ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

湯を張る・柿が甘い~お気づきでしょうが 10月です~10/01

d0164636_917824.jpg
朝晩は、短パン・Tシャツに半そでシャツが加わりました。
朝、まず耳に飛び込むのが蝉の鳴き声から虫の声に変わりました。
バスタブにお湯を張るようになりました。
寝るとき、タオルケットが1枚追加されました。
日米共に野球シーズンが最終局面を迎えました。
柿が甘いです。

d0164636_9172216.jpg
10月がスタートしています。
“世間的”にはいい季節なんですが、私にとっては微妙です。
基本的に寒さが苦手ですから、夏が大好きです。どんなに暑くても大丈夫です。
ポロシャツだけの夏にくらべたら、おしゃれが楽しめるし、食べ物もおいしくなり、
気候的にも過ごしやすくなるのですから文句はないはずですが、そうはいきません。
気温が下がるのと比例するように血圧が上がります。計測するたびにへこみます。
何よりも、少しでも油断すると風邪をひきます。寝込むのは好きじゃありません。
誰だってそうでしょうが。ハハハ。

テレビで「暦の上では…」と言おうが、「季語がどう…」と言おうが、今の日本では
9月半ば過ぎまでは実質的に“夏”だと思えるのが有難いです。
たぶん、夏休みが終わることを残念がる子供たちより私の方が“行く夏”を心から
名残り惜しんでいると思います。ハハハ。

真夏でも、私がいるときにリビングのエアコンをつけることはありません。
つけるのは、帰宅してしばらくとシャワーを浴びたあとの10分ほどです。
暑がりの妻はさぞつらいでしょうが、我慢してもらいます。動いているエアコンは
妻の部屋のものだけで、妻はそこから“流れてくる”空気に当たるのです。
“すきま風”、“しのびよる風”に弱い私は空気の流れに触れないところに座ります。
夫婦の関係でも“すきま風”は避けたいですもの。ハハハ。

私たち夫婦が一番長く暮らしたのは両親の家に2階を建て増して17年間も住んだ
杉並区下高井戸の家ですが、今のマンションも来年3月で丸10年、2番目に長く
住んでいます。部屋の模様替えが趣味と言ってもいい妻はその“延長”でしょうか、
家そのものに飽きっぽいところがあって8回も転居しましたが、このマンションは
とても気に入っていて、まったく不満を口にしません。私も95%満足しています。
d0164636_9174365.jpg
リビングに面した公園の緑が目に優しく、四季の変化が感じられるのが好きです。
つい先日は、芝の上1メートルぐらいの厚さで薄く霧が発生していました。
少しまとまった雨が降ると芝のくぼみに出来た水たまりにカルガモが飛んできて
土の中から出てくる虫を食べます。大雨→公園→水たまり→臨時の食べ物・・・
生きる知恵として彼らの間では“言い伝え”があるのでしょう。激しい雨が降ると
私たちは窓辺に寄って彼らがやって来るのを心待ちにします。ハハハ。

これまで住んだマンションの中では一番広い風呂が気に入っています。
最初のアパートは風呂なしでした。「プロ野球ニュース」が終わると大急ぎで帰宅し、
狭い玄関でタオルとせっけんを受け取って、そのまま近くの銭湯に行きました。
妻が一緒に行くこともあり、そんなときは時間を決めて銭湯の前で待ち合わせて
帰ったものです。「神田川」の世界でした。ハハハ。

1966年、結婚から3年後に 百数十倍の難関を突破して東池袋の公団アパートに
当選したときは飛び上がって喜びました。2LDKでしたが、それまでのアパートに
くらべればほぼ倍の広さだし、第一、風呂がありましたもの。ハハハ。
ただし、木製の風呂桶は膝をきつく抱えて入る“とびきり”の狭さでした。
しかも、入る前に湯を洗面器などに汲んでおかないとあふれてしまうのです。
d0164636_9214490.jpg
今のマンションはなぜか風呂がゆったり出来ています。
177センチの私が膝を伸ばせる長さのバスタブが嬉しいです。一時、芦屋で長兄と
暮らしていたとき、息抜きのため帰京し、このバスタブに体を沈めた瞬間の喜びは
何ものにも代えがたいものでした。
我が家では9月中旬ころから湯を張ります。やっぱり、肩まで湯につからないと
もの足りません。たとえ陶製のバスタブでも。日本人なんですね。ハハハ。

最終盤を迎えた野球が面白くなっています。
日ハムには驚きました。ダルビッシュが抜けた投手陣で、しかも力量不足に見えた
栗山新監督のもとで…。失礼、“力量不足”は私の評価でして、世間は違う見かたを
していたかもしれません。完全に見あやまったようです。
開幕前後に、日ハムに関しては“栗山監督では優勝は難しい”、“斎藤佑樹がなぜ
勝てるのか不思議”と書きました。一つは外れ、一つは的中しました。
この手の予想で的中率が5割ならいい方でしょうかね。おいおい。ハハハ。

メジャーは、最終日まで目が離せない地区があります。うまくできています。
d0164636_9182862.jpg
柿が甘さを増しています。
新しい果物が店頭に並び始めたとき、「3日、買うのを待ちなさい」と妻に言います。
慌てて買ってみておいしくなかったことが何度もあったからです。
かたくて甘みのない柿、梨、リンゴ、バナナ…果物はなんでもそうでしょうが、
ひどく損をした気分になります。その点、今年の柿はもう十分甘いです。

昨日、ウォーキングのときに紫式部がいい色になっているのを見ました。
紫は難しい色です。身につけようとは思いませんが、この紫は大好きです。
d0164636_9185038.jpg
そうそう“秋の到来”で唯一 嬉しいと思うのは、エアコンをつけるかつけないかで
妻と“もめなくて”すむようになることです。ハハハ。

そして、その妻が長い夏休みを終えてブログを再開しました。
”可愛いもの”が中心です。 → http://bit.ly/aHFJIX

by toruiwa2010 | 2012-10-01 09:30 | blog | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。