ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

NHK・堀アナ退社へ~その道、険しかるべし~13/03/28

d0164636_10161227.jpg
to wear a cat…ネコをかぶる

俳優は役を演じ、タレントは芸をします。私生活を語るトーク番組を含めて完全に
素の自分をさらけ出すことはないでしょう。つまり、彼らはテレビや映画の画面に
映っている通りの人物ではありません。どこかで自分を“作って”いるはずです。
アナウンサーやキャスターも同じです。少なくともアナウンサーだったときの私は、
ある意味“猫をかぶっていた”と言ってもいいでしょう。猫に失礼か。ハハハ。
自分で言うのも気が引けますが、にこやかで穏やかな語り口だし、きっと、人柄も
見た目通りだろうと、世間では思っていたに違いありません。
d0164636_925697.jpg
現在の私がブログに書き、ツイッターでつぶやく内容にビックリする人が多いのは、
みごとに“騙されて”いたのです。ハハハ。
一方で、“そう見えた”というのは大事な点です。テレビでは、最後にものを言うは
“人間性”だからです。作ろうが、だまそうとしようが、見る人が見ればわかる…
テレビのカメラは誤魔化せるものではないのです。
もしかすると、今の私が世を忍ぶ仮の姿で、みなさんがテレビで見て想像していた
私こそが“本当の岩佐徹”なのかもしれません。ハハハ。

初めから少し“脱線”気味ですが、要はアナウンサー・キャスターを見た目通りに
受け止めると間違えることがあるということです。逆に、彼ら(かつての自分も)の
側から言うなら、必ずしも本心だけを言えるわけではないのです。ジャニーズ、AKB、
WBC、実名報道、オリンピック誘致、中島知子…特に、政治的な主義・主張という
点になると、意に反することを言わされているとは思いませんが、思った通りの
ことを自由に言っていると思わない方がいいでしょう。

限られた時間内で番組を構成し放送するため、テレビには“ルール”があります。
たとえば、朝のワイド番組である人物を非難する方向のコーナーがあったとします。
番組として方向性が決まってしまうと、メインキャスターもレギュラーやゲストも
それに逆らう意見は口にしにくいし、言えば問題が起きます。パネリスト同士で
言い争いが始まったりすると収拾がつかなくなり、予定が狂ってしまいます。
私は勝手に“テレビにおける予定調和”と呼んでいます。

山川建夫の例もあり…

かつて仲が良かったフジテレビの後輩・山川建夫は私などと違って“芯が通った”
素敵な若者でした。年はかなり下なのに、彼の方が大人に見えたほどです。
入社3年目に「小川宏ショー」の司会グループに大抜擢されましたが、ほどなく、
“間違い”(会社的に…です)をおかしました。
d0164636_9212210.jpg
“単純な正義感”ではなく、戦争反対については確固たる意見を持っていた彼は
フジテレビの別番組でベトナムを取材した「3時のあなた」の司会者・山口淑子を
放送の中で批判したのです。「わずかな取材時間で戦争の実態が分かるのか」と。
正論でした。しかし、その結果はどうなったかと言えば、出番を減らされ、結局、
1年で番組を下ろされました。たしか、最後の挨拶でも「自分の意志ではない。
下ろされるのだ」と発言していたと記憶します。

発言の内容は間違っていなくても、山口さんの放送を褒める方向で番組作りを
していたスタッフ、もっと言えば会社は怒りました。それは無理もありません。
完全な“予定「不」調和”ですから。

たったいま、検索してビックリしました。山川は少しも変わっていません。
ただし、四半世紀前に移住した房総の山里にも福島第一原発の放射能は流れ、
彼が丹精込めた作物も汚染されているそうで、彼にも低線量の内部被ばくがあり、
農作業を断念せざるを得ない状況だとツイートしています。言葉がありません。
没交渉になっているし、考え方は違いますが、彼には元気でいてほしいと思います。


堀潤、海外留学のとき

03/20 “面識”のない人のツイート

一年前にRTした堀潤アナに関する
岩佐徹(@toruiwa)さんのツイート。
完全に予想通りの結果になった。
twitter.com/toruiwa/status…
twitter.com/toruiwa/status…


d0164636_94553.jpg
TLにいきなりこのツイートが現れたとき、一瞬ぎょっとしました。最後の2行は
私が書き込んだツイートだと分かるからです。自分が呟いた内容には責任があるし、
間違っていない自信もありますが、“万一”ということもありますから。ハハハ。
そのツイートを原文のまま再録します。

