ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLB日本人選手への期待2~黒田・ダルビッシュ・イチロー~04/01

d0164636_723758.jpg
黒田博樹(New York Yankees:通算6年目)
33試合 16勝11敗 投球回数 219回2/3 防御率3.32


昨シーズンの黒田は、負け数が2ケタになったこと以外、文句なしの合格だった。
先発投手陣の中でただ一人 1年間、ローテーションを守った。その上で、試合数、
投球回数、勝利数などで自己最高の数字を残した。
球宴を挟んだ前後半をくらべて後半の方が成績がいいというのも素晴らしい。

輝かしい歴史と伝統があり、常に優勝争いを求められるヤンキースでこれだけの
結果を出したのに日本のメディアはあまり伝えなかった。アンフェアというものだ。
負けても勝っても、打っても打たなくても、ダルビッシュやイチローの話ばかり。
ネットでは“偏向報道”が騒がれているが、スポーツ報道にも“偏向”ありだ。
ハハハ。
d0164636_7213194.jpg
話を聞いたわけではないが、今シーズンは黒田のメジャー最後の年になるのでは
ないかと思う。過去の言動からは選手生活の最後は広島でと考えている節がある。
それも、力があるうちに…だ。
一挙手一投足をメディアに注目されるニューヨークで過ごした1年はストレスが
たまるものだったに違いない。対処方法は習得しただろうから、2年目、そして、
“最後のシーズン”に大きく期待したい。

首脳陣の信頼はすでに得ている。
完投や完封にこだわらない中で、1登板あたりの投球回数が6回2/3は見事だ。
勝ち星は援護点との兼ね合いがあるから難しいが、今年こそは18勝を上回りたい。
ポイントは2点あると思う。
まず、去年5勝5敗だったアウェーの成績を改善することだ。それができれば
18勝は難しい数字ではない。

もう1点は、同じく去年、防御率が4.00だった序盤の3イニングスだ。
特に、1回は5.18というひどさだ。今シーズンの大きな課題になる。逆に言えば、
立ち上がりさえうまく切り抜ければ…と思わせるデータだ。
口で言うほど簡単じゃないことは分かるが、ここの改善はぜひクリアしてほしい。

悪くても18勝して負けを1ケタに抑えることを期待する。
そして、野球ファンには“これぞ日本男子”、黙々と投げる黒田のすごさをぜひ
知ってほしい。マスメディアが特定の選手をもてはやすのは理由があるからだが、
注目すべき選手がほかにもいることに気づいてほしい。

今日発売のアエラの表紙が黒田になっている。
どんな記事が書かれているか、あとで立ち読みしてみよう。ハハハ。
d0164636_721365.jpg

ダルビッシュ有(Texas Rangers:2年目)
29試合 16勝9敗 投球回数191回1/3 防御率 3.90 221奪三振


日本だけでなくアメリカでも注目が集まる中でダルビッシュは実力を見せつけた。
交渉の権利を得るためだけに大金が投じられ、メジャーで1球も投げていないのに
高額年俸で契約したのだから、心理的圧力は相当なものだったはずだ。そう思うと、
そのプレッシャーから解放される今シーズンへの期待が高まるのは当然だろう。

去年の実績については誰もが合格点をつけた。私の“通信簿”でも黒田、青木と
並んでA+だった。“心残り”は8月中旬以降、先発回避が2度あったことだけだ。
地区優勝がかかる大事な試合が続く中だっただけに悔やまれる。先発ピッチャーに
求められるのは、まずローテーションを守って、予定の試合には必ずマウンドに
上がることだ。そこから逆算して、“中4日”や“100球前後の球数制限”がある。
d0164636_7203337.jpg
去年はすべてが試行錯誤だったと思うが、今年は34試合を予定通り投げてほしい。
そうすれば、打線とのからみはあるものの、20勝が見えてくるはずだ。
ボールの威力は問題がない上に大きなカーブがきわめて有効なことは証明ずみだ。
2年目を迎えて環境にも慣れたダルビッシュへの期待は大きくなるばかりだ。

課題がいくつかある。
まず、黒田と同じように、アウェーの成績がホームを大きく下回ることだ。ただし、
これは経験を踏まえて改善すると思う。
8月の下旬以降は文句なしだったが、全体では球宴後の成績が落ちていることも
気になる点だが、ダルビッシュはアジャスト能力に秀でているピッチャーだから
この点も改善できるのではないかと期待する。

