ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ヤワな話じゃないか~週刊朝日が謝るらしい~12/10/19

d0164636_10145936.jpg
10/19のツイート

週刊朝日が連載「ハシシタ」の記事について
次号で謝罪するそうだ。
「不適切な記述があった」かららしい。
チェック機能が働いていなかったことを
認めたも同然だ。情けないにもホドがある。
その謝り方は佐野真一が黙っていないのではないか。
これはまだもめるぞ。


始めたばかりの連載記事に関して週刊朝日が次号で謝罪することにしたという。
面白がっているわけではないが、“全面対決”になるからこの問題の収拾にはかなり
時間がかかると思っていただけに、“拍子抜け”もいいところだ。
今朝の朝日は“朝日新聞出版が「おわび」”という見出しをつけて3段の記事を載せた。
d0164636_10165976.jpg
その中に週刊朝日編集長名のコメントがある。
「記事中で、同和地区を特定するような表現など、不適切な記述が複数ありました。
橋下徹大阪市長をはじめ、多くの皆様にご不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを
深くおわびします。(中略) 弊誌の次号で『お詫び』を掲載いたします」

“など”の中身を知りたいね。そして、“同和”の問題は極めて繊細な扱いが必要なのだが、
この記事の掲載について、編集部内でどれぐらい真剣に検討したのかも。
さらに、“同和地区の特定”が問題であるようにとらえているらしいが、違うんじゃないか?
そのことで迷惑を受ける人も多数いるだろうから、そのことも含めて“不適切”な記述に
なったわけだが、私が一読して感じたことは別にある。

1回目だからまだそこまで踏み込んではいないし、断定しているわけでもないが、父親が
被差別部落の出身であることを“今更ながら”書き、それを市長・橋下徹と結びつけて
“だから問題があるのだ”という方向に持っていこうとしている、あるいは、読む者に
そう思わせようとする意図が見え見えだ。それこそが問題だと思う。

昨日も書いたが、橋下に一種の危うさがあるのは事実だ。彼の思い切った言動には喝采を
送る人がいる一方で眉をひそめる人も多数いる。私も100%支持するつもりはない。
しかし、昨日の会見を見ても、橋下流の“こじつけ”や“断定”は相変わらずだったし、
「朝日の取材は受けない」は筋が通っていないが、言っていることには同意できるものが
多かった。弁護士だから弁が立つ。何か言っても言いくるめられるから、と記者たちは
押し黙るばかりだった。主張すべきことがあったら言わなきゃ。メモを取っているだけで
「記者でござい」と胸を張られても困る。
d0164636_10154931.jpg
そもそも、この件、初めは記事全体にちりばめられた汚い言葉、言い回しに驚いたのだが、
今朝起きて新聞を読んで週刊朝日の“ヤワさ”加減にもっと驚いた。
これでは、企画段階での詰めが甘かった。佐野真一との打ち合わせ、原稿のチェックも
十分じゃなかった、と認めているようなもんじゃないか。

日本ジャーナリズムの一角に確固たる地位を占めているはずの週刊朝日がなぜこんなにも
品のない書き方をするのかという点も首をかしげたくなる点だ。
「ハシシタ」とタイトルには意図があり、露悪的な言葉・文章にも狙いがあるのだろうが、
とても理解はできない。

しかも、インクが乾いたばかりの時点で「おわび」コメントを出した。
言論機関として情けないこの体たらく、どうするんだろう?

連載は続くんだろうね。
しかし、お詫びと同じ紙面にどんな記事を載せるのか。出版界の“ルール”は知らないが、
掲載した雑誌が謝罪するのは筆者に対して「君、間違えちゃったね」と言っているのと
同じことではないのかなあ。佐野真一は知らん顔で、同じ論調・筆法で書き続けるのか。
そうしなければ、彼の地位もこれまで築いてきたものもなくなるわけだが。

読書家ではないから、それほど多くの書物を読んだわけではないが、名の知れた人物が
書いたものでこんなにも悪意に満ち、こんなにも汚らしい文章に出会ったのは初めてだ。
「目下、日本のノンフィクションライターではNo1」…テレビで多くのコメンテーターが
そう評価する佐野は大宅壮一ノンフィクション賞を獲ったらしいが、大宅が泣くだろう。
d0164636_1016462.jpg
昨日の会見は面白かった。橋下のアジテーションみたいなものだったが、居並ぶ記者の
誰一人、論破はおろか反論もできなかった。
「ミヤネ屋」はCMを除いて、ほとんどすべてを生中継したが、途中、会場を抜け出した
読売テレビのアナの報告の中身がほぼ「朝日新聞の記者が気の毒だった」に尽きたのには
笑ってしまった。朝日新聞と朝日新聞出版の関係とか、会社の立場と記者個人の関係とか、
そういう問題じゃないんだもの。

夕方のニュースは全部見たが、なぜか、フジテレビ「スーパーニュース」は触れなかった。
ほかの3局の扱いも軽く「こんなこともありました」調で1~3分だった。それも焦点は
橋下が朝日新聞、朝日放送の取材を拒否したことに当てられていた。


