ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

オリンピック後半を振り返る2~300回超のツイートから~08/13

d0164636_746669.jpg
・・・つづき

08/06
ピストリウスについて、予選のあと「後半の加速」
という記述をあちこちで見た。加速ではなく、
後半も落ちないのだ。今日はダメだったけどね。
差別の気持ちはない。しかし、こういう結果になって
ほかの選手は納得するだろう。
もっと改良されたときにどうなるのかに興味はある。


このことをごちゃごちゃ言うのは私だけのようです。逆に怖いことだと思います。
中継でもアナウンサーはほとんど触れず、解説者も“当たらず障らず”の話だけで
済ませていました。もちろん、短い時間では難しい話ですからそれも分かります。
しかし、彼のような走者が増えて、上位に進出するようになってからでは遅いです。
関係者がつどって、もっと幅広い議論を今のうちにやっておくべきだと思います。

男子100メートル決勝:すごいメンバーがそろった。
準決勝で7人までが9秒台だった。ブレークがいる
ゲイがいる。パウエルもいる。
しかし、フライィングさえしなければボルトのもの
だと思う。後半の加速は誰にも真似できるものでは
ないと信じるからだ。スタートに集中しろ。

d0164636_7462231.jpg
ボルトの圧勝だったと言っていいのではないでしょうか。スタートラインに立った
8人中7人の準決勝のタイムが9秒台というメンバーを抑えてしっかり勝った。
スタート前の“落ち着きのなさ”が前とは違いますね。スタートを切った瞬間に
彼が勝つと確信しました。本人もそう思ったはずです。フライングしないかぎり、
そして2,3歩目でつまずかない限り、結果は見えているんですから。ハハハ。
しかし、強い。大差はつきませんでしたが、それは、ほかの選手も速いからです。

私ごとで恐縮だが、昨日の「引き分け狙い…」には
1200件を超えるアクセスがあった。大住さまさま、
有難い話だ。今日も12時までに720件を超えた。
今日の記事は「おとなしい」ものだし、昨日からの
流れだろうが、こうなると ちと恐ろしい。ハハハ。


当ブログの1日の最高アクセス数は去年11月の5291件です。
ヤフーのHPに女子テニスのシャラポワが試合中に発する声についての記事があり、
その関連記事の中に私の古いエントリーがリンクされていたためですから、いわば、
他力本願、人のフンドシ…ハハハ。

ほかにも錦織のコート上のふるまいを軽くたしなめたときも、ネットで広められて
4645件を記録しましたから、今回の1213件はビックリする数字ではありません。
しかし、このささやかなブログとしては数ヶ月ぶりの1000件超えです。それだけ
関心が高いということでしょう。
決勝戦のあと、大住氏がどう書いたか知りません。自分が書いたことに触れないで
どうやって誉めようか、さぞ困ったことでしょう。ハハハ。

無理やりこじつけるつもりはありませんし、断言するつもりもありません。
しかし、0-2とリードされたあと、あれだけ頑張ってアメリカを追いつめたのは、
適度に主力選手を休ませ、長距離移動を避けることを選んだ佐々木監督の作戦が
功を奏したと言えるのではないですか。


録画でテニス決勝を見ている。
フェデラーの動きはいい。このフェデラーに
ストレート勝ちしたのだからマレーはよほど
調子がよかったのだろう。勝てなかったが
フェデラーは全米も有力候補。マレーに
とってこの金メダルは大きな自信になる。
化けるかも。

d0164636_7463752.jpg
結果としてフェデラーはマレーに敗れ、ウインブルドンでの年間2勝という快挙は
達成できませんでした。しかし、先日の記事に書いた通り、今シーズンのテニスの
日程は込み合っていて特に5セットマッチを戦う男子選手には過酷です。
画面でプレーしているフェデラーを見て驚きました。動きがいいと思いました。
全仏の開幕からオリンピックの決勝まで10週間で4大会23試合もプレーしている
31歳の選手には見えませんでした。

上位の選手の中で、今年の過密スケジュールの影響を一番受けるのが彼だと思って
いただけにビックリしたのです。プレーが若々しいです。
27日開幕の全米までに疲労が回復すれば、4年ぶり6度目の優勝も十分可能ですね。


08/07
今朝0時半~5時15分、日テレのサッカー中継が
17.1%!!凄いね。この時間にこの視聴率なんて。
日曜日の女子マラソンは22.5%か。
どんな放送をしても数字は出ちゃうんだよね。
見ないという選択もあるんだけど。

d0164636_747105.jpg
マラソンは日本時間のゴールデンですから分かりますが、真夜中の女子サッカーが
これだけの数字を叩き出すとは思いませんでした。
この日の解説者の声をめぐって非難する声がツイッター上で飛び交っていました。
女子マラソンの方には、“過剰CM”を憤る膨大な量のツイートがTLをボルトの
100メートル上回る速さで流れていました。ハハハ。

当然、見ないという選択肢もあるのですが、試合やレースを見たくないわけじゃ
ないから厄介です。本当か嘘か知りませんが、音を消して画面を見ながらラジオを
聞いているという人まで現れました。窮すれば通ず。ハハハ。

陸上:最悪だ。コンソーシアムは視聴者の方を
向かずに解説・アナの割り振りをするのか?
名前は出さないがトラック実況は*@&$#、
そして解説・・・絶句する。
ボルトの200が楽しみなのに。ストレスが
たまらないようにしてくれ。
寝不足だけでも厳しいのに。


この日は男子200メートルの予選がある日でした。実況が始まった瞬間に気持ちが
萎えました。このアナについては誉めたことがありません。あくまで“好み”ですが、
「ゴル、ゴル、ゴル」の大馬○アナと同じです。
何が起きているかを的確な言葉で伝えるのが実況アナの仕事です。
黙っていてもいいときには黙るのも仕事です。この人にはその勇気がないようです。

つづく・・・
by toruiwa2010 | 2012-08-13 07:56 | スポーツ全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。