改善と言えば、理由は知らないが、スタッフを入れ替えたと聞く。
去年、入団会見を見たとき、通訳に懸念を抱いた。彼ではなく、私が…だ。ハハハ。
英語堪能は間違いないが、野球についての知識が怪しかった。
日本語を英語に、英語を日本語に、機械的に置き換えるだけなら いずれ、それこそ
機械でもやれるようになるだろうが、1球1球に勝負がかかる場での通訳は大事だ。

結論を言うなら、ダルビッシュについては環境が整った。おそらく、すべての点で
去年を上回る成績を残すと予想しておく。


イチロー(Seattle Mariners→New York Yankees:通算13年目)
162試合  .283 (629-178) 9HR 55打点
Mariners  95試合 .261 (402-105) 4HR
Yankees   67試合 .322 (227- 73) 5HR


今年のイチローはいろいろな意味で楽しみだ。
まず、優勝を義務付けられた名門で初めて開幕を迎える。きっと、“超”ベテランに
なった彼でさえ、開幕を前に胸を躍らせていることだろう。そうでなきゃおかしい。
オフからキャンプにかけてケガ人が多く出たヤンキースだが、矢継ぎ早に、的確な
手を打っていくチームの動きにビックリしたという談話を読んだが、伝統の重みを
ズシリと感じたはずだ。そして、奮い立ったと思う。そうであってほしい。

開幕から身にまとうピンストライプ…、しかも、いきなりレッドソックス戦だ。
シェープアップした細身の体の中をアドレナリンが激しく流れることだろう。
そんなイチローは、メジャー13年目で初めての経験もしたと思う。まず、必ずしも
ポジションを約束されているとは言えないキャンプだ。
その時点でグランダーソンがケガをしていたから、チャンスは増えていたが。
もう一つは、ポジションを得たとして、何番を打つかがはっきりしなかったことだ。
ジーターやロドリゲスのケガがあって、キャンプでも1番から3番まで試された。
d0164636_7195711.jpg
オリックスでレギュラーになって以来、20年ぶりで迎えた“不確かな”シーズン、
開幕戦はX番・ライトだった。戦力が整うまではこの形が多いのではないかと思う。
そこで、イチローに期待するものは何か?
ネット上に、今年のヤンキース・ファンが見るのはいったいどちらのイチローか、
という記事があった。バットが湿りっぱなしだった去年の前半のイチローなのか、
それとも、NYに来て息を吹き返した後半のイチローか、というわけだ。

予測は難しい。
少なくとも、去年の前半のようなことはないと思う。環境がまるで違うもの。
優勝をめざし、アウェーでも観客が多い人気チームの一員としてプレーする喜びは、
弱小チームでほとんど自分のためだけに打席に立つのとは大きな違いがある。
毎試合張りつめた気持ちでプレーするイチローが一昨年までの輝きを取り戻しても
不思議ではない。

持っているすべての能力を発揮し、チームプレーに徹してほしい。
フォアボールで出塁することに躊躇せず、50個を目指してほしい。そうすれば
悪かった過去2年を含めた平均出塁率.365も見えてくるはずだ。彼ほどの打者で
出塁率と打率の差が4分3厘なんて信じられない話だ。

イチロー・ファンに警告しておく。
メジャーでは話題にならないと思うが、日本のファンが“日米通算4000安打”に
ついて騒ぎ立てるのは仕方がないとして、シーズンが本格化しても、200安打まで
あと何本とかいう計算はやめた方がいい。2年間途切れていることで本人にさえ、
200安打に強いこだわりはないはずだし、ヤンキースのようなチームで個人記録に
こだわる姿勢を見せたらやっていけない。
「あの野郎、ぶん殴ってやる」などという非紳士はいないだろうが。ハハハ。


藤川球児(Chicago Cubs:1年目)

阪神のクローザーとして経験は十分に積んだ。32歳という年齢もちょうどいい。
打者に向かっていく姿勢はアメリカのファンにも歓迎されるだろう。
ストレートとフォークがどこまで通用するか、日本で投げていたときの奪三振の
ペースや被ホームランの少なさをキープできるかどうか、実戦を見るのが楽しみだ。
正直なところ、大魔神・佐々木主浩の大活躍を再現するのは難しいと思うが。

