ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLB通信簿 2012 その4~イチロー・ファンにはきついかも~昨日の続き12/11/14 

d0164636_8281312.jpg
・・・つづき

たまりかねた監督がイチローを先発から外した翌日(6/19)の地元2紙に似たような
論調の記事が出た。

チームは若返りを目指しているのではないのか
イチローはチームでダントツの高給取りだ
3番でも1番でも不振が続いている
もはや“everyday player”(常時出場する選手)ではない
特別な選手としてではなく、ほかの選手と同等に扱うべきだ


…すべてをひっくるめて、じゃあ、イチローをどうするのか、ということだった。
2人の記者はイチローの実績を認めた上で書いているが、かなり手厳しい。
そして、明らかなことが2点。

イチローの衰えが公然と語られるようになっていること。
マリナーズはすでに将来に向けて再建を始めていること。
d0164636_95455.jpg
いかにもイチローらしく、休養直後の試合で4安打し、2500安打も達成した。
試合後、「僕にも意地がある」と取れるコメントをしていた。
一流のアスリートたちには共通していることだが、クールに見えるイチローにも
“意地”に支えられている部分があるようだ。
それにしても 1年前までは紛れもなくチームのスーパーヒーローだったのに…
苦しい毎日だったに違いない。

この地元紙の記事を紹介したとき、こう書いた。

しばらくは意地と年齢からくる衰えとの“せめぎ合い”が続くのでしょう。
マリナーズの球団事情も絡んで、オールスター前後には結論が出そうな気がします。
私の“結論”は彼が10年連続200安打を達成した2010年オフから不変です。
悪いことは言わない。最下位が常連のチームで“パートタイマー”になる屈辱を
味わう前に、優勝争いができるチームに移ってプレーすることを勧めます。
来シーズンなどと言わず、今シーズン途中からでもいいから。

<地元紙にも厳しい記事が…~イチロー叩きが始まっている?~> bit.ly/PYkUtv


トレード!!

07/24 07:30AMのツイート

イチローがヤンキースに移籍するという。
ね、言っただろう?イチローの移籍は
あることだし、むしろ移籍を勧めるって。
少なくとも日本の野球界にとっては
最大のニュースだ。
球団の思惑と本人の意向が合致したのさ。


日本のファン的には“超”がつくビッグニュースだった。
プレーオフ出場は確実だし、かなりの確率でALCS、さらにはワールドシリーズで
プレーするイチローが見られるかもしれないのだもの。
ヤンキースは、ともに25歳の2人の若手投手を出し、代わりにイチローと現金を
受け取った。金額は不明だが、マリナーズがかなり足元を見られた感じだ。
2投手はいわゆる“プロスペクト(=有望株)”なのかもしれないが、メジャーでの
実績がまったくないと言ってもいいレベルの選手だもの。

しかも、数日後にヤンキースGMが語ったところによれば、「イチローはわが方の
条件をすべて飲んだ」という。
守備位置の変更、下位打順での起用、左投手のときは控え…だ。
会見では「若い選手の多いチームに自分がいてはいけないと思った」と話したが、
実態はマリナーズでの居場所がなくなりつつあったのだ。それにしても、ここまで
追いつめられていたとは思わなかった。

10年連続安打の記録を達成した2010年オフの“通信簿”でこれを機に移籍を…と
訴えたのだが、声は届かなかった。
2年半遅れたが、移籍自体はイチローにとってプラスに働くと思った。
シアトルより厳しい環境、世界一の大都会&世界一の球団、その伝統の重み…
競争は激しいし、球団のディシプリン(規律)も比較にならないほど厳しい。
しかし、前日までの重苦しさから解放されて、はつらつとプレーする可能性の方が
大きいのではないかと思ったのだ。それに、それなりの活躍をしてくれなければ、
私の“見通し”が間違ったことになるし。ハハハ。
d0164636_8362269.jpg
“劇的”なトレードからそのままセーフコで“古巣”との3連戦だった。
マリナーズ・ファンが温かく送り出してくれたのはよかった。スタンディング・
オベーションを受けて頭を下げるイチローの写真はここ数年で最高のものだった。
続いて、何かと口うるさいニューヨークでも気持ちよく迎えてもらっていた。
球団の空気がそうさせたのだろうか、人が変わったように表情が明るくなった。
驚いたのは ベンチの最前列で手すりにもたれ、チームメートと笑顔で話しながら
戦況を見ている彼が画面に登場したときだ。それも、先発していない試合で!

