ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日本アカデミー賞&瀬古の失言~WBCと中居&ジヤンゴについても~13/03/13

d0164636_12252764.jpg
日本アカデミー賞授賞式を見る

03/08のツイート

間もなく日テレで日本アカデミー賞授賞式が始まる。
例年 本家より先にやっていたと記憶するが、今年は
なぜかあとになった。
あれだけ豪華な式典の後にチャチ感がまぬがれない
放送を見せるのはつらいと思う。
チャレンジャーだなあ。

d0164636_12495158.jpg
選手入場…じゃなかった、スター入場の場面にいつも違和感があるね。
特に今回は華やかなレッドカーペットを見た直後だから余計に。
たったあれだけのインタビューをするのに大きなメモ用紙が必要な人が
やってはいけないと思うのだがどうだろう?
日テレが放送を始めてからかなりになるけど、一向に工夫のあとが見えない。
それでも、ベテランの関根を緊張させる空気があるんだね。いきなり、
「…を始めてみたいと思います」とやってしまった。「みたいと思う」って。
本人も「いっけねえ、撮り直してえな」と思ったことだろう。ハハハ。

ブロックごとに収録してライブのスタジオ部分で時間を調節しながら放送して
行くのは仕方がないのだろうが、壇上の俳優が答えはじめるとすぐに字幕まで
出てくるとしらけるなあ。

助演賞の余貴美子と大滝秀治は予想どうりだつた。
余はどんな役を演じても独特の世界を見せるし、大滝は、演技云々より映画の
中での存在そのものが抜群だった。最後の最後でいい仕事をした。
d0164636_1250496.jpg
主演女優賞の樹木希林は相変わらず達者だったから獲って当然だと思う。
視聴者の投票でも圧倒的だったが、男優賞の阿部寛はかなり意外だった。
好きな俳優だが、「テルマエロマエ」の演技が最優秀に相応しいとは思って
いなかったからだ。

作品賞と監督賞については完全に虚をつかれた。
好きなタイプの作品だった「あなたへ」か「わが母の記」に決まれば最高だと
思っていたが、コンセプトを読んで、まったく見る気にさせられなかった「桐島
部活やめるってよ」が獲った。
いくら好きでもすべての映画を見るわけにはいかず、どうしても選別する。
基準はあくまで好みだ。今回はアンテナに引っかからなかった、ということ。

それにしても、やつぱり、作品賞が最後じゃないのかなあ…と、結局、
クレームで終わることに。ハハハ。


「底抜けに明るい」だと!?

03/09

「ジャンゴ」についてはすでに「どこがいいんだ
こんなもの」という主旨のレビューを書いたが
朝日の映画評にとんでもない一文があった。
「陰惨で残酷なシーンもあるが底抜けに明るく、
楽しい」(映画評論家・柳下毅一郎)と。
こんなのに騙されて見に行く人が気の毒だ。


この評論家がどの程度のものか知らないが、ちょっとひどくはないか。
「陰惨で残酷なシーンもあるが」は、誤解を招く表現で、実際はそんなシーンの
オンパレードだ。これを読んで「楽しむ」つもりで見に行ったらえらい目に合う。
「お前のレビューで見に行くのをやめた人は世紀の傑作を見逃すことになる」と
書き込んだタランティーノ信者もいたが、何が世紀の傑作だ。お遊びがすぎてる。
愚作としか思えない。


黒い人…

03/10のツイート

瀬古が「黒い人たちがいないからだよ」と呟いたのが
9時15分、森脇アナが「放送内で不適切なコメントが
ありました。大変失礼しました」と詫びたのは
9時50分だった。
ランナーとしての瀬古は実に見事だったが解説としては
どうにもならないね。


なぜ、こんなことが起きたかを、現場経験を下敷きにして振り返ると、こうだ。

名古屋ウィメンズマラソンのスタートは9時10分だった。
初めの2分は特設スタジオのアナとゲストがつなぎ、そこからは第一放送車の
森脇アナが少し話したあと解説者を紹介し、一言ずつもらってコース紹介を振った。
d0164636_12255497.jpg
瀬古の“問題”発言はその50秒ほどのVTR明けに出た。
瀬古はライブに戻ったことに気づかなかった節がある。まして、自分のマイクが
“生きて”いるなどとは思っていなかっただろう。
想像だが、ビデオを見る必要がないほどコースを熟知している解説・実況トリオは
雑談をしていたのだ。すでに最初の1キロを3分23秒という設定通りのペースで
過ぎていたから、アナか有森が「順調ですね」的なことを言ったのを受けた瀬古が
「黒い…」と言った。間違えようがないほどはっきり聞こえた。

悪意があったかどうかは問題ではない。「ライブに戻ったとは知らなかった」も
言い訳にならない。ふだん、アフリカ系の選手をそう呼んでいることが明らかに
なってしまったのだから。
瀬古一人ならいい。あまりにもポロっと出たのは、陸上界では 日常的に陰でそう
呼んでいる証拠ではないのかと思わせてしまった。その罪は重い。箱根駅伝でも
同じようなことを言ってるんじゃないのと。

たぶん、森脇アナは手元の紙に“黒い人 X → アフリカ勢”と書いて渡したはずだ。
瀬古は慌てたに違いない。放送に出てしまったことを気づかされたのだから。
もっと慌てたのはスタッフだ。すぐに「どうするか」を検討し始めただろう。
分からないのは、アナがわびコメントを入れるまで、35分もかかった理由だ。
誰の耳にも聞こえたのだから、失言があったことは確認するまでもなかった。
「V明けだから聞こえなかったかもしれない」で逃げられるケースではないのだ。
だったら、できるだけ早く「すみませんでした」と言うのがベストの対応だろうに。
抗議電話がどれぐらい来るかを見極めていたかもしれないが、それにしては時間が
かかったのか?上司に相談していたか?なんにしてもみっともない対応だった。


