ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

Jスポ&男子マラソンetc~“最近”のツイートから1~12/08/22

d0164636_9341245.jpg
08/12
Jスポーツさん、まさかこんなツイート
見てないでしょうけど、アドバイスを一つ:
番宣のナレーション「X時X分」の「分」の
読み方が間違ってます。「pun」と「hun」の
読み分けがでたらめです。
もう何ヶ月も前からです。直さないと。


メジャーの開幕直前になって急きょJスポーツと契約しました。2008年に
マリーンズの実況をやらせてもらったとき、パ・リーグの試合を見るために
入っていたことがありますが、それ以来4年ぶりです。
メジャーはNHK-BSで放送するものだけでいいや、と思っていましたが、
今年はダルビッシュが海を渡り、黒田がヤンキースに移ったこともあって
日本人投手が投げる試合を中心にしっかり見たかったのです。
オリンピック期間中に、日本時間の午前1時、2時に試合が始まったことが
何度かあって睡眠不足に拍車をかけましたが、自分が求めた結果ですから、
文句は言えません。ハハハ。

イニングの合間に流れる番組の告知スポットがひどい!
外部プロダクションに発注し、納入されたものをノーチェックでそのまま
放送しているという印象を免れません。
d0164636_9343117.jpg
日本語がややこしさのひとつは、人、冊、個、台、枚など、ものの数え方が
何通りもあるところです。

しかも、ここに挙げたものは読み方が一つですが、前につく数字によって
読み方が変わるものがあるので余計に厄介です。

1本:1ッポン
2本:2ホン
3本:3ボン
8本:8ホン/8ッポン
100本:100ッポン
1000本:1000ボン


…「本」は3通りです。法則はあるようで、ありません。えっ、あるのかな?
私が知らないだけ?どっちにしても、間違えたことないから問題ないけど。
ハハハ。

時間の「分」は2通りです。

1分:1ップン
2分:2フン
3分:3プン
4分:4プン
5分:5フン
8分:8フン/8ップン


Jスポの番宣スポットではたとえば「…は10時56分から」というコメントを
「ジュウジ56ップンカラ」と読むべきなのに「…56フン」と読んでいます。
開幕直後から気付いていました。
一般の人が間違えるのは一向に構いません。しかし、放送はまずいでしょう。

そう思って見ていると今流れているESPYアワードの告知では「…がジュショウ
された」と言っています。“受賞”された…はあり得ないし、“授賞”のつもりなら、
放送としてはきわめて紛らわしい言い方です。
「賞を受けた」か「賞を与えられた」が普通の日本語です。発注した制作会社は
よほど信頼されているのか、これもずっと流れ続けることになりそうです。

たぶん、アナウンサーは知らずに読み、収録に立ち会ったディレクターはアナが
そう読むならそれが正しいのだろうと思って見逃してしまったのです。
本来なら、放送局としては恥ずかしいミスですから、すぐにも修正すべきですが、
まあ、無理でしょう。1ヶ月待って直らなかったらまた言ってやろうっと。ハハハ。

不思議な感覚だなあ。中本の6位入賞は立派。
ただ、これは優勝を狙って行って落ちてきた選手を
入賞狙いで走った結果として抜いただけなんだよね。
レースの仕方としてはありだけど、100でSF進出とは
違うような気がしないでもない。憎まれ口ではなく。


男子マラソンで6位入賞は今の日本の選手層を考えたら上出来なのかもしれません。
本人にとっては、血のにじむような努力の成果です、他人からとやかく言われたら
かなり“心外”でしょう。
憎まれ口、余計なこと、と非難されることは覚悟しています。ハハハ。
d0164636_9345779.jpg
たとえば、陸上の100や200メートルでは一握りの選手を除いて、“駆け引き”や
“力を抜く”ことなしに予選から全力で走ります。状況によって最後でスピードを
落とし、3位、4位で次のラウンドに進む場合もありますが、ほとんどの選手は
きわめて“原始的”に速さを競った結果として準決勝や決勝に進むのです。そこに
“価値”があるのです。

