ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

出場決定 おめでとう!~最高に楽しめた1-1~13/06/06 

d0164636_922878.jpg
06/04のツイート

オーストラリア戦が始まる。すかっと勝って決めたいね。
ブルガリア戦の苦い思いを引きずっていなければいいが。
本田にはこの空気をガラッと変える力があると思いたい。
彼が持っているいい意味のアクの強さは半端じゃない。
そこに期待する。


先日のブルガリア戦のあと、数人の選手がプレーの仕方や気持ちの持ち方について
メディアに発言していました。大事な試合を控えた試合に負けたのですから悔しい
気持ちは分かります。しかし、名指しをしなくても、自分の反省を踏まえた話でも、
批判めいた意見を言うなら、ロッカーの中でやるべきです。そして、その話は
ロッカー内でおさめるのが団体競技の鉄則です。サッカーではよくあることなので
チーム内に亀裂が生じるなどとは思いませんが、気になって試合前に呟きました。
どなたもそれどころではなかったのでしょう、反応はありませんでしたが。ハハハ。

立ち上がりからオーストラリアが“ぐいぐい”来た時間帯がありましたが、日本は
完全な受け身にはならず、しっくり立て直していきました。5年、10年前だったら、
もっと慌てたかもしれません。
中でも“有言実行”の本田が戻ったことが大きいですね。ボールを持つと何かが
起きそうな気がするし、実際に起きます。キープできるし、まわりを生かすことも
自分で打つこともできます。彼が加わったことでブルガリア戦とは違うチームに
なっていました。気のせいではないと思います。

オーストラリアのGK・シュワルツァー、日本の川島にスーパー・セーブがあって、
前半は0-0で終わりました。楽しめる0-0でした。サッカーはそこが面白いです。
d0164636_924712.jpg
左サイドで本田、香川と長友が絡んだパス交換は何度かいい形を作っていました。
やっぱりこの3人はいいものを持っています。テクニックがあるのはもちろん、
気持ちと体の強さ、何よりも目に付くのは豊富なイマジネーションです。 

本田が戻ったことでブルガリア戦とは違うチームになったと書きましたが、ほかの
選手たちに失礼かもしれません。親善試合と“公式戦”の違いが大きいですね。
集中度がまったく違いました。アップになる顔に緊張感がみなぎっていました。
テレビで見ていたサッカーを知らない女性たちにも“セクシー”に見えたはずです。

テニス中継で錦織に偏った放送を批判したばかりですが、この1年ぐらいあれほど
辟易していた松木安太郎の“熱さ”が前ほど気にならなくなっています。むしろ、
少し心地いいぐらいです。慣れというのは恐ろしい。ハハハ。

試合時間が残り10分を切ったところで失点しました。
0-0のまま引き分けるのだろうなと思ったところでしたから、虚を突かれました。
きっと、川島もそんな気持ちだったでしょう。センタリングだったはずのボールが
ネットに吸い込まれたのですから。ほんの1,2cm…きわめて微妙な差で川島の手を
すり抜けていきました。オーストラリアのしぶとさを見ました。

この直後から数分間、テレ朝の放送席は激しく落ち込んでいました。正直と言えば
正直だし、気持ちも分かりますが、“ギャラ分の仕事”はちゃんとしなさい。ハハハ。

逆神の手!!!!!

アディショナル・タイムに入ろうかという土壇場でPKを得たときのツイートです。
右サイド深いところでボールを持った本田がエリア内の香川に通そうとしたパスが
相手DFの腕に当たったのです。あとがないところで願ってもないチャンス!
あるんだね、こんなことが…そんな気持ちでした。
「最後まであきらめるな」と言いますが、なかなか実行できないものです。しかし、
こういうことを目の前で見ると信じてみようという気になります。

本田が真ん中に蹴って決めました。
真ん中に蹴ったことがすごい…そう言いたげなコメントが多いですが、不思議です。
加茂周さんが「PKは、勇気があればバーの下ギリギリに打つのが最も安全」と
言っていたことを思い出します。真ん中に打つのは、「GKはどちらかに飛ぶはず。
飛んだあとに打とう」と考えるからでしょう。「右に飛びそうだから左に打とう」、
「左に飛ぶに違いないから右に…」と考えるのと基本的には同じだと思います。
しかし、GKの逆をついて成功させたときにはほとんど何も言われず、真ん中に
打ったときだけ賞賛されるのは腑に落ちません。ハハハ。
d0164636_931793.jpg
あの場面は、“真ん中で決めたから”すごい…のではなく、どこに打ったにしても
あの時間帯に、半端じゃないプレッシャーの中で、日本代表の命運がかかるPKを
決めたことがすごいのだと思います。
いずれにしても、彼本来のハートの強さを見せつけた場面です。
0-1のまま負けていたら悔いが残ったはずです。ザッケローニ監督の“解任説”が
飛び出した可能性もあるでしょう。犯人捜しは得意ですから。ハハハ。
しかし、このPKで中身のある劇的な試合として長く記憶に残ることになりました。
スポーツにはこういうことがあるからたまりません。

