ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

錦織が“かつて”の王者下す!~くれぐれも騒ぎすぎないように~13/05/15

d0164636_95583.jpg
どう評価すべきか?

05/10のツイート

世界16位の錦織が同2位、グランドスラム最多勝&
4,5年前までは絶対王者だったフェデラーを破った!
日本テニス界にとっては大金星だ。
しかし、メディアがグランドスラムに近づいたなどと
書いても決して信じないように。
そんなに甘い世界じゃないからね。


錦織について褒めたことだってありますが、世間がどっと沸き返っているときにも
冷静に(ハハハ)事実を伝えて、“加熱”することに“ブレーキ”をかけるツイートや
ブログを書いてきたせいで私は“錦織嫌い”と思われています。分からない人には
いくら言っても分からないので放ったらかしてありますが。ハハハ。
d0164636_952867.jpg
フェデラーという名前だけを考えたら、たしかにすごい出来事です。
毎年、2~3個のグランドスラム・タイトルを獲得していた6,7年前のフェデラーは
本当に強くてうまいプレーヤーでした。しかし、今の彼は違います。
ランキングこそ世界の2位、3位をキープしていますが、選手としてのピークは
すでに過ぎています。錦織本人が、小さいころのアイドルに勝った喜びに浸るのは
構わないし、ファンがその喜びを分かち合うのもいいでしょう。

しかし、夕刊とは言え、一般紙が1面で伝えるほどの値打ちがあるのでしょうか?
余りにも、“フェデラー”ブランドを持ち上げすぎていないでしょうか?
こわいのは、このニュースを派手に伝えることで知らない人が勘違いすることです。
「そんなにすごい選手に勝ったんだ」「錦織が世界の頂点に立つ日も近いのでは」と。

騒ぐだけ騒いだメディアも、翌日、錦織が準々決勝で100番台の選手に負けると
あっさり伝えただけでした。つまり、まだそのレベルの選手だということを正確に
伝えようとはしません。それでは“売り物”にならないからです。
d0164636_911890.jpg
男子の世界では、100位以内の選手ならNo1に勝つチャンスはある、と言われます。
Nothing to lose…負けても失うものがない立場ですから、その一試合にすべてを
かけてプレーすることができます。一方、トップの選手はつねに先のラウンドを
見据えてプレーします。そこに番狂わせが生まれる素地があるのです。
2011年、バーゼルで 世界ランク32位の錦織が1位だったジョコビッチを下した
裏にはそういう事情もあるのです。

同じ結果を出すのでも、バーゼルのように32人しか出ない小さな大会と128人が
出場するグランドスラムではその値打ちには天地ほどの差があります。
フェデラーに勝ったのはグランドスラムのすぐ下に位置するマスターズですから
一定の評価を与えてもいいでしょう。
しかし、大事なのは誰に勝ったかよりもどこまで勝ち進んだかです。
錦織に求められるのは、まず、マスターズで何度も準決勝に進出することです。
それには最低でもトップ10の力が必要です。

彼は現在15位(自己最高位タイ)です。ここまでは上がれるのですが、そこから先に
なかなか進めません。高い壁に阻まれています。ここを突破しても、トップ10に
入るためには、さらに2段、3段ステップアップしないといけません。
バックアップ体制が整っていますから、陣営としていろいろ考えているでしょう。
しかし、かなり改善されたもののサーブの威力がもの足りません。何よりもケガが
多いことが気がかりです。日本人初のトップ10プレーヤーになることを願う一方、
その難しさを知っているだけに、ファンはともかく、メディアが軽々しく騒ぐのを
見ると、「そんなこと言っちゃっていいのかね」と思ってしまいます。

もっとも、私には 2011年から12年にかけて彼が急激にランクを上げているころ、
トップ20に入るのは難しいだろうと思っていた“過去”があります。恥ずかしい!
見返してもらって大いに結構です。テニスに関わったことがある者の一人として、
日本人初のトップ10プレーヤーが誕生したら、真っ先に賞賛の記事を書きますよ。
ハハハ。


ながーい一日:近況報告

一昨日は、久しぶりに長い一日になりました。
ヤンキース・黒田の試合開始時間に合わせて
2時半に目覚ましをかけて起床。
打たせて取るうまいピッチングを堪能し、
岩隈、ダルビッシュと合わせて記事を更新。

7時に家を出て病院へ。リハビリに加えて、
院長の診察とヒアルロン酸の注射のためです。
受付番号は10番でした。
本を読みながら延々と待ち、やっと9時から、
リハビリ開始。

終わって、ふたたび待ちの態勢に入ります。
院長は診察開始が遅く、順番が回ってきたのは
11時近くでした。
会計にも少し時間がかかり、帰宅は11時半。
家を出てから4時間半ですから、丈夫でないと
体が持たないという、とんでもない矛盾。ハハハ。

