ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ダルビッシュ16勝目!~好調の維持は痛しかゆし?~09/22

d0164636_17583926.jpg
009/21のツイート

ダルビッシュは相手の先発にも注目しながら
投げることになる。彼も好調だがザック・
グレインキーは目下4連勝中だ。
8/24以来のダルビッシュの防御率1.44は
リーグ2位、グレインキーの1.70は3位だそうな。
厳しい投手戦になるね。


予想通りの投げ合いになった。
ストライクが多いピッチャー同士の試合は引き締まっていて気持ちがいい。
今日の主審・ウエルキはストライク・ゾーンが広く、どんどん右手が上がっていた。
ダルビッシュにとっては相性のいい審判で、過去2試合とも勝ち投手になっている。
見逃しがちだが、案外 大きなポイントだ。

6度、3ボールになったがフォアボールは一つだけだった。これで、最近6試合は
四死球が2個以上になったことがない。ヒットは仕方がないにしても、いかにも
“ムダ”と思わせるフォアボールが減ったことがこのところの好投につながって
いると見ていい。
d0164636_1758482.jpg
相変わらず、サインに首を振ることが多く、キャッチャーのソトと呼吸が合って
いるとは思えない。カウントが若いうちは問題がないが、いざ勝負というときの
ボールについて意見が合わないようだ。ソトだって、これだけ球種が多い投手と
同じように考えるのは大変だろう。しかし、結果は出しているキャッチャーだ。
ほとんどすべての数字が、ナポリはもとより、相性がいいと言われたトレアルバに
くらべてもはるかにいい数字が出ている。これからも長く組むことになるのだから、
少しはリスペクトしたらどうかと思うが。ハハハ。

その点を除けばとにかく好投だった。ほぼスキのない投球だった。
唯一 気がかりなのはプレーオフを控えて調子がよすぎることだ。公式戦の登板は
あと2試合だと思うが、このまま行ってしまうと、肝心のPOに入ったところで
下り坂になる可能性がないわけじゃない。杞憂に終わればいいけどね。ハハハ。

オファーが来そうだね!

“昨日の今日”というのか、ダブルヘッダー2試合で7安打したイチローが今日も
先発していた。このところ、相手が左投手のときはベンチからスタートすることが
多かったが、今日ばかりはジラルディ監督もさすがに外すわけにはいかなかった。
ハハハ。

レフトを守ったが、2回1死2塁からセンター寄りに飛んできた打球の追い方が
変だった。ライトで同じところに飛んだら捕っていたかもしれない打球だった。
特に、ランナーが得点圏にいるときの守りにしては淡泊な追い方で途中だった。
慣れないレフトは難しいのかもしれない。ヤンキースに移ってからの守りを見ると、
守備範囲、肩ともに、少しずつ“来ている”気がする。それでも、ライトだったら
どれだけチームを助けるか分からないと思うが、ジラルディはスウィッシャーに
こだわっている。普段の“付け届け”があるのかなあ。ハハハ。

それはともかく、先発したイチローは今日も0-2の第1打席はソロHR。1点差の
第2打席は満塁で逆転の2点タイムリー2ベースと神がかった打撃を見せた。
“ゾーン”に入ってる感じだ。そして、こういうときはいい球が来るわ。
昨日からの3試合で12打数9安打。打率を一気に1分上げ、しつこく批判された
(私に…ハハハ。)出塁率も3割に乗せた。
d0164636_17574345.jpg
これほど際立った活躍を、しかもホームで見せつけられると、ヤンキースとしては
来年以降の契約についてオファーしない理由がなくなりつつあるね。ハハハ。

“屈辱的に”低く評価されてメジャーでのキャリアをスタートした青木や岩隈にも
まったく同じことが言えるだろう。このオフは、“売り手市場”で溜飲を下げるべし。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-09-21 18:00 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。