ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

個人的には伊藤利尋アナ~岩佐徹的アナウンス論101~12/09

d0164636_852342.jpg
宮根誠司を語ると、どうしても伊藤利尋を語らないわけにはいきません。
自称・“伊藤アナ応援団長”としてこのブログに何度か書いてきました。
今は、フジテレビの午後の情報番組「知りたがり!」の司会をしているアナです。
書くまでもないことですが、後輩だから、ではなく、アナウンサーとしての力量が
素晴らしいからです。さらに言えば、そのことが世間的に認められていないことに
腹が立つから、です。ハハハ。

アミーゴ(愛称)が入社したのは1995年ですから、その年の9月からWOWOWに
出向した私はすれ違いになっています。個人的な接点はまったくなく、数年前の
OB会であいさつを交わした程度です。
しかし、彼に注目したのはかなり前のことです。
d0164636_8522190.jpg
入社4,5年目ごろだったと思いますが、“ほんじゃまか”・石塚と組んで情報番組を
やっていました。タイトルは「うなぎのぼり研究所」…略して“うな研”。ハハハ。
経験が浅いですからぎごちないところもありましたが、「うーん、フジテレビにも
本格的にバラェティーをこなすアナウンサーが出てきたなあ」と思ったものです。

それまでにも、福井謙二をはじめ何人かの“色もの”アナはいましたが、彼ほどの
若さでお笑いタレントとほぼ対等に渡り合うアナはいなかったと記憶します。
逸見政孝も少し違います。
伊藤の特徴は“回転の速さ”にあると思います。相手の言うことをすぐに消化して
的確に返していく…しかも、ボキャブラリーも豊かですから話が分かりやすいです。
「知りたがり!」の進行を見ていると、硬軟取り混ぜたニュース・話題をきちんと
消化していることがわかります。だから、自分の言葉で話せるのです。
他人が書いた原稿を棒読みしているように聞こえるほかのアナとは大違いです。

「知りたがり!」の伊藤アナにもっと注目してほしい。
回転の速さは抜群!社内各部から仕事のオファーが
殺到していると言う。当然だ。
今のテレビ界で彼ほどのウデを持ったアナはいない。
悲しいかな、制作者は宮根という名のある男になびいて
しまった。フジは自社の財産 を埋もれさせている。

2年半前、そうつぶやいたところ、「私も好きです」、「わかりやすい」、「適役だ」と
6,7人の方が反応してくれました。分かる人は分かっている、と少し安心しました。
数が少なすぎることには相変わらず不満がありますが。ハハハ。

日曜日夜10時からの「情報エンタメLIVE ジャーナる!」でも、彼のタレント性は
十分に発揮されていたと思うのですが、フジテレビの編成・制作は理解に苦しむ
行動に出ました。10%を超える実績を残していたこの番組をわずか半年で終了し、
宮根誠司を滝川クリステルと組ませて新しい番組を始めたのです!“愚挙”です。

前番組「ジャーナる!」がマークしていた10-12%では不満だということで宮根と
滝川を引っ張ってきたのでしょうが、1回目の視聴率は9.9%とふるいませんでした。
注目され、制作陣が最も力を入れたはずの1回目がこれではなあと心配しましたが、
その後も数字は伸びません。少なくとも“目論見”は3~5%増だったはずです。

アナ出身ではあっても、芸人・タレントと違いますから厳しいかもしれません。
古舘やみののように“上から”ではなく“下から”接する手法はいいのですが、
東京にはすでに羽鳥慎一(日テレ)や安住紳一郎(TBS)がいますからねえ。ハハハ。
d0164636_8525787.jpg
話が宮根に戻ってしまいましたが、“仕切り屋”としての伊藤の腕は傑出しています。
もっと認められていいと思います。
全体の流れをスムーズにした上で、ニュースを読み、電話インタビューをこなし、
ときに絶妙なギャグをさりげなく“放り込む”…大塚の代役として「めざまし」を
仕切っているところを いつも「達者だなあ」と思ながら見ていました。

安住や羽鳥のようなカッコよさはないかもしれませんが、アナウンサーとしての
実力と“仕切り役”としてのテクニックでは決して負けていないと思います。
“身びいき”じゃないか?それは一切ありません。たとえ後輩でも、アナウンスを
はじめ放送に関しては“是々非々”がモットーですから。ハハハ。

