ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「まほろ駅前…」がよかった~1月期ドラマ・総括~13/04/12

d0164636_5404257.jpg
とっくに更新したと思っていましたが、勘違いでした。
4月期展望のあとに1月期の総括というヘマをやらかしました。
証文の出し遅れ…これは意味が違いますね。ハハハ。


「ドクターX」「遅咲きのヒマワリ」「ゴーイング マイホーム」「結婚しない」…
個人的に好きなタイプのドラマが多かったせいか、2012年10月期は“粒ぞろい”
という印象がありました。ええ、人によって感じ方は違ったでしょうが。

それに比べると、1月期の地デジの連続ドラマは少し“残念”でした。
「LAST HOPE」「サキ」「書店員ミチル…」「シェアハウスの恋人」「おトメさん」
「あぽやん」「カラマーゾフ…」と次々に脱落していきました。あくまで、本数を
絞るために私がそう判断したに過ぎないのですが、平均視聴率を見ると、黒木瞳が
相武紗季と共演した「おトメさん」を除くといずれも低視聴率に終わりました。
珍しく、変人・岩佐と世間の感覚が“ほぼ”一致したわけです。ハハハ。

そんな中で、毎週楽しんだのは「まほろ駅前番外地」と「最高の離婚」の2本です。
ともに瑛太が主演しているのは偶然じゃないと思います。最近の彼は、ドラマでも
映画でも“はずれ”がほとんどありません。今期は、この2本に加えて、NHKが
放送した2夜連続ドラマ「極北ラプソディ」も素晴らしいと思いました。


80 ハンチョウ6 TBS
佐々木蔵之介、比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治、六平直政、高島礼子


クール全体に“なぜ押上に分署…?”という謎を絡ませて視聴者を引っ張りました。
それは、一応成功したのでしょうが、その謎自体は少々無理があるものでした。
そして、最大の不満は分署の4人の刑事のうち2人が途中で何話か抜けたことです。
比嘉と小澤を楽しみに見続けたファンも多かったはずです。ちなみに、私の場合は、
小澤はどうでもよくて、今シリーズは比嘉を見たかったのに騙されたなあ!
TBSさん、以後、決して“出る出る詐欺”はやらないように。ハハハ。


85 ビブリア古書堂の事件手帖 フジテレビ
剛力彩芽、AKIRA、田中圭、鈴木浩介、高橋克実


スタート前の予想に反して、案外面白いドラマでした。
“笑わない剛力”でどこまで視聴者を惹きつけられるのだろうかと疑問でしたが、
よく頑張ったと思います。終盤に近づくにつれて魅力的だとさえ感じました。
毎回、古書にまつわる話が面白く語られていました。
古書店の若い女性店主がわずかなヒントを手掛かりにして“事件”の解明を進める
ところは少々“やり過ぎ感”もありましたが、許容の範囲内でしょう。「相棒」の
杉下右京の“博覧強記+万能”ぶりにくらべたら可愛いものでしょう。ハハハ。

視聴率は“月9”史上最低だったと聞きますが、内容はしっかりあったのですから、
気にすることはないと思います。
d0164636_5411832.jpg
80 いつか陽のあたる場所で NHK
上戸彩、飯島直子、斎藤工、大東駿介、藤田朋子、竜雷太、浅野温子


殺人の前科がある刑務所帰りの二人の女性が肩を寄せ合って下町で暮らす…という
コンセプト通り、前半は主演の二人、上戸と飯島が暗くて楽しめませんでした。
紆余曲折がありましたが、明るい未来が見えてきた終盤はよかったと思います。
上戸はなぜこんな役を選んだのだろう?私生活が幸せだから?ハハハ。


80 科捜研の女 テレビ朝日
沢口靖子、内藤剛志、長田成哉、斎藤暁、若村麻由美


いつも通りの出来だったと思います。毎回、高いレベルで安定していました。
これまで見続けてきたし、これからも見るのでしょうが、何がよくてているかは
もひとつ、よく分かりません。ハハハ。


85 最高の離婚 フジテレビ
瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛、芹那、八千草薫


離婚に合意した夫婦がいつまでも同居するという設定はいささか無理があったのに、
最後まで楽しく見られたのは会話の面白さに惹かれたからでしょう。その意味では
脚本の良さがこのドラマの第一の立役者ではないでしょうか。
几帳面で人のいい瑛太と雑で気が強い尾野、ふらふらと“腰が定まらない”綾野と
おとなしそうに見えて言うことは言うタイプの真木…考えた組み合わせでしたね。

カップル同士の会話の妙がドラマを支えていました。
主演の4人の演技力があって初めて成立するドラマだったかもしれません。

桑田佳祐作曲の主題歌は今期の最高でした。
d0164636_5413950.jpg
80 夜行観覧車 TBS
鈴木京香、石田ゆり子、宮迫博之、安田章大、杉咲花、高橋克典


作者の意図は“家族の幸せとは何か”とかいうところにあるのかもしれませんが、
それでは当たり前すぎて…。ハハハ。
舞台や人物の設定がパターン化され過ぎるのは日本のドラマや映画に共通している
欠点ですね。しかし、それより“このあと”どうなるのかという楽しみが増えて、
最後まで見てしまいました。
宮迫・鈴木夫妻の一人娘を演じた杉咲花という子役はすごみがありました。