夕方から吉祥寺に出かけました。
病院以外の外出はちょうど1か月ぶりです。
目的は新しいスニーカーです。
シューズはABCでいいのが見つかりました。
d0164636_973355.jpg
そのまま、駅の反対側に回って井の頭公園近くの
イタリアン、Pizzeria GGへ。
d0164636_99192.jpg
マルゲリータとクワトロフォルマッジ、2枚の
ピッツァを食して帰宅は6時半でした。
普段は11時就寝ですが、この夜は10時にダウン。
よく眠れました。ハハハ。
d0164636_993484.jpg

今朝はいつも通り、2キロ近く歩きました。
このあとか月ぶりで映画を見に行きます。
「舟を編む」です。
by toruiwa2010 | 2013-05-15 09:12 | テニス | Comments(17)
Commented by MIYA at 2013-05-15 09:46 x
岩佐さん、おはようございます。

久し振りのテニスの記事ありがとうございます。錦織選手の現状での評価については全く同感です。日本のスポーツ報道は野球(と一部サッカー)以外は的外れなものが多いですね(^o^;)

トップテン入りに関しては、去年のこの時期に2ヶ月出場なしだったので、全仏の結果によっては可能性があるのでは? その時の記事、期待してます(^-^)v
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-15 09:58
MIYAさん、こんにちは。

反発があると思っていたので、
最初のコメントが「肯定」で助かりました。
ハハハ。

ご指摘は考えてみる必要がありそうですが、
いま、ざっと見ると、10位のバブリンカとの差が
400ポイントありますね。ローマと全仏でよほど
勝ち進まないと難しいんじゃないですか?
Commented by つなっぴー@アムス at 2013-05-15 10:51 x
岩佐さん、おはよございます(仕事していたらこんな時間になってしまいました)。リハビリが順調そうで、何よりです。

この試合と次戦のQF、現場で観戦していました。フェデラーファンとしての視点ですが、あれは錦織選手が勝ったというよりも、フェデラーが負けた、という内容でした。

ランキングはトータル評価なので、「フェデラーに勝っても心身の疲労であのQFを勝ち切れない⇒まだTOP10の選手ではない」ということを、15位という数字が証明したように思えます。

日本の新聞記事のほとんどはネットを参照しながら書かれているらしいので、もしかしたら記者本人からして「テニスを知らない」上に「勘違い」している可能性がありますね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-15 11:14
つなっぴー@アムスさん、現地観戦の情報、心強いです。
トップ10に入るには、一定期間、安定した成績を残す
必要がありますから、簡単じゃないんですよね。

ネット参照で記事を書く…は違うと思いますよ。
共同通信はフォローしているでしょうし、
マスターズ級の大会には近くの特派員が
言っていると思います。専門記者じゃないのは
その通りですが。
Commented by FJ at 2013-05-15 11:43 x
岩佐さん、こんにちは。はじめまして、FJと申します。
錦織がフェデラーに勝利し「さて、岩佐さんならどう書くだろう?」と思い、ここ数日は特に注視しておりました。テニス中継に長く携われた岩佐さんならではの冷静な視点だと思います。
錦織の現状は、フェデラーに勝てる可能性もあれば、100位台の選手にコロっと負ける可能性もある、両方の試合が彼の実力といえるのではないでしょうか。
岩佐さんもおっしゃる通り、テニスにおいて重要なのは1試合の結果より長いスパンでの成績です。
先日、AERAに錦織特集として興味深い記事が掲載されていましたが、彼のトレーナーによる発言で「錦織は1大会のゲーム数が100を超えると体が悲鳴を上げ始める、その限界を上げていかなくてはならない」とありました。
そして、今年の全豪で優勝したジョコビッチが戦ったゲーム数が「249」ということです。
「100」と「249」・・・気の遠くなるような差です。グランドスラム優勝にはテニスの実力以前にも厳然とした壁が立ちはだかっているということをフェデラー戦勝利に浮かれるメディアには認識してほしいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-15 11:49
FJさん、こんにちは。

両方の試合が彼の実力・・・その通りですね。
メディアはそう伝えなければいけません。
コメントにあるジョコビッチでさえ、4年ぐらい間は
長い試合やラリーのあとはぜーぜー言っていましたね。
Commented by しょう at 2013-05-15 18:39 x
岩佐さん、こんばんは。
錦織自身も、調子の悪いフェデラーからの勝利を「勝ち」と
カウントしていいものか迷う、とブログに綴っていました。
あれは確かに「フェデラーが負けた」試合でした。
でもファンとしては興奮しましたよ(笑)。