しかし、マラソンは少し違います。出場選手の中に「入賞を目指す」と“普通に”
話す選手がいることに違和感があるのです。
“優勝を狙う”選手と“入賞すればよしとする”選手が同じレースを走る…うーん、
レースの組み立て方や走り方が違ってくるはずです。ペースを変え、駆け引きを
しながらメダルを争う選手たちの中からやがて脱落者が出てきます。“入賞狙い”の
選手は自分のペースを守って、落ちてくる選手を一人ずつ“拾う”ことで順位を
上げていくのです。中本はその結果として6位入賞を果たしました。あえて言えば、
この成果を手放しで称賛することには“ためらい”があります。

正直なところ、微妙に揺れています。いえ、嫌われるからではありません。ハハハ。
プロ野球では開幕前から、“Aクラス狙い”を公言することがあるし、箱根駅伝で
“シード権”を狙って走る大学があるなど、実力に合わせて目標を定めることは、
ほかの競技でもあることだからです。
ただし、この場合は「全力で戦っても、狙えるのはそんなところだろう」です。
マラソンの場合とは違うと思うのです。

多くの人が同意しないでしょう。
ヘンクツ爺さんの“繰りごと”と思ってもらって構いませんが、私も、「いいから、
優勝目指して全力で走れよ。途中でつぶれたって誰も非難しないから」とか、
「きたないやりかただ」と言っているわけでないことは分かりますよね。ハハハ。


08/15のツイート
レッドソックスのダグアウトの雰囲気は如何にも
悪そうだったが、ここまでとは思わなかった。
ゴンザレスほか数人の主力選手たちの間に
たまっていたバレンタイン監督に対する不満が
7月末にレスターが11点取られるまで
代えなかったことで爆発したようだ。(続


続)27日にNYのホテルで開かれた選手ミーティングで
監督への不満が噴出したらしい。
「彼の下ではプレーしたくない」という選手もいたそうだ。
不満は対監督だけではなく選手間にもあるらしいが、
バレンタインのマスコミに向けた発言に相当問題が
あるようだ。


2008年に千葉ロッテ・マリーンズの石垣島キャンプにも行きました。1シーズン、
実況や取材をしましたから、バレンタインの会見は何度も聞いています。
インタビューの様子を見ているとき、顔は笑っていているのに、その目にはどこか
“冷たさ”を感じることがありました。「油断ならない男だな」と思ったものです。
深く付き合う必要がなかったのは幸いでした。ハハハ。
d0164636_9351828.jpg
球団から大事に扱われているのがよく分かりました。コーチをはじめ、球団周辺に
“とりまき”が数人いたようです。メジャーではよくあることですが、なぜか、
“健全”な感じは受けませんでした。
先頭に立ってファン・サービスに協力する姿勢には感心しましたが、毎日のように、
目まぐるしく打順や守備位置を変える戦略にも疑問がありました。一定の結果が
出ていたため球団は手出しができなかったのでしょう。初めは新鮮に映ったものの、
すぐに「これでは打順や守備の連係に必要な互いの“呼吸”が合わないだろう」と
思うようになりました。この年が4位、翌年も5位で解任されたのは当然です。

松坂が昇格してから何試合かを見ましたが、ベンチの空気がおかしいと感じました。
どこが、とピンポイントで指摘するのは難しいですが、ほかのチームのベンチ内で
監督と選手が作りだす雰囲気とは違って見えたのです。“距離感”でしょうかね。
チームの成績がよくないとごたごたするものですが、これもその一つでしょう。

今のところ、経営者は監督の側に立っているようですが、事態が公になった以上、
遅くともオフには何らかの動きがあるでしょう。バレンタインが1年で監督の座を
追われる可能性は60%ぐらいあるのかもしれません。ボビー危うし。ハハハ。

つづく・・・
by toruiwa2010 | 2012-08-22 09:41 | スポーツ全般 | Comments(8)
Commented by 赤ぽん at 2012-08-22 12:55 x
岩佐さん、こんにちは。

ものの数え方、アナが間違うのはいただけないですね。近所のおばさんが
「あらっ、昨日テレビでこう言ってたわよ!」ってな具合に広がりそうw
更にイカは何杯やらウサギが何羽とか…WHY? 複雑です日本語!

