ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

青木アナの“失言”は誤解~岩佐徹的アナウンス論94~12/11/18

d0164636_8353528.jpg
…“局アナ謝る”がらみで、もうひとつ。

Yahooブログではエントリーを更新すると「こんな記事もあります」と同じような
テーマを扱った記事が紹介されます。数年前 当ブログをヤフーで運営していたころ、
私が更新するとこんな記事が“関連”として出てきたことがあります。

先日のTBSの情報バラエティ『サンデージャポン』内で飛び出した、
同局青木裕子アナの失言が波紋を広げている。
番組では、開始直後から司会の爆笑問題・田中裕二の離婚問題について
特集が組まれていたが、この特集に被さる形で中川昭一元財務相の遺体が
自室で発見されたというニュースの速報テロップが流れた。
この際、爆笑問題の2人や出演者のテリー伊藤らがこのニュースに気を
取られているのを見咎めた青木アナが「速報は注目しないでください」と
言い放ったのだ。
d0164636_836489.jpg
…当時、青木アナはこの件でかなり叩かれていたと記憶しています。気の毒です。
たぶん、これは青木アナの“失言”ではなかったと思われるからです。
この番組は関東では生放送ですから、速報テロップに反応してもまったく問題は
ないのですが、別の時間帯にディレーで放送するネット局があるはずです。
生放送を収録するとき、速報テロップや時間表示など“時差”が発生するものは
外すのです。混乱を避けるためです。

遅れて放送するときは画面に出ていないテロップについて出演者が話をすると、
視聴者が混乱してしまいます。

たとえば、地震が起きると“今、関東地方に地震がありました”と速報テロップが
出ますが、それをそのまま5時間後に放送したら…と考えれば分かることです。
出演者たちが「いや、大きい地震なんだ」「東北は大丈夫なのかなあ」と話したら、
ますます収拾がつかなくなります。話が出なくても、出演者が画面をのぞきこめば
「何かが変だ」と視聴者が気にします。
それを避けるために出演者を制した彼女を責めるのは“酷”というものです。
d0164636_8362810.jpg
スタジオでも外からの中継でも、放送の現場では、いろいろな“約束事”があって、
予定になかったことが起きた場合の対応はなかなか大変です。
たぶん、サブ(副調整室)にいるディレクターからフロアのスタッフに「テロップは
無視するように出演者に知らせろ」との指示が出たと思いますが、文字にするのに
時間がかかってとても間に合いません。

ディレクターが青木アナに直接「話を戻せ」と指示した可能性の方が高いでしょう。
進行係としての彼女の耳には、イヤホンが入っているはずですから。
いずれにしても、テレビの常識で考えたら何らかの形で指示は出ていたのでしょう。

「注目しないでください」は、テロップの中身を考えるとまずかったと思いますが、
彼女にしてみれば“精一杯”だったのでしょう。
「(その時の話題)田中さんの話に戻りましょう」と言えばよかったですかね。
もっと正解を求めれば、「いま、速報テロップが出ていますが、このことはあとで
触れます」だったかもしれません。
ネット局の事情までは知らないにしても、爆笑問題の2人とテリー伊藤、デーブ・
スペクターなど、テレビに慣れている出演者たちは青木アナの言った意味がすぐに
理解できたと思います。「ああ、今はこの問題に触れないほうがいいんだな」と。

そして、多くの視聴者が困惑したことでしょう。
上記の記事を読んで2chをのぞいてみると、彼女は非難の嵐を浴びていました。
「冷たい」とか「アナ失格」は“的外れ”です。書き込む連中は放送の仕組みや
制約についての知識はないのですから仕方ないのですが、言いたい放題に
言われる局アナの身にもなってほしいものです。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-11-18 08:39 | 岩佐徹的アナウンス論 | Comments(2)
Commented by しぐま at 2012-11-19 23:43 x
「サンデー・ジャポン」は、
現在、TBS系列のほとんどの局にネットされていて、
ネットしていない地域は、
九州ブロック全域、沖縄、高知、青森程度になっています。
で、この番組を後ろに時間をずらしてネットしている局はありません。
このTBSの日曜朝10時からの枠は、
平成12年4月から、爆笑問題がメインの90分枠が定着しています。
当初は、タレントをゲストに呼んでの大型トークショー番組でしたが、
翌平成13年10月に「サンデー・ジャポン」に企画変更、
これが今日まで続いています。
当初、この番組をTBSから受けていたのは、
北海道と福島地区だけだったのが、
番組の評判が伝わったなどの為でしょうか、
広島、大阪、名古屋・・・・などと系列局が次々とネットに乗るようになったとの事です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-11-20 06:22
↑ という情報もあります。ご参考までに。

この通りなら、ディレーの放送はなかったことになります。
確認の手段がありませんので記事の修正はしません。

また、この記事のねらいは、放送の現場ではうわべからは
分からない、様々なことが起きていることを知っていただく
ことですから、基本的に関係ありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。