ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

錦織:ベスト8&トップ10?~ナダル負ける分かる~13/06/26

d0164636_7251640.jpg
どちらも難しい

06/22のツイート

ウィンブルドンの開幕が迫る。日本期待の錦織圭が
11位まで上がっている。最近6週間で5ランク上げた
ことになる。ファンの願いはトップ10入りだ。
去年は3回戦まで進んだからそこを越えないと難しいね。


全仏前のクレーの大会でかつての王者・フェデラーに勝ったことを日本メディアは
かなり大々的に伝えました。私には“異常”と思えるほどのテンションで。ハハハ。
これまでも、若くてエアKというカッコいい“決め技”を持っている錦織圭には
女性を中心に大きな期待が集まっていました。絶好の材料が投入されたのですから
全仏、ウィンブルドンとビッグ・イベントの度に今にも優勝するのではないかと
大騒ぎになるようです。

過剰な期待は禁物です。
錦織は、まだグランドスラムとその下のマスターズ9大会を合わせてもベスト4に
進出した経験が1度しかありません。もちろん、だからグランドスラム優勝なんて
ありえないとは言えませんが、“一歩ずつ”という考え方をしないと反動が来ます。
d0164636_7253424.jpg
ウィンブルドンが始まり、1回戦でいい勝ち上がりをした錦織にはベスト8進出と
日本人初の“トップ10”入りへの期待がますます大きくなるでしょう。
ドローを見ると順当に行けば、ベスト8への関門、4回戦で8位、アルゼンチンの
デルポトロと対戦することになります。これまでの対戦成績(H2H)は最近2回の
グラスを含めて0勝4敗で1セットも奪えていません。

これも、だから勝てっこない…というわけではありません。
相手の出来、錦織の出来、戦術など様々な要素がうまくかみ合えばこのレベルで
番狂わせが起きることはよくあります。3回戦までの試合をあまりエネルギーを
使わずに勝ち上がり、周到な準備をして試合に臨んでほしいと思います。勝機は
必ずあるはずですから逃がさないようにしたいですね。
勝利の女神に前髪はありますが、その後頭部は〇げていますから。ハハハ。

勝てばベスト8です。たぶん、全豪でも当たったフェレルが待っているでしょう。
勝った実績はありますが、この大舞台でトップ4に勝つのは容易じゃありません。
逆に言うと、勝ったら大したものです。文句なしの“あっぱれ”です。
…しかし、今はまだその話をする段階じゃありません。まず、“second week”に
残ることが求められます。

次に、すぐそこに見えている“トップ10”の勲章です。
11位ですから、ランキングの仕組みを知らないと今にも手が届くと思うでしょうが、
そんなに簡単じゃありません。

去年 この大会で獲得したポイントは今年の大会が終わると消え、今年のポイントが
カウントされるようになります。ここがミソです。
そこで、ランクを上げるには二つの“方法”があります。
一つは、自分が前年以上のポイントを稼いで上がる。もう一つは、上にいる選手が
前年以下の成績に終わってポイントを失い、落ちてくる…この二つです。

また、ランキングの変動には“めぐり合わせ”が大きな要因になることがあります。
ナダルは、全仏で優勝したにもかかわらず、翌日付のランキングで4位から5位に
ランクを下げました。彼自身は、前年も優勝していましたからポイントが変わらず、
決勝で下した相手、フェレルは前年のQFを上回ったためにポイントが増えた結果、
入れ替わったのです。
d0164636_726495.jpg
錦織が今大会でtop10入りを果たす“現実的”なシナリオはたった一つ、それは
現在10位のバブリンカと入れ替わることです。二人の差は420ポイントですから
成績次第では可能性がないわけではありません。
ただし、このツイートを書き込んだときは錦織と上位にいる選手とのポイント差や
去年のウィンブルドンでの実績などを調べていなかったので簡単に“去年以上”の
成績が必要だと書きましたが、実際はもっと厳しいことが分かります。

まず、去年のウィンブルドンでバブリンカは1回戦で負けています。
つまり、今年の彼はこの大会でポイントを落とすことはありません。
錦織が420ポイント差を逆転するには相当勝ち進まないと無理です。
去年、彼は3回戦まで進んで90ポイントを得ました。今年の成績でバブリンカを
抜くためには、最低でもSFぐらいまで行かないと難しいでしょう。
応援する気持ちはいいですが、軽々しく、錦織のトップ10を論じるメディアや
ファンはたぶんこの辺の事情を知らないのだと思います。

以上は、私の知識に基づいて計算したものです。もしかすると、知識が古かったり、
どこかで計算を間違えたりしているかもしれません。そのときはお詫びします。
今は単なる年寄りですから…って、これでは水道橋博士と変わりませんが。ハハハ。


