ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

羽生が、浅田が…ああ~世界フィギュア選手権~13/03/16

d0164636_948298.jpg
03/14のツイート

レイノルズ・・・4回転はどうだ?すげえ。
これも軽々だったね。日本男子のレベルは高いと
思ったけど、これを見ると、「本気の」彼らは
やばい存在に見える。
ソチ五輪まで1年で彼らはもっと成長すると
思わなければいけないよね。


いま、世界を代表する4回転ジャンパー、レイノルズがさすがというジャンプを
見せたが、SPは3位どまりだった。逆に4回転は両足着氷に終わった高橋大輔が
魅力的なステップワークで演技構成点を稼いで4位につけた。
オリンピックや世界選手権のような高いステージの大会になると、とんでもない
伏兵が飛び出してくることがある。FSをみなければ何とも言えないが、男子の
デニス・テンなどはその典型だ。構成点が低いが、あと1年でそこを磨いて来ると、
一気にソチのメダル候補になるのではないか?
d0164636_1011323.jpg
チャンは圧巻だった。
シーズン序盤のもたつきを考えると別人のように完成度の高い演技を見せてSPの
最高得点をたたき出した。高橋より上位になると必ずアラを探して「おかしい」と
騒ぎ出す傾向がある大ちゃん・ファンも何も言えない滑りだった。

気がかりなのは羽生結弦だ。
膝に故障があって、痛み止めの措置をしながら出ているらしいが、愚かだね。
出たい、という気持ちは分かるが、ベストの状態で出て初めてメダルを狙えるのに、
故障を抱えての出場はマイナスにしか働かないだろう。オリンピックの3人枠を
確保するために自分が頑張らないと、と考えての出場ならアンビリバボーだ。
君はまだそういうことを考えなければいけない年齢でも立場でもない。
唯一の希望は、ケガが“打撲”という点だ。たちの悪いものでなければ、多少の
無理をしても大丈夫かもしれない。そうであることを祈る。
d0164636_1013073.jpg
男子の実況は若手から中堅に差し掛かっている西岡アナだ。
褒める前に、こまかい疑問点を二つ指摘しておく。
アモディオがスピンに入るところで転倒したとき“アクシデント”と言った。
単純な演技の失敗に見えた。言葉のチョイスが違うような気がする。

高橋の決して満足できる出来だったとは思えない演技のフィニッシュに合わせて
「信じてきた自分自身。笑顔に変わった高橋大輔」と言ったが、“会心の笑顔”の
ように聞こえた。あの笑顔は意味が違うのではないか。圧巻のステップに場内が
わいたのにつられてはいなかったか?言葉の選択としてどうだろう?
「最後のステップは高橋大輔の体の中から音が出ているような…」も先輩アナとは
傾向が違うが、同じ予定稿、ポエム系のコメントだった。

さて、その西岡アナだ。最近はすっかり腕を上げている。
なによりも、競技を見る自分の目に自信を持っているのがいい。
去年、<こういう実況を排す その2~岩佐徹的アナウンス論105~>に書いたが、
全日本選手権で高橋の演技が終わった瞬間にも素晴らしい一言を放っていた。
「間違いありません。歴史に刻み込まれる名演技でした」。
ためらうところだがよくぞ言い切ったと思った。

今回は、パトリック・チャンのときにこう言った。
「おそらく信じられないような得点が出るはずです」。
…下手をすると実況アナとして出すぎていると非難されるところだが、それはない。
意識のどこかに「本田はここまで言わない」という思いがあったかもしれない。
作り上げたものではない言葉がその瞬間に見ている人の気持ちとシンクロする。
それこそ、実況アナでなければ味わえない醍醐味だ。だから、予定稿はやめようよ。