競技人口は多いはずの日本のテニス界ですが、報道はお粗末ですね。
ランキングは確かに選手の強さを示しているのでしょうが、
それだけを見て「格上」「格下」と言うのは違和感ありです。
今回の件も、フェデラーは全盛期を過ぎ、しかも休養明け、
あまり得意ではないサーフェスなどなど伝えたメディアは
あったのでしょうか?
少し活躍すると、アイドル扱いを始める日本のマスコミ。
つくづく錦織がアメリカ在住で良かったな、と思います。
Commented by なだるん at 2013-05-15 18:54 x
いつも視点が共通する事が多く、興味深く拝見しています。
錦織選手にはもちろん期待をしていますし、ここから先が大変なのは承知の上でこれから未踏のエリア迄進んで欲しいと願っています。
ただ、物足りないのはサーブよりもまず体力です。精神力も入ってくるのかも知れません。前週に土日迄勝ち残ると翌週は棄権、アーリーラウンドでの惨敗を繰り返す姿を見るとそう思います。
GSは二週間あります。
二週間戦い続ける体力を備えて欲しいと思います。
とは言えこの数年で体も大きくなり、特に臀部が立派になったのはこれから期待せずにはいられません。
メディアの煽り記事はもう仕方ないですね…。
これで民放地上波が放映権を買ってしまって訳のわからん時間帯で放送するような事がないよう願うばかりです。
Commented by しょう at 2013-05-15 19:03 x
連投失礼いたします。
病院の待ち時間は、私のような体力が
ない者にとっては苦行の一つです。
余りの辛さに待合で横になったことも。
対策は、ゆったりとした服を着ることですね(笑)。

映画のレビューも楽しみにしています。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-15 20:03
しょうサン、こんばんは。

日本メディアの伝え方はお察しの通りです。
メディアがファンに近い感覚で書いています。
待ち時間が長いので読書が進みます。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-15 20:06
なだるんサン、こんばんは。

そもそも、陣営の予想を上回る速さでランクが上がってしまい、
しっくりと体力を養成する時間がなかったことが不幸だったと思います。
Commented by chibita at 2013-05-15 22:32 x
岩佐さんこんばんは。
私も同感です!
ニュースやワイドショーで錦織が勝ちました!と流れたのを見てて「そんなに騒ぐことかな~」といつも違和感を覚えます。

錦織にはもっと感じのいい選手になって欲しいなぁと思います。
(どう‘感じ良ければいい’のかは分からないんですが)
何故か彼の試合を見てても楽しくないんですよね~。

最近、フェデラー、ジョコビッチ、ヴィーナス姉妹をTVのCMで見かけてテニスファンとして楽しんでいます。
ちょっと前のヴィーナス姉妹のauのCMは二人ともチャーミングで好きでした。
Commented by tom☆ at 2013-05-15 23:24 x
こんばんは~あまりに遅い時間なので見て頂けるか?分かりませんが、テニスの話題はうれしいので~!!
錦織・・ジョコにも勝った!フェデラーにも勝った!!・もしかしたらマレーにも勝てるかもしれませんが、
ナダルには勝てないでしょうね☆位のメンタルの問題なんでしょう!

でもまあしかしテニス好き日本人としては、彼の存在が有ると無いでは全然楽しさが違います! 
この先精進して・・2・3年後にはGS大会の決勝に上がってくれたらなーって、願える事が幸せだと思います♪

リハビリ大変そうですね・・お疲れが出ませんように☆
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-16 06:31
chibitaさん、おはようございます。

圭のから騒ぎ・・・ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-16 06:33
tom☆さん、おはようございます。

レッドクレーでナダルに勝ったら大したものだと思います。
さて、その日が来るか? 私は楽観主義者ではないので。
ハハハ。
Commented by BBB at 2013-05-16 12:30 x
岩佐さんこんいちわ。
この日の文章のような冷静で客観的な意見はテニスファンであれば
当然持つべきだと思いますが、世間はそれほどテニスに愛情や知識が
あるわけでもなく、そういう層には大げさでキャッチーな見出しじゃないと
伝わらないのだろうなとも思います。
この試合をきっかけにフェデラーが凄い実績を持つテニス選手と知った人も
いるでしょうし、悪い事ばかりでもないかなと。
今後、錦織が期待通りの結果を出せないと、掌を返す人もたくさん出て
くるでしょうが世間とはそういうものだとも思います。
救いは錦織の主戦場が日本国外なので、妙な雑音は国内に比べれば
少ないだろうという事。イチローほどは張り付かれていないでしょうし。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-16 15:09
BBBさん、こんにちは。

キャッチ―な見出しをつけるのは
スポーツ紙の常とう手段ですね。

「にわか」で錦織ファンになった人たちは
フェデラーの偉大さには関心がないと思います。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。