ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ヤンキース地区優勝!!~ダルビッシュはワイルドカードPO先発!~12/10/04

d0164636_1241649.jpg
10/04のツイート

松坂はどんな思いでマウンドに上がって
いるのだろうか?
BOSOXのユニフォームを着てプレーするのは
これが最後だろう。よほどのことがない限り
来年ボストンに残る可能性はない。
ファンの気持ちは一つ、「君にもプライドも
意地もあるだろう」だ。

d0164636_1233371.jpg
2回1/3、6安打(2ホーマー)、5失点で強烈なKOを食らった。
マウンド上でバレンタインに声をかけられた松坂の目がうるんでいるように見えた。
無念だろうがこれが今の彼の実力なんだと思う。完全に打ちのめされた松坂の顔を
アッップで見るのは辛いものがあった。
むしろ、無理な状態の彼を、しかも、相手の地区優勝がかかった試合に投げさせた
監督の采配に腹が立つ。しかも2週間ぶりの登板だ。この間に、大きな“改善”が
見られたのかと、淡い期待をしたが、無駄だった。
今日の松坂についてはそれ以上書くことがない。


公式戦最後の試合だ。勝てば地区優勝、負けて
BALが勝てば1ゲーム・プレーオフ…
黒田にかかるプレッシャーはハンパないだろう。
一方、投手冥利だとも思っているはずだ。
こんなシチュエーションで先発する機会は
めったにないのだから。

d0164636_1235014.jpg
予想&期待通りになってきた。
9月に入ってから、勝っても内容が悪かった黒田が最終戦で上昇のきっかけとなる
好投を見せた。しかも、優勝がかかった想像を超える強いプレシャーの中で。
相手がバラバラ状態のレッドソックスだったとは言え、みごとなピッチングだった。
結果としてボールが多くなったが、右打者の胸元を攻める球が目についた。それも
力がある球だった。
7回、7安打2失点…4試合ぶり20度目のクオリティ・スタートになった。

天候次第だがディビジョン・シリーズでの登板は第2戦、ワイルドカードの勝者
(TEXorBAL)の本拠地で、ということになる。楽しみだ。(現地8日)


松坂のボストンでの6年間が終わった。
6年総額5200万ドル(およそ40億円)、プラス 交渉権を得るための5000万ドル…
大金がかかった選手だけに、彼もまた登板のたびにプレッシャーを感じたはずだ。
結果は 最初の2年を除くと“さんざん”だった。
いろいろあるが、いずれ“通信簿”で。ここでは、御苦労さま、と書いておく。

バレンタイン監督の契約はもう1年残っているが、今期限りで終わりのようだ。
来年はレッドソックスのユニフォームを着ていないだろう。フェンウェイパークの
開場100周年という記念のシーズンに結果を残せなかったし、明らかにチームを
掌握できなかったのだから、解雇されて当然だ。そうでなかったら、厳しいことで
知られるファンから経営陣が非難を浴びるだろう。

黒田の2012シーズンはまだまだ続く。
しかも、1試合の重みがこれまでと比較にならない。
思えば、今シーズンのホーム・オープナー(本拠地開幕戦)でNYのファンに見事な
ピッチングを披露した。同じ場所で、今度は優勝を決める男になった。
メジャー5年目、勝利数、防御率、投球回数…すべての項目で最高の数字を残した。
公式戦での彼の貢献は首脳陣もファンも認めるところだが、ヤンキースのような
チームでは“10月”にどんな働きをしたかがいつまでも問われる。
心して、次の登板に備えてほしい。
d0164636_1225373.jpg
イチローも移籍が“吉”と出た。

そして、勝利が決まったあと、ベンチを出て祝福の輪に加わる前、カノーが左手の
人差し指を三塁側レッドソックスのダグアウトに向けていた仕草に胸をつかれた。
「どんなもんだい」ではなくて「おつかれさま」と言っているのだ。メジャーでは
相手をリスペクトすることからすべてが始まる。いいものを見た。
d0164636_122376.jpg

by toruiwa2010 | 2012-10-04 12:06 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
Commented by 赤ぽん at 2012-10-04 12:52 x
岩佐さん、こんにちは。

昼休みの友!読ませていただき、テレビを見られない悔しさと生で見た奴wへの嫉妬がw
ヤンキース優勝!黒田の勝利と松坂との投げあい!ついでに
イチローの表情?!w見所満載ですね!早く帰って観たいです。
黒田の調子は少し上がってきたのでしょうか?POが楽しみですね!
「これで練習試合は終わった」とイチローのコメント内での誰かの言葉の
ようですが、ほんとに言ったのならカッコ良すぎですねw
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-04 14:05
赤ぽんサン、こんにちは。

ほんとに言ったのならカッコ良すぎですね・・・

ジーターの言葉のようです。
常勝軍団のキャプテンだから言えるのでしょう。
勝者の面足りhりがなければ言えません。
シーズンの30%しかこのチームでプレーしていない
イチローに、そのメンタリティがあるとは思えませんね。
Commented by photobra7 at 2012-10-04 23:25
岩佐さん、こんばんは。
いや~、岩佐さんの大リーグ記事はありがたいです。
ほんのわずかな時間で日本人大リーガーの動向がわかる。
試合の内容だけでなく、チームでの立ち位置など大局観も書かれているのもすばらしいです!
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-05 08:14
photobra7さん、おはようございます。

誉めていただいて恐縮です。
出来るだけ偏らないようにと、心がけて
いるつもりですが、日本のスポーツ・
ジャーナリズムが作り上げたイメージと
違っているので非難されることもあって
なかなか難しいです。
Commented by yankimi at 2012-10-05 16:47 x
はじめて書き込みします。
こちらに「カノーのコンタクトの理由」が書かれてあると聞いて飛んで来ました。
理由が分かり、本当に嬉しいです。ありがとうございました。
※すごく男らしい表情だったので、私のブログでも画像を紹介しましたが、
こんな理由だったんですね。 オルティスですかね…

私も松坂のアップを見るのがつらくてたまりませんでした。
なぜ最後の試合に…? 監督への不信感、ちょっと沸きました。
ヤンキース…特にイチローのことばかりが報道されていますが、
これからの松坂、本当に心配です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-05 17:02
yankimiさん、こんにちは。

このとき、カノーは右手の拳で左胸を何度か叩いていました。
相手が誰だったのかは分かりません。いずれにしても
人差し指の先の人物、あるいはグループに対する
リスペクトを感じました。私が放送席にいたら、ぐっときたと思います。
彼のこの表情には、どこか宗教的な空気まで漂っているようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。