楽しんで野球をする…いったい何年ぶりのことか。これこそ、イチローが何よりも
必要としていた最良の処方箋だったのだ。
すぐには結果が出なかったが、チームを替わった、それも勝つことが多いチームに
移った効果は少しずつ出始めた。
d0164636_8372525.jpg
8月に.297を打ったあと、9月には.385と大爆発した。面目躍如だ。ハイライトは
もちろん9月19日のダブルヘッダーで8打数7安打したことだ。
移籍した直後は「閉幕までの残り1/3シーズンだけで、ヤンキースは来年の契約を
オファーしないだろう」というのが大方の見方だったが、ポスト・シーズンにも
好調を持ちこんだことで状況は変わったかもしれない。

しかし、これまでと違って代理人も苦労するだろう。
複数年契約は難しいだろうし、年俸の大幅なダウンも避けられない。
でも、悪いことは言わない。ヤンキースにとどまることを最優先にすべきだ。
たとえ、どんなに条件が悪くてもね。
ニューヨーク、そしてヤンキース。イチローが残りの野球人生を送るのにこれ以上
ふさわしいステージはないんだもの。
第一、今となってはほかのどのチームのユニフォームも似合うとは思えない。
ハハハ。

最後にWBCをどうするかだ。
スポーツ紙によると、NPBが一転して参加を決めたことについて聞かれると、
“苦笑いを浮かべた”そうだ。さらに「(携帯電話の)絵文字の“苦笑いに汗”が
気持ちを表すかな」とも。微妙に悩める心中をうかがわせる言葉だ。
イチローの心境は WBC“どころ”ではないはずだ。
d0164636_838713.jpg
ヤンキースからオファーがあると思うが、まだ先のことだろう。球団にとっては
それほど高いプライオリティではないからロースターの残りが少なくなってからの
話になる。かなり買い叩かれると思う。しかし、それでもヤンキースに残るべきだ。
9月にあれだけの活躍ができたのも、ジーターをはじめ“本物の一流”に囲まれ、
そのメンタリティに触れてプレーしていたからだ。
君が骨を埋めるのはこのチームしかないと思うよ。

そして、万一オファーがなかったとき、他球団から声がかかるまでには、相当の
時間がかかるだろう。必ず声をかけてくるチームはあるが、ヤンキース以外なら
条件次第になるのだろう。じりじりしながらオファーを待つことになる。とても
“日本のために”という気持ちになれる状況ではないのだ。

毎年、“通信簿”を書くと、イチローの熱狂的なファンから反論が寄せられる。
感情的なものは承認できないので、ご了承のほど。

「MLB通信簿 2012」はこれにて終了。
by toruiwa2010 | 2012-11-14 08:43 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
Commented by デルボンバー at 2012-11-14 12:31 x
イチローシンパは、普段提灯記事になれてるので、たまにそういう意見を聞くとショックのあまりヒステリックになるんじゃないですかね。そう言えば西村欣也さんもあまり否定的なこと書かないですね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-11-14 12:37
デルボンバーさん、こんにちは。

ヒステリックになるのは、それが案外事実かも
しれないとうすうす気付いているからでしょう。
ハハハ。

西村記者がイチローの言動に触れた記事を
ほとんど読んだことがないですね。

Commented by shin555 at 2012-11-14 20:28 x
一年間チームメートとともにプレーするイチローを見てみたいです。
2年半早ければ・・・と思いますが仕方が無い。
最後の写真、いいですね♪
Commented by toruiwa2010 at 2012-11-14 20:30
shin555さん、こんばんは。

はたしてジーターが戻ってこられるか、ですね。
Commented by photobra7 at 2012-11-14 23:10
岩佐さん、こんばんは。
これは、名記事!
ヤンキース移籍の予想的中もすばらしいです。
ほんとイチローはヤンキースで戦ってほしいですね。
て、あまり野球には興味ないのですが、岩佐さんの見事な記事の数々につい注目してしまいます(笑)
断っておきますが、私はよいしょをしないひとです。念のため。
Commented by toruiwa2010 at 2012-11-15 07:37
photobra7サン、おはようございます。

事実ですから「よいしょ」とはまったく
思いません。我ながら、鋭い、と思います。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。