ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

MLBネタ&たけしetc~ツイート:あれやこれや~13/07/10

d0164636_90023.jpg
おごって当然?

07/05のツイート

Aロッドがファームのチームでプレーしながら
リハビリをしている。Aクラスのチームにいた2日間、
彼はチームメイトに食事をおごったそうだ。
彼が上がっていく2A、3Aの選手たちはディナーの
メニューを眺めていることだろう。

d0164636_901158.jpg
今年初め、左股関節の手術を受けたアレックス・ロドリゲスはリハビリの一環で
マイナーの試合に出て調整しています。スタートはクラスAのチャールストン・
リバードッグズでした。ここでの出場は2試合だけだったようです。次は2A、
そして最後は3Aの試合でメジャーに戻る日を待つのです。

リバードッグズの若い選手たちは興奮したようです。スーパー・スターと一緒に
プレーできるのですから当然でしょう。いやらしい話ですが、彼らの給料はたぶん
10万円前後、一方は年俸2800万ドル(28億円)、1打席が400万円ぐらいですから
リバードッグズの全員を二晩食事に招待しても〇でもないでしょう。ハハハ。

ツイートの最後の部分は言葉足らずになってしまいました。Aロッドはマイナーの
各クラスで数試合ずつプレーしてメジャー復帰の日を目指すわけです。心待ちに
しているマイナーの選手たちは、彼が訪れる日を指折り数えて待っているはずです。
一緒にプレーする喜びとともに、自前ではとても食べられない食事を妄想している
ことでしょう。彼らの食事手当は1日わずか25ドルですからね。


Dogs Are Our Best Friends

戦場から戻った兵士たちを狂喜して迎える愛犬たち…
見ているうちに胸が熱くなる。http://yhoo.it/10CGDOH


犬を飼った経験はありませんが、子供のころは、どちらかと言えば“犬派”でした。
飼うならこれと決めていた種類があったほどです。シェットランド・シープドッグ、
ウェルシュ・コーギー、ビーグル…のどれかです。
結果的に犬を飼う環境に住んだことがなく、飼ったのは猫でした。べたべたせず、
気位が高く、“身勝手”な猫との距離感も好きでしたが、呼べばすぐに返事をする
犬の良さも捨てがたいものがあります。

世界のどこかで常に戦争をしている“世界の警察官”・アメリカではこんな風景が
日常的に見られるようです。彼らの喜びには裏表がないだけに胸を打たれます。
ちなみに、私が飼っていた猫たちは、長い海外出張のあと家に帰ってもちらっと
見るだけでなんの感情も見せませんでした。ハハハ。


因果はめぐる…

民主党細野幹事長、東京選挙区で公認を
取り消した候補を菅直人元首相が表だって
支援していることについて「代表経験者の
立場を踏まえ、しばらく黙っておいて
いただきたい」と不快感を示した由。
えーと、小沢一郎に「しばらく静かに」と
言ったのはたしか、菅だったよね。

d0164636_902673.jpg
これだから政治家たちは一度手に入れた地位や権力を放したがらないんですね。
菅は敵の多い男のようですが、それにしても分かりやすいこと。ハハハ。
細野の政治手腕がどの程度のものかは知りませんが、あまり“とんがった”ことを
言ってると、過去のスキャンダルをほじくり返されるんじゃないのでしょうか?
海千山千のセンセイたちは、さまざまなネットワークを持っているようですから、
どこからどんな話が飛び出すかわかったものじゃありません。
例の路チュー写真を撮られた彼女の前には、私の大嫌いな“あいつ”ともいろいろ
あったという話を耳にしたことがあります。まあ、タイプが似ていること!
どっちにしても、調子に乗らない方がいいかもね。ハハハ。


ウザイんだけど…

07/06のツイート

シャワーから出てきたらイチローの打席だった。
たしかに、ホームラン・ボールだった。
「6回頃だったら打ったでしょうね」と武田。
そんな理論があることを初めて知った。
「5年前だったら持って行ったでしょうね」
・・・私ならそう言うが。


NHK-BSでメジャーの解説をしている武田一浩を“理論派”として認めるファンも
いるようです。アナウンサーの実況と同じで解説の良し悪しを決めるとき、最後に
ものを言うのは“好み”ですから、彼の話し方が好きだという人がいてもおかしく
ありません。

“スポーツ中継は明るくなければ”と考える私にとって、暗い話し方が苦手です。
悪いクセで、坊主憎けりゃ袈裟まで…になってしまいます。自戒してるんですが。
ハハハ。

この発言に見るように、ときどき、独特な理論を口にします。
いつもは副音声で見るのですが、このときは妻がつけたままだった主音声が耳に
入ってしまったのです。ちょうどイチローの第2打席が終わったところでした。
はて、6回なら打てるけど3回だと打てないのだろうかと考え込んでしまいました。
悩ませないでほしいです。ハハハ。

このツイートに対してフォロワーからこんなリプがありました。

@XXX ヤンキースタジアムって、6回頃になると
フェンスがだんだん前に移動するみたいな言い方。
(面白いかも。)


…ヤンキースタジアムの外野席が可動式だったとは知りませんでしたね。ハハハ。


たけしの舌鋒鈍る?

たけしが何かの集まりで番組の途中で降板宣言して退席した弟子の水道橋博士を
かばう発言をしたそうです。

「あいつはお笑いだから、ただパロディをやっただけ。
本人も『ネタだと分かってもらえなかった』と俺に言いに来たけど、
笑いが取れればよかった。でも、状況的にメディアが真剣に扱い、
政治的なにおいのする単なるケンカになっちゃったのは残念」と。

d0164636_904548.jpg
…お笑いの世界ではカリスマ的存在なのにパロディに失敗した弟子にはずいぶん
甘いじゃありませんか。ハハハ。
“事件”の直後に書きましたが、パロディとは、見る者が“元”を知らなければ
成立しません。橋下徹がかつて同じように番組の途中で降板したことを受けた…
つもりでも、誰の記憶にも鮮やかじゃなかったのですから愚かな話です。
ハカセのパロディはお粗末だったパフォーマンスも含めて“不発”に終わりました。

ほかのことでは“高弟”でも辛辣な言葉を浴びせるのに、肝心のお笑いで失敗した
弟子をかばうなんて、たけしの物差しは狂ってしまったのか。これでは、ハカセの
惨めさが増すばかりじゃないですか。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-07-10 09:01 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。