ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“体罰論議”を眺める~一切ダメ…でいいのか~13/01/16

d0164636_992423.jpg
01/11のツイート

桜宮高校生自殺の件は大きな広がりを見せている。
"暴力”は決して容認できないが、「また、ミスしたか。
よしよし」では全国レベルのチームにはできないことも
事実だ。完全になくしたければ、体育館を全面可視化
するしかない。報道の仕方も偏っているように見える。

橋下市長が行政の間違いだったと認め、大々的に一斉調査すると宣言し、文科省も
全国レベルで調査すると言っている。しかし、どうせ教師や生徒からアンケートを
とるぐらいのことしかできないのではないのか?
報道や世論が先行する形で流れは“体罰全面禁止”の方向だ。それが、スポーツで
うまくなりたい、強くなりたいと願う生徒たちの気持ちと本当に合致すればいいが。

春高バレーで優勝した学校は男女とも明るいチームだった。練習中にビンタが飛ぶ
光景は想像できなかった。和気あいあいでも強いチームは作れるのかもしれない。
しかし、それは集まった選手の素質がよほど優れていたときではないだろうか。
欧米では桜宮高校のような話はあまり聞かない。社会が成熟しているからだと思う。
文化も歴史も違う日本には別のやり方があっていい。ただし、繰り返すが無意味な
暴力は認めない。
d0164636_995036.jpg
“突出した”事件をきっかけにすべてを封じ込めるやり方には反対しておく。
今朝、知ったが、橋下市長は「今年度の体育科とスポーツ健康科学科の生徒募集を
中止すべきだ」と考えているという。ずいぶんエキセントリックだが、桜宮高校は
大阪市立だから影響力は大きいだろう。

書道家・武田双雲は子供の習字教室では子供の作品に○しかつけないと言っていた。
胸に響いたが、習い事はそれでいいとしても、スポーツはそうじゃないと思う。
今日から朝日新聞でスポーツと体罰についての連載が始まった。
トップに登場した沖縄・興南高校の我喜屋監督の話は含蓄に富んだものだ。
その中で「体罰は指導力のなさを示すもの」と語っている。
ならば、聞きたい。ただの一度も手を挙げなかったかと。
社会人の監督時代に殴ったことがあると話している。車で事故を起こしたからだ。
つまり、理由があれば殴る…ということではないのか。

とにかくこの問題は子供同士の「いじめ」とともに、今最も微妙で難しい問題だ。
世間の流れと違うことを言えば叩かれるから違和感があっても口を閉じてしまう。
私も体罰を容認しているわけではない。体罰という言葉が独り歩きしている。
授業中のいたずらに対するものと指導の一環で頬を叩くことをまったく同レベルで
語ることには抵抗があるだけだ。
「人をたたくのはすべて暴力だ」なら“お好きなように”以外言うべき言葉はない。
d0164636_9101674.jpg
全国で頭を抱えている監督が大勢いるはずだ。これからどう指導すればいいんだと。
「なんで、あそこでパスしたの?シュートじゃないの?自信がなかった。そうか、
それじゃしょうがないよね」
「動きが悪いぞ。えっ、テレビの見過ぎで寝不足?分かる、分かる」
「そのボールが捕れんか。ぼうーっとしてた?うん、よしよし。次、がんばろう」
そんな指導で強くなれるはずがない。

極端すぎる?
そう、極端さ。桜宮高校の顧問教諭たちだって極端な例だろう。何があったって、
本当に30発、40発ひっぱたいたのだとすれば普通じゃないよ。それは暴力だ。
そんなケースと何とかうまくしてやりたいという思いの平手打ちは同じじゃない。

「街で人を殴れば暴力」という議論がある。繰り返しになるが、それと指導中に
平手でたたくのを一緒にしたら、我喜屋監督も何も言えなくなるのではないか。
要は、どこまで許されるかという“線引き”の問題だ。“一切ダメ”は極端だ。

桑田真澄は「叩かれているとき愛情を感じたことはなかった」と話している。
中学時代の話らしいが、当時の顧問はどんな思いだろうか?

