ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

小野梅園・青谷梅林・御苑~京都へ梅を見に行く~13/03/17

d0164636_8203139.jpg
しばらく、長兄の顔を見ていないこともあって、京都へ梅見に行ってきました。
開花情報を眺めながら機会をうかがっていました。“よさげ”になってきたので
電話で直接確認したうえ、火曜日に出かけました。決めたのは前日です。
早速、ホテルをとろうと“行きつけ”のじゃらんをのぞきましたが、ダメでした。
こういうサイトは前々日までなんですね。天気と開花情報で出かける日を決める
我が家の“システム”には向いていません。ハハハ。

ホテルにダイレクトで問い合わせましたが「あいにく満室」とニベもなく…。
ためしにホテルのHPからネット予約のページに行ってみると“18時チェックイン、
朝8時チェックアウト”という条件付きで低料金の部屋が残っていました。
いつもは、4時間ほど観光したあと、ホテルでひと休みしてから兄が住む芦屋に
向かうのですが、少し長めに観光したあと、どこかでお茶をして直接兄のところに
行くことにしました。

品川を出ると、少しかすんでいましたが、富士山がはっきりと見えました。手前に
山があるため、ここからだと、逆に、全体が雪をかぶっているように見えます。
近くに行ったら、かすみがとれて素晴らしい眺めが見られるぞと確信しました。
いつも、窓側を妻に譲ります。洋の東西を問わず、紳士は常にそうです。ハハハ。
“のぞみ”では品川を出て40分後、もっとも美しく雄大な富士山が見られます。
…ああ、しかし、東側からは全体が真っ白に見えたのに、真南のこの場所から見る
富士山は、かなり雪が解けて“まだら”になっていました。何日か、暖かい日が
あったからでしょう。ちょっと残念。
d0164636_8212113.jpg
いつもなら、そのあとは読書をするのですが、この日はiPadを起動して翌日用の
記事の執筆です。待っている人がいると思うと休載は避けたいですからね。ハハハ。
書きかけのものをメールで送り、それをiPadで開き、“メモ”に貼り付けてから
作業をしています。もっと簡単な方法があったらご教示を。

時間を消化するにはもってこいですね。あっという間に京都に着いた感じです。

隋心院・小野梅園

今回は、これまで行ったことのないところをチョイスしました。
まず、在来線に乗り換えて山科に行きました。目指すのは随心院の小野梅園です。
こじんまりとした庭園で本数も少ないのですが、静かなのでゆっくり鑑賞できます。
ウグイスが“練習中”でした。まだうまく啼けていませんでした。ハハハ。
d0164636_8225548.jpg
d0164636_823987.jpg
d0164636_8232057.jpg


青谷梅林

一度、京都に戻り、JR奈良線で山城青谷に向かいます。
ネットで見ただけですが、青谷梅林が魅力的だったのです。
ちょっと失敗でした。小田原の曽我梅林と同じで、実をとるための梅がたくさん
植えられているだけでした。“梅林”と聞いたときにもう少しチェックすべきでした。
本数は多いのですが、見せるための“工夫”はありませんから、どこか殺風景です。
落ち込む私に妻は「来なければ、ずっと憧れるわけだから」と慰めてくれました。
こういうときはバカにやさしいのです。ハハハ。
d0164636_8241826.jpg
d0164636_8243198.jpg
駅に戻ってさらにガッカリしました。
見るからに“ひなびた”駅でしたから、ある程度覚悟はしていました。それでも
15分に1本ぐらいは…と思っていた普通電車が、30分に1本しかないのです!
しかも、たったいま行ったばかり。予定が狂いました。ハハハ。
d0164636_8262650.jpg
京都に着いたときは1時半を過ぎていて、もう1か所と思っていたのに行けなく
なりました。いえ、行こうと思えば行けないこともないのですが、そうすると、
“鍵善”のくずきりをあきらめることになります。しばらく行ってなかったし、
歩いたので体が甘味を欲していました。その誘惑にはとても勝てません。ハハハ。

