ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

どうしちゃった 徹ちゃん~&イチロー記事への謝罪~13/05/16

d0164636_8243228.jpg
何を考えてんの?

05/14のツイート

目を疑う …をそのまま実際に体験した。
「慰安婦は必要だった」と橋下維新の会共同代表。
「きっと、どこかを読み間違えているに違いない」と
思ったが、そうじゃなかった。
徹ちゃんどうしちゃったんだ?
「踏み込んだ、じゃなくて後退だ」と言った小倉も
分からん。

d0164636_828081.jpg
小倉の言葉は、橋下のごく大雑把な会見ダイジェストを流す前に出たものです。
「従軍慰安婦問題について踏み込んだ発言をした、と書いた新聞もありましたが、
私は一歩後退した発言だと思いますけどね」と言いました。どの部分を指すのかが
まったく不明でした。言うなら分かるように言ってほしいものです。
この件に関しては、小倉発言はたいした問題ではありませんけどね。ハハハ。

いや、笑ってる場合じゃありません。
橋下代表は何を考えて、こんな発言をしたのでしょうか?
従軍慰安婦問題を含めて韓国や中国から言われっぱなしだったことに“危機感”が
あったのは間違いないようです。発言やその後、彼が書き込んだ大量のツイートを
読むと、非難されていることについて反省すべきところは反省するとしています。
しかし、そのあとは「反論すべきは反論しないとダメだ。兵士たちのエネルギーを
発散させる、または極度の緊張から解放するために、当時、慰安婦は必要だった」
とする考え方を展開しています。
d0164636_8281680.jpg
彼が橋下徹個人としてどう考えるかはもちろん自由ですが、公党の代表の座にある
人間としては救いようがありません。ただし、この発言に対して、感情的になって
反発するのはいかがなものかとは思います。彼が言っているのは大部分が事実の
認定です。“容認”しているわけではありません。しかし、だからと言って、女性の
賛同を得られる発言ではないでしょうし、公の立場にいる人たちが公の場で賛意を
表するわけもありません。発言後の反応はおおむねそういうものでした。

部分ではなく、全体をていねいに読めば、何を言いたいかはある程度、理解できる
のですが、メディアはそういう対応をしてくれません。意図的に インパクトのある
部分だけを取り上げて騒ぎ立てるのが常套です。
分からないのは、メディアのそう言った傾向を知らないはずがない橋下が、なぜ、
こんな発言をしたのか、です。勝ち目のない喧嘩を仕掛けているみたいです。
彼のことですから 狙いがあるはずですが、その狙いがさっぱり分からないのです。
d0164636_8283160.jpg
「慰安婦や性風俗産業の実態」を客観事実として
確認するのと、公選公職者が性犯罪予防と
反人権行為を結びつけて正当化する暴挙は
別な話なのに、わざとごっちゃにし曖昧にして
全国メディアへの露出確保と「きれいごと
リベラルに鉄槌を下す僕」を演出する橋下氏の
ポジショントークに付き合ってはいかん。


好きな評論家の一人、竹田圭吾氏のこのツイートが的を射ているかもしれません。
ポジショントーク…私は初めて知った言葉ですが、元は、金融市場関係者が自分に
有利な方向に導こうとしてする発言を差すようです。橋下発言が彼のポジションを
よくするとも思いませんが、“付き合ってはいかん”はその通りでしょうね。
「とくダネ!」などで、ポーカーフェースで鋭いことを言う竹田氏はいいですねえ。
ただし…

