ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

まさに“粉砕された”感じ…~錦織の気持ちが分かる気がする~13/06/05

d0164636_8135328.jpg
06/03のツイート

ダルビッシュの登板に合わせて今朝は3時半に起きた。
黒田の試合も見てリハビリに行って…ナダルx錦織を
待っていたわけだが、どこまで見られるか?
どう考えても全部は無理だなあ。早く始めてくれえ。

いかに相手が格上でも錦織は自分のテニスをするしかない。
どこまで通じるかだ。今大会は調子が悪いともっぱらの
評判だが、もう4回戦だ。ナダルはそんなことを言ってる
場合じゃないね。
カギの一つは錦織のサーブだが脇腹はどうなのか。
d0164636_8141369.jpg
Nadal d.Nishikori 64/61/63


誰が見ても完敗でした。
談話の中にあった「粉砕された感じ」がプレーの中身、もっと言えば、現時点での
二人の力の差を物語っています。恥ずかしいことじゃありません。サンプラス、
アガシ、フェデラーをはじめ、ナダルもジョコビッチも同じような高い壁に何度も
跳ね返され、屈辱を味わい、そこから這い上がりました。誰だって通る道なんです。

少し前、前世界ナンバー1のフェデラーに勝ったときに大騒ぎしたメディアのうち
活字媒体は、この負けを割合忠実に伝えています。そりゃそうでしょう。
フェデラーに勝ったことで、明日にでもグランドスラム大会で優勝が争える実力が
ついたかのように伝え、何も知らないファンの気持ちをあおり、惑わせた責任は
重いです。ちゃんと、“尻拭い”をしてもらわないと。ハハハ。

テレビは“あっさり”伝えたところが多かったようです。あれだけ大騒ぎした手前、
あまりの完敗に戸惑っているみたいでした。彼らだって、実態を知らないまま
周りに調子を合わせて騒いでいただけですから無理もありません。ハハハ。

あえて言えば、第1セット第3ゲームの15-40のビッグ・チャンスをコンバート
していたら、少しは試合の流れも違ったものになったかもしれません。勝てたとは
思いませんが、この辺りまでは錦織のショットが通じているように見えました。
試合が進むにつれてナダルが確実にアジャストして来るのはいつものことですから、
早めのブレークは勝負を互角にするためには“must”だと思っていました。
しかし、世界ナンバー1の守備力を持っているナダルは、ほかの選手なら決まる
ショットを拾います。しかも、精一杯の返球のはずが深いところに返ってきます。
錦織も十分、肝に命じていたでしょうが、あっさりひっくり返されてしまいました。

しまったと思ったのか、次のゲームはエラーが多くなって、逆に15-40のピンチ。
一度はジュースに持ち込みますが、最後はナダルのフォアの逆クロスがネットに
触れて入ると対応できず先にブレークを許しました。ピンチのあとのチャンスを
しっかりものにする…こういう試合運びもトップの選手たちはうまいです。
d0164636_814557.jpg
ナダルが5-4とリードして迎えた第10ゲームの第1ポイントで錦織はドロップ・
ショットを試みました。どうだったのでしょうか?
意表をつく面白い作戦と見ることもできますが、ショットで対抗できない、つまり、
“弱気の策”と見ることもできますね。しかも失敗しました。結果論でとやかく
言いたくはありませんが、私には後者に見えました。ナダルに対してドロップ・
ショットを打つのは攻めではなく、窮余の一策の場合が多いですね。

結局、第1セットは6-4でナダルがとりました。セットの終盤では早くも力の差が
出た感じです。ナダルとやる選手を見ているといつも「やりにくいだろうなあ」と
思います。チャンスの芽は掴めますが、そこから先、相手はミスをしてくれません。
「あともう少しなのに」という気持ちに何度もなるのではないでしょうか。
ある意味、ナダルが仕掛けている罠です。かかった相手選手は欲求不満がたまり、
ますますミスを重ねるという悪循環に陥るのです。

とにかく1ポイント、1ポイントをしつこくプレーしないとチャンスはこないし、
勝機が見えてくることはありません。言うのは易く、実際はなかなか難しいのだと
よく分かっていますけどね。ハハハ。

第2セットも先にブレークを許したあと、ズルズルとセットを失いました。最後は
あきらめていました。英語ではよくresignationという言葉を使いますが、錦織の
表情にそれが見えました。もちろん、無駄な抵抗をせずに第3セット以降に賭ける
という選択はあるでしょう。それなら第3セット第1ゲーム(ナダルのサーブ)に
それらしい“姿勢”が見られるはずだと思っていましたが、まったく抵抗できずに
4ポイントを連取されました。

第2ゲームを錦織がキープして1-1のあと、今思えば錦織にとって実質的な最後の
チャンスが来ました。相手のエラーと渾身のリターンエースで0-30としたのです。
気合いの入った見事なリターンでした。
しかし、3本続けてリターンがうまくいかず、キープされました。
そして、続く第4ゲームをブレークされました。うーん、ここですよね。各セット、
チャンスを逃がした直後のゲームをブレークされています。相手がうまいと言えば
それまでですが、残念です。

第2、第3セットは地力の差がはっきりと出てしまいました。それはそれとして、
第2セットで最初にブレークされたあたりから、放送席と試合の実態がまったく
かみ合わなくなっていきました。土橋氏はきっと気持ちの優しい人なんでしょうが、
解説は気に入りません。日本人ですから応援したい気持ちがあるのは理解できます。
しかし、解説者という立場だったら、相手の選手(この試合ではナダル)のことも
きちんと話さないと仕事をしたことになりません。
錦織がはっきりと劣勢に立ってからは、アナウンサーともども、お通夜のような
空気になっていました。試合開始当初から、コメンタリーは、錦織の方に偏った
話し方をしていましたから、歯が立たない試合になると手の施しようがないのです。

