ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

黒田 負け&ジーター骨折 嗚呼!~ヤンキース精神的支柱を失う~ 12/10/15

d0164636_8494552.jpg
10/15のツイート

NYYvsDET第2戦が始まる。
黒田が人生で初めて中3日で先発する。
チームは第1戦を失い、1996年以来のNYYの
ポストシーズン全試合に出ていたジーターは
もういない。厳しい状況でのマウンドだが
悔いの残らないピッチングをしてほしい。


…7回2/3 103球 5安打 11奪三振・無四球 失点・自責点ともに3
本人は「悔いは残っていない」と言わないでしょうが、内容のある言い投球を見せました。
メジャーのポストシーズンの舞台にふさわしいピッチングだった。これ以上は ファンも
チームも望めません。

テンポがあり、スプリッター、スライダー、2シームなど、変化球が切れていてどんどん
三振を奪っていきました。11奪三振は自己最多タイです。しかも無四球!…
聞き間違えた可能性もありますが、ポストシーズンの試合で11奪三振&無四球は球団史上
初めてらしいです。本人は負けたんじゃ意味がないと思っているでしょうが立派です。
中3日で疲れはあったはずですが、アドレナリンが流れて体調はむしろ良かったようです。
d0164636_850565.jpg
もしかすると、これが2012年最後の登板になるかもしれません。
打線の援護に恵まれず、苦しいシーズンだったと思うが、応援してきた者の一人として
とりあえず「お疲れさま。見事な1年でした」と書いておきます。

それにしても、NHK藤井アナはヤンキースに触れたとき、まず言ったのが黒田の先発…
今日のヤンキースにとって象徴的なことはそこじゃなくて、ジーターがいないことなのさ。
私が実況担当だったら、球場内に入っている独自カメラに映像を指定したと思います。
第一声は「キャプテン、デレク・ジーターの姿がないヤンキースのダグアウトです」です。
何が大事かは人によって判断が違いますから言っても始まりませんが。

ちなみに、起き上がれなかったジーターですが、それでも駆けつけた監督とトレーナーが
担ごうとすると、初めは拒んだそうです。監督が「そういう奴なんだ」と話しています。
副音声で見たからNHKの放送席がそんな話をしたかどうか知りませんが、投げた、打った、
だけじゃなくて“周り”に転がっている話をしてほしいものです。


10/14のツイート

1回裏、ヤンキースの攻撃が始まる。
トップはもちろん、キャプテン・ジーターだ。
打席に入る直前の場内アナウンスは、彼だけ声が違う。
「神の声」と言われた故ボブ・シェパードの声だ。
亡くなる前に収録した。どうしても彼の声で打席
入りたいと。いい話だね。

*詳しいことはこちらでどうぞ。→ http://bit.ly/RWVDlq


9回に見せ場を作って延長戦に持ち込み、球場に残った観客を喜ばせたヤンキースですが、
結果的には、勝てる試合を落としたと言ってもいいでしょう。
6回までに満塁のチャンスが3度もあったのに1点も取れませんでした。
Aロッドばかりが責められていますが、チャンスに打てないのは彼だけではなく、ほとんど
すべての打者のバットが湿っているのです。地元なんだし、ロッカーに入手可能な中から
最大級に大きな空気乾燥器を入れておくべきです。ハハハ。

この試合で存在感を示したのは2人だけでした。まず、イチロー。
4-0とリードされた9回裏に“狙って打った”2ラン・ホームランで2点差としました。
その上を行ったのが“神”・イバネスです。何かが乗り移ったかのような、人間離れした
活躍を見せています。この試合でも土壇場で同点2ランをライトに叩き込みました。
出雲と同じでニューヨークの10月は神在月(カミアリヅキ)なのかもしれません。ハハハ。

深夜になっていましたから仕方がないのですが、9回の同点劇のとき、1/3ぐらいの観客が
球場を後にしていたらしいです。もったいない!勝負は下駄をはくまで…という言い方は
アメリカにないんでしょうか?
It ain’t over,till it’s over・・・Hall of famer、ヨギ・ベラはそう言ってましたけどね。

勝利の女神に前髪はあるが、後頭部は禿げている…そうです。
3度の満塁を逃がしたのですから、今日は無理かなと思いましたが、ヤンキースは後ろから
手を伸ばして一度は逃がした前髪に必死でしがみついたんでしょうね。ハハハ。

負けてもおかしくない試合を最後の最後で追いついたのですから、“勢い”はヤンキースに
来るのが普通ですが、12回に力尽きました。
総力戦でした。ベンチに残っていたのは先発要員の黒田、サバシア、ヒューズと中継ぎの
チェンバレンを除くとキャッチャーのスチュアートだけでした。
オリオールズとのディビジョン・シリーズ第4戦でも延長で打ち込まれたフェルプスが
昨日もやられてしまいました。Aロッドを先発に戻したことや継投策についてジラルディの
采配をごちゃごちゃ批判する声もありますが、長い試合になれば、こういう形になるのも
仕方がないのです。

Aロッドは本当に深刻です。ピッチャーが左から右に代わったからという理由はあっても、
彼ほどのバッターが一度オンデック・サークルに入ったあとに代えられるのは、ちょっと
考えられないことです。つまり、それほど不振を極めているということです。
あの空振りを見ると、目じゃないでしょうか?ひどすぎます。

6回のチャンスに打席が回ったとき、現地のアナウンサーがこう言いました。
「無死2・3塁、えーと、バッターは誰だっけ?」 

…第三者には面白いですけど、本人が聞いたら怒ったでしょうね。
もっとも、怒る時間があったら眼医者に行きなさいって話ですけどね。ハハハ。
d0164636_8502731.jpg
そして、試合に負けたことよりはるかに大きなダメージ・ブローが最後にきました。
打球を追ってセカンド・キャンバス方向に動いたキャプテンのデレク・ジーターが何かに
引っかかったように転倒した。グラブに収まったボールはカノーにトスしたが、そのまま
起き上がれなかった。それだけでも深刻だった。左の足首のようだった。
駆けつけた監督とトレーナーに抱えられて退場したジーター。

亀裂骨折で全治3カ月という情報だ。
“キャリアが終わるような怪我ではなく、手術も必要ない”というツイートもある。
契約はあと2年残っているし、もちろん来年のキャンプには戻って復帰のための努力を
するだろうが、38歳という年齢を考えると“キャリア”についても心配だ。

メジャーの歴史を見ても、彼ほどファンに愛され、チームメイトからリスペクトされる
選手はそんなにいない。

常連さん以外でお越しの方、どこ経由でしょうか?
お時間があったら、コメント欄で教えてください。お願いします。
すごいアクセス数なんです。

by toruiwa2010 | 2012-10-15 08:53 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
Commented at 2012-10-15 12:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-10-15 13:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-15 14:07
訪問の経緯を教えてくださった方ありがとうございました。

ヤフーに原因がありました。 → bit.ly/RYDpA0
12~13時の1時間で4400件という、1時間当たりの
最高記録をマークしました。ハハハ。
Commented at 2012-10-15 14:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-15 14:44
カギつきでコメントをしていただいた、p…さん、
こんにちは。やはり、ヤフーからでしたか。

テニスの実況は、本当にマイペースでできるので好きでした。
Commented at 2012-10-18 13:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。