に「とくダネ」で発生した予定“不”調和が典型的な例だろう。
                        → http://bit.ly/dF0KrO

もっと出番を

元共同通信記者・後藤謙次が「知りたがり」に
出演中:TBSが小林麻耶にキャスターをやらせた
ときに相棒を務めた。1年で番組が終わったが
TBSはなんの手当てもしなかった。
普通は別の番組で処遇するが。
キャッチーではないがいいコメントをする人だ。


政治関係では岸井成格と並んで好きなコメンテーターの一人だ。
数年前、“報道のTBS”がゴールデンに2時間のニュース枠を作り、小林麻耶を
メイン・キャスターに据えたとき、編成&報道部の首脳は何を考えているのかと
ビックリしたものだ。小林の相棒として起用されたのが後藤だった。
こちこちに硬くなっている小林に引っ張られたのか、後藤は硬かった。ある程度の
時間が経過すれば慣れるだろうと思ったが、いつまでたっても硬かった。2人とも。
d0164636_10435953.jpg
結局、番組はすぐにポシャった。
後藤は外部から招いたキャスターだった。2年前に共同通信を辞めて筑紫哲也の
後任になっていた。つまり、局に貢献しているのだ。だからこんな形で、番組が
終わるときは、局側がなんらかの別番組を用意するのが普通だが、それはなく、
彼はTBSの画面から完全に消えた。

“激怒している”という話が伝わってきた。TBSでは長く仕事をしていたのだから、
単純にごねたわけではないだろう。
想像にすぎないが、誰もが首をひねるような番組のスタート時に「数字が悪くても
簡単にはやめないから」などの約束があったのではないかと思う。

…その後も、決まった番組はないようだ。
「知りたがり」は政治ネタもかなり多く扱うのだから、きっちり話せる彼のような
人材を確保すればいいのにと思うが。 

名古屋場所終盤

大相撲名古屋場所:あす以降の取り組みが
少し変わったようだ。私が白鵬なら「俺にも
魁聖とやらせろ」と言いたいと思うね。
そして普通の相撲ファンとしては、なぜ、
白鵬・日馬富士を千秋楽に組まないのかと
言いたい。理由があるのだろうが伝わって
こないのはおかしい。


名古屋場所は終盤になって協会が取り組みを“いじって”話題になった。
当方は、それほど詳しいわけではないので友綱部屋の魁聖と宮城野部屋の白鵬が
対戦することはあり得ないのかどうかについて知識がないまま書いている。
つまり、魁聖と白鵬の対戦は可能だと思っているのだ。この点で間違っていたら
ゴメンと言うしかない。
d0164636_10441874.jpg
白鵬と日馬富士は揃って初日から白星を並べ、優勝争いの先頭に立っていた。
平幕で好成績だった魁聖を13日目、日馬富士にぶつけると聞いて驚いた。
さらに、白鵬にはぶつけないらしいと知ってもっと驚いた。
横綱と大関の差はあっても、2人とも全勝で勝ち進んでいるときに、大関だけが
高い確率で勝ちが計算できる平幕下位と対戦するのはいかがなものかと思う。
著しく“公平”を欠いていないか。

「白鵬はそんなこと考えないでしょう」とリプが来た。これだから困る。
もちろん、横綱・白鵬は「俺にも…」なんて考えやしないさ。「私が白鵬なら」って
書いてるじゃないか。
案の定、13日目、一方的な相撲で日馬富士が魁聖を一蹴して体力を温存したあと、
白鵬は大関・把瑠都に手こずって体力を消費した。翌日、大ひんしゅくを買った
稀勢の里に対する立会の変化につながっているかもしれない。
分かりやすい取り組みを作らないとファンは納得しない。

