ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

宮迫・山岸・浅田・選挙etc~最近のツイートから3~12/12/12

d0164636_9101969.jpg
有名人の記者会見

12/08のツイート

雨上がり・宮迫の胃がん報道には愕然とした。
手術が無事に終わったと聞いてほっとする。
入院前に会見すると聞いたときは
「また、アホなことを」と思ったがコメントを
残しただけでよかった。
有名人の入院・手術前の会見を見せられるのは
好きじゃない。
宮迫、かならず、元気で帰って来いよ。


舞台出演で芸能界に復帰することになった酒井法子の場合は、やらなければずっと
付きまとわれることになるから会見はmustだったかもしれない。ミ・ソ・ギ。
ホリエモンのころから、本来 義務がない警察署前での“謝罪”が定例化した。
世間を騒がせた(実は、勝手に騒いだ?)のだから当然、とマスコミも世間もそれで
溜飲を下げるのだろうか、と疑問に思う。
d0164636_9104370.jpg
そして、個人的に最も嫌な感じなのは病気や手術を前にした有名人の会見だ。
逸見政孝のがん告白会見について、ある編集者がこう語ったという記事を読んだ。
<<<会見が終わったとき、彼は「これ、行くよね?」って言いました>>>と。

つまり、高い視聴率が出る、という意味だ。
真偽のほどは分からない。しかし、“ありうる”話ではあると思う。
すでに死を覚悟していた。だからこそ、最後の“ステージ”で何かを残したいと
考えてあの会見を開いた。奇異に聞こえるかもしれないが、根っからの“テレビ屋”、
愛すべき後輩、逸見の思考回路としては少しもおかしくないのだ。
目的を果たして旅立っていった。

あの会見以後、がんを公表する有名人が多くなった気がする。
完治してから、あるいは、手術を終えたあと“告白”するのはいいが、手術の前に
「これから手術を受ける」、「そのためにしばらく番組を休む」と公言することに
どんな意味があるのだろうか。
“啓蒙”、同じ病気を持つ人向けの“エール”、多くの人に迷惑をかけるからなど、
言い分はあるようだが、あまり好きじゃない。趣味の問題だから、反論されても
気持ちは変わらない。ハハハ。
有言実行…私の場合、前立腺がんの手術もWOWOWとの別れも事後報告だった。

ちなみに、宮迫入院について、「戻ってきたら“病み上がり決死隊”だ」と言った
芸人さんがいたそうだ。うまいわ。


美脚の移籍?

NHKのスポーツ番組に出ている山岸舞彩が
契約切れを機に日テレに移り「NEWS ZERO」に
出演するらしい。へえ、と思う。
何をやるか不明だが予測できるのは制作者が
彼女に可能な限り短いスカートをはかせることだ。
目下の売りはそれだけだものね。

d0164636_9111585.jpg
ニュース番組で女性キャスターの脚が注目されるようになったのは「ニュース
ステーション」の小宮悦子以来だと思う。
山岸に恨みがあるわけじゃない。しかし、民放ならいざ知らず、NHKまでもが
自分の局のアナウンサー(=財産)に背を向けてどうする?と思う。採用や育成方法に
不備があったことを認めているようなものだ。たしかに、女性のスポーツ担当を
育てるのはむつかしいが、放棄しちゃダメだろう。
脚を見せるかどうかは別にして、外部タレントに安易に依存することに腹が立つ。
NHKの女性アナたちも怒りの声を上げるべきだ。

よく勉強していると聞くし、ツイッターに「読みはNHKアナをしのいでいる」と
絶賛する書き込みもあったが、冗談はやめてもらいたい。
ロンドン・オリンピックでベテラン男性アナとともに現地キャスターをつとめる
彼女を見てうまいとか達者だなあとか思ったことはない。
“脚”ならどこでも見られるし。モチはモチ屋に任せたらどうだ?

ミニスカ・ポリスってのはあったけど、ミニスカ・キャスターはいかがなものか。
ハハハ。


浅田優勝&キム復活

12/09のツイート

「亡き母胸に 新境地開く」…朝日の見出し。
まだ言うか。22歳は立派な大人。
ジャーナリズムじゃなくてセンチメンタリズムだ。
情けない。
キムヨナ復帰戦SPの一部を見た。健在で何より。
「物知り」が五輪時より明らかに落ちていると
懸命だ。笑う。怖いんだね。情けない。


