ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ドクターX」&「はつ恋」を推す~2012ドラマ・ランキング~12/30

d0164636_9554122.jpg
今年もたくさんのテレビ・ドラマを見ました。
去年に比べると、高得点の作品が増えています。あくまで私の見た中では…ですが。
90点をつけたものが4本あります。
理屈はともかく娯楽として十分に楽しめたのはテレビ朝日「ドクターX」でした。
高校時代の恋人同士が10数年のちに再会し、許されない恋に再び落ちていった
NHK「はつ恋」は登場人物に感情移入してしまいました。
この2本を今年最高の連続ドラマとして“認定”しておきます。

「ヒトリシズカ」は心に残りますが、WOWOWで見た人は限られていると思い、
別扱いにしました。優れた作品であることは間違いありません。
d0164636_957323.jpg
90 はつ恋 NHK 
90 もう一度君に、プロポーズ TBS 
90 ドクターX~外科医・大門未知子~ テレ朝
90 ヒトリシズカ WOWOW

85 ストロベリーナイト フジテレビ
85 運命の人 TBS
85 リーガル・ハイ フジテレビ
85 ビューティフルレイン CX
85 遅咲きのヒマワリ フジ
85 ゴーイングマイホーム フジ
85 結婚しない フジ
85 眠れる森の熟女 NHK
85 つるかめ助産院~南の島から~ NHK



「はつ恋」NHK 
伊原剛志、木村佳乃、青木崇高


村上緑(木村)の肝臓にガンが見つかった。手術の難しい場所だった。
夫・潤(青木)はその手術ができる三島匡(伊原)がパリから帰国中であることを知り、
必死に頼み込んだ。
病院で初めて顔を合わせたとき、緑とDr三島の間に微妙な空気が流れた。
富士山のふもとの小さな町の高校時代に2人は付き合っていたのだ。
三島が医大に進んだあとひどい別れを告げられたことが緑のトラウマになっていた。

手術は成功した。
緑は優しい夫と可愛いさかりの子供が待つ町に帰った。三島もベースになっている
パリへ戻って行き、それぞれ元通りの生活になるはずだった…

NHK土曜10時の枠はこれまでも「ハゲタカ」や「外事警察」、「チェイス」などの
意欲的な作品を見せてくれましたが、「はつ恋」も秀作でした。

前から好きだった伊原が魅力的な医師の役を 抑制のきいた演技で好演しました。
やさしい夫とかわいい盛りの子供がいる恵まれた家庭と潤への思いとの板挟みに
苦しむ緑を演じた木村もいい感じでした。
そして、妻子に愛情を注いできたつもりの緑の夫は苦しみもっと深かったはずだが、
あまりなじみがなかった青木の演技も良かった。
主演の3人が、あまり役を作り込まずに演じていた気がします。それがいいです。


ドクターX~外科医・大門未知子~ テレ朝
米倉涼子、田中圭、内田有紀、鈴木浩介、岸部一徳、伊東四朗


主人公は勤務医でもなく、開業医でもない“フリーランス”の外科医です。
演じた米倉は「アタシ、失敗しないので」が決まり文句の役柄を楽しんでいました。
コンセプトが怪しかったので途中でギブアップすると思っていましたが、物語が
あまりにも荒唐無稽なので逆に引き込まれてしまいました。びっくりです。ハハハ。

田中、内田、鈴木、岸部、伊東…米倉以外のキャストにも魅力があって、最後は
大いに楽しませてもらいました。
米倉が生き生きしていました。“当たり役”をつかんだかもしれません。最終回の
エンディングも「次のシリーズに乞うご期待」の匂いがぷんぷんしていました。
あなたはこれだけで当分 食っていけます。だから、次のシリーズが始まるまでには
もう少しウォーキングを勉強しておいてください。せっかくのおみ足なんだから、
きれいに見せなきゃ。ハハハ。

岸辺一徳が光ります。一度聞いたらクセになる物言い…すごい俳優です。

ばかばかしいといえば確かにばかばかしい設定だし、ありえないストーリーですが、
とにかく“痛快”で1時間を楽しく過ごせた、という点で評価します。
by toruiwa2010 | 2012-12-30 09:57 | ドラマ | Comments(2)
Commented by デルボンバー at 2012-12-30 19:40 x
私も特にはまっていたわけでもないのに、「ドクターx」は視てました。でも岸部一徳と伊東四郎の配役は取り換えっこしても違和感ないですよね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-12-30 20:52
デルボンバーさん、こんばんは。

「ドクターX」は次のシリーズが待ち遠しいです。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。