2年後に期待する

大相撲”新人”の遠藤…体格も立派だね。史上2人目の
幕下付け出しだとか。それだけアマチュア相撲の実績を
認められたのだろう。
少し押し込まれたが最後は落ち着いていた。
四股がきれいだった。こういう力士が横綱になったら
さぞかし華やかな土俵入りが見られるなあ。

d0164636_12262111.jpg
184cm/143kg…均整が取れた、美しく堂々たる身体は土俵に映える。
土俵に上がってからは四股の見事さに見とれてしまった。元横綱・貴乃花も
高く足が上がるきれいな四股だったが、遠藤も引けをとっていない。
十両に上がるのが待ち遠しい。どうか、怪我をせずに順調な成長をして欲しい。


サムライと中居

WBC、侍ジャパンが絶好調だ。
台湾戦の逆転勝ちが勢いをつけたね
負けて昨日キューバと戦ったことを想像すると…
ハハハ。
今日の放送で何が心地いいって、今のところ
放送席が中居正広を”完封”していること。
まあそのうち出てくるだろうけどね。 

d0164636_12502821.jpg
ブラジル戦のもたつきを思えば、よく決勝トーナメントに進出できたものだと思う。
低迷していた主砲・阿部慎之助、最年長・稲葉篤紀が調子を取り戻しているほか、
唯一の平成生まれ、中田翔が抜擢にこたえているし、曲者・井端の活躍が光る。
オランダ戦のホームラン攻勢にはびっくりした。会心の当たりばかりでベンチは
「行けいけムード」に包まれていたことだろう。各バッターの次の打席以後が
大振りになっていたことからも分かる。バッティングを崩さなければいいがと
心配したが、昨日のオランダ戦では、第一打席の2ストライクまでの松田以外は
修正されていた。ハハハ。

田中将大はいい球とそうでない球がはっきりしている印象があって、マウンドでの
様子に自信が見えないのが心配だ。気持ちで投げるタイプの彼にとっては厳しい
WBCになった。

どちらにしても、この大会ではいいピッチャーでも長いイニング投げさせず、
どんどん代えて行くほうがいいかもしれない。
d0164636_12505052.jpg
公式応援団長とかいうタイトルをもらったSMAPの中居正広が全試合、ベンチの
横からリポートしていた。雰囲氣を伝えたり、感想を言ったりしているうちは
問題ないが彼はややもすると解説者の領域まで入り込んで発言する傾向がある。
数年前の日本シリーズでさんざん叩かれたのに、まるで学習していない。
草野球の知識で専門的な話をするのは仲間内だけにして欲しい。
いつか、同じジャニーズ系の亀梨和也が他の試合のゲストで出ていたのを見たが、
技術や戦術の話は控えていた。賢いなと思った。

このツイートを読んだ中居ファンからクレームがきた。
これまで何度か彼を褒めていることを知らないのだろう。司会をするときの彼は
光っている。紅白のような大舞台でも、押すところと引くところをわきまえた
見事な腕を見せる。アイドル出身では文句無しのNo1だと思う。
だから、WBCの中居は余計に惜しまれるのだ。
by toruiwa2010 | 2013-03-13 12:28 | 映画が好き | Comments(7)
Commented by BBB at 2013-03-13 16:55 x
岩佐さん、こんにちわ。
日本アカデミー賞ですが、私の昨年のベスト作が桐島、次点がおおかみこども
だったので、両作とも作品賞を受賞した結果は大満足でした。
桐島は興行的にはイマイチだったようなので、この受賞を機会に
多くの方に見られるなら嬉しいな、という感じです。
阿部寛さんは「カラスの親指」で受賞でも良かったようなw
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-13 17:03
BBBさん、こんにちは。

桐島・・・私には何も言えません。
言う気もないし。お好きなように、以外は。ハハハ。
阿部寛・・・「私もカラスの親指」のほうがはるかに
いいと思いました。結局、好みですけどね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-13 17:20
ことサン、こんにちは。
少しピントがずれてますね。
番組を見ていたんですか?
聴覚障害者のために字幕を出していたとは思えません。
それには別のやり方があります。

第一、質問は字幕で出して、俳優が話す内容は
知らんふり・・これで聴覚障碍者のためになりますか?
人を差別者扱いするのはいい加減にしてください。

逃げていると思われるのは嫌だから承認しますが、
自分で削除することを勧めます。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-13 17:58
常連さんへ。

さきほどの「こと」サンの聴覚障碍者うんぬんの
コメントですが、本人から、詫びのコメントがカギ付きで
書き込まれました。削除はこちらにしてほしいとのことなので
削除します。

誓って、具合が悪いからではありません。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-13 21:25
赤ちゃん本舗サン…と言うより、赤ちゃんそのものクン、
こんなコメントを承認するわけもなく。ハハハ。
Commented by ハハハ。 at 2013-03-21 00:45 x
「桐島、部活やめるってよ」アンテナに引っ掛からなくて正解ですね。映画を観る目がないことが露呈してしまいますもんね!「あなたへ」が良作と思っている貴方には。そして、「ジャンゴ」を駄作と言う貴方には。ハハハ。まぁ、貴方のような人の発言で桐島~を観に行くことをやめる人がいないのが幸いです。ハハハ。でも、個人の趣味でやっているブログなので一切文句はありません。これからもお元気で。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-21 06:32
ハハハ。さん、ご満足ですか?

隅から隅まで読んでもらってありがとう。ハハハ。
以後の書き込みはお断りします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。