そういうこともあるさ

06/25のツイート

全仏チャンピオン、ナダルがウィンブルドン1回戦で
ストレート負け。心配なのは膝の具合ですが会見では
「今日はそのことを話すのに適した日ではない。
ベストを尽くしたけどダメだった。グラスは準備を
していないと難しい。相手がよかったよ」と。

Darcis d. Nadal 76/76/64

d0164636_7262145.jpg
1回戦で大きなアップセットがありました。
ローラン・ギャロスの覇者が1回戦でウィンブルドンから消えました。
残念ですが、彼が早いラウンドで敗退する可能性は20%ぐらい予想していました。
2度優勝していますが、普通に考えて、クレーで育ったナダルにとって、グラスは
フットワークの使い方も大きく違うし、決して得意なサーフェスとは言えません。
加えて、今回は前哨戦をスキップしています。会見のコメントにもヒザの調子が
よくないというニュアンスがにじんでいますね。

優勝を狙うトップ選手たちは2週目にピークを合わせるために序盤は100%の力で
プレーしないことが多いし、格下の選手ほど全力で臨みます。
どんな選手にとってもグランドスラムの1回戦は難しいとも言います。
アップセットは序盤の方が多いのです。

ひそかに、ナダルの決勝進出を願っていましたが、早くもその望みが消えました。
今年のウィンブルドンの楽しみは1試合も見ないうちに半減してしまいました。
どうしよう?ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-06-26 07:26 | テニス | Comments(22)
Commented by DSA at 2013-06-26 09:32 x
岩佐さんおはようございます。
バブリンカはヒューイットに敗れて今年も1回戦敗退ですね。
それでも錦織のtop10入りの条件はやはりSF進出のようですが。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 09:37
DSAさん、その通りです。
Commented by Rafamania at 2013-06-26 10:25 x
岩佐さんこんにちは。

ナダルの一回戦敗退はショックでしたが復帰から全仏までの経過があまりにもでき過ぎだったのでそろそろブレーキがかかるのではと予想しておりました。一回戦とは思いませんでしたが。

後半だけWOWOWで放映されましたが走らされるとかなり足を引きずっていましたので膝はかなり悪そうです。長期離脱のきっかけとなった昨年の二回戦より悪そうな印象でした。真相は本人しかわかりませんが前回のような長期にならないことを祈ります。

錦織の件はおっしゃる通り。うまく行けば夏ぐらいに瞬間的にトップ10入りする可能性はありますが楽天のタイトル防衛やその後のコンスタントな成績を上げることなど維持することははっきり言って至難の業です。言い換えれば彼はそれほど難しいことに挑戦しているのですね。
Commented by hiroko_joan at 2013-06-26 10:29 x
岩佐さん、こんにちは。

ナダルが負けてしまったので、私の楽しみも90%減ってしまいました。

なので誰が勝っても良いんですが、強いて言えば悲願の地元優勝を狙うマレーに頑張って欲しいと思います。

錦織くんも初戦は良い感じで勝てたので、二回戦以降も頑張って欲しいですね。

トップ10定着&グランドスラム優勝が彼にとってどんなに大変な事か多少分かっているので、過度な期待はしていませんが。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 10:47
Rafamaniaさん、こんにちは。

あの言葉通りなら膝はよくないのだと思います。
言い訳になるからと話さないのはそういうことです。

私も膝をやられてますが、なかなか完治は難しいですね。
特に彼のプレースタイルを考えたら。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 10:49
hiroko_joan さん、こんにちは。

2週目に入って、よほど魅力のあるカードでなければ
見ないような気がします。ハハハ。
Commented by 老・ましゃこ at 2013-06-26 13:25 x
~ナダル負ける分かる~>>>

きょうのサブタイトル、お気持ちがこめられているようで…しみじみとします。
膝のリハビリにもエールを!どうぞお大事に…。
Commented by オオソネ@haha_lulu at 2013-06-26 13:51 x
こんにちは、岩佐さん。
復帰後のナダルは素晴らしい成績だったので、今回は一休みと言ったところでしょうか。
それにしても、トップ選手にとって膝の怪我はなかなか厳しいですよね。完治しにくい場所ですし。
競技は違いますが、コンフェデで途中後退した長友も心配です。

錦織は勝ち進めば勝ち進むほど、おかしなメディアの騒がれ方するんでしょうね(^_^;)
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 13:51
老・ましゃこサン、こんにちは。

残念は残念ですけど、いちいちとびあがって
喜んだり、激しく落ち込んだりすることはありません。
勝ったり負けたりはスポーツの世界では当たり前ですから。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 13:54
オオソネ@haha_luluさん、こんにちは。