4日連続でメジャー・ねたになってしまいました。
興味のない方、ごめんなさい。
開幕が迫っていたからこうなっただけで
たまたまです。

by toruiwa2010 | 2013-04-01 07:25 | メジャー&野球全般 | Comments(10)
Commented by えむ at 2013-04-01 09:20 x
お早うございます。

>イチロー・ファンに警告しておく。

「忠告」ではなく「警告」ですかw

警告なら、ファンにではなくマスコミに対してお願いしたいところです。
私には、ファンよりマスコミやそれこそ岩佐さんのほうが200安打に注目されているように見えますが。

そういえば、青木の今シーズン目標のひとつが「200安打」のようですが、こちらに関してはいかがお考えでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2013-04-01 09:52
えむサン、おはようございます。

岩佐さんのほうが200安打に注目されているように・・・
おや、そうでしたか。まったくきづくこともなくて。
反論する気はありません。あなたがそう感じた以上、
何を言っても無駄ですから。

青木が200安打にこだわることには
賛成できません。こだわるとすれば、ですが。
Commented by マオパパ at 2013-04-01 11:40 x
岩佐さん、こんにちは。メジャー情報ありがとうございます。選手を覚えようと思い、毎年ガイドブックは購入しているのですが、監督やコーチの名前を見て懐かしがっています。今は特に好きな球団もないので、情報が頭に残らなくなってしまいました。本当はマニアックに楽しみたいのですが、とりあえず今年も一般のファンレベルでウオッチしていくことになりそうです。これからもアップデートな情報をお願いします。
Commented by toruiwa2010 at 2013-04-01 12:10
つれづれなるままに書いているだけで、
必ずしもアップデートじゃないですよ。
ハハハ。
Commented by Yumi at 2013-04-01 12:34 x
黒田選手の情報、特にAERAの表紙になったというのは貴重です。成田に着いてすぐ購入します。昨年、後半戦の方が調子が良いというコメント、後半戦前日にばったり会いました(笑)今年も硬派なカッコいい姿を見せて欲しいですね。期待したいです。

ダルビッシュの試合はもっと観てみたいです。オフに観た番組で、1年目の葛藤や改善方法なども知って、ますます興味が沸きました。

シーズン開幕で本当にウキウキしますが、会社では「DLばかりだね」とアンチヤンキースファンのアメリカ人たちにからかわれています。
Commented by toruiwa2010 at 2013-04-01 15:19
Yumiさん、こんにちは。

黒田の記事は表紙裏に半ページだけでした。
ジラルディらしいいい話が出ていました。

今日、松井に国民栄誉賞…というニュースが
飛び込んで来ました。松井びいきの私でも
「えっ!?」と思いました。ハハハ。
Commented at 2013-04-01 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-04-01 21:31
chibitaさん、内緒話、楽しく読みました。

私は熨斗紙の裏に潜んで行きたい。ハハハ。
Commented by benicaru at 2013-04-02 02:07 x
岩佐さんこんばんは。
いつもブログとツイッターを楽しみにしています。
何年ぶりかの2回目か3回目の書き込みです。

去年も気になったので思い切って書いちゃいますが
ダルビッシュ投手の通訳というのはジョー古河さんのことですよね。
元カープの選手でしたから野球に詳しいはずだと思います。
去年通訳になったときに広島の新聞で話題になっていました。

ちなみにグッド・ガイ賞も受賞されたらしいです。
http://ameblo.jp/darvish-yu-blog/entry-11465710812.html

基本的に野球には興味がないので
的外れなことを書いてたらすみません。
Commented by toruiwa2010 at 2013-04-02 06:49
benicaruさん、おはようございます。

ジョー古河・・・全く知りませんでした。
いろいろ、情報、ありがとうございました。
野球に詳しいこと、英語には全く問題ないことetc
よく分かりました。ダルビッシュのブログを読んで、
関係も良好だったことも知って、よかったと思いました。

グッド・ガイ賞はこの際関係ありませんが。ハハハ。
ただし、以上のことと、彼が、メジャーのチームで
日本人投手の通訳に適任だったかどうかは
別の問題ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。