ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

黒田が13勝目!~代走・イチローも弾んでいた~12/09/06

d0164636_1253073.jpg
09/06のツイート

黒田の登板が迫る。4試合連続で
少なくとも8イニングス投げて
2勝2敗だ。2連敗中だがヤンキースは
1点ずつしか取っていない。チームは
最近5試合を1勝4敗で、10ゲームの
リードを1ヶ月半で失った。
厳しい状況での先発だ。


7月18日時点で2位のオリオールズに10ゲームの差をつけていた。
レッドソックスの不振もあって、AL東地区は決まってしまったかと思っていた。
しかし、主力打者の調子が揃わず、サバシア、黒田に続く先発投手の整備がうまく
行かないヤンキースの進撃はそこからブレーキがかかった。
43試合を19勝24敗と負け越し、今日の相手レイズにも連敗を喫して、とうとう
オリオールズに並ばれてしまった。

パニック・ボタンを押す時期ではないが、Aロッドがけがから戻ったばかりだし、
テシェイラが戦列を離れている。チームの状況が極めて悪いのは事実だ。
そんな試合に黒田が先発した。レイズ戦は2度目だが、4月の登板では5回2/3で
KOされている。やばい。ハハハ。

ただし、実はひそかに期待していることがあった。
前回のインディアンズ戦は相手が9連敗中だったし、6月の試合では7回を1点に
抑えて勝ち投手だった。いい材料が揃うと逆に不安だと言っていたら、その予感が
的中してしまった。今日は“逆のケース”があるのではないかと思ったのだ。
だって、そうでなければ野球の神さまは不公平だもの。ハハハ。
d0164636_1254781.jpg
6回8安打、4失点。
結果的に勝ち投手になったが、交代を告げられたときの表情が物語っていたように
決して本人が納得できるピッチングではなかった。
5回に2アウト・走者なしからフォアボール、ヒット、3ベースで同点にされた。
肝心なところで、左打者の内懐をえぐる得意の2シームを取ってもらえなかった。
いつも通り、黒田は淡々としていたが、私の眼にはその1球が響いたように映った。

まあ、しかし、ピッチャーにとっては勝ち星が何よりの良薬だ。
今日は、打線に助けられたが、なに、これまでいいピッチングをしても点を取って
くれない試合が多かったんだから、胸を張って「サンクス」と言えばいい。
とにかく、これからの4週間が正念場だ。黒田もチームも。先発はあと5回だ。

代走・イチローが貢献

7回裏、先頭のジョーンズがヒットで出塁すると、ジラルディ監督はイチローを
代走に指名した。3塁側ベンチを勢いよく飛び出したイチローは主審のうしろを
すれすれに駆け抜けて1塁ベースに走った。体が弾んでいた。いい光景だった。
書いておきたいのは、イチローの足による“貢献”だ。
1死2・3塁でイチローが3塁にいたとき、ジーターの打球は前進守備のセカンドの
正面に飛んだ。“普通の送球”をすればイチローはホームでアウトだったはずだが、
ジョンソンの送球は大きく右にそれてイチローだけでなく2塁走者まで生還した。
d0164636_126459.jpg
ジョンソンの頭にあったのはイチローの足だ。ホームベースから3塁寄りに投げて
ボールをつかんだキャッチャーががっちり構えてタッチできるようにしなければと
考えたのだろう。イチローの足、スライディングを考えたらよほどいいところに
投げなければダメと警戒するあまり、力んで とんでもない悪送球になったのだ。

昨日は代打で三振、今日は代走から守備…それでも試合中は手すりに寄りかかって
戦況を見ている。輝かしい伝統を持つチームの一員としてプレーする喜びを全身で
感じているように見える。1年目のシアトルでの優勝経験とは異質のものだろう。
すばらしい。彼のためによかったと思う。
by toruiwa2010 | 2012-09-06 12:10 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by 赤ぽん at 2012-09-06 16:35 x
岩佐さん、こんにちは。

黒田が勝ったようですね。打線に助けられたようですがこれも野球のうち
おっしゃるように「サンクス」ですね。良かった。

イチローはマリナーズでは決して観ることの出来なかった代走での貢献とのこと。
今までと全く違う環境に“アジャスト”できている?!成果でしょうか?
正念場の9月がさらに楽しみになってきましたね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-09-06 16:48
赤ぽんサン、こんばんは。

黒田はこれを“きっかけ”にしてほしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。