ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

助かってよかったけどね~“どのツラ下げて”は正しいよ~13/06/24

d0164636_18591699.jpg
06/21のツイート

辛坊キャスターのヨットに浸水&救助要請・・・
これを遭難と呼ぶのかどうか知らない。
もちろん、放ってはおけないし、心配はする。
しかし…冒険に出かけます。危険は承知の上です。
遭難しました。助けてください。
山や海の遭難のたびに何かひっかかる。
「変な奴」と思われることを覚悟して呟いておく。

d0164636_18592770.jpg
まずはよかったと思う。それは常識をわきまえた大人として当たり前の感想だ。
報告を聞けば、現場海上では日没が迫っていた、2人の体温が低下していたなど
かなりきわどいタイミングの救出劇だったらしいからなおさらだ。
1200キロ離れたところで浸水が始まったときの恐怖は想像もできない。
有難いことに、海上自衛隊などの素早い行動によって“happy ending”になった。
助けられた本人でなくても「この国の国民でよかった」と思えてよかった。

すでに、ネット上でかなり叩かれているようだ。文字通り“水に落ちた”男に
追い打ちをかけるのはさすがにためらうが、書きたいことを書かずにそのままに
しておくと、じんましんが出そうなので簡単に書いておく。ハハハ。

三浦雄一郎のエベレスト登山と言い、太平洋横断と言い、人間の 冒険に対する
強いあこがれは尽きることがないようだ。素晴らしいことだと思う。
80歳でエベレスト山頂に立つという目的を達した三浦はベースキャンプまでの
最後の行程をヘリコプターで降りた。
辛坊たちは旅程の10数%しかカバーしないうちにあえなく遭難し、自衛隊の助けを
借りて“命からがら”帰国することになった。
冒険とは、出かけるときこそ何でも言えるし、カッコいいが、失敗に終われば
結構、恥ずかしいものだと分かる。
d0164636_1859556.jpg
間寛平は身体一つで海を渡り大陸を横断し、見事に成功した。途中で前立腺がんを
患っていることが分かったものの、ひるまずに走り続けた。お笑いタレントだから
多少軽く見られたかもしれないが、立派だったと思う。

ただし、8000メートル級の山に登るにも、小型ヨットで太平洋を横断する企てにも
マラソンとはくらべものにならない危険が付きまとう。備えは十分だったのか?
十分だったと言うだろう。
コンティキ号や“太平洋ひとりぼっち”・堀江謙一のころと違って今のヨットには
GPS機能が装備され、通信手段だって十分にあるだろう。
いざとなったら何とかなるさという“甘え”がどこかになかったか?

日本は自由の国、いい大人が危険を承知で行くと言えば法的に止める術はない。
ただし、計画と準備に甘えや不備があったとのそしりは免れない。
本人も「これだけ大勢に迷惑をかけた以上 人為的ミスがなかったとは言えない」と
認めている。辛坊たちへの非難の大半はその点に向けられているのだと思う。

冒険は結構だが、無謀なんじゃないのかね。危ないことはないんだろうね。
サポート体制は大丈夫なの?結果がこれだから今後厳しく問われることになる。
たしか彼は数年前に、イラクで日本人ボランティアが人質になったとき、かなり
きついことを言っていた気がする。「自分の行動に責任を持て。解放のためには
税金が使われるのだから」と。発言の確認はできていないのだが、もし事実なら、
9年の歳月をかけてブーメランが戻ってきたのだ。
d0164636_1901259.jpg
信じがたいが、計画そのものがNTV系列「24時間テレビ」がらみだったという
話がネット上をにぎわしている。もし事実なら論外だ。
「愛は地球を救う」ではなく、海自が辛坊を救ったことになる。ハハハ。

帰国したあとの会見で取材陣から「コメンテーターとして意見発信する立場だが、
今回のことで何か心境の変化はあったか」と問われ、「正直、どの面下げてという
思いはする。そういう意味では自らを省みる時間が必要。今後の仕事は白紙」と
話していたという。

どの面下げて…言いたいけど言葉として少しえげつないかなとためらっていたが、
本人が言ってくれた。その通りだね、辛坊君。当分、テレビには登場しにくいね。
ハハハ。

「しばらく休養し、反省する」と言っているらしい。
うまい下手は別にしてアナウンサーの領域を超えた”仕切り”の腕を持っているだけに
影響はあるだろうが、出るわけにも出すわけにも行かないものなあ。

敬称略

単純な“自己責任”の話ではないが、「鳥人間コンテスト」の件はよく分からない。
番組で大学のクラブで作って参加した結果大けがをした女子大生が番組やクラブを
訴えたというのだ。詳細を知らないのでこれ以上の発言は慎むが、首は傾げている。


たかじん、辛坊が休み、三宅が死んだ。「たかじんの…」は、どうなる?
by toruiwa2010 | 2013-06-24 05:41 | 岩佐徹的考察 | Comments(9)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2013-06-24 12:37 x
関西での辛坊さんに対する反応は、実に鷹揚と言いますか、寛大と言いますか、命があったんやから良かったやん…という感じです。近年コメンテーターとして厳しい発言が多い辛坊さんですが、若い頃はズームイン朝で阪神タイガースのハッピを着て出演し、敗戦の翌朝には「難儀やなぁ~」とボヤいてました。自己責任云々の発言は、無理して言っていた感が強いと思います。

2ちゃんねるには嫌な憶測が出回っています。辛坊さんがアメリカに到着する日が、ちょうど24時間テレビの放送日に合わせているとかいないとか…
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-24 13:21
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

無理して言う・・・甘い発言なら分かりますがね。
Commented by ysp at 2013-06-24 15:55 x
岩佐さん お久しぶりです。いつも拝見しています。
辛坊キャスターの件、仰るとおりだと思います。数年前彼の講演会に行ったことがあるのですが、確かに軽妙なおしゃべりで楽しませてくれましたが、物言いは随分「上からだな」と感じておりました。
今回、救助の費用負担云々がテレビやネット上で話題になっておりますが、今回の冒険もスポンサーが付いているようですし、社会的影響もある程度ある人なので「ごめんなさい」暫く謹慎・・・だけでは納得行かないと思っているのは私だけでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-24 16:04
yspさん、こんにちは。

関西での反応はゆるーいものらしいですし、
彼のホームグラウンドはあくまで大阪ですから、
そんなに長い謹慎にはならないでしょうけどね。

彼もまた、自分は頭がいいと思っている困ったちゃんの
一人のようです。みんな、最期には謝ることになりますね。
ハハハ。
Commented by リエコ at 2013-06-25 08:59 x
数年西宮に住んでいたので、甘い方の考えですが、とりあえず命が助かって2人とも良かったです。
でも、山口県の田舎に住んでいる私としては、辛坊さんの代わりに頑張っているヤマヒロさんを久々に観れるので、多少休養してもらえたらなぁ〜^ - ^
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-25 09:07
リエコサン、おはようございます。

ヤマヒロ・・・関テレにいた?
フリーになったのですか?
Commented by ひろ☆はっぴ at 2013-06-25 09:49 x
横から失礼します。
ヤマヒロこと山本浩之アナは、今年3月末で関テレを退職されました。
スーパーニュースの出演は続けています。関テレ以外のレギュラー出演は、そこまでいって委員会が初めてです。それ以外のゲスト出演は、先達ともいえる角淳一氏と同様なノリであちこちに顔を出していらっしゃいますよ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-25 10:04
ひろ☆はっぴサン、情報、ありがとうございました。
Commented by リエコ at 2013-06-25 18:46 x
フリーになった事、私も知りませんでした、ハハハ^ - ^
ありがとぅございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。