フィギュアスケートGPファイナルで浅田が4年ぶりに優勝を飾った。200点には
届かなかったけど、ショート、フリーともにいい出来だった。おめでとう。
d0164636_9114894.jpg
しかし、翌日が真央の母親の1周忌だったことも手伝って、各メディアはこの点を
しつこく聞いていたようだ。なんとしても“涙の優勝”、“母に捧げる金メダル”に
したかったのだろう。せっかくの優勝なのに泣かせなくてもいいじゃないかと思う。
母への深い思いは浅田の胸の奥にあるのだし。

女子フリーは公式練習の画面に“LIVE”の表示があり、のちにそれが消えたために
いざ、演技が始まってからも、ツイッター上では、ナマなのかディレーなのかで
大騒ぎしていた。バカじゃないのか。せっかく数分遅れの“ほぼナマ”でやって
くれてるんだから競技を楽しめばいいのに。度し難きは…か。ハハハ。

浅田が滑走を始める前の競技の流れはあまり気持ちのいいものではなかった。
追ってくる上位選手に相次いだ派手な転倒が“伝染”することがあるからだ。
しかし、まったく惑わされなかったね。やっぱり、キムヨナ不在の中では美しさと
華やかさで飛びぬけている。1年2か月後のオリンピックの会場でいいイメージを
作ることができてよかったよかった。

そのキムヨナがドイツで開かれた小さな大会で復活し優勝した。
ショートの一部とフリーを見たが、“ちゃんと”していた。変な言い方。ハハハ。
要するに、「ジャンプの高さがどうだ」「振付が相変わらずだ」「点数が出すぎだ」と
まあ、うるさいことこの上なしのネット上のコメントほど悪くないのさ。
d0164636_9122338.jpg
彼女がもらった高得点については非難の声が上がっている。放っておけばいい。
レベルの低い大会で、グランプリ・ファイナルとは違う審判が出している点数を
メディアが同列に扱って浅田より高い…と書いたりするから、一部の浅田ファンが
怒り狂っているだけだ。点数の比較は二人が同じ大会に出たときにすればいい。

ただし、現実を見ることは大事だ。
日本選手に同行してキムの演技を見た田村岳斗コーチが「ブランクがあって、後半
疲れたが、構成要素も前に比べて落ちていない。あそこまでよく戻している」と
率直に語っている。その通りだ。つまり、間違いなく、“強敵”が戻って来たのさ。
スポーツ・ファンとしてはハイレベルの戦いを見られることを歓迎すべきだ。

どうしても、キムヨナを大したことない、ダメなやつ、悪いやつ、憎むべきやつ…
としたい連中の言動は救いがたいし、その必死さは滑稽だ。
浅田が知ったらむしろ悲しむだろう。


難しい選挙だね

12/10のツイート

投票用紙はすでに届いている。
現職はJ党の“大物ぶっている小物”幹事長だからX
M党は前回入れたが裏切ったからX
K党は検討以前にX
無所属からは「うるるん」でしか見た記憶がない俳優だが
実体不明だからX
超多党化の時代だがわが選挙区に第三極はいない。

d0164636_9124597.jpg
メディアの調査はほとんど例外なく“自民圧勝”、“自公で絶対多数”と出ている。
世論は必ず“ブレーキをかける”方向に動くから、言われているほどの大勝には
ならない気がするが、早くも結果が見えてしまったのは興ざめだ。

“憲法改正”、“国防軍”と危なっかしい発言が続く自民党。
選挙前は“世襲攻撃”を掲げていたのにいつの間にかひっこめた民主党。
政権復帰のため 自民党に寄り添い、独自色を感じさせない公明党。
石原慎太郎と組んだからか、一時の勢いが全く消えてしまった維新の会。
バタバタと結党し、その後もバタバタしているだけの未來の党。
あとはもう、すっかり埋没してるなあ。

投票先未定者が56%だと、どこかのニュースが伝えていた。
売り場にたくさんのデザインや色の商品を並べると人は迷い、買わないで帰る。
しかし、商品数を絞ると売れるのだそうだ。
今度の総選挙は多党化に加えて、何を基準に、何を信じて投票すればいいのかが
分からなくて迷っているのだ。

おーい、どこに行ったんだ都知事選?ハハハ。


語り部 逝く

小沢昭一が亡くなった。
体調が悪いと聞いていたが残念。
大滝秀治、森光子、中村勘三郎…楽しませて
くれた人たちが次々に旅立っていく。
そんなに急がなくていいのに。

d0164636_913118.jpg
もともとは俳優座出身の舞台人だ。
映画やドラマにも登場したが、後年は“ラジオの人”という印象が強い。
ラジオのパーソナリティとして活躍し、人気になった人は多いが、話術を持って
いたのはこの人だけだ。圧倒的なうまさだった。リスナーを惹きこむ“間”が
絶妙だった。遠く、徳川夢声や森繁久彌…結局は“間”なんだよね。
今、話が面白いと言われる人たちは、騒がしすぎる。伊集院光には期待したいが。