取り組み…専門的には「割」と言うのだが、今場所の割について腹が立ったのは
全勝同士の対戦を初めは12日目あたりに組むと聞いたときだ。
なんでも、横綱は番付順に下位から対戦していくことになっているらしい。
だから、白鵬の大関との対戦は10日目の鶴竜に始まり 琴欧州、日馬富士…の順で
当たることになっていたのだ。あちこちから声が上がったのだろう。間際になって
やっと千秋楽対決になったらしい。笑う気にもならない。機械的に順番に当てて
行くのなら審判部など要らないじゃないか。

ま、最後の最後で目をさましてくれてよかったが。

WBCに不参加

07/21
日本プロ野球選手会がWBCへの不参加を決めた。
主催者が不明朗なことをしている以上、きちんとした
態度を表明するのは正解だ。ベスト・メンバーを
出そうとせず、全力を出しているとも思えないのに
勝手をさせることはない。
ただWBC は世界一を決める大会じゃないけどね。


選手会が求めていることは理不尽なものではなく、ごくまっとうなものだ。
NPBなどが、なんとか考え直させようとしているらしいが、大義がないだろう。

前にも書いたことだが、WBCにはいろいろと無理がある。
多くの国で、これからシーズンが始まろうとする時期に開催することが無理。
投手の肩を保護するために投球数を制限する時点で無理。
野球という競技の性格(後述)から見て、短期間で世界一を決めることが無理。
第2回大会では改善されたかもしれないが、第1回のとき、日本vsUSAの主審が
アメリカ人だった。直接対決を一方の当事国の人間が判定する非常識さが無理。

…無理のオンパレードだ。
d0164636_10444126.jpg
野球はチーム・スポーツだが、投手vs打者の対決を積み上げて成り立っている。
他のスポーツに比べ、“個人競技”の要素が大きい。しかも、データがなければ、
あるいは少なければ、投手の方が絶対に有利なスポーツだ。
そして、サッカーなどほかの競技はケガさえなければ、いつも同じメンバーが
試合に出場するから、チームの力は一定しているが、野球は違う。
どんなにいいピッチャーでもすべての試合に出られるわけではない。同じレベルの
投手を多数そろえるのは難しい。どうしてもバラツキが出る。その結果、登板する
投手の能力しだいで試合ごとにチームの力も大きく変わってしまう。
それが野球という競技の特徴だ。

だから、A国とB国の優劣を1試合だけで決めて次のラウンドに進むシステムは
ナンセンスなのだ。少なくとも第2ラウンド以降は、3~5回は対戦しないと。
しかし、それはできない相談だ。だから、WBCは無理なのさ。
そして、繰り返しておくが、WBC優勝=“世界一”というのは無理!

大相撲千秋楽

07/22のツイート
前にもやったことがあるが、藤井アナは
結びの一番の仕切中は断るつもりだ。
どこまで黙れるか。黙る勇気が試される。
彼は相撲実況にひとつの「スタイル」を作った。 


白鵬vs日馬富士の全勝対決。
14日目までの流れ・勢いは明らかに日馬富士にあった。白鵬に果たして相手の
速い動きを封じる秘策はあるのかに注目しながら、結びの一番を待った。
前の取り組みの仕切り中に藤井アナと北の富士が大一番について話していた。
言葉を選んでなめらかに話せない北の富士のわずかな「間」さえ、いい味わいに
なっていた。長い時間をかけて作り上げた関係性は視聴者にとって得難いものだ。
NHKはそれを大事にしてほしい。
d0164636_1045073.jpg
日馬富士の奥さんが映ったり、懸賞の数が半端じゃなかったりして、藤井アナは
予定した通りには黙りきれなかったが、黙る勇気を後輩に示した。
彼の話し方は、もしかして、これが最後の正面実況なのかと思わせたが。  

斎藤佑樹、球宴へ

球宴始まる:1ヶ月前の5勝目以後勝っていない
投手が14万票余で1位選出されて先発している。
昔から組織票はあったから仕方がない。
人気だけで球宴に出る気分とはどんなものか?
それにしても、MLBの1位ハミルトンは 1100万票を
超えている。組織票の出る幕はない。