黒蜜でジュエリーのようなくずきりを食べ、一休みして芦屋へ。
5か月ぶりで長兄に会い、いつもの中華で一緒に食事をしてホテルに着いたのは
7時過ぎでした。こんな時間にチェックインするのは初めての経験です。
しかし、何が幸いするかわかりません。フロントの女性が笑顔でカギを渡しながら、
「本日はこちらの都合でコーナーのお部屋をご用意させていただきました」と。
こんな“都合”なら常に歓迎です。窓が二方向にあって東山と街並みが見渡せる
絶好の間取りに大満足でした。しかも、レイト・チェックインの割安料金のまま。

翌日は朝から雨になりそうな予報でしたが、起きてカーテンを開けると、曇りから
晴れ間が広がるところでした。
8時前にチェックアウトして京都御苑に行きました。御所は9時に開門しますが、
周りの庭はいつでも入れます。ここの梅がかなり見ごろになっているという情報を
見ていたので訪れたのです。御苑はかなり広いので、事前に調べてピンポイントで
行かないと目当てのものを見ることはできません。

“出水口に近いところがいい”…という情報でした。
ときどき“とらや”でお茶してから入る入り口です。
状態としてはここから蛤御門にかけての梅が最高でした。朝早くだったので人影も
まばらです。最後の最後に満足な梅に出会えて気持ちよく京都駅に向かいました。
d0164636_827673.jpg
d0164636_8271725.jpg
d0164636_8272761.jpg


オマケ:近所の梅

今月初めに近所の梅見に出かけました。東大駒場校舎と羽根木公園です。
d0164636_8291242.jpg
d0164636_8292424.jpg
d0164636_8293234.jpg

d0164636_8294318.jpg
d0164636_8295327.jpg
d0164636_830819.jpg
これから、桜前線が津軽海峡を渡るまで忙しいことになりそうです。
目の保養をして楽しめるし、気がまぎれるし、冥途の土産にせっせと出かけます。
ハハハ。

京都の梅の写真は夕方、ギャラリーにまとめます。
by toruiwa2010 | 2013-03-17 08:35 | 旅に出る食べに行く | Comments(6)
Commented by もくでら at 2013-03-17 09:53 x
わぁーいいなぁー
こちら北海道は、冬のままです。
昨日も雪が降りました。
今朝も降りました。
春はどこで止まっているのでしょうか・・・・
朝8時にチェックアウトだなんて、
早い!
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-17 10:42
もくでらさん、こんにちは。

北海道はまだ雪の中ですか。
おいしいものも多いですが、暮らすのは
なかなか大変ですね。

でも、いずれ春は行きますから。ハハハ。
Commented by フォーマルハウト at 2013-03-17 16:37 x
私も先日、梅見に行って参りました。
と言っても車で40分程の太宰府天満宮ですが。
仕事の都合でもうこの日しか行けない!という状況だったのに
あいにくの雨。
九州国立博物館での特別展が会期末だったこともあり、
悪天候にもへこたれず出かけました。
飛梅はもう散ってしまっていたのですが
その他はまだ綺麗に咲いていました。
ボストン美術館展はお正月以来2回目でしたが、
もう一生見られないかもしれない、と思うと
帰り難く、後ろ髪引かれる思いでした。
同じ日、福岡では桜の開花宣言が。
こちらも、楽しみです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-17 18:41
フォーマルハウトさん、ボストン美術館展は
浮世絵などもあったのでしょうか?

そちらは飛梅の「本家」ですね。
見てみたいなあ。
Commented by フォーマルハウト at 2013-03-17 23:32 x
今回の特別展は仏教画と、
狩野派、琳派等の日本画が。
曾我蕭白は言わずもがなの迫力でしたが、
私は何と言っても光琳の松島図が一押しです。
来月、根津美術館で
毎年恒例の国宝燕子花の期間限定公開が。
それに合わせて上京する予定です。
まるで追っかけですね(笑)
ボストン美術館展はこの後大阪に巡回です。
機会があれば、ぜひ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-18 06:17
フォーマルハウトさん、おはようございます。

かなりの美術ファンなんですね。
私は妻のお供でときどき出かけるだけです。
解説が必要な分かりにくいものが苦手です。
「ジャンゴ」とは別の意味で。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。