ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日本人3投手 厄日?~岩隈&松坂KO,ダルビッシュは不運~     12/09/09

d0164636_14274281.jpg
好投報われず

09/09のツイート

ダルビッシュは中4日の登板だ。
前回は立ち上がりから17人の打者を
抑え込んだ。不運もあって3点を失ったが
監督は「これまでで一番良かった」と
評価していた。レイズに対しては28日に
7回を無失点だった。
コントロールの改善が心強い。


8回を96球で投げ切った。前回に続いて文句なしに及第点の投球だった。
2失点(自責1)したが、僅かに2安打だった。主審がかなり低い球をストライクに
とってくれたことも大きかった。
sweeping breaking ball …現地アナはそう呼んでいたが、今日のダルビッシュは
横に滑るカーブが多かった。これまであまりなかったような気がする。意識して
やってるはずで、そこはすごいと思う。
先頭のフルドにヒットを打たれたあとは14人の打者を続けて打ち取っていたが、
4回ごろからバットの芯でとらえられる当たりが増えていた。

惜しまれるのはやはりフォアボールだ。
8月に入ってから、1試合に6,4,5個だったことを考えれば最近3試合ではトータル
4個だったのだから数は減っている。
しかし、今日の2個はいずれも下位打者に与え、結果的に得点に結び付いた。

もう一つは盗塁だ。
1回には変化球のときにフルドの盗塁を阻止していた。牽制球で惹きつけたのが
効いたのだろうか。しかし、8回のエラーが絡んで同点となる1点を取られたが、
きっかけはケッピンジャーに与えたフォアボールと盗塁だ。
メジャー全体でも4番目に多い22個になった。ヒューストンのロドリゲスは19回
走られて1度も刺していないそうだから、上には上…イヤ下には下がいるけどね。
ハハハ。
d0164636_1428816.jpg
2-0とリードした6回の失点はノーアウトからヒットとフォアボールで作った
ピンチだった。実は“伏線”になったかもしれない出来事があった。
表のレンジャーズの攻撃でハミルトンが死球を受け、両チームに警告が出ていた。
ハミルトンは前の打席でセンター・オーバーの2ラン・ホーマーを放っていたから
相手のアーチャーが意図的にぶつけた可能性もある、あるいは、レンジャーズの
ベンチがそのように受け止めたかもしれない、と主審は見たのだ。
この警告は、次に一方のピッチャーがきわどい球を投げたり、ぶつけたりしたとき、
“主審が”、“意図あり”と“感じたら”、退場させる、というものだ。

ダルビッシュは影響を受けたかもしれない。それは本人でなければ分からないし、
影響があったとしても認めないだろう。内角には投げにくかった可能性はある。
手が滑ることだってあるからね。ハハハ。

結局、8回に2死2塁からのセカンド・ゴロをキンズラーがはじいて同点にされ、
この回でマウンドを降りた。ハードラックだったが、キンズラーのヒットや好守で
勝ったことだってあるのだから我慢するしかない。
考えすぎだとは思うが、気になるのは“ドヤ顔”だ。相手打者を打ち取ったときの
ゼスチャーや表情はもう少し気を使った方がいい。自信があるのは分かるが。
unwritten ruleがあるし、互いをリスペクトする、プライドを傷つけないように
振る舞うのがメジャー流だ。“遠慮”は無用だけどね。

登板はあと4試合だと思われる。
ダルビッシュが記録にこだわるかどうか不明だが、投手の勲章200-200(投球回数&
奪三振)は達成しておきたい。三振は問題ないが、4回の先発で30回1/3…うーん、
きわめて微妙な数字がノルマになってる。ハハハ。

最短KO

岩隈は最近5試合で4勝0敗だ。
最近4試合(3勝0敗)の防御率はなんと0.35!
26イニングスで自責点が1点というのはすごい。
今MLBで最も安定しているピッチャーだ。
ただし、相手の先発・アンダーソンも
コールアップ以来快調だ。投手戦?


いきなり、根負けして先頭打者を歩かせたのがきっかけで1回に得点を許した。
セスペデスのサードを襲った打球は“エラー”と記録されたが、強烈な当たりで、
“ヒット”でもよかった。岩隈が1回に失点したのは6試合ぶりだ。
この回、25球も要したことが失点よりも痛い気がした。岩隈の試合ではベンチより
私の方が投球数を気にしている。ハハハ。
d0164636_14282979.jpg
4回に4失点し、ランナーを残して降板した。
ホームランを打たれたのは5試合ぶりだった。まさかとは思うが、1死2塁から
セスペデスにサードを盗まれたことに動揺したかのだろうか?そんなに走られる
ピッチャーではないのだが、クリスプにもまったく無警戒で3盗を許していた。
今日はいろいろな意味で集中を欠いていたのかもしれない。

先発に転向してから最短KOになった。負けたのは8月5日以来だ。1ヶ月以上
好調を維持したことになる。そうは続かないさ。今日はダメだったと切り替えて、
次から出直しだね。


松坂は夕方からの録画放送待ちだが、相当シッチャカメッチャカだったようだ。
2試合続けて短いイニングでKOされた。自信も失ったことだろう。
次のチャンスがあるかどうかも定かではない。松坂の“出直し”は簡単じゃない。
d0164636_14284476.jpg

by toruiwa2010 | 2012-09-09 14:32 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。