情報系の露木茂、野間脩平、須田哲夫、逸見政孝、“モグラのお兄さん”・小林大輔、
「料理の鉄人」・福井謙二…開局から半世紀を超える歴史を持つフジテレビですが、
“スター”としてもてはやされた男性アナウンサーはそれほど多くありません。
それだけに、私の伊藤アナへの期待は果てしなく膨らむのです。ハハハ。

「知りたがり!」は原発、TPPからバレーボール、芸能ネタまで 幅広いニュース・
話題を扱っています。番組での彼の役割は、登場するその道の専門家と ほとんど
知識のないレギュラー陣の“仲介”です。
間延びしないようにテンポよく番組を進行させるには彼の持ち味はうってつけです。
スタートしたときに、住吉&ロンブー・敦がいる上に選び方が雑なレギュラーが
並んでいるのを見て知ってがっかりしました。彼の“ワザ”が生きません。
d0164636_8532032.jpg
ワザとは“飲込みの速さ”と“回転の速さ”が生む整理された話術です。
相手が話したことを瞬時に消化してポイントを整理し、豊かなボキャブラリーで
的確に返せるのは飲込み&回転の速さがあるからでしょう。
専門家の話の難しい部分を分かりやすい言葉に“置き換える”、足りないところを
補足する…しかも、紋切り型の話し方ではなく、自分の言葉で話せるのは問題点や
カギになるところを彼自身がきちんと理解しているからです。

…さすがに、単なる先輩にしてはほめすぎたかもしれませんが、局の財産である
アナウンサーをあまりにも粗末に扱う古巣に我慢がなりません。
くれぐれも番組不振の原因を彼に押し付けないように。
d0164636_8534060.jpg
羽鳥・安住のフレンチ・イタリアンに通じるスマートさ、宮根のお好み焼き的な
親しみやすさに対して、伊藤には肉じゃがが持つ“安心感”があります。
どれも好物ですから選択に迷いますが、肉じゃが・伊藤利尋…もっと注目され、
もっと活躍の場を与えられていいアナウンサーだと思います。
反論・異論があったら受けて立ちます。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-12-09 08:55 | 岩佐徹的アナウンス論 | Comments(8)
Commented by S_NISHIKAWA at 2012-12-09 09:16 x
うな研、私もこの番組でアミーゴを知りました。めざましも知りたがり(午前のころ)も、本当にアミーゴは素晴らしいかったです。それは日ごろの岩佐さんのtwのままです。
編成や制作のことを抜きにして言えば、アミーゴがめざましのメインでよかったんじゃないか?とも思います。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-09 09:19
S_NISHIKAWA サン、おはようございます。

ベストの布陣は「めざまし」伊藤、「とくだね」岸本、
三宅は実況に戻って50歳過ぎのnew三宅を完成させる・・・です。
Commented by みにx7 at 2012-12-10 00:48 x
アミーゴのいた「めざましテレビ」を昔は毎日見ていました。今はまったく見ていません。
人事ってだいたい不条理なものですが…
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-10 07:11
みにx7さん、こんにちは。

私も大塚のときよりも、三宅のときよりも
彼が司会したときの方が好きでした。残念です。
Commented by じゅん at 2012-12-10 19:31 x
岩佐さんこんにちは。

アミーゴ伊藤さんは一時期、競馬実況もこなし、
情報系に出てるときとは別人のようでした(笑)
総選挙開票速報では安藤・三宅がメインMCで
宮根さんが「スペシャルナビゲーター」
伊藤さんが速報担当らしいですが、
伊藤さんがMCの方がいいと思いましたね(^^)
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-10 19:42
じゅんサン、こんばんは。

扱いが明らかにNo4ですね。
フジの編成は宮根と心中するつもりなのか?
ハハハ。
Commented by にゃんこブルー at 2013-03-29 08:36 x
本当に、伊藤さんはもっと評価されて良いと思います。私も素晴らしいアナウンス技術とキャラクターが大好きで、尊敬の念すら抱いています。知りたがり打ちきりで彼の今後が心配です。
彼のMCが見たくてフジを見ていると言うのに…
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-29 08:46
にゃんこブルーサン、おはようございます。

しばらく休むのでしょうが、いずれまた番組に
登場することになるはずです。彼ほどの腕を持った
アナウンサーはそんなにいませんから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。