ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

美談?・ゆうこりん・緊急放送・大谷翔平~先週のツイートから2~12/12/11

d0164636_9133947.jpg
美談 一転…?

12/07のツイート

1週間前:NYの25歳の警官がはだしの
老ホームレスを見つけ100ドルのブーツを
買ってあげたというエピソードを心温まる話
としてツイートした。
なんと、このお年寄り、ブロンクスにアパートを
「所有」しているのだそうな。
いかんいかん、こんなことではオレオレ詐欺にも
引っかかっちまうぞ。

d0164636_9135468.jpg
警官の行為はニューヨーク市警のフェイスブックで紹介され、居合わせた旅行者が
撮った写真もあって話題を呼んでいた。男性はジェフリー・ヒルマンさん(54)。
CNNに対してペンシルバニア州に住む兄は「弟はだいぶ前からホームレスなんだ。
長い間、路上生活をしている」と語った。
しかし、NY市によれば、ブロンクスにアパートを所有しているジェフリーさんは
厳密には「ホームレス」ではないという。
軍隊経験のあるヒルマンさんは、元兵士の住宅取得を支援する連邦政府の制度を
利用して一括払いでアパートを購入していたのだ!

第一報に接したとき、数十年前 ニューヨークに滞在したときのことを思い出した。
真夜中に目が覚めて、ホテルの窓から下を見ると、ビルの壁際に丸まって寝ている
人影があった。身動きもしない。翌日、通訳に聞くと、ホームレスがビルの暖房に
使われた蒸気(湯気)が地上に噴き出すところで夜を過ごすのだという話だった。
買い物袋に全財産を詰め込んでうろつく“ショッピングバッグ・レディ”の姿が
街の至る所で見られたころだ。

この件は、つぶやきながら、もしかして市警の“やらせ”ではないかと疑ったが、
想定外の形で“真相”が表面化した。
“美談”の主役として話題を集めた若い警官がちょっと気の毒。ハハハ。


ゆうこりんに思う

「いいとも」に小倉優子が出演中。
「こりん星」と言っていたころは馬鹿じゃないのと
思ったが、ある番組で見る目が変わった。その番組を
見たかどうかで彼女の評価は大きく違うと思う。
人柄も良さそうだし、私生活が幸せであってほしい。
お母さんかあ。


一芸を持ち、一つでもヒットを飛ばせば“長生き”することもできますが、昨日
出たかと思うと 1年、短い人は半年ぐらいで姿を消していくことも珍しくないのが
このクラスのタレントたちだ。
子供っぽい顔で舌っ足らずな物言いをする“ゆうこりん”がテレビに登場したのは
今世紀初めだった。「なんだ、こいつ」と思った人は多いだろう。私もそうだった。
自分の意志で言っていない、言わされている。制作者に操られているのが見え見え。
普通の大人は例外なく辟易する。
d0164636_9143810.jpg
しかし、それはうわべだけのことで、実際は“できる子”だったと分かったのは、
5,6年前にTBS「世界ウルルン滞在記」を見たときだった。
滞在先はイタリアの小さな村だった。家々に伝わる生パスタの作り方をその家の
おばあちゃんから習うという設定た。見た目がいかにも頼りない若い日本女性に
初めは「無理に決まってるわよ」という目で見守っていたおばあちゃんの表情が
小倉の熱心さや習得・上達の速さに心を打たれたものに変わっていく。
おばあちゃんだけでなく、家族全員が見せた驚きと納得の表情は本物だった。

この番組を見てそれまでの彼女のイメージが大きく変った人は多いと思う。
私たち夫婦も感動し、すっかりファンになった。
以後、テレビで誰かが彼女についてバカにしたような発言をするたびに「こいつ、
何にも分かってないね」とうなずき合うようになった。豹変。ハハハ。

コリン星から来た少女は結婚し一児の母になった。幸せそうで何よりだ。


今すぐ逃げてください!