なにも、試合前に「勝てっこないです」、途中で「もう挽回は無理ですね」などと
言う必要はありません。しかし、視聴者も同じ試合を見ているのです。あまりにも
あからさまな応援コメントは聞いていて“イタイ”し、“サムイ”です。
d0164636_8151859.jpg
試合の方は、終わってみればナダルの圧勝でした。
満員の観客に彼がなぜこのコートで7回も王者になったかを分からせました。
ある意味感動したのは、第3セット(錦織のサーブ)、第6ゲームで魅せたナダルの
“姿勢”です。セットカウント2-0、このセットも4-1とリード、相手のサーブで
40-0でしたが、ナダルは丁寧なラリーから強烈なショットでポイントを取りました。
アップになった顔には試合の第1ポイントのときとまったく同じ表情がありした。
どんな1ポイントも大事にするこの姿勢を錦織には見習ってほしいと思いました。


そして、ファンにはつらいことでしょうが、今の錦織の力量がどれほどのものかも
分かってしまいました。通用するショットがあるのは確かです。しかし、それは
100位以内にいる選手なら誰でも持っています。そのショットを1ゲームで何本、
1セットで何本打てるかという話です。その本数が増え、精度が増していったとき、
ランクが上がっていくのです。錦織は今その段階にあります。努力を続ければ
トップ10に入る可能性はあるかもしれません。かなり難しいでしょうが。
しかし、GSでの優勝を語るのは10年早いです。

最後のリプを書いてベッドに入ったのが1時15分でした。
3時半の起床からざっと22時間近く起きていたことになります。
しかも、昨日の朝は、リハビリと院長の診察を受けるために
午前5時半起床…長い長い一日半でした。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2013-06-05 08:15 | テニス | Comments(10)
Commented by つなっぴー@アムス at 2013-06-05 08:55 x
錦織も凄いのでしょうが、相対的にナダルが凄過ぎるということですね。しかし、ナダルのような王者とグランドスラムの2週目に日本人がセンターコートで試合をしているなんて、10年前には想像もできませんでした(95年全英でもありましたけど)。ちなみに、この日もパリにいましたが、結局チケットは入手できず、NORD駅前のスポーツバーで終盤だけTV観戦していました。
Commented by MIYA at 2013-06-05 09:04 x
岩佐さん、おはようございます♪ 見事なくらいの完敗でしたが、ドローが出た時からこの結果は見えていましたので、ここまでシードキープしたことを評価したいと思います。しかし、やっぱりナダルは凄いですね。自分の不調を錦織のテニスを利用して、リカバリーした感があります。ジョコとの準決勝が楽しみですね(^-^)

錦織はこれで12位に上がるようです。トップテンも視界に入ってきましたが、さらに上に行くために何が必要か、この敗戦で掴んでくれたらと願っています♪
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-05 09:13
つなっぴー@アムスサン、おはようございます。

もちろん、錦織の活躍は見事なものです。
メディアがかたよった報道をしなければ、
私ももっと素直にほけることができるのですが。
ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-05 09:16
MIYAサン、おはようございます。

錦織がさらに上に行くのに必要なこと。
まず、ケガをしないこと。
次に、取りこぼしをしないこと…でしょうか。
去年、この時期休んでいたのでポイントが
増えやすいようですから大きなチャンスですね。
Commented by えそらいろ at 2013-06-05 13:19 x
日本人なので、素直に錦織を応援していますが、
ぶつかってもぶつかってもはね返される感じが、逆に見ていて気持ちいいくらいでした。
そしてナダルが、真剣に試合している様子がとてもよかったです。
完敗でしたけど、後味はすっきり?な試合でした。
Commented by MIYA at 2013-06-05 14:00 x
岩佐さん、たびたび失礼いたします。レスありがとうございました。

自己訂正で恐縮ですが、錦織は全仏終了後13位になるそうです。ランキングについては、下記のブログがとても参考になります。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/torakichibloger/

私はこれからの錦織に必要なのは、岩佐さんご指摘の点のほか、他の選手にはない「武器」を持つことではないかと思っています。「個性」と言い換えてもいいかもしれませんが。個人的には、グロージャンのようなテクニックで魅せる選手になって欲しいなと思っています。

Commented by toruiwa2010 at 2013-06-05 14:01
えそらいろさん、こんにちは。

確かに、後味がスッキリ・・・ですが、たぶん、
貴方と私では意味合いが少し違かと。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-05 14:03
MIYAさん、グロージャンのような選手になるには
グロージャンのような脚力を持たなければ…ね。
ハハハ。
Commented by tie at 2013-06-06 17:13 x
岩佐さんのブログに共感しました。錦織さんの試合前日報道の騒ぎすぎと試合後にあまりにも話題がかき消されたような扱いにワールドカップの対ブラジル戦の扱いを彷彿させられました。もう少し報道も世界に目を向けてほしいです。ナダルの試合に対するひたむきな気持ちも勝因ですよね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-06 17:19
tieさん、こんにちは。

メディアには反省を求めたいですが、言うだけ無駄・・・
という気もしないではありません。
ナダルと錦織では1ポイントに対する集中度で
差がありすぎますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。