ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“体罰”と愛のムチ~微妙な話題だがあえて…~13/01/10

d0164636_841343.jpg
01/09のツイート

大阪・桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺は
痛ましい限りだ。ただし、こういうケースでは
誰もが正義の味方になり担当教諭が見境なしの
袋叩きの対象になる。
ほかの生徒の”申告”などは流れに乗って出てくる
可能性もある。
言い方は難しいのだが、慎重を期してもらいたい。


「何やってんだ、バカヤロー」、「やる気がないなら出ていけ」、「そんなボールも
上げられないのか」、「もういい、やめちまえ」、「代われ、代われ、役立たず」…

コートで懸命にボールを追う選手たちに監督の容赦ない声が飛び続ける。
倒れこんで起き上がれない選手に向かって、横にいる控え選手が差し出すボールを
至近距離から矢継ぎ早に打ち込む監督の顔も汗がいっぱいだ。

若いころ、フジテレビが主催する春の高校バレーの取材は1月から2月にかけて
おこなっていた。当時は3月開催だったからだ。
あらかじめ電話で日取りを決めて訪れるのだが、体育館に一歩足を踏み入れると、
監督は練習をストップして選手たちを集め、「フジテレビの岩佐アナウンサーだ」と
紹介してくれる。「コンニチハ」と大声で選手たちが挨拶をする。「岩佐と言います。
今日は練習を見せてもらいに来ました。よろしくお願いします」と頭を下げると、
ふたたび大きな声で「よろしくおねがいします」と返事が返ってくる。
その間、多くの学校で選手たちはつま先立ちだった。筋トレの一環だ。

…ここに書いた練習風景は罵声も含めて相手が女生徒でも全く変わらない。
監督の中には取材者がいると張り切って余計に練習内容を厳しくしたり浴びせる
言葉を激しくするケースもある。慣れないうちは「憎んでいるのではないか」と
思ってしまうが、取材の中でそのことを聞くと異口同音に「憎かったらこんなこと
できませんよ」という答えが返ってきたものだ。全員がそうではないが、普段は
優しい口調で話す監督が多かった。少なくとも“粗暴”に見える監督はいなかった。

さすがに“グーで”殴るのを見たことはないが、女子選手でも平手で叩くところは
何度も見ている。私がいるところでもそうだったから、いないときにどんな指導を
していたかは分からない。叩く、殴る、ける…どう考えても世間で言う“体罰”は
第三者がいないときの方が圧倒的に多いだろう。しかし、取材した経験で言うなら、
多くの場合、監督は選手が憎くてやっているより、「お前なら絶対できるはずなのに
なぜ、できないんだ」という口惜しい気持ちの方が強いのだと思う。

スポーツは本来楽しむものだ。“クラブ”制度が発達しているヨーロッパなどでは
そういう考え方が主流だろうが、日本の高校や大学で行われているスポーツの場合、
少し違う。勝ち負けや学校の名誉などが絡んでそれだけでは済まなくなるからだ。
どうしても勝負にこだわる。勝つことが目的になり、練習もその方向で行われる。

ただでさえ、先生と生徒には上下の関係が出来るし、スポーツ部だったら監督と
選手の関係は“絶対”になる。ただし、問題が起きない学校では互いの信頼関係が
確立しているのだと思う。セクハラやパワハラと同じで受ける側がどう感じるかが
ポイントだろう。“いじめ”、“しごき”、“体罰”と感じさせたら指導者に非があると
いうことになる。
d0164636_8422357.jpg
…以上は、高校スポーツの指導現場を取材した者の一人として、一般論を書いた。
大阪・桜宮高校のケースが100%あてはまるわけではない。
特に、自殺した少年の家族にとっては、どう説明されても納得いかない出来事で
あったことは間違いない。もちろん、「許せ」と言っているのでもない。