慰安ばか〜んんふ〜んそこはお耳なの

…冒頭のツイートから3時間後の同氏の書き込みです。
その激しい落差に思わず絶句しました。ハハハ。


合点がいかないぜ

スポニチがイチロー報道で謝罪、
内容が「事実ではありませんでした」。


ネット上で出会った不可解な見出しにつられて読んでみるとこう書かれていました。

「イチロー選手の記事に関するおわび」によると、
スポニチが9日に配信した「イチロー、三塁守備は?
『ややこしい打球きたらたまらん』」の速報記事について、
初出時にイチロー選手が三塁守備を“拒絶した”とする
内容、および見出しだったそう。

d0164636_829124.jpg
そもそもの発端は、現地8日の交流戦、ロッキーズとの試合で起きました。
2-2で迎えた9回に1死満塁のチャンスをつかみました。打順が下位だったため、
ジラルディ監督は代打攻勢をかけます。まず、7番サード・ネルソンにハフナー…
結果は三振。続いて8番に入っていたリリーフのロバートソンに代えてボッシュを
打席に送りました。期待にこたえてボッシュがタイムリーを打って、ヤンキースは
貴重な勝ち越し点を挙げたのです。

問題はその裏の守りです。
野手が底をつきかけていたために、試合に出ている選手の誰かが専門外のサードを
守らなければいけない事態になったのです!
イチローにも指示が出る可能性があったことから、試合後、記者団が取り囲んで
やり取りがあったのでしょう。
問題は、イチローの言葉をどう伝えたか…です。

「イチロー選手の記事に関するおわび」と題する記事には、
イチロー選手が三塁守備を「拒絶した」とする内容、
及び見出しになっていましたが、これは事実ではありませんでした。
イチロー選手及び関係者、さらにファンの皆様には大変ご迷惑を
お掛け致しました。おわびして訂正いたします。
と書かれています。
d0164636_8291835.jpg
この書き方だと、どうも、“拒絶した”が不適切だったようです。
きっと、イチロー側からかなり強硬なクレーム&申し入れがあったのでしょう。
そのまま英訳された記事がアメリカに打ちかえされてGMの目に留まったりすると
ややこしいことになると神田得たかもしれません。
スポニチとしては、関係をこじらせたくないこともあって、あっさり訂正と謝罪に
応じたのだろうと思います。

スポーツ各紙はほぼ同じ内容の記事を掲載していたようです。
<<<三塁守備は『勘弁してください』>>>(サンケイスポーツ)
<<<三塁守備は『嫌だね』」「三塁は『やりたくないです』>>>(日刊スポーツ)


歓迎していない点は共通していますが、使われた“言葉”はバラバラです。
日本人記者たちは今でもレコーダーを使っていないのでしょうか?
私が日本の球場で取材をしていたころ、各紙の記者たちは手分けして談話をとり、
一か所に集まって“交換会”を開いていました。今の記者はそれもやらないのか、
やっても“伝言ゲーム”のように、伝わっている間に言葉が変わってしまうのか…
どっちにしても、危なっかしいことをやってますねえ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-05-16 08:30 | 岩佐徹的考察 | Comments(3)
Commented by reiko71 at 2013-05-17 11:13 x
徹ちゃんの件は、岩佐さんがおっしゃるように、竹田圭吾氏のこのツイートが的を射ていると私も思います。

そういえば、これが事実かどうかは分かりませんが、韓国の新聞に「高給優遇」の文字の慰安婦募集の広告を載せ、事実それに金目当てで多数の応募が有った、というのを何かで読んだ記憶があります。
だから拉致監禁やさらって来てやらせたんじゃない、合意の上だったんだと。確かにお金目当てで日本軍について行った人もいたかもしれない。でもその広告には「慰安婦募集」と明記されていたのだろうか?

あ、イカン、徹ちゃんの術中にはまるところだった。。(^^;

いずれにせよ、この時期にこの発言。
博打を打ったつもりなら博才ないな、と申し上げておきます。
Commented by toruiwa2010 at 2013-05-17 11:48
reiko71サン、こんにちは。

ツウパリ発言で耳目を集めておいてすぐに
釈明・後退・訂正発言するのはみっともないですよね。
Commented by reiko71 at 2013-05-17 12:10 x
御意。全くです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。