ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

NHK>日本相撲協会?~“誤審”をめぐって考える~09/11

d0164636_929040.jpg
09/09のツイート

藤井アナ「誤審」とはっきり。
まさにそうなのだがNHKアナがここまで
はっきり言うのは珍しい。
それだけ相撲協会の力は弱まりNHKには
「やってやってる」という気持ちがあるのだろう。
そして、藤井はもうそろそろ実況卒業だから
思いきったことが言える強みはあるのだろう。


九月場所の初日、大関・把瑠都に 応援しているブラジル人力士・魁聖が挑戦した。
勝負は土俵際でもつれた…なんてものじゃなかった。応援はしていても、リアル・
タイムでテレビを見てもはっきりと魁聖の手が先に落ちた、と分かった。
妻にそう言ったし、軍配が魁聖にあげられたあと「少なくとも物言いはつくね」と
話したのだが、勝負審判は誰ひとり手を挙げなかった。

放送席の藤井康生アナも北の富士も初めから納得がいかない口ぶりだった。
“NHKらしかった”のは、アナが「早く見たいです」と言っているのにスローが
なかなか出なかったことだ。流れたビデオを見れば、「軍配さし違え」は隠しようが
なかった。甲子園でも大相撲でも、こんなときNHKはビデオ再生をしなかったり、
見せながら「微妙ですね」と言ってきたものだ。
d0164636_9291949.jpg
うん?と思ったのは、藤井アナが、こちらは“NHKらしくなく”「誤審ですね」と
はっきり言い切ったことだ。まあ、それ以外に言い方はなかったのだが。ハハハ。
だいぶ前に書いたとおり、昔の相撲協会は“威張りくさっていた。
そりゃ、相撲の世界しか知らないまま幹部になった連中にしてみれば、周りから
ぺこぺこされて“その気になって”しまうのも無理はなかったかもしれない。
大した“営業努力”をしなくても毎場所、大入り満員だったころの話だ。

テレビ時代になって、中継はNHKの独占だったから、民放はスポーツニュースで
“今日の一番”を放送させてもらうだけでも大変な思いをした。中継をやりたがる
民放局も当然あったから、協会はNHKに対しても強く出られたはずだ。
機嫌を損ねないために、ネガティブな話は中継でもその他の番組でも触れなかった。
たとえ触れても、遠回しな、あるいはあいまいな言い方に終始した。“微妙”の出番。
ハハハ。

時代が変わり、スキャンダルで世間を騒がすことが多くなった大相撲は、もはや
威張ってはいられない。テレビ中継があるかどうかは相撲協会の死活問題だから、
NHKとの力関係は逆転しているはずだ。ここ数年、解説者の北の富士や舞の海、
ときにはアナウンサーさえもがかなり大胆なことを言うようになっていた。
「ずいぶん、思い切ったことを言うなあ」と思わせた藤井アナの“誤審発言”も
この流れの中で出てきたものと考えるべきだ。
d0164636_9294247.jpg
二つのケースが考えられる。

藤井アナは長くNHK大相撲中継の中心アナだったが、どうやら“卒業”が近い。
現在55歳だから、本来ならこれからますます脂が乗ってくる年齢だが、NHKでは、
この年齢になると、少しずつ表舞台に立つ機会が減ってくる。
彼の場合、いつから減り始めたのか分からないが、先場所は正面の実況を4回しか
担当していなかった。今場所も10日目までに2回だ。明らかに減っている。
しかし、相撲アナとして“功なり名遂げた”彼にしてみれば、“終わり”が近い今、
思いきったことを言いやすいのだろう。勝手に引導を渡して悪いけど。ハハハ。

もう一つはNHK相撲中継班全体の意志として“誤審”を宣言したケースだ。
想像だから書き方が難しいが、中継車でスローを見たディレクターがインタカムで
藤井アナに「誤審だね」、あるいは「これはひどい」と伝えた可能性はある。つまり、
「これだけはっきりしているから、こちらもはっきり言おう」ということだ。
微妙に時間がかかったのはそのせい…と見ることができる。
“強引”に聞こえるかもしれないが、NHKのアナが自分の判断だけでこの種の
発言をすることの方が考えにくいのだ。

…視聴者の“胸のつかえ”はとれたと思う。
ただし、勝った魁聖が「負けたと思ったのでビックリ」と語り、負けた把瑠都が
「勝ったと思った」と語った一番にまったく逆の結果が出て確定してしまった。
相撲協会には抗議の電話が寄せられたという。当然だ。これに対し北の湖理事長は
「確認の物言いがあってもよかったのかな」と話したと言う。
こまかなニュアンスが伝わってこないが、ずいぶんノンビリした話ではないか。
身内をかばう“体質”は変わらないんだね。

NHKも、せっかく言うべきことを言って視聴者を納得させたのに、昨日はすこし
“トーンダウン”していなかったろうか?
問題の一番について話したとき、この日の実況アナは「…スローを見ると、うーん、
どうなんでしょうかという感じでした」という言い方だった。しかも、その前後に
解説者は いろいろな角度から撮った映像を見るとよく分かるが、土俵下から見ると
分かりにくいのだ、と弁解気味に話していた。
まさか、前日言い過ぎたので、局として後退したってわけじゃあるまいね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-09-11 09:34 | 放送全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。