ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

こら、日本アカデミー賞!~予想といちゃもんw~13/02/22

d0164636_8154493.jpg
日本アカデミー賞ノミネートが発表されている。
関心がある各賞ノミネートは次の通り。

作品賞

あなたへ
北のカナリアたち
桐島、部活やめるってよ
のぼうの城
わが母の記


私の2012年の邦画最優秀作品(岩佐徹的映画ランキングNo1)は「あなたへ」だが、
「わが母の記」と僅差だった。結果として、思い入れのある高倉健主演だった分、
「あなたへ」を選んだ。この2作のうち、どちらかに決まれば最高だ。
ある意味、予想した通り、「北の…」が候補に挙がっている。点数が甘い私でも
80点しかつけられなかった。ネットを見ても、Yahooやgooで75点程度だ。
「桐島…」と「のぼう…」は見る気が起きなかった。候補になったぐらいだから
世間的には評価がよかったのだろうが、見なかったことに後悔はない。ハハハ。
d0164636_818063.jpg
監督賞

犬童一心、樋口真嗣 のぼうの城
阪本順治 北のカナリアたち
原田眞人 わが母の記
降旗康男 あなたへ
吉田大八 桐島、部活やめるってよ


監督の腕をどこで評価すればいいのか分からないから、毎年、この賞については
決まったところで「ああ、なるほどね」と思うだけだ。あえて言うなら、感心した
「あなたへ」と「わが母の記」の監督はよかったのだろうと思う。作品賞に輝いた
映画の監督が選ばれるのだろうね。それでいいんじゃないかな。

主演男優賞

阿部寛 テルマエ・ロマエ
堺雅人 鍵泥棒のメソッド
野村萬斎 のぼうの城
森山未來 苦役列車
役所広司 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-
役所広司 わが母の記


阿部と堺は好きな俳優だが、この作品の演技が最優秀賞に値するとは思わない…
というか、作品そのものが大したものじゃなかった。野村と森山は見ていない。
残った役所が最優秀賞をとれば文句はない。「終の信託」も良かったし、この俳優は
平均点がきわめて高い。“はずれ”がないのはすごいことだと思う。

顔ぶれを見て、阿部サダオ(「夢売るふたり」)と三浦友和(「RAILWAYS…」)が
候補になっていないことに強い違和感がある。


主演女優賞

樹木希林 わが母の記
草刈民代 終の信託
沢尻エリカ ヘルタースケルター
松たか子 夢売るふたり
吉永小百合 北のカナリアたち


樹木、草刈、松の3人で争ってほしい。三人三様…樹木は相変わらず達者だったし、
草刈は無駄のない素直な演技、松は“本気”を感じさせる演技で魅せてくれた。
吉永については何を言っても通じないほど、選考委員の頭の中に何かがインプット
されているみたいだ。レビューに「主演女優が違ったらなあ」というタイトルで
投稿したら、“役に立った”と一定の評価をしてくれる人が40人いた。ちなみに、
「極寒のような内容の作品でした」というレビューが96人で最高らしい。ハハハ。

吉永小百合に恨みはないが、名前とキャリア“だけで”賞を与え続ける映画界は
どこかヘンではないか、と常に思っている。
d0164636_8182986.jpg
助演男優賞

大滝秀治 あなたへ
香川照之 鍵泥棒のメソッド
高良健吾 苦役列車
佐藤浩市 あなたへ
佐藤浩市 のぼうの城
森山未來 北のカナリアたち


「苦役列車」の高良と「のぼう…」の佐藤は見ていないから判断するのは難しいが、
「あなたへ」の大滝秀治は演技云々より映画の中での存在そのものが抜群だった。
亡くなったことだし、受賞するのではないか。


助演女優賞

寺島しのぶ ヘルタースケルター
広末涼子 鍵泥棒のメソッド
満島ひかり 北のカナリアたち
宮崎あおい わが母の記
余貴美子 あなたへ


5作品とも見たが、彼女たちの出番はいずれも短く、“最優秀に値する”と思うほど
印象に残っているものはない。寺島と満島の演技は二人にとっては“普通”だろう。
あえて言えば、宮崎か余か、と言ったところではないか。


外国映画作品賞

アルゴ
最強のふたり
ダークナイト ライジング
ドラゴン・タトゥーの女
007 スカイフォール


「ダークナイト…」は見ていないが、おそらく「最強…」が獲るのだろう。それで
異論はない。私の洋画No1だし。ハハハ。
d0164636_817720.jpg
その他の賞については、判断する物差しを持っていない。
唯一、撮影賞は芦澤明子(わが母の記)と木村大作(北のカナリアたち)のどちらかに
獲らせたい。芦沢は映像に“優しさ”を感じ、帰宅して調べたら女性だと分かって
納得したし、北の離れ島を撮った木村のカメラは冷徹で鋭く、なおかつ美しかった。

各部門最優秀賞などの結果は2013年3月8日に発表される。
ここ数年、日本アカデミー賞授賞式は本家より前だったと思うのだが、今年は
どういうわけか、あちらが先になっている。スケールも演出も“チャチ”だと
バレバレになってしまうね。どうする日テレさん?ハハハ。
d0164636_8255657.jpg
権威があるとされているキネ旬ベスト10もすでに発表されている。
邦画の1,2,5,7位は見ていない。私が高く評価した「終の…」(4位)、「わが母…」
(6位)、「夢売る…」(10位)が酷評した「アウトレイジ…」より下の評価だと言う。
こちらは素人、あちらはたぶん、その道のプロが選ぶのだろうから選ばれるものに
違いが出るのは当然だ。それにしても「アウトレイジ…」が3位か。9位に入った
「希望の国」とともに、決して人には勧めない映画だけどなあ。絶句した。
d0164636_826544.jpg
洋画は面白い作品が揃った。
ただし、「ヒューゴ…」や「ミッドナイト…」、「戦火…」は80点の作品だった。
「別離」(85)、「ル・アーヴル…」(85)、「アルゴ」(90)が候補になったのは納得だ。
特に、「別離」が専門家からも高く評価されたことは嬉しい。

個人賞は監督賞の周防以外、見ていない。
いつもながら、キネ旬の選ぶものは私の守備範囲の向こうにあって戸惑うばかり。
本当に映画が分かるのは自分たちだけ…というキネ旬的“スノッブ”と呼んだら
怒られるだろうか。知ったこっちゃないが。ハハハ。
d0164636_82618100.jpg
参考
岩佐徹的2012映画ランキング http://bit.ly/WdoSQO
その、主なレビュー http://bit.ly/XCHoEn

お願い
去年9月の「最強のふたり」以降、Yahooの映画レビューに
ほぼ同じ内容で投稿しています。
Gooの方はさっぱりでしたが、こちらでは手ごたえを感じます。
よろしかったらhttp://goo.gl/TYDf5 を訪れて“役に立ちましたか?”
ボタンをクリックしてください。レビューにハクがつきます。

ちなみに“こんなレビュー、くだらん”ボタンはありません。ハハハ。
d0164636_8295687.jpg

by toruiwa2010 | 2013-02-22 08:36 | 映画が好き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。