ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“孤高の宰相”吉田茂~NHKドラマ:渡辺謙がみごと~09/21

d0164636_157238.jpg
09/15のツイート

NHK土曜9時のドラマ「負けて、勝つ
~戦後を創った男・吉田茂~」を見る。
戦後日本の骨格を作った男として吉田茂を
取り上げたドラマだ。
戦後史の一部を見る思いで身が引き締まる。
骨太でいいドラマだと思う。渡辺謙がいい。

d0164636_9432437.jpg
ハゲタカ(2007)、外事警察(2009)、チェイス〜国税査察官~(2010)…好み次第だが、
NHKの土曜夜9時のドラマ枠はしばしばヒットを飛ばす。
今回は“ワンマン宰相”と呼ばれた男、吉田茂を主人公にしている。
生粋の外交官だった。戦争に負けたことでもう自分の出番はないと考えていたが、
時代がそれを許さなかった。

外務大臣として連合国総司令官、ダグラス・マッカーサーと渡り合う。まっさきに
考えたのは天皇陛下のことだった。身の安全をはかり、米国以外の多くの連合国が
求める戦争犯罪人としての訴追を避けたかった。
新憲法を作るとき、日本側が作った素案はにべもなく却下され、代わって示された
GHQ(総司令部)作成の案には天皇を日本国の“象徴”とする、と書かれていた。
内閣は反発したが、受け入れるしかなかった。

「吉田茂は国を売った…20年後、30年後、そう言われる。
他国に憲法を作らせる国などどこにもない。完全に敗北だ」

…ダメージを受けた吉田だったが、日本自由党総裁・鳩山一郎が公職から追放され、
図らずも総理の座につくことになった。
そういうドラマを目指しているのだから仕方ないだろうが、2回目までは吉田茂が
カッコよく描かれ過ぎているキライがある。末裔は満足だろう。

鳩山一郎はどうか?
選挙で勝利し、首相の座を目前にしたとき、だまされてアメリカ人記者の一団の
前に押し出された。そこで、戦前に書いた本について糾弾されておろおろしたり、
追放されたあと、代わって首相になれと吉田を口説く場面などに“小者”感が
漂っていた。音羽御殿近辺ではさぞ評判が悪かろう。ハハハ。
d0164636_9434975.jpg
小学校低学年ではあったが、この時代の空気を吸っていたから、物語の推移には
興味があって引き込まれる。戦争に負けたことの意味など理解できない子供でも
世の中が激しく動いていることは何となく分かった。
当時の日本で何が行われていたかは 竜馬の時代や清盛のころに起きたことよりも
はるかに興味があるのだ。ハハハ。

いいドラマだと思うが、ツイートでは、少し誉めすぎたかもしれない。
テーマの重厚さに演出がついて行けていない。キャスティングにもほころびがあり、
焼け野原の東京の描写をはじめいたるところに“チャチ”な感じが顔を出す。
ただし、そのすべてを救っているのが渡辺謙だ。大した役者になったものだと思う。

吉田茂は歴代総理の中でももっとも個性の強い男だった。
葉巻をくわえた口元をゆがめ、まるい眼鏡の奥から鋭い眼であたり見回していた。
どこから来るのか自信満々で、“傲慢・不遜”が似合う男だったから嫌われた。
1953年、国会での質疑中に野党議員の挑発に乗り思わず漏らした「バカヤロー」の
一言で解散にまで追い込まれたが、極論すれば、首相の強すぎる“個性”が招いた
唯一の解散かもしれない。

ドラマはまだそこまで進んでいないが、サンフランシスコ平和条約の締結などに
強いリーダーシップを発揮しながら、国民の人気は“今一つ”のだった。
近年の情けない総理たちを見れば見るほど妙に恋しくなる“孤高の宰相”吉田茂を
このあと渡辺がどう演じて行くかに注目する。
by toruiwa2010 | 2012-09-21 09:54 | ドラマ | Comments(4)
Commented by 冒険ダン吉 at 2012-09-21 16:06 x
私は、国際派俳優などと言われるようになってから、渡辺謙の芝居はずいぶんクサく(言い方を替えれば素人向けに)なったように感じます。

また、この10年ほど、白洲次郎が不当に持ち上げられていますが、突き詰めれば金持ちのボンがイギリスで遊び倒していただけのこと。オイリーボーイだか何だか知りませんが、そんなな環境で国際政治感覚など育まれるはずもありません。ただ単にクイーンズイングリッシュが話せて、アメリカの田舎政治家や田舎軍人に対しても卑屈にならなかったというだけの話。

必要以上に白洲を持ち上げるのは、日本の歴史を歪めることになると思います。

ましてや、父や祖父の威光で怪しげに食いつないでいるくせになぜかお高く止まっている現世の子孫など、笑止千万です。

Commented by toruiwa2010 at 2012-09-21 16:24
冒険ダン吉さん、ずいぶんと厳しいご意見。
直接見聞きして知っている…とも思えませんが、
そこまで言い切る勇気に脱帽です。ハハハ。

Commented by 冒険ダン吉 at 2012-09-21 16:50 x
状況証拠、もしくは文献だけでも、さほど見当違いの暴論とは思いませんが。

それを言い出せば、各選手に対する岩佐さんの批評も、単なる『推論』ということになってしまうのでは?

私は、英語でいうselfmade man という言葉が大好きです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-09-21 17:31
冒険ダン吉さん・・・

おやおや、そう来ましたか。
申し訳ないけど、これ以上のやり取りは遠慮します。
書きたいことは書いたでしょうから、この件はこれにて
終わりにしましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。