ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ドクターX」の圧勝だった~10月期ドラマ:総括~12/12/30

d0164636_951261.jpg
スペシャル物を除いて、今期のゴールデンのドラマはすべて終了しました。
巷の評価はともかく、平均点は高かったと思います。
大きな特徴は、今年の4つのクール(3ヶ月)の中ではとびぬけて数字のいいものが
3本もあったことでしょうか。「ドクターX」、「PRICELESS」、「相棒11」です。
3本とも見て全部に高い評価をした人がいるかどうかは微妙です。
私は「PRICELESS」を1回しか見ませんでしたから。ハハハ。
d0164636_9514889.jpg
では、そんな私の10月期ドラマの総括です。

85 遅咲きのヒマワリ フジ
生田斗真、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇、国仲涼子、松重豊


高知県四万十市を舞台にした“地方モノ”&“群像ドラマ”でした。

突然解雇されて行き場を失った派遣社員・小平丈太郎(生田)。
教授の命令で、故郷の病院に赴任してきた医師・二階堂かほり(真木よう子)。
さびれた商店街に店を構える金物屋の跡取り息子・藤井順一(桐谷健太)。

丈太郎とかほりはたまたま同じ飛行機と列車を乗り継いで四万十にやってきました。
市役所の地域おこし協力隊員募集にこたえてこの町に来た丈太郎を迎えに来たのが
順一です。かほりの姉と順一は高校の同級生でした。
物語はこの3人を軸にした若者たちの悩みや苦しみ、喜びを描きました。

見る前は、桐谷と四万十川の美しさぐらいしか期待していませんでした。
しかし、回数を重ねるごとに楽しめるようになっていきました。群像劇は全体の
“ハーモニー”が大事だと思っていましたが、主役3人の呼吸が合っていました。
楽しめたのはそのせいだと思います。


85 ゴーイングマイホーム フジ
阿部寛、山口智子、宮崎あおい、YOU、阿部サダヲ、りりぃ、西田敏行


是枝裕和が連続ドラマの監督、脚本に初挑戦すると聞いて楽しみにしていました。
彼が撮った映画「歩いても 歩いても」は大好きでしたから。
しかも、私の好きな阿部寛の主演だし、大好きな山口智子が復活するし、ほかにも
魅力的な俳優が揃っているのですから、見ない理由はありませんでした。ハハハ。
d0164636_9522062.jpg
1回目13.0%といいスタートを切ったのに、以後 視聴率はみごとな右肩下がりで
落ちていき、9話では今期のゴールデンのドラマでは最低の4.5%を記録しました。
物語の設定が失敗だったと思います。監督がこだわったのでしょうが、どうしても
伝説の小さな生き物“クーナ”に話が戻って行くのがネックになっていました。

監督にしてみれば、それが“テーマ”ですから、こだわったのでしょう。しかし、
結果は明らかに裏目に出ました。普通ならどこかで軌道修正するのですが、今回、
その様子はありませんでした。監督、脚本、編集の3役を一人でこなした是枝を
局側がコントロールできなかったのです。

ただし、私個人の感想は「面白かった」です。質は悪くありませんでした。
登場人物の設定がよくできていて一人一人のセリフが絶妙で“くすぐられ”ました。
筋には無関係でも「うんうん、たしかにそんなこと言うね」と納得するセリフが
ふんだんに飛び出していました。特に、家庭内の夫婦や母子の会話が抜群です。
できれば、“普通”のコンセプトで見たかったです。
復活・山口智子と低視聴率を結びつけた報道があるようですが、筋違いです。
彼女の責任ではありません。そう断言&弁護しておきます。
d0164636_9524889.jpg
素晴らしい子役に出会いました。阿部・山口夫婦の子供を演じた蒔田彩珠です。
母親がしょっちゅう学校から呼び出される“少し屈折した性格の少女”ですから
さぞ難しかったと思うのですが、自然な演技が見事でした。彼女にも感心したし、
彼女が演じる少女をたまらなく可愛いと思うようになりました。大化けするかも。

槇原敬之が歌った主題歌「四つ葉のクローバー」もナイスでした。


80 相棒eleven テレ朝
水谷豊、成宮寛貴、川原和久、鈴木杏樹、真飛聖、石坂浩二


シリーズも11回を数え、今回の“相棒”は成宮が抜擢されました。
まだキャリアは浅いのですが、交番勤務での仕事が認められて刑事に昇進しました。
名前は甲斐享(かい・とおる)。石坂扮する父親は警察組織の幹部です。
所轄に配属されて“くすぶって”いた甲斐が恋人と出掛けた香港で事件に遭遇し、
解決の過程で知り合った杉下右京(水谷)の指名で特命係に配属されました。
右京には考えがあってのことでしょうが、ずいぶん思い切った人事ですね。ハハハ。

特命係が扱うのはややこしい事件ばかりです。そんな部署に、しかも、組織内では
“嫌われ者”の杉下の部下として甲斐はやってきたのです。コンビネーションが
心配でしたが、1回目から違和感はありませんでした。
パートナーを一気に若返らせたのは雰囲気も変わって成功だったかもしれません。