怖いのは、こういうことが起きるたびに特定の誰かがターゲットにされ、徹底的に
バッシングを受けることだ。反論はいっさい許されない雰囲気になる。
百歩譲って、家族には非難する権利はあるにしても、報道する側はもう少し冷静で
あってもいいような気がする。見た限りでは今朝の「めざまし」でバスケット部
OBの一人が「自分も叩かれたことがあるが、しっかりしろという愛のムチだと
受け止めていた」と話していたのが唯一、顧問教諭をかばう発言だった。

すでに、マスコミは顧問教諭だけでなく目撃しながら黙認していたとして副顧問を
非難する論調で伝え始めている。もちろん、なにがしかの責任は免れないだろうが、
このような“犯人捜し”にどれほどの意味があるのか疑問に思う。言い出せば、
体罰を受けていると知っていた家族はなぜ行動しなかったのか、当の部員たちは
なぜ校長や教頭に訴えなかったかというところまで行く。それは誰も言わない。
総攻撃を受けるからだ。

今朝の天声人語にはこう書かれている。

…今回の大阪の一件は論外だ。高校バスケットボール部の
顧問教諭から体罰を受けていた17歳の男子が自ら命を絶った。
常態化していたらしく、顔をはらして帰宅していたという。
指導ではなく最悪の暴力に過ぎない。
(中略)
…あくまで恐怖と身体的な苦痛なしで子らを育て、導く
「覚悟と勇気」が大人に必要だ。いま一度あらため、
固めなおすときではないか。


前半については取材したわけでもないのに“断罪”し、後半はきれいごと過ぎて
なんの提案にもなっていないと思うが、そうだろう?
“天下の”名コラムでも、この程度だ。

ワイドショーのキャスターには取材経験のある人もいる。例えば、三宅アナなどは
実態を知っているのだから、当たり前のコメントをするだけでなく、その経験を
話すべきだ。「かばえ」と言っているのではない。突出した話ではないということを
事実として提示してほしいのだ。


微妙な問題ですから異論・反論はあるでしょう。
冷静なものは承認しますが、感情的なものは
いつものことですが、削除の対象です。
ご了承ください。

by toruiwa2010 | 2013-01-10 08:45 | 岩佐徹的考察 | Comments(15)
Commented by いしいみちこ at 2013-01-10 10:13 x
高校教諭です。
青年期の子供達を扱うのは単純なことではないはずなのに、単純な報道ばかりが横行している、と、今回のことに限らず感じています。
自殺についてもそうです。
人が死という一線を越えるには、きっかけは単純でもその背景は複雑です。自殺の捉え方、人の死、ひいては人の捉え方を単純にすることは、社会全体にとっていいはずがありません。
TV的に尺に収まることを考えているからなのでしょうが、それが社会に及ぼす影響はとても大きいと思います。マスメディアの社会的な役割、啓蒙についてもう少し考えるべきなのではないでしょうか。
この有能なバスケット監督は、きっと自分を責めていることでしょう。自殺の直接のきっかけを与えたわけですから、預かった生徒を殺したという自責の念で彼自身が自殺しかねないように思います。
彼の人生は、家族は、子供は、彼に信頼を寄せていた生徒達はどうなるのでしょう。
そういうことを考えないようにさせる報道は、瑕疵があればどんなに傷つけてもいいという風潮に繋がるように思います。
そういうこと全てが社会の空気を作っているのだということを、マスコミには考えてほしいです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-10 10:22
いしいみちこサン、こんにちは。
現場の先生からの傾聴に値するコメント、
ありがとうございます。

おっしゃる通り、報道が一面的になるのは
いつものことですが、特にテレビは発言者の顔が
出るために、「世論」に寄り添ったものになりがちですね。
そして、異論が挟みにくい空気になっていますから、
一つの意見が番組としての考え方になってしまいます。

中にいた者として、情けない思いをすることが
しばしばです。
Commented by えそらいろ at 2013-01-10 13:15 x
こんにちは。

上手にコメントできないのですが、この記事はすごく大切なことを書かれていて胸に響きました。
いつも思うことですが、このようにていねいに、別の側面から考えてみることを提示してくれている文章が、多くの人の目にとまればいいのになと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-10 13:52
えそらいろさん、こんにちは。