この件には別の側面がある。一種の“二次災害”だ。
報道の仕方が一方的ではないか。ネットでの騒ぎ方に行き過ぎはないか。
顧問教諭がやったことは許されないにしても、逃げ場がないところに追い込んで
本人や家族が思いもかけない行動に出る心配はないのか。そうなったとき責任は
いったい誰がとるのだろうか。

書き始めたら長くなってしまった。
ささやかなブログだし、少数意見だと思うが、みんなが意見を言うことが大事…
あえて、ふたたび書いておく。
by toruiwa2010 | 2013-01-16 09:12 | 岩佐徹的考察 | Comments(12)
Commented by ギリシャ at 2013-01-16 10:03 x
体罰が法律で決まっている事は、この事件では知りませんでしたが、うちの担任の先生は、子供が悪さをした時は、叩きます。

しかし、その前から保護者に同意を取ってからだし、やった後も、こう言う事で行いましたと、電話連絡して下さいます。

自分自身も中学校時代の担任の先生は、平手打ち、鞭でお尻を叩くなど、していましたが、口や鼻からの出血したなど見た事はありません。
(頬が腫れた事なく)

多分ですが、事件になった先生が感情的になりすぎのような気がします。
(私の担任だった先生は、冷静でした)
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-16 10:09
ギリシャさん、こんにちは。

桜宮高校のはレアケースだと思います。
あなたのようなケースもたくさんあるはずで、
一緒くたにするのはフェアじゃないですよね。
Commented by ギリシャ at 2013-01-16 10:53 x
もちろん、一緒とは考えてません。


叩かれた経験があるので、平手打ちで出血したり、蹴る事をする行為(流石にこれは聞いた事なかった)は、あまりにも限度を超えていると感じたので…
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-16 11:04
ギリシャさん、分かってます。
ご心配なく。
Commented by オオソネ at 2013-01-16 15:16 x
こんにちは、岩佐さん。
体罰と今回のようなあからさまな"暴力"は違いますよね。すべての体罰を否定するのはどうかと思います。普通の授業の中でも宿題を忘れたりうるさかったりしたらビンタとかは普通にあって良いと思うんですけどね。
体罰をしないことが良いことというのは僕は違うと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-16 16:46
オオソネさん、こんにちは

スポーツ指導の中での平手打ちは
程度にもよりますが、”体罰”とは別物ではないかと
考えます。
Commented by キムキムヒンギス at 2013-01-16 17:05 x
岩佐さん、こんにちは。

この問題は本当に難しいと思います。
ただ・・体罰が無いと厳しく出来ないものでしょうか?
自分の子供時代に体罰がなくても怖いなと思う先生は沢山いました。
怒鳴り声とか、椅子を蹴飛ばすとかでも十分怖かったです。
殴らなくても。
なので全く禁止すべきか・・・という面からははっきりとした意見がまとまらないのですが、では、体罰はどうしても必要なのか?と思うとそうではないと思います。

一方的な報道は怖いのですが、同じような行きすぎた教師は他にもいると思うので、その人達のこと、その人の元で学んでいる子供のことを考えるともっと騒いで、追い詰められている子供を救って。と思ってしまいます。
犠牲者が出て欲しくないので・・・。
若い命がこのような形で失われるのは耐えがたいことです・・・。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-16 17:28
キムキムヒンギス さん、こんばんは。

体罰、殴る・・・この二つのことと、「しっかりせんか」と
頬をたたく、頭にげんこつ…は別だと考えたいのです。

今、行われている議論はすべてが一つになっているから
全面禁止の方向に流れているのだと思います。
Commented by 青木 at 2013-01-16 19:52 x
岩佐さん、こんばんは。

何でも体罰反対ってのは違いますよね。
特に…勝利を求められる様な状況でしたら、ある程度の愛のムチは仕方ないでしょうね!真夏の炎天下でグランド50周とか、運動部ではあると聞きますし、勿論、暴力はアウトですけどね。
注目度の高い市長の元ですし、、更にこの問題は注目度がアップしますね。。識者の殆どが体罰反対一辺倒になるのは想定内ですね。
暴力はダメですけどね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-16 20:44
青木さん、こんばんは。

線引きは難しいですが、どっちにしても
すべてダメはあまりにもヒステリックな反応かと。
Commented by ギリシャ at 2013-01-17 12:26 x
よく考えてコメント書いたつもりなんですが、『芯』がなくてすいませんでした。


自分も同じ年頃の子供を持つ親として、書いたつもりなのですが、難しいです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-01-17 12:35
ギリシャさん、こんにちは。

コメントについては難しく考えないでください。
責任を問うことはありませんから。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。