日本プロ野球のファン投票は総数が2248万票あまり、トップの稲葉の得票数は
42万票ほどだという。これでは、組織票がものを言う。MLBは組織票を投じても
全体の結果を左右できないからほとんど存在しないのだ。
シーズンの成績が悪いのに“強引”に選ばれてしまう選手も気の毒だ。
d0164636_10451983.jpg
1970年に青森県・三沢高校から近鉄に入団した太田幸司を思い出す。
甲子園での人気は斎藤など足元にも及ばないほどすさまじいものだった。
プロ入り後も人気は衰えず、70~72年、3年連続で球宴に出た。ファン投票1位で。
この3年間の太田の成績は55試合に登板して3勝6敗!
一方で、10勝を挙げてもなかなか選ばれなかったダルビッシュ…日本プロ野球の
“後進性”が見える。もちろん、日本には日本のやり方があっていいのだけどね。

嫌なら見るな…じゃなくて

フジテレビ「27時間テレビ」を視聴する。
OBとして責任があるからだ。
妻はあきれ果てて早くも自室に避難して行った。
根性なしが!ハハハ。


若くて強靭な神経の持ち主でなければ、とても見続けられる代物じゃないのだが、
“修業”のつもりで見る。ハハハ。
昔は、もう少し面白かったと思うのだが。
9時からは予定していた通り、ドラマに移行したが、その前に・・・

「27時間テレビ」…バラエティが売りの局なのに、
騒がしい、くだらない、仕切りが悪い、
テンポも悪い、タモリのテンション低くて
番組全体が盛り上がっていない。
あれまあ、いいところを探すのが大変だ。
どうするんだ。まだ24時間あるっていうのに。
ハハハ。

d0164636_10454670.jpg
毎年、この時期は正直なところ辛い。
見ていられない体たらくなんだもの。社員は恥ずかしくないのだろうかと思う。
1回目と2回目はまだフジテレビ・スポーツ部に在籍していたが、恥ずかしいと
思った記憶はない。

去年は深夜時間帯の岡村隆史に対する“いじめ”に始まり、彼やたけしの「嫌なら
見なきゃいい」発言でひと騒動あったが、今回は私のツイートにフォロワーから
軽いジャブが入って以下のやりとりになった。

27時間テレビっていつまで続けるつもり
なんでしょうね……節電、節電とうるさい位
言われてる昨今、無駄以外のなにものでも
無いような。(番組そのものが)

あなたには見ない権利があります。
節電とは関係ないかと。
それを理由にやめろと言っても説得力を
持ちません。

確かにそうですが、「権利」という言葉は
便利ですね。嫌なら見るな的な言い分も
あまり説得力は無いような気がしますが…
…(あと、節電は取ってつけた理由みたいな
ものなのでお気になさらずに)

文章をよく読んでみてください。
見ない権利がある…と書いています。それを
「嫌なら見るな」と置き換えるから騒ぎに
なるのです。意図的なら別ですけどね。
去年もそれでゴチャゴチャしましたね。


…どうも、“ニュアンス”ということを考えない人が多いのに困り果てる。
岡村やたけしが正確にどんな文脈で、どんな言い方をしたかは知らないが、去年、
私も「嫌なら見るな」と発言したことにされた。8月に当ブログ史上第2位となる
4645件のアクセスを記録した迷エントリー「深水ツイート・考~リモコンの8を
押さない選択も~」***を書いた。悪意しか感じられないものを相当数削除したが、
それでも216件ものコメントが殺到した。

このエントリーでも「“見ない自由”はあなたの権利」と言っているように、一度も
「嫌なら見るな」と書いていないはずだ。思ってないもの。
この二つは、ニュアンスが決定的に違うのだ。“見ない自由…”はイーブンの立場で
出てくる言葉だし、“嫌なら…”は上から目線で口にする言葉だ。
私の言い方を“嫌なら…”と置き換えるのは意図的ととられても反論できなかろう。
深く考えずに、コメントや記事を書くことからごチャゴチャするのだ。