マラソンの“入賞を目指す”、言われてみれば確かに不思議な感覚です。
長距離走特有?!のものなのでしょうか?最初からすべての選手が
優勝するために
全力疾走というより、首位争いグループと第二集団、下位集団
という具合に
分かれた中での争いになる…
最初から優勝目指して玉砕戦法でいく選手もいないでしょうし。
野球やサッカー、陸上水泳柔道…とりあえず目の前や横に並んだ敵に勝つ事を
目指しますが、なにか違う感覚です。
コースや風速等、同一条件下での記録がないマラソンという種目ならでは?
ん?記録とかはまた別な話だし… 昼休み中に考えさせられましたw
Commented by toruiwa2010 at 2012-08-22 13:48
赤ぽんサン、こんにちは。

せっかくの昼休みに考えさせてしまって
すみませんでした。ハハハ。
Commented by Vevey at 2012-08-22 18:49 x
岩佐さんこんにちは。
今は局アナを辞めてしまった、元テレ朝の佐々木アナの数の読み方に違和感がありました。
24人→にじゅうよにん ではなく、にじゅうよんにんと
読むのです。彼の辞書には4はよんという読みしか無いようで、24日はにじゅうよんにちでした。
佐々木アナはお昼の番組で新聞読みをやっていたので、毎回?と思ったのですが、気になったのは私だけなのか?もう年配だから誰も言えなかったのか?ずっとその読み方でした。
彼の読み方はアナウンサー的にはありなんですか?岩佐さんのお考えを聞かせて下さい。
Commented by toruiwa2010 at 2012-08-22 19:08
Veveyさん、こんばんは。

えっ、佐々木君、テレ朝を辞めたんですか?
知りませんでした。フジの後輩・古賀万紀子アナが
奥さんですね。

いや、読みの間違いより、キャラクターとして
フリーでやっていけるとは思わないですけどね。
フジの山中以上に厳しい結果になりどうですね。

ニジュウヨンニンはあり得ません。ハハハ。
Commented by Vevey at 2012-08-22 21:04 x
岩佐さん今晩は。
ようやく胸のつかえが取れました!誰かに言いたくて、聞きたくて、仕方なかったのです。
あり得ませんよね〜ニジュウヨンニン、ニジュウヨンニチ!
私の日本語感覚がおかしいのか、ずっと疑問でした。

佐々木さんは3月いっぱいで退社して、浅井企画の所属です。どうしても現役にこだわる方は、しょうがないのかなと思いますけど、ショッピング番組で見る元局アナの方とか、本当にこれで良かったの?と思ったりもします。お仕事があるだけいいのかしら?
Commented by toruiwa2010 at 2012-08-22 21:12
Veveyさん、私はWOWOWでいい仕事をさせてもらえましたが、
きわめてレアケースです。どんな仕事があるのか疑問です。
Commented by Joshua at 2012-08-25 01:28 x
「二十四の瞳」を「にじゅうよんの…」とアナが読んだら、普通はクレーム電話の嵐でしょう(藁)。原稿の電話送稿とかで聞き間違いをさけるためにわざとこういう符丁を使うケースもあるかもしれませんが。
古賀万紀子アナ、楚々とした綺麗な方でしたね。でも私は1期後輩のDアナの少したどたどしい読みと大きなおでこが好きでした(ハハハ)。ブラウン管から見えなくなって随分経った頃、ヘッド・ハンターとの面談の場に、首狩り人として突然彼女が現れたときには驚愕しました。当時、人材発掘企業を自ら設立されていたのです。今は、ネイル・ケア会社のオーナーとしてご活躍とか。CXの元女子アナは正に多士済々ですね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-08-25 07:01
Joshuaさん、おはようございます。

Dとは在籍期間が少しダブってます。
悪い意味でなく、勝気でプライドの高い人でした。
彼女ほかにも、KやOなど、まったく無縁と思える
世界で活躍する元女性アナが多いのはフジの特徴です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。