相変わらずなのが2点。
好調な視聴率と常に鋭すぎる右京の観察力&ひらめき。ハハハ。

元旦に2時間半のスペシャルが予定されています。テレ朝、押せ押せです。


80 捜査地図の女 テレ朝
真矢みき、石黒賢、内山理名、阿部力、宇梶剛士、中村梅雀、草笛光子


事件と捜査の舞台が京都、解決の武器は“地図”、しかも、主人公は真矢みき演じる
京都の街を知りつくした女性刑事か、いいかもしれない…そう思って見始めました。
普段見る警視庁や東京の所轄を舞台にした刑事ものと違い、京都育ちという設定の
真矢が主人公ですから、事件が起きるのはお寺や観光名所です。

殺人ですからそれなりに血なまぐさいはずですが、かわされる会話はハンナリ、
ホッコリしていました。ハハハ。
随所にタカラジェンヌらしい動きを交えながら真矢みき“姉さん”が嬉々として
演じていました。視聴者にも好評のようで、平均視聴率10.1%は健闘でしょう。
シリーズ化しそうですね。


90ドクターX~外科医・大門未知子~ テレ朝
米倉涼子、田中圭、内田有紀、鈴木浩介、岸部一徳、伊東四朗


主人公は勤務医でもなく、開業医でもない“フリーランス”の外科医です。
演じた米倉は「アタシ、失敗しないので」が決まり文句の役柄を楽しんでいました。
コンセプトが怪しかったので途中でギブアップすると思っていましたが、物語が
あまりにも荒唐無稽なので逆に引き込まれてしまいました。びっくりです。ハハハ。
d0164636_9531522.jpg
田中、内田、鈴木、岸部、伊東…米倉以外のキャストにも魅力があって、最後は
大いに楽しませてもらいました。
米倉が生き生きしていました。“当たり役”をつかんだかもしれません。最終回の
エンディングも「次のシリーズに乞うご期待」の匂いがぷんぷんしていました。
あなたはこれだけで当分 食っていけます。だから、次のシリーズが始まるまでには
もう少しウォーキングを勉強しておいてください。せっかくのおみ足なんだから、
きれいに見せなきゃ。ハハハ。

岸辺一徳が光ります。一度聞いたらクセになる物言い…すごい俳優です。


85 結婚しない フジ
菅野美穂、天海祐希、玉木宏、石橋凌、市毛良枝、梶芽衣子


菅野・天海のダブル主演です。天海はともかく、
菅野はもともと大好きな女優です。彼女らしい役を得て輝いていました。
特に感想を持たなかった(ひどい言い方 ハハハ)天海がことのほかよかったです。
これまで映画やドラマで何度も見てきましたが、ベストだと思いました。

30代から40代前半の女性の未婚率が過去最高…など、面倒なデータを持ち出して
宣伝チラシにはこんな言葉が並んでいました。

ドラマに登場する女性たちは、
理想が高すぎる
男勝りで素直になれない
だめんずに惹かれてしまう
ひとりの方が楽
男が不甲斐ない

など、それぞれの理由で未婚のまま。

…菅野には悪いけど、1~2回で終了かな、と思ったのに、結局最後まで見ました。
それも、かなり楽しんで。意外や意外、でした。

主題歌になったコブクロの「紙飛行機」が素晴らしいです。


80 TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~ フジ
深田恭子、佐々木希、要潤、瀬戸康史、佐藤江梨子、山口紗弥加、時任三郎


前期、この枠で初めてTBSに勝ったフジテレビは連勝したいところでした。
深田や佐々木といった若手女優を前面に出した“管制官もの”で挑戦しました。。
佐々木希はコマーシャルの出過ぎで“旬”が過ぎている気がするし、深田恭子で
大丈夫かいな、と思いましたが、やっぱり無理でした。ハハハ。

飛行機や何年もご無沙汰している空港の雰囲気も好きなので最後まで見ましたが、
作り方がチャチでしたね。裏のTBS「MONSTERS」も“ひどかった”ので案外
いい勝負になるかとの淡い期待は香取・山Pの人気に押し切られました。
ぶっちぎりにならず、差は2%弱、12月2日には12% vs 8%で勝っています。
木曜日9時の枠で「レジデント」が「ドクターX」に惨敗したTBS…かつては
“ドラマのTBS”と呼ばれた面影はどこかに消えています。


90 ヒトリシズカ WOWOW

見た人は少ないかもしれませんが、連続ドラマW「ヒトリシズカ」が光りました。
オムニバス風の作りですが、完結することなく、少しずつ次につながっていて、
全体が一つの物語になっていました。“脚本の妙”です。完成度が高く、ここ数年の
ドラマの中では5本の指に入る素晴らしい出来でした。
d0164636_9534126.jpg
現職警察官(岸部一徳)の義理の娘・静加(夏帆)が突然失踪します。
失踪前後の数年間に起きた謎の多い殺人事件と彼女のかかわりを描かれます。
夏帆が抜群、義理の父役の岸部一徳も文句なしです。5回で終わってしまったのが
残念です。無理やり続けてもしょうがないですが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-12-30 09:54 | ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。