***http://bit.ly/qjSQRS

3000フォロワー超え&40万アクセス到達

07/22 12:41:26PMのツイート
どなたか分かりませんが、フォロワーが
3000人を突破しました。
こんな偏屈ジジイに…ありがとうございます。
傲慢なわけではなく、すぐリムーブされることも
あるのでフォロー返しはしていません。
あしからず、ご了承ください。
癖のあるツイートが多いので読み過ぎには
注意してください。ハハハ。


2970件あたりから一進一退だったが、イチローの移籍をはさんだ2週間で一気に
50~60件増えた。リムーブ(フォローをやめる)する人も多かったが、新しく興味を
持ってくれた人はもっと多かったということのようだ。今は街の片隅でひっそりと
暮らす年寄りのつぶやきに耳を傾けてくれる。まんざら捨てたもんじゃない。
d0164636_1046435.jpg
25日にはブログへのアクセス数が40万件を超えた。
エキサイトに移ってから1年8ヶ月かかり、30万~40万件は5ヶ月で達成した。
この調子でいけば、ハーフセンチュリー、50万件到達は今年末か?
by toruiwa2010 | 2012-07-26 10:51 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2012-07-26 11:47 x
おぉ、イチローのMLB通算安打3000本よりも岩佐さんのフォロワー3000人達成の方が先でしたね!ま、比べるものではありませんが、どちらも継続してきた努力の結果です。大いに誇ってよろしいのでは?

後藤さんはTBSとは喧嘩別れしたようですが、系列局の大阪MBSには出演なさってますね。次の選挙特番=ちちんぷいぷいSPにも出演するのではないでしょうか。
Commented by toruiwa2010 at 2012-07-26 12:40
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

同じ3000でも、こちらは減ることもあるところがねえ。ハハハ。

後藤は、ちちんぷいぷいなら、おっちゃんにつられて
柔らかく話せそう。ハハハ。
Commented by しぐま at 2012-07-28 17:56 x
フジテレビ系列共同制作の「27時間テレビ」は、
そもそもFNSの結束力強化を目指してスタートしたのですが、
ここ4年ほどは、この番組で、地方系列局の多くが、
局外に飛び出しての中継をする事が、少なくなっている印象があるばかりか、
一部の系列局から、シラケムードとか、不協和音がくすぶっているのではないでしょうかね。
「27時間テレビなど、こういう花鳥風月的な企画を、SNG車を出動させて、生中継する必要があるのか?だったらSNG車は、突発重大事件や災害等緊急報道の飛び道具として待機させるべきだ」などと、
FNS系列局の技術スタッフの一部などから、異議を唱える声も、挙がっているのでしょうかね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-07-28 18:35
しぐまサン、こんばんは。

現場はいつだってキー局主導の仕事は
やりたがらないものでしょう。でも、局としては
キー局からの分配金で経営している部分も
あるから、ブーたれてはいられないでしょう。
Commented by しぐま at 2012-07-29 11:37 x
実は、フジテレビがこのテレソン特番を立ち上げた、
昭和62年春ごろ、フジテレビは一部FNS系列局との間に、
火種を抱えていました。
山形テレビが、かねてからフジとの関係が最もギクシャクしていたといわれたのに加えて、
岡山放送が、前年秋、フジからの役員派遣を断ったといわれる節で、
スポンサー付きネット番組の一括セールス対象から除外されました。
こうした、当時フジとの関係が冷えかけていた一部のFNS系列局の関係者にとって、
フジ主導での系列結束を意図したこのテレソン番組に付き合わされるのは、何か気分が乗らなかったのでしょうかね。

Commented by toruiwa2010 at 2012-07-29 11:39
しぐまサン、こんにちは。

話がどこまで事実なのか分からないし、
とやかく言う立場にありません。あしからず。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。