2012/3/31 15:54のツイート

NHK堀潤アナがツイッターで二つの報告をしている。
1.海外留学することになった。
2.業務用アカウントは終わるが新たに全国の
NHKアナのためのアカウントが開く。
・・・眉に唾して読まなきゃダメだ。
決して「めでたしめでたし」ではあるまい。(続

続)バカに急な海外留学だ。やけに都合のいい話だ。
うわべは円満解決に見えるが、NHKとしてはていよく
「ところばらい」した、ということじゃないのか。
期間は不明だが、帰国時、アナウンサーとしての席が
なくても不思議じゃない。そういう組織だと思うぜ。


そもそものツイート

堀アナは震災後、活発にツイートの発信を続けていました。
12月に入って、内容が過激になっていたようです。特に12月12日深夜に書いた
ツイートにはビックリしました。
d0164636_943361.jpg
国や組織に期待してはだめだ。もうだめだ。
僕らで動こう。僕らで考えよう。僕らでこの国を変えよう。
だって、僕らの国なんだからさ。
誰かに任せるのは、もう、やめよう。
僕らは皆仲間だ。ここでこうして繋がっている皆は、
何かに気が付いたからこうして繋がっている。
だから、僕らが動こう。


時間の経過とともに、気持ちが高まり、“アドレナリン”が猛烈な勢いで流れ始め、
自分の言葉・行動に酔って行く中でのツイートでした。
ひとつひとつの言葉に問題はありません。書かなくても明らかですが、“巧妙に”、
攻撃相手の決定的な名指しも避けています。
ネット上は「すごい!」「応援する」「NHKにもこんな人が」と絶賛の嵐でした。
しかし、これを読んだとの私の感想は違いました。
完全に個人の立場でのツイートならともかく、報道・情報系の番組の総合司会を
つとめる“NHKのアナウンサー”が“NHKの公式アカウントを使って書いた”
となると、話が違ってくると思ったのです。

テレビもラジオもすべて総務省の監督下にあります。中でも、予算・決算ともに
国会の承認が必要なNHKは 組織として時の政権の“顔色”をうかがっていると
思います。ことの是非は別です。「きっと問題になるぞ」と直感しました。
上層部は必ず“個人より組織をとる”ことを経験で知っているからです。

私も呟きました。

2011/12/13のツイート

数年前「NW9」にヘアスタイルだけを見たら
中村獅童と間違えそうなアナが出ていた。
昨日の彼のツイートに驚く。NHK職員がここまで
モノを言ったことはないと思う。
時間とともに高揚していくのが分かる。
山本太郎や高岡蒼甫のようにならなければいいが。 


これが、“堀潤”に関しての最初のツイートです。
14日には記事も書きました。
経緯を記したあと、この時点で正月特番の収録も終わっていましたから、年内は
このままにして、特番放送後、正月休み明けにも“処分”の発表…そんな経過が
考えられる、正月明け以降、“転勤(異動)”先の地域を除けば“イケメン”として
人気がある彼の姿を見られなくなる可能性は非常に高いなどと書きました。
受信料で成り立っているNHKがこれを放置するはずがないと思ったからですが、
私の予測はものの見事に的中しました。
振り返ると、この件に関してはきっかけから結末まですべて予想通りだったのです。

番組降板

2012/02/28のツイート

NHK「Bizスポ」の堀潤アナが番組から外れる
ことになった。本人がツイッターで報告している。
番組内容の変更に伴って、となっているが
「狙い撃ち」されたのは間違いない。
12月のツイートで政府批判をしていたときに
「危ないぞ」と書いたが、的中してしまった。

d0164636_945737.jpg
入局前から、NHKの企業としての特性は彼も理解していたはずです。
「これぐらいは大丈夫だろう」と考えたとすれば“浅慮”のソシリは免れません。
しかし、ツイートを読むと“不退転”の決意がうかがえました。すべて覚悟の上で
なんとか風穴を開けたいと思っての行動だったとすれば、後悔はなかったでしょう。
それにしても、大きなミスもないのに2年でキャスターが代わるのは、NHKでは
異例のことでした。

その道、険しかるべし

1年のアメリカ留学を経て“詰め腹”退職に至った今回はどうでしょう。
ツイッターのフォロワーを“サポーター”だと考えるなら、支持者は多いようです。
しかし、NHKの看板を背負っていたときとこれからでは取材のやり方もガラッと
変わります。変わらざるを得ないのです。ジャーナリストとしての確固たる実績は
まだありません。その中で、今後やりたいと言っている個人としての取材・発信が
どこまでできるか?
正直言って、少し疑問です。