断るまでもないが、昨日来 書いてきたことは橋下徹個人の人格や性格、発言、振る舞い、
政治家としての資質などとは全く関係がない。単純に、“言論の自由”を超えてしまった
ジャーナリズムに対する怒りがあるだけだ。

テレビで時事通信の田崎記者が佐野の記事について「筆が荒れている」と語っていたが、
“荒れている”などという生易しいものではない。常軌を逸しているというべきだ。
しかも、橋下たたきが目的だったはずなのに、結果は支持率アップになるのではないか。
“理不尽な言論攻撃に敢然として立ちあがった男”という図式を作ってしまったのだから。
愚かな話だ。

ああ、次号の発売がこれほど待たれることはない。
by toruiwa2010 | 2012-10-19 10:21 | 岩佐徹的考察 | Comments(12)
Commented by 赤ぽん at 2012-10-19 10:49 x
岩佐さん、こんにちは。

問題の本質が“同和地区の特定”「だけ」で終わってしまうのならば
本質を捉えきれてはいないと思います。謝罪記事含め次号が待たれます。
そしてテレビニュースの扱いも普段の橋下に対する扱いの割には
昨日は甘かったですね。今朝のみのさんの番組ではコメンテーターの一人が
やはり同和問題に憤慨していましたが、“それだけ”ではないでしょう?!
ま、出掛けなので全部は見ていませんが・・・

午前の会議が飛んだので色々読んでいましたが、橋下のツイッターが一番
読みごたえありました。猪瀬直樹、池田信夫に有田参院議員他が参戦し
佐野は勿論、住田弁護士にまで言及している橋下の書き込み…
ただ、あれならブログにでもまとめた方が読みやすいのですけど。。。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-19 11:09
赤ぽんサン、こんにちは。

橋下のツイッター…両が多そうなので読んでいませんが、
興味はあります。
Commented by 赤ぽん at 2012-10-19 11:17 x
ぜひご一読を・・・量は多いですけどw
Commented at 2012-10-19 11:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-19 11:40
greekさん、こんにちは。

私が言いたいのは、ここにすべて書きました。
Commented by decchi at 2012-10-19 22:00 x
ハシシタ、編集長謝罪の件、実のところ、
彼は何を謝罪してるんでしょうね。
謝罪文を見る限り、そんなのは編集段階で分かっていたはず、
という内容なので、「だったら掲載させなきゃ済む話でしょ、
編集長なんだから。それとも編集長の癖に事前に読んでないの?」
といいたくなります。まさかあの内容でどこからも非難やクレームが来ないと思っていたわけでもないでしょうに、なぜすぐに
謝罪なんでしょう。それでいて連載は続けるみたいだから
余計理解できない。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-19 22:08
decchiさん、こんばんは。

謝罪の中身は次号を読んでみないと
分からないですね。それでも、ずべてが
さらけ出されることはないかも。
諸々の事情がからんでいることも考えられます。

ちなみに、掲載は中止らしいですよ。笑いますね。ハハハ。
Commented by decchi at 2012-10-19 22:51 x
連載やめるだけじゃなくて編集長も変えないと
ダメでしょうね。今の編集長がいる限り、週刊朝日の
信用は戻らないですよ。
Commented by H.N. at 2012-10-20 01:23 x
岩佐さんがおっしゃることにとても共感しますね。僕も橋下さんを100%信用してはいないけど、今の無知で本当に風見鶏のような民主・自民の政治家よりかはよく勉強してるし、政治を前に進める努力をしている点は高い評価を得るに値する人だと思ってます。

週刊朝日の連載当初の意図としては①被差別部落を敵に回す気はないが②橋下氏を出自をネタに批判するのは可、という浅はかなものだったのではないかと思います。

そして連載の初回を受けて①を逸脱してると責められる内容であり、更に可と判断してた②も橋下氏本人の反論により不可という流れになりそうなので、とりあえず①に関して謝罪してうやむやにしようとしたんでしょうかね。

いやいや、本当に②も全く許されるものではないですって!品がないというか、差別の助長につながるどころか直結してると思います。ひどすぎますね。少なくとも学校で子供に教えてることの真逆を行ってますね。信じられないくらい下品なことです。

雑誌社とは言え天下の朝日が。。読売は初歩の初歩的誤りでとんでもない誤報を一面にしてしまった。マスコミ受難の時代に自ら価値を下げるようなことをして日本のマスコミはどうなって行くんでしょうかね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-20 07:23
H.N.サン、おはようございます。

腐っても週刊朝日ですから、そこまで単純な
構図ではなかったと思いますが、全体に企画のチェックが
甘かったことは、結果を見れば明らかですね。
Commented by 一市民 at 2012-10-20 12:24 x
この問題に関する一連のテレビ報道を注目していたが、発言内容に絶望した。ほとんど全ての発言者が、明確な意思表示をされていない。何か奥歯に物が挟まったような物言いばかりで、これでは言論人の資格もなく「表現の自由」など偉そうなことは言わないでほしいものです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-10-20 12:30
一市民さん、書き方を批判している人は何人かいましたね。
中身については、パネリストたちも、橋下とのスタンスを
決めかねているのでしょう。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。