ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

どっちもおかしいだろう!~稀勢の里&北の湖理事長etc~07/24

d0164636_71015100.jpg
07/19のツイート

今頃、稀勢の里が12勝すれば来場所の綱取りが
あるような話になってるのかい?おかしいよね。
どうしても日本人横綱がほしいから甘いの?
白鵬は18年5月場所優勝、7月場所準優勝でも
横綱になれなかったんだよねえ。
私も日本人だけど、これは変だよ。


実況アナが話していたのを私の耳が聞いてしまった。あわててツイートしたので
“13勝”、“17年”とミスしたが、それを知った上で多くの人がRTしてくれた。
どこかおかしいと思う人が多いんだ。当然だよね。
白鵬のケースは14-1での優勝と13-2での準優勝(星の差は一つ)でダメだった。
1年後の平成19年に 三月(13-2、朝青龍と決定戦)、五月(全勝)と連覇して横綱に
昇進している。
d0164636_711168.jpg
理事長は千秋楽に稀勢の里が琴奨菊に惨めな負け方をしたあとでさえ、“含み”を
残す話をしたらしい。どうかしてる。いまさら、白鵬がこんな発言にクレームを
つけるとは思わないが、フェアじゃない。
人気面を考えたら、早く日本人横綱を作りたい気持ちは分かるが、露骨なやり方を
続けていると、相撲ファンにそっぽを向かれる。

北の湖理事長の発言についてはほかにも首をかしげることがある。
元横綱大鵬が亡くなったときの対応や、白鵬が記録を達成したときの言葉だ。
大鵬の葬儀を協会葬にしなかったのは「前例がない」のひと言で片づけていたし、
白鵬については「ほかが弱い」と何度も言っている。なんだ、こいつはと思う。
君も確かに強かったよ。“憎らしいほど”と言われたものだ。強い上にファンから
愛される二人が気に入らんのかと思ってしまう。情けないお人だ。
d0164636_7113345.jpg
あえて書くなら、千秋楽に琴奨菊が勝ってよかった。理事長の「不用意発言」から
妙なことになりかけていた。それがなくなってすっきりした。
調子が出ない日馬富士、“手負い”の白鵬…両横綱を連破したのは立派だったとして、
負けた四番を見れば、稀勢の里が横綱の器でないことははっきりしてしまった。
彼にはますます精進し、胆力を鍛え、自分でチャンス作って綱をものにしてほしい。
その力は十分にあるのだから


07/16のツイート

日馬富士が4敗目・・・もはや驚かなくなった。
格下の力士でも「勝機あり」の気持ちで挑んでいるね。
NHKのアナにしては珍しく、昨日、今日と続けて、
「少なくとも13勝はしてほしい」と先場所後に
横審がつけた注文を持ち出していた。
引退の2文字…早すぎるか。


負けが込んだときの日馬富士を見ていると、1960年代半ばに横綱になった栃ノ海を
思い出す。小柄な力士で技にものを言わせるタイプだった。綱を張って二場所目に
優勝が1回あるが、その次の場所で11勝したあとは8勝7敗が三場所も続くなど
惨憺たる成績が続き、故障もあって引退に追い込まれた。28歳の若さだった。
私は、“うっかり”横綱になってしまった悲劇だと、ずーと思っている。大関なら
もっと長くとれたはずだもの。それが幸せかどうかはともかく。
d0164636_7115019.jpg
07/19のツイート

新十両の遠藤が栃乃若を破って13日目で
優勝を決めた!素晴らしい。彼は日本人力士
期待の星だね。結構腰が重いんだ。
均整がとれているし、何よりも佇まいがいいわ。
つまり、まわしを締めてそこにいるだけで
相撲の雰囲気が出る。ケガをしないでほしいなあ。


優勝を決めた翌日には大砂嵐にも勝った。危ない相撲だった。ずっと思っているが、
立ち合いがモワーッとしてる。逆に言えば、これで鋭さが身につけば、ますます
強い力士になるということだ。14勝したことで来場所の幕内昇進が濃厚だと
言われているが、もうひと場所十両をつとめてから上がった方がベターだと思うなあ。
上がりました、落ちました…になるのはよくないわ。


07/21のツイート

白鵬には珍しい相撲っぷりだったね。がっかりしたが、
今日も土俵に上がったことを評価してもいいと思う。
よほど脇腹の状態が悪いんだ。
観客のために休めなかったのだ。
認めないのは横綱の意地だろう。


鶴竜との立会いは行司か勝負審判から“待った”がかかると思った。両力士にも
観客にもあのまま取らせてしまったのはフェアじゃない気がする。ルール的には
成立していたとしてもだ。白鵬が勝ってよかったが、このときすでに右わき腹の
故障が発生していたのだと言う。“不自然”な立ち合いが遠因だと思う。
d0164636_712940.jpg
琴奨菊戦で悪化させ、琴欧州、稀勢の里との対戦でさらに悪くしたのだろう。
おかげで、終盤に来て全体がガタガタになってしまったのは残念だ。
14日目、千秋楽の相撲の内容を見るとかなり状態が悪かったのだと思う。
ほめすぎかもしれないが、一人横綱として長く大相撲を支えてきた白鵬の責任感が
土俵に上がらせたのだと思う。そこは評価したい。

インタビューで一緒にモンゴルからやってきて「最初のライバル」だったという
龍皇の引退に触れて「お疲れ様でした」と声をかけたのも白鵬らしくてよかった。
大鵬が亡くなったときには黙とうを提案していたが、人間味豊かな横綱だ。
早く、こういうことができる日本人横綱が現れてほしいものだ。
幕内上位の顔ぶれを見ると、遠藤クンが成長するのを待つしかないのかな?
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-07-24 07:12 | 大相撲 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。