恐縮です。
多面的にものを見る週刊は大事ですね。
自戒を込めて。
Commented by eita3 at 2013-01-10 14:31 x
この問題に限らず、マスコミ報道は何割か差っ引いて、あるいは別の視点で考えるようにしています。

どの報道も総じて同じ方向を向くのはどうしてですかね?
確かに片方は明らかな被害者、あるいは犠牲者なので「そうでない方」を持ち上げたら問題ですが、テレビや新聞で岩佐さんのようなコメントが【いろいろ】聞きたいですね。

話は少し違いますが、チノパンこと横手さんの事故についても、非難し過ぎ、報道し過ぎだと思っています。
あちらも人が亡くなられているので軽々しいことは言えませんが、少なくとも人身事故でなくなる方は何人もいるし、その一つ一つをこんなに報道しないだろうと思うのに…
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-10 14:52
eita3さん、こんにちは。

千野については「やってしまったな」という感じです。
突き放すつもりではありません。
せっかく、幸せな家庭を築いたのに、わずかな不注意で
すべてを壊しかねない事故を起こしてしまったことが
残念です。
Commented by ヤップンヤン at 2013-01-10 20:17 x
暴力や根性論を肯定しませんが、今の人たちが、巨人の星を観ると、どう感じるのかな?と思いました。
Commented by H.N. at 2013-01-10 21:25 x
岩佐さんのおっしゃることはよく分かります。でも今回の件は何十発も殴ってるみたいで事実ならちょっと異質な感じがしますね。やり過ぎという所か愛情がない中での仕業のような印象を受けます。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-10 21:41
H.N.サンのコメントの意味は分かるつもりです。

いいわけではなく、このエントリーは「数十発」の
記事が出る前に書いたものだし、事実かどうかの
確認もできません。

私のエントリーを読んでもらえば、決してこの教諭を
かばっているのではなく、一般論を述べたうえで、
マスコミの報じ方が冷静さを欠いていると言っているのが
わかるはずですが。
Commented by megaptera at 2013-01-10 23:57 x
ご無沙汰しています。

私も岩佐さんと同じように感じていました。
こちらは関西ですが、地元の報道も過熱しています。
橋下市長は「教育委員会に任せておけない。僕が責任をもって引っ張っていく」と事実解明に100人規模のチームを作り予算を付けるそうです。

地元のテレビ局も視聴者にfaxなどで意見を募りますが、読み上げられるのも非難めいたものばかり。意図的なものを感じます。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-11 07:47
megapteraさん、おはようございます。

橋下がエキセントリックになり、報道が
煽り立てると、ネットがおかしくなりますね。
すでに、収拾がつかなくなりつつあるように見えます。
Commented by H.N. at 2013-01-12 02:05 x
あっ、もちろん岩佐さんの記事の意図はわかってますよ!マスコミの報道はいつも画一的で少し安易な気がしてます。視聴率を気にしてなのか何なのか。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-13 09:37
りーぬサン、私は、再投稿を待って削除するつもりでした。

では、一度、すべてを削除します。ぜひ再投稿してください。
決して、拒否するつもりはありませんので。
Commented by 新潟のオヤジ at 2013-01-17 11:18 x
はじめまして。確かに自殺をした生徒さんの問題は御本人、その御家族、友人、知人にとって大変気の毒なことですが、連日による、何かマスコミ、役人、政治家たちによる、「体罰」の加害者、被害者のような、単純な、安直な犯人捜し、責任追及(これはマスコミ、某人気者?政治家によるイジメ、大人によるイジメだろ?)に辟易しております。政治的な圧力、それに便乗した、行き過ぎたマスコミの報道には嫌気がさします。そうした中で、こちらの学生さんたちが、悲しみ、苦しみを乗り越えて、発言、行動を取り始めたことを、私は支持していきたいと思います。
本当に駄目なのは、反省すべきなのはいいかげんな、大人達の方だよ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-17 11:30
新潟のオヤジさん、こんにちは。

いろいろなレベルの人が声を上げることが大事かと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。