膝のケガは難しいです。
特に、あのプレースタイルですからね。
Commented by 菊池 at 2013-06-26 20:03 x
ランキングがそんな単純なものではないということは、いつまでたっても理解が広がらないですね。昨日の勝利ですでに
「やった、錦織トップ10」たんてツイートしてる人までいて、頭が痛いです。
テニス人気を一過性のものにしないために、マスコミはその辺の解説を丁寧にやってほしいのですが、中の人達自身が分かってないから無理なんでしょうか。
NHKあたり頑張ってほしいのですが。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-26 20:29
菊池さん、こんばんは。

中の人でも本当に分かっているのは
一握りだと思います。そこが問題ですね。
Commented by MIYA at 2013-06-26 21:12 x
岩佐さん、こんばんは♪予告通り、テニスネタでお邪魔しますm(__)m

ナダルはこれがキャリア初のグランドスラム初戦敗退だったんですね。これがいい休養になって、シーズン後半につながるといいのですが…アザレンカも今日、リタイアとのことで、特に膝の怪我は本当に怖いですね

錦織のランキングの件は岩佐さんのおっしゃっる通りですが、全米前に一瞬トップテン入りする公算が高いようです。しかし、彼の目指しているところはトップ定着なので、数字に一喜一憂せずに応援したいです(^-^)

昨日の勝ち方はシード選手らしいものでした。でも、これを一年間続けるのがトップ選手なんですよね…
Commented by ヤップンヤン at 2013-06-27 01:50 x
スポーツ選手が膝にトラブルを抱えると、将来は厳しさが増していくはほぼ確実ですのでそれを思うと切ないです。分かりやすい例でも、サッカーならバッジオの膝、野球なら松井秀喜はもとより、相撲力士など膝の怪我を完治させた一流アスリートは思い浮かびません。みんなだましだましプレーしていた気がします。逆にいえばナダルには完治した最初の選手になってほしいものです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-27 06:14
MIYAさん、おはようございます。

全米前にトップ10に入る公算…?
その根拠は?
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-27 06:16
ヤップンヤンさん、おはようございます。

ヒザの故障は種類にもよりますが、普通の
日常生活に戻るのも大変です。
激しく体をうごかすアスリートの場合は
輪をかけて大変だと思います。
Commented by MIYA at 2013-06-27 06:44 x
おはようございます♪

全米前にトップテン入りの根拠ですが、ワウリンカとハースが去年の全米前で大きくポイントを稼いでいたため、彼らを抜く可能性が高いようです。なんて偉そうに書いていますが、このブログの受け売りです(^o^;)
http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/torakichibloger/article/29

そんなことより、岩佐さん!!フェデラーが、シャラポワが!!(ToT)…今年のウィンブルドンには魔物が棲んでいるのでしょうか

Commented by toruiwa2010 at 2013-06-27 07:18
MIYAさん、大した根拠じゃないですね。

1ページ目で錦織のトップ10入りは「絶対にないことが
確認されている」と書き、2ページには「ウィンブルドンで
爆発すれば一気にということもある」と書いているのに
笑ってしまいました。

ファン目線の記事ということで。ハハハ。
Commented by しょう at 2013-06-27 11:57 x
岩佐さん、こんにちは。
ウィンブルドンでは波乱が続いていますね。
「結局ジョコビッチかマレーでしょ」
「もしかして新しいスターが生まれるかも」
という気持ちが今のところ半々です。

錦織は岩佐さんの計算通り準決勝進出で10位以内だった
と思います。しかしおっしゃるようにその前にデルポトロ
が立ちはだかっているので、ハードルはめっぽう高いですね。
ただ、デルポトロもメンタル等付け入る隙はあると思うので
がんばって欲しいです。※錦織もメンタル面心配ですが(笑)

先のことを言うと足下をすくわれるので、まずは2回戦ですね!
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-27 12:36
しょうサン、こんにちは。

おっしゃる通り、まずは2回戦をしっかり勝つことです。
錦織にはメンタルに加えてスタミナにも問題があるので。
ハハハ。

それから・・・足元はすくわれません。すくわれるのは足です。
余計なことですが。
Commented by しょう at 2013-06-27 13:05 x
ご指摘ありがとうございます。
「足をすくわれる」ですね!
投稿前に気になった言葉は辞書を引くように
していますが、この言葉はスルーでした。
勉強になります!
Commented by toruiwa2010 at 2013-06-27 13:56
しょうサン、間違えやすいですね。

私も、この欄で「満面の笑顔」を指摘されました。
けさMLBの記事に「満面に笑みを」と書くとき、
しっかり思い出しました。
恥ずかしい思いを下ものは忘れませんね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。