「命を最優先に今すぐ逃げてください。
東日本大震災を思い出してください。
決して立ち止まったり引き返したり
しないでください」…NHKのアナが
緊迫した声で呼びかける。
3.11で言葉を強くすることにしたのだ。
いいと思う。
津波の予想到達時間まで約10分だ。
大きな被害が出ないことを祈る。

d0164636_9183778.jpg
津波警報が出た瞬間とっさに思い出したのは石巻港を襲った津波に翻弄されていた
たくさんの漁船と宮城県名取市を龍のように“走って”いく黒い波の映像だった。
時間の経過とともに薄まっていく記憶もあるだろうが、この二つは忘れない。
だから、発生直後からのNHK男性アナの“きつい”言い方に違和感はなかった。
やはり、この方がいい。訴える力がある。目からウロコだった。

当然のことだが、NHKは選挙の政見放送を中断してずっと、呼びかけを続けた。
しかし、福島第一原発についての情報は少なかった。まず、福島より北の 宮城、
岩手、青森の沿岸部の人たちの避難を最優先させたということだろう。
これでいいのかもしれないが、福島の人はまずそれが気になったはずだ。
もし、原発側が確認に手間取ったのだとしたらもっと問題ではないか。

今回はそうでもなかったようだが、3.11を思い出すと、情報の錯綜が心配だった。
ツイッターで発信するときは、時間と場所を添えることを忘れないようににしたい。
それがないと情報としての意味がなくなる。そして、予想しない混乱を招く。

結果として、それほど大きな被害はなくて済んだようでよかった。
しかし、東北の人たちはストレスのたまる日々が続く。

なお、このツイートはRTが2300を超えた。
事実をつぶやいただけで、内容的にはどうということはないのに。
緊急時の情報の伝わり方の不思議と怖さを思う。
d0164636_9185751.jpg
ナイスな決断

12/08のツイート

花巻東・大谷翔平投手が日本ハムに
入団することになるようだ。
18歳の心は相当に揺れたようだが、
最後に「正しい」判断を下したことを
喜びたい。
初めは夢を追い、現実を知って正解に
たどり着いた。
メジャー挑戦の機会はまだある。

d0164636_9192330.jpg
「(日ハム入団は)100%ありません」と語っていた。
これまで、メジャーで“一定以上”の成果を上げた選手はすべて日本のプロとして
実績を積んでから海を渡った。アマから直接 挑戦したケースがなかったわけでは
ないだろうが、成功した選手はいない。大谷の場合も大きな不安を覚えた。
理由はある。(10/22付のエントリーに少し詳しく書いた)

だから、私は初めから「とにかく日ハムの話を聞いたらいい」という考えだった。
その時点で18歳の少年が夢に描いていたことは尊重しつつ、現実を知ることは
無駄じゃない。その上で判断すればいい…と。

栗山監督の話は効き目があったのだろうし、球団全体の誠意と熱意がしっかりと
伝わったからこそ契約にこぎつけられたのだと思う。
大谷は最後に正しいジャッジをした。誰かに対して“悪かった”と思う必要はない。
日ハムもルールに反したことはしていない。

ただし、私が関係者だったら“二刀流”で出発することには決して賛成しない。
まず投手を試し、どうしてもダメだったら次に打者として育ててもらう。
球団も本人もビッグ・チャレンジだね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-12-11 09:21 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by マオパパ at 2012-12-11 16:22 x
岩佐さん、こんにちは。大谷君の件について、星野監督やノムさんがゴチャゴチャ言っているようですね。私も岩佐さんと同意見で、今回の判断は大谷君にとって良かったと思いますし、ファイターズもファイターズらしいドラフト指名だったと思っていました。あとは大谷君がFAでメジャーにいけるくらいの活躍ができるかどうかですね。
ツイッター覗かせていただいていますが、冬の風物詩が始まりましたね。私はフィギュアはよくわかりませんが、当然日本選手を応援して見ています。でも外国人選手がすばらしいすべりをすれば、それはそれで感動します。スポーツの楽しみ方、見方はいろいろですから、スケートファンの皆さんにはもっと寛容になって欲しいと思っています。熱い戦いはリンクの上だけで十分です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-11 19:08
マオパパさん、こんばんは。

野村や星野はもはやそんなことでしか注目されなく
なりましたからね。ハハハ。

スケートファン・・・そのごく一部ですけどね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。