Sアナとの比較で彼を誉める声は多いが、私にはまだまだ“発展途上”に見える。
自分の型ができていない。欲を言えば、彼ならではの「味」を身につけてほしい。

女子SPについては駆け足で…。

浅田はせっかくトリプルアクセルを着氷したのにもったいないことをしたものだ。
大会前のリラックスしたインタビューの中で「ジャンプをピョンピョン跳んでいた
ころの自分になんて言う?」と聞かれた浅田が「なんでそんなに跳べるの?」と
答えていた。4大陸選手権のあとのインタビューでは「このトリプルアクセルを
失いたくないと思います」と語っていた。彼女に限らず3Aが大事なのは分かるが、
少し思い入れが強すぎないか?
FSでの逆転が不可能な点差ではないが、相手のミス待ちになるね。
d0164636_1025859.jpg
村上佳菜子は上出来だったと思う。3位になっただけのことはある。
スムーズなスケーティングだったし情感もよく表現できていた。いつものことだが、
2本揃えられるかが課題だ。遠慮することはない。「今度こそ真央さんを抜く」の
気合いでFSを滑ってほしい。それができれば一皮むける。

キムヨナについては、youtubeで確認済みだったが、大きな画面でじっくり見た。
演技には流れがあった。特にジャンプから降りたあとの流れがきれいだ。
少しも変わっていないように見えた。見事なものだ。
d0164636_1032246.jpg
#fujitv #figureskate のTLに彼女を叩くコメントが少ないのは意外だった。
いいことだね。自国の選手に対して「頑張れ」や「負けるな」までは理解できるが、
そこから行き過ぎてはダメだ。私は国籍に関係なく応援する。かつて、アメリカの
ナンシー・クワンや東ドイツのカタリナ・ヴィットを応援したように。
もちろん、直接対決になれば、日本代表を、浅田真央を応援するが。

キムヨナ見ましたが普通な感じなんですけどねー。
綺麗かもしれないけど、引き込まれないというか。
しかも終わったあとに息ゼーゼーしてるんですが
フリー持ちますかって?


そんなツイートをしている若い(と思われる)女性がいた。無理やり“ライバル”の
アラを探して批判するのは最低の所業だろう。
好き嫌いは別にして、いいものを素直に認めるのはスポーツ観戦の原点だ。

女子の方は、久しぶりに見たコストナーもよかったしFSでの逆転もある。
もちろん、村上にもチャンスはあるし、面白くなってきた。

今週から、週末には過去に書いた記事から
厳選したものを更新する予定でしたが、
諸事情により、来週末からに変更します。

by toruiwa2010 | 2013-03-16 10:03 | フィギュアスケート | Comments(6)
Commented by しょう at 2013-03-16 12:27 x
岩佐さん、こんにちは。
いろいろな感情があって当然なんですけど、
選手と演技だけにフォーカスして純粋に楽しみたいですね。

西岡アナのポエム化、私も気になりました。
うまくいかなかった選手に対して「残念」と言うのはいいとしても、
選手の心境を代弁するのにはちょっと違和感があります。

あと気になったのが、荒川静香です。
彼女は聡明だとは思うのですが、言葉数が多すぎて
聞いていて心地よくありません。
いい解説でも、言葉が整理されていないため
耳にスッと入ってこないです。
八木沼純子ほど簡素なのもどうかとも思いますが。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-16 14:28
しょうサン、こんにちは。

作った言葉がうまくはまると、クセになる・・・
どんなアナウンサーも経験することです。
NHKのKアナはその典型です。

荒川・八木沼ともに選手に対する遠慮があって
解説とは言えません。ホンダも同じです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-20 06:43
結衣サン、おはようございます。

どこかで読んだ話ばかりですが、承認しておきます。

「素人には分かりにくい…」と書くなら、自分が何者か
示してからお書きなさい。説得力がありませんよ。

そして、あのキムヨナの演技がジュニア・レベルなら、
ジュニアはシニアをはるかに超えて高みにあると
いうことになります。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-21 06:38
結衣さん、とんちんかんなコメント、
ご希望通り、削除します。
Commented by 横浜トンネル婦人 at 2013-03-28 02:33 x
ナンシー・ケリガンとミシェル・クワンが合体してしまっていますよ。
ご自分で間違いに気付いて訂正されるのが一番と思い、しばらく見守っていましたが…

名前の間違いは失礼です。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-28 07:00
横浜トンネル婦人さま、おはようございます。

ナンシーじゃなくてミシェル・・・
その通りございます。失礼しました。
ご指摘、ありがとうございました。

粗忽老人です。これからも間違うことが
多多、あるかと思いますが、どうか、
気軽にお声かけしてくださいませ。
みなさま、そうなさってますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。