山川は「人通りがなくても、タクシーが一時停止をしなかったら注意します」と
言っていたほど筋金入りの正義漢でした。堀にそこまでの覚悟があるでしょうか。
SNS時代の今は応援する声が直接耳に入ってくるだけに“支えられている”感は
半端じゃないと思いますが、それに乗ってしまうのは危険じゃないですかね。

ちなみに、彼について何度かツイートし、記事を書いたあと、12月16日から
業務用アカウントでは私をフォローしていました。あまり誉めてはいなかったし、
ネットが“ざわざわ”したときのブログ記事はNHKのような組織の社員として
どうなのかと、“冷めた”書き方だったぐらいなのに。
フォローにどんな意図があったのかは知りません。ハハハ。

なお、石田研一放送総局長は定例会見で「突然で驚いた。本人の強い希望なので、
残念だが、いたしかたない」と話したそうです。ウソおっしゃい。ハハハ。
…組織は、ていよく、彼らから見れば“病んでいる”細胞を除去したのです。
しかも、実際は違っても“本人の意志”で押し通せる形で…。最高の決着です。
まさに、願ったりかなったりでしょう。まったく、組織ってやつは。ハハハ。
自分の意志で一歩踏み出したのですから、その道を進むしかありません。
かなり険しい道になると思います。今朝の一般紙に載っていた週刊文春の広告に
“NHK・堀潤アナ-電撃退社の陰で「上司も知らない」重大疑惑!”とあります。
きっと、重大でも疑惑でもなく、上司が知らなくてもいいネタなんでしょうが、
彼の周辺と違って、世間の目は冷めていると思わなければいけません。

35歳だそうです。1981年に43歳でアナウンサーを辞める決意をした私のように
後悔しないことを祈るばかりです。面識もないのに余計な心配でしょうが。ハハハ。

参考

ちょっと、ヤバイんじゃないの?
~“NHKのイケメン”のツイート~ 
http://bit.ly/tFfZBg

やるじゃん岩上安身~予定“不”調和のおもしろさ?~
http://bit.ly/dF0KrO
by toruiwa2010 | 2013-03-28 09:35 | アナウンサー・実況 | Comments(6)
Commented by ポセイドン at 2013-03-28 12:42 x
堀さんは、かつての田英夫や上田哲らと重なります。
まあ、政治に行かずとも、そういう活動に向かうのでしょうか。
山川さんは心配ですね。
山川さんと対決(?)した李香蘭さんが自民党議員になったのは、皮肉というか何というか。
そういえば、フジの長谷川豊元アナも退職されたそうです。
毎朝見ていた顔なのに、すっかり忘れていました。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-28 13:23
ポセイドンさん、こんにちは。

堀と田秀夫が重なりますか…。
人それぞれですねえ。それでいいんですが。ハハハ。
Commented by マオパパ at 2013-03-28 18:17 x
岩佐さん、こんばんは。久々にコメントします。「猫をかぶる」についてですが、確かにもっと温厚な方かと思っていました。なので最初は印象とのギャップに驚きましたが、今は興味深い考えを楽しませていただいています。今後もユニークな記事をお願い致します。特に野球関係は大歓迎です。なお、私の名前は浅田真央とは関係ありませんので、よろしくお願いします。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-28 18:39
マオパパさん、こんばんは。

猫をかぶる・・・は例によって自虐で言ってるだけです。
誰にだって多少の二面性はあるものです。
自分にはない、と思ってる人は自分を知らないだけでしょう。
ハハハ。

マオオタが差別用語だって因縁つけられたとき、
マオパパはどうなのかな?って思いました。ハハハ。
Commented by chibita at 2013-03-28 21:34 x
堀潤…初めて見た時からパツパツのスーツにあの髪型、私は「げー、なんか嫌い」と思っていました。
もし彼がアナウンサーじゃなかったら嫌いって思わなかったかも知れません。Bizスポの飯田香織も話し方が嫌!と思っていて
本職は何?とウィキペディアでチェックした事があります。
やっぱりアナウンサーじゃなかったのか、と納得しました


やはり視聴者はアナウンサーという職業にはキビシいのです(笑)

でももっとキビシいのは会社のお偉いさんだったりマスコミだったり…なんだか恐ろしい未知の世界だわ。

岩佐さんは凄い世界にいらっしゃったのね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-03-28 21:53
chibitaさん、こんばんは。

私も怖い思いもしたし、知らぬ間に
怖い思いをさせていたかも。ハハハ。

もったいないこともしたけど、割合
好きなことができた方だと思います。
ええ、たしかに、華やかに見えてなかなか
厳しい世界です。そんなところでもまれたから
人間ができてるんです。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。