90 まほろ駅前番外地 テレ東
d0164636_5421953.gif
瑛太、松田龍平、臼田あさみ、新井浩文、坂井真紀、真木よう子

何話か、つまらないものもありましたが、全体としては今期の最高です。
瑛太が経営し、松田が手伝っている便利屋「多田便利軒」が、持ち込まれる案件を
片づけていきます。このドラマを支えたのはもちろん、二人の俳優です。
呼吸がこれ以上は無理というほどピッタリ合っていて、面白く見ました。

おそらく正味は30分前後しかないはずなのにうまく作られていて、物足りなさは
感じませんでした。その意味では、完成度が高いドラマと言っていいでしょう。
深夜の放送でしたから見た人が少ないに違いないのがもったいないです。
悪がき同士のような二人の“じゃれあい”は本編でもしばしば見せてくれましたが、
エンディングの面白さには毎回笑ってしまいました。ハハハ。

19日まで、全12話を3話ずつ4パートに分けて
渋谷のユーロスペースで上映されています。
ぜひ、どうぞ。



85 とんび TBS
内野聖陽、佐藤健、常盤貴子、吹石一恵、野村宏伸、麻生祐未、柄本明


好調な出足と最終回の2時間枠で20.3%を記録して、今期のドラマでは「相棒」に
ついで2位になりました。初めは、NHK版のイメージが強くて、主演クラスの
キャスティングに物足りなさがありましたが、回を追ってこれはこれでいいなあと
思うようになりました。
特に、小料理屋の女将役、麻生と、兄弟のようにして育った坊主役の野村…内野の
幼馴染を演じた二人の存在がこのドラマを“温かい”ものにしました。

そして、これは個人的な趣味によるのでしょうが、後半の、佐藤と吹石の恋模様も
視聴者を惹きつけたのではないでしょうか。二人ともよかった。
内野の“独走”が心配でしたが、最後までよくぞ抑えててくれました。
演出にも拍手を送りたいです。ハハハ。
d0164636_5424577.jpg
80 Dinner フジテレビ
江口洋介、倉科カナ、松重豊、関めぐみ、ユースケ・サンタマリア


同じ枠の「とんび」に一度は1.8%まで迫りましたが、追いつき追い越すことはなく、
終盤は大差をつけられて敗れました。結構、面白かっただけに残念です。
2010年10月から10期続いた同枠対決では去年の7月期に「サマーレスキュー」を
0.08%上回った、豊川悦司&芦田愛菜が共演の「ビューティフルレイン」以外は
TBSに勝てませんでした。それにしても、たった2年半で“撤退”とは情けない。
ハハハ。


85 メイド・イン・ジャパン NHK
唐沢寿明、高橋克実、岸部一徳、国村隼


経営危機に陥った日本を代表する企業・タクミ電機を救済するために結成された
再建戦略チームの奮闘を描いたドラマです。視聴率はあまり伸びませんでしたが、
なかなか面白かったです。
唐沢の存在が物語を引き締めていましたが、会社に裏切られたと感じて退職した
元社員役の高橋克実も見事でした。見終わって民放に切り替えると、高橋と岸部が
かぶりものを頭に乗せてドコモのCMに出ていました。やめてくれ。ハハハ。
d0164636_543793.jpg
85 女と男の熱帯 WOWOW
藤原紀香、渡部篤郎、永山絢斗、YOU、吉田栄作


ニューヨークのレストランで爆発事件が起きて、日本人母娘が死亡し、この事件で
妻子を失った渡部が復讐のために帰国しました。情報を耳にしたテレビの報道記者、
藤原が渡部を追うドラマです。
いろいろ突っ込みどころはありますが、全体としてはいい出来だったと思います。
藤原が頑張っていました。地上波でもっと起用されてもいいと思います。


85 レディ・ジョーカー WOWOW
上川隆也、柴田恭兵、豊原功補、山本耕史、矢田亜希子、津田寛治


大手ビール会社社長・柴田が誘拐されます。留守宅には脅迫電話もかからないまま、
突然、無傷で解放されました。ただし、柴田の苦悩はそこから始まりました…

WOWOWのドラマにいい俳優たちが出演するようになっています。時間をかけ、
地道な努力を積み重ねてきた結果でしょう。この作品でも、上川と柴田の演技に
惹きこまれます。

初めは、「有料衛星放送局がドラマを作ってどうする気だ?」と冷ややかな目で
見ていましたが、脱帽です。最近は見ごたえのある作品を次々に送り出しています。
d0164636_543276.jpg
都合により、13-14日の更新を休みます。
by toruiwa2010 | 2013-04-12 06:27 | ドラマ | Comments(2)
Commented by yah-_-yah at 2013-04-12 08:46
岩佐さん、こんにちは。
いつも読み逃げですいません。
「まほろ番外地」と「最高の離婚」共に面白かったです。
しかも「まほろ~」の最後のエピソードには真木よう子が出演したのは、なんだか狙った感もあってよかったですね。
Commented by eita3 at 2013-04-12 18:31 x
岩佐さん、こんにちは。

Dinnerは好きなタッチのドラマだったので視聴率伸びなかったのは残念です。私は総じてこの枠のフジのドラマのテーマは好きでしたよ。ただおとなし過ぎたかもしれません。

結婚しない、最高の離婚と二期連続で木10興味を持てませんでしたが、この枠のテーマは大人の恋愛みたいで、共に評判良かったですね。ラストシンデレラは見てみようと思っています。

メイドインジャパンってのは気づきませんでしたが、苦しい日本のメーカー勤務の私としてはオンデマンドで探してでも見てみたいと思います。

さて、今期はちと忙しくなりそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。