12/12/12

今日は、12が三つ並ぶ日だ。
今世紀はもうこういう日は来ない。
次は、22世紀の最初の日、2101年1月1日(01/01/01)まで待つわけだ。

…それだけの話なんだが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-12-12 09:16 | 岩佐徹的考察 | Comments(10)
Commented by しょう at 2012-12-12 14:00 x
岩佐さん、こんにちは。

キムヨナの復帰戦。
私も永いブランク後にしては出来がいいと思いました。
しかし、やはり演技の内容と出た得点との乖離がどうしても
物理をかもしてしまうのではないでしょうか。
テレビの報道をいくつか見ましたが、ほとんどが
「完璧な演技をして浅田を超えた」というニュアンスでした。
日本ではフィギュア人気は高いですから、そういったところは
もう少し詳しくきっちりと伝えた方が良いのではと思いました。

キムヨナには罪はありません。
ジャッジへの疑問と報道のやり方でヒールになっているだけですね。
Commented by さざんか at 2012-12-12 14:23 x
岩佐さん、こんにちは。久しぶりの書き込みです。

キム・ヨナのプログラム両方フルで見ることができました。
特にショートは変わった選曲のなかなか見ごたえのある面白いプログラムで私は好きです。

来年2月の大阪の四大陸選手権はどううするんでしょうね。
滑走順のためのランキングを稼ぐならここに出るのがてっとり早いのですが。
カナダ・ロンドンの世界選手権は五輪の枠がかかっているので、
どの国の選手も上位を狙って必死でしょう。
特にアメリカとロシア。日本もでしょうけど、グランプリシリーズの出来を見てると大丈夫そうですね。楽々とはいかないでしょうけど。
韓国も女子はジュニアで活躍している選手が五輪に間に合う年齢なので、彼女も気合入ってるかもしれませんね。
(1位・2位なら3人、3位~10位までなら2人出せます。)

そんなワケで私はまた生観戦してきます。
この五輪の前のシーズンの世界選手権が一番緊張するんですよね。

先日、『人生の特等席』を見てきました。
NHK-BSで『グラントリノ』を見て気になっていたのですが、
見に行って良かったです。

12が三つ並ぶこの貴重な日にこんな書き込みで失礼しました。
Commented at 2012-12-12 14:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-12 14:52
しょうサン、こんにちは。

私は具体的な点数を知りません。
ビデオを見て、「そんなに変わっていない。
浅田にとって手ごわい存在になる」と感じました。

点数と演技のかい離は無視するのが一番です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-12 14:56
さざんかサン、こんにちは。

そうそう、カナダのロンドンでしたね。
うん?と思ったことを思い出します。ハハハ。

世界選手権は面白くなりそうですね。
一切の雑音なしで楽しんできてください。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-12 15:00
あやねい サン、こんにちは。

韓国嫌いは多いですが、キムについては
度が過ぎてますね。

ナダルが戻りますか。膝さえ完全ならまだ十分やれるはずです。

ちなみに、一連のツイッターのやり取りの中で
ナダル・ファンらしい人がフォローをやめていきました。
ナダルが可哀相。ハハハ。
Commented by ポセイドン at 2012-12-12 20:42 x
伊集院氏は今も若年向けの深夜放送で活躍中ですが、気付けば45歳。年齢とともに「降りてゆく」のでしょうか。
ところで、岩佐さんの言い回しって、全く老けていませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-12 20:59
ポセイドンさん、こんばんは。

伊集院、最近、時々聞いてます。
なかなかいいと思います。

老けたくないから若作りの物言いを真似てるだけ。
ハハハ。
Commented by スノゥリリィ at 2012-12-19 01:53 x
岩佐さんこんばんは☆
海外でもかなり物議を醸したNHK杯についてはスルーで、
ヨナの復帰戦の点数には大騒ぎと言うのが理解出来ないです。
それもヨナは叩いて当たり前と言わんばかりの汚い言葉の数々…
メディアの煽りもうんざりですが、日本人として恥ずかしい。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-19 07:15
スノゥリリィさん、おはようございます。

物議をかもしたNHK杯・・・ってなんでしたっけ?
年寄りにはすでに遠い過去なんで思い出せません。ハハハ。

普通のフィギュア・ファンが気の毒に思えるほど
レベルの低い連中は相手にしないのが一番ですが、
どうしてもね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。