ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

黒田が14勝目!~不運もあったが援護もあって~12/09/17

d0164636_550112.jpg
09/17のツイート

YY vs TB:残りが20試合を切って
負けられない試合が続くが、みんな
この緊張感を味わいたくてメジャーに
いるのだ。調子が落ち気味の黒田だが
そろそろ上昇のきっかけをつかみたいね。
真価が問われる試合と言ってもいい。
イチローはベンチから。


援護点に恵まれて黒田が14勝目をマークした。ここまでの内容のよさを考えると、
勝ち星でダルビッシュに先を越されているのは気の毒だ。
前回登板まで、黒田の球宴後の成績は5勝3敗だったが、負けた3試合のチームの
得点は0-1-1点だった!これでは勝てないわ。ハハハ。

素晴らしい立ち上がりで、1,2回の六つのアウトはすべて三振で奪っていた。
空振りが多いのが目立った。2イニングス、7人の打者から10個…低めの変化球が
よく切れていた。「打者は、スプリッターとスライダーの見きわめが難しそうだ」と
現地コメンテーターが話していたが、その通りなんだろう。
ただし、メジャーでの最多奪三振は11個だから、2回で6個は異常なペースだ。
好調と言えば好調なんだろうが、投球数は増えるし、本来の持ち味ではないから
素直には喜べなかった。

レイズの先発、マット・ムーアもいいスタートだった。去年9月に対戦したとき、
5回で11三振していたから1回に三者三振のときには嫌な予感がした。
しかし、3回にヤンキースはムーアをとらえた。ジーターとAロッドのヒットで
2点を先制したあと、マーチンがライトに3ランを叩きこんだ。

5点の援護は嬉しいが、この回の攻撃は30分近くかかったのは微妙だった。
日本と違ってメジャーではベンチ前でのキャッチボールができないからだ。
黒田がマウンドに戻ったとき、立ち上がりがポイントになるなと思ったが、案の定、
というべきか、先頭のゾブリストに初球をホームランされた。1回にもライトに
2ベースを打たれていたし、5日の対戦でも3ベース・ヒットを打たれていた。
明らかに投げにくそうだ。
d0164636_5502839.jpg
1点を返されたあとは、3,4,5番と続く中軸打者を落ち着いて打ち取っていた。
しかも、微妙に芯を外して打たせて取る本来の内容になりつつあったので、これで
大丈夫だろうと思った。5回を終わって68球…悪くても7回までいける球数だった。
しかし、意外な“落とし穴”が6回に訪れる。

先頭の9番・ロバトンにこの試合初めてのフォアボールを与えたのがきっかけだ。
1番・ジェニングスの 打ち取ったサードゴロが内野安打になった。無死1・2塁で
迎えるのは“問題”のゾブリストだ。黒田にとっての正念場と思われた。
2ボールのあとの3球目を1塁横に打ち上げたときにはホッとしたことだろう。
しかし、ファンに邪魔されてファーストのピアスがこのボールを捕り損ねた。
スウィッシャーのTシャツを着た男だったが、捕りに来たのがスウィッシャーでも
邪魔をしたのだろうか?ハハハ。
打球は明らかに客席内にあったからピアスもチームも文句は言えないが、ファンは
試合の状況を考えてほしいものだ。

結局、ゾブリストも歩かせてノーアウト満塁。
現地アナは「今シーズンの黒田は19併殺打を打たせている」と言っていた。
そう、この場面で一番ほしいのはダブルプレーだ。
ロンゴリアの打球はサードに飛んだ。“おあつらえ向き”の打球だった。しかし…。
しかし、打球は構えに入ったロドリゲスの手前で大きく弾んで頭を越えて行った!

2点を失ったあと、併殺の間にさらに1点を失ったが、黒田は踏ん張ってこの回を
投げ切った。満塁になったあたりでベンチからブルペンに電話をしていたことを
思えば、ここを投げ切ったことは立派だと思う。

ゲンをかついで呟かなかったが、今日の黒田はいい条件が揃っていた。
ヤンキースタジアムでは9勝5敗、防御率2.38だし、デーゲームは4勝1敗で
防御率は0.84だったのだから。
いいデータには裏切られ、悪い予感は的中する傾向があるので控えた。ハハハ。

残りの先発は3試合。ポスト・シーズンに出るためにも最低でも2勝がmustだ。
最後はたぶん10月2日のレッドソックス戦になる。まかり間違えば、地区優勝が
決まる試合になるかもしれない。黒田の真骨頂が見たい。先走ってるが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-09-17 05:53 | メジャー&野球全般 | Comments(1)
Commented by 赤ぽん at 2012-09-18 11:40 x
岩佐さん、こんにちは。

黒田の試合に関してはもうなにか「神様仏様お願いします!味方打線を
打たせてください!」と祈るような試合が多いですが、
黙々と投げ続ける姿はいつ見てもいいですね!これで今季も200イニングス
以上投げたでしょうか?
本当に「地味に素晴らしい」投手。残り数試合が見逃せませんね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。