ちなみに、ザッケローニが好きです。派手なところはありませんが、堅実に日本を
ワールドカップに連れて行ってくれました。選手に対するリスペクトを感じます。
過去の外国人監督はどこか“上から”目線でした。日本にサッカーを教えるという。
ザッケローニからはそれを感じません。オフトもそうでしたが、
d0164636_933524.jpg
久しぶりにとても楽しめる試合でした。
日本代表にはワールドカップ出場決定に「おめでとう」を言いたいです。
そして、「ありがとう」とも。
by toruiwa2010 | 2013-06-06 09:05 | サッカー | Comments(8)
Commented by eita3 at 2013-06-06 09:32 x
岩佐さん、おはようございます。
私は職場のテレビで同僚と一緒にPKに食いいっていましたが、ホントにあのプレッシャーの中、きちんと枠の中に行って決めたことがハンパなくものすごい精神力と技術だったと感じました。
実はPKもらったときに頭をよぎったのが先日の遠藤選手の失敗、実際はキーパーのファインセーブ、でしたので、決めてくれてホントに良かった。

あとであの時間のTL見たら、俳優さんも様々なスポーツ選手も、政治家もAV女優も、みーんなやったやったと叫んでいるのが画面を埋めていておかしかったです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-06 10:04
eita3さん、こんにちは。

セリエを実況していることろ、PKの成功率を
毎年チェックしていました。例外なく80%前後でした。
つまり、5回に1回は失敗するのです。
ですから、PKのたびに止められるところが頭に浮かびます。
本田のときもそうでした。ハハハ。
Commented by reiko71 at 2013-06-06 10:38 x
こんなこと言うと可笑しいと言われそうですが、今回のあの終盤の本田は、執念の塊のように思えました。
もしかして、PKに持って行くために、敵のハンドの出やすい位置に蹴ってそれを誘ったのではないか。。?何度かVTRを見るうちにそんなことが頭をよぎるくらい。だから、PKは決めて当然、という気持ちだったのかも。。なんて。

翌日のインタビューでの本田の目は、明らかにより”獰猛”になっていたように思えました。

昨日のザッケローニ監督のインタビューを観て、ああ、いい監督に恵まれたなーとちょっと感激しました。

あと一年、冷静に、着実に、更に力をつけていってくれることを期待しつつ、しばし勝利の歓喜にひたりましょう!
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-06 10:42
reiko71サン、こんにちは。
本田についての「考察」・・・面白いですね。
狙ってFKをとりに行ったなと思うところはありましたけど。

ザッケローニはいい監督だと思います。
でも、これから1年の間に何が起きるかはわかりませんね。
Commented by 赤ぽん at 2013-06-06 14:30 x
岩佐さん、こんにちは。

本当に“誰も蹴りたくない”PKの場面で皆がPKマークから離れて行く中
一人「俺が蹴る!決める!」との姿勢を見せて仁王立ちしていた本田は
素晴らしいと、あの場面、スタジアムで観戦・・・いや、応援していて
思いました。

栗原を入れた場面でかつて、逃げ切ろうとしたのかDF秋田豊を投入し
結果的に韓国に敗れた加茂さんのフランスW杯予選の采配を思い出しました。
上手く行っている時に後ろ(の選手)をいじるのはリスクが高い!
と思っていたら案の定でした。ま、不運なクロスが入っちゃった的ゴールで
もう一度打ってみろと言っても二度と打てないクロスでしょうけど!?

何かを変える力のある選手・・・スタンドから本田をみててそう思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-06 16:01
赤ぽんサン、何かというと監督の采配を
批判することには賛成できません。
メンバーが 変わったから点が入ったと思うのは
赤ぽんサンの判断ですから私にはどうすることも
できませんが、残念です。
Commented by ヤップンヤン at 2013-06-06 18:06 x
私も岩佐さんと同じ意見で、あのPKは大きなプレッシャーですが、真ん中に蹴ること自体は別に特別ではないと思います。私も実際のプレーやテレビゲームでさえ真ん中に蹴りたくなります。普段は両サイドに蹴ろうとするからこそ余計に・・・それをいつ真ん中に蹴るかだけの話ではないでしょうか。もちろん私と彼らとは次元が違いますが(苦笑)、人間の心理なんてそんなもんではないかと思ってます。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-06 18:22
ヤップンヤンさん、こんばんは。

もちろん、次元は天地ほど違います。ハハハ。

右、左、真ん中・・・三分の一ということです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。