ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

松山英樹&戸張捷?~全英オープンから~13/07/26

d0164636_10195494.jpg
松山英樹にしびれる

07/20のツイート

全英オープン2日目…というより松山のプレーをビデオで見る。
地元・マキロイ、ベテラン・ミケルソンと組んでるけどまったく
物怖じしていない。石川遼もそうだけどこの世代はすごいや。
5Hではフェアウェイからミケルソンのトラブルショットを
悠然と眺めていた。


この若者たちが育ったのはいわゆる“ゆとり教育”の真っただ中なのかな?
AKB総選挙で7万人の大観衆を前にしてメモもなく3分、4分のスピーチをする
女性タレントたちを見たときもそうだったが、大きな舞台に立っても、気後れした
雰囲気を少しも見せない彼らには本当に驚く。

予選ラウンドはPGAにしっかりと根を下ろした二人と組んでいた。
去年のアメリカ・ヨーロッパ両ツアーの賞金王とはいえ、同じ世代のマキロイは
ともかく、私だったら、ミケルソンのプレーは“憧れの目”で見ていただろう。
しかし、フェアウェイにボールを置いた松山はバッグに寄りかかってキャディと
会話をしながら、深いラフにつかまった大先輩のショットを悠然と待っていた。
恐れ入ったね。ハハハ。
d0164636_10233179.jpg
07/21のツイート

全英オープンでは松山英樹が大健闘している。
スコアしかフォローできていないが7H終わって
トップと5打差の+2で9位タイだ。
すごいねこの青年は。
昨日の1打罰はショックだったが、信頼する人が
「アンフェアな裁定は無いと信じている」と
言っているから私も信じる。


1ペナは確かにこたえたよね。勝負ごとにレバ・タラは禁物だと分かっているけど、
あれがなかったら3位タイだもんね。もっと言えばほかの3ラウンドの17番、18番の
成績を考えると、平常心でプレーしていたら3日目のこの2ホールはボギー・
ボギーじゃなくて、バーディ・パーだった可能性だってあったのだ。いったい全体
何ストローク違うと思う?ハハハ。
d0164636_10204543.jpg
しかし、ワーニングを受けていたのだから、あそこでペナルティを課されたのは
仕方がないのではないかと思う。高い授業料だったが勉強になったと思うしかない。
しかし、プロに転向してわずか11戦のルーキーがUSオープン、ジ・オープンで
立て続けにtop10フィニッシュって、すごいなあ。近い将来に大化けするよね。

だからと言って、某一般紙の記者が書いていたように「8月の全米プロ選手権は、
優勝候補の一人と目されるだろう」とは思わない。日本のスポーツ・メディアは
同じように騒ぎ立てるだろうし、本人は優勝を目指して出場するだろう。しかし、
欧米のメディアがウッズ、ミケルソンやマキロイと並べて、Hideki Matsuyamaを
コンテンダーの1人に挙げるのはもう少し先のことだと思うのだがどうだろう。

本人は「世界との差は縮まっている」と手ごたえを感じ、「差はパットの精度」とも
話しているらしい。だったら、事と次第によっては、近々メジャーでの優勝争いを
する松山が見られるのかもしれない…と言ってしまうほど単純で簡単な話だろうか。
もちろん、“勢い”で優勝した若手が過去にいなかったわけじゃない。だとしても、
メディアはあまり“安請け合い”をしないでもらいたい。
長いスパンで活躍するためには地道に努力を重ね、実績を積み上げることが肝心だ。
心配はしないが、松山にはしっかり足元を見つめてほしい。

松山の華やかさの陰で、ライバルの石川遼がもがいている。見かけ以上に精神力は
強いと思いながら、あまりにも対照的だからこちらは少々心配だ。
そう思っていたら、ネットに彼の告白が出ていた。 http://bit.ly/1dWbmJv

第三者には焦ってもおかしくない状況に見えるが、この記事から焦っている様子は
うかがえない。ただし、一点、気がかりな記述があった。
石川が持っている国内ツアーのシード権が来季で切れるらしいが、その件について
こう言っているところだ。

「それは意識に入っています。もちろん、無くすわけにはいかない。
賞金王を獲って得たもので、その5年間でここまでしかこられなかったわけで・・・。
日本もキープしつつという気持ちはあります」

“退路を断つ”という気構えで海を渡ったわけではなかったと知って驚いた。
“どっちつかず”で成功が手に入るとは思えないけどね。


戸張捷:好き嫌いは分かれるが

07/22のツイート

羽川「青木さん、これは右の傾斜を利用しますか?」
青木「右の傾斜…利用しない」。
なんでもない会話だけど、アナウンサーでは出てこない
質問なんだよね。なんか、聞いてて得した気分。ハハハ。


何番ホールの誰のプレー中だったか忘れたが、羽川と青木がそんなやり取りをした。
映像があるから、表面的な意味は分かる。ハンデ15以上の人だったら、私より
もっと深いところを理解できただろう。しかし、日本を代表するゴルファーだった
二人が発した言葉には二人の間でしか伝わらないものが込められていた気がする。
考えすぎだろうが、すごくレベルの高い会話をきかせてもらって得した気分だった。

ところで、ここ数年、中継を聞いていると戸張捷の役割が変わってきたように思う。
森下アナやスタッフが成長し、羽川も結構、達者になって来たからね。
d0164636_1021956.jpg
テレビでゴルフを実況した経験を持つ者から見ると、テレビ朝日のゴルフ中継を
支えてきたのはわが友・捷ちゃんだ。もう何年も会わないが。
視聴者側からすれば好き・嫌いが分かれる人だ。
しかし、プロの経験はないがゴルフを語れる、話がうまい、声がいい、社会人に
なってから身につけた英語はぺらぺら、酒は飲めないが酒席の座持ちは最高…
最後は伝聞だし、仕事には関係なかったね。ハハハ。

そんな彼の何よりの強みは、ゴルフと同じように「放送」が分かっていることだ。
特に、後者を分かっていることは大きな財産になっている。
試合の進行に合わせて話をしつつ、CMやビデオなどの素材を入れるタイミングを
はかっているのが聞いていて分かる。アナによっては「余計なことを」と思うかも
しれないが、森下アナは若いころからずいぶん助けられているはずだから言わない。
…言わないはずだ。ハハハ。

助ける、とは、現地の放送を聴きながら必要な情報を拾って紹介したり、解説者の
発言を補足したり、その場面で聞きたい話を解説者から引き出したりすることだ。
中でも、青木功、樋口久子、岡本綾子らがテレビで解説を始めたころ、彼らの話を
分かりやすく“通訳”してくれた。達人たちは“分かる人には分かる”話し方を
しがちだから、翻訳が必要になるのだ。彼らが今も解説でメシが食えているのは
“駆け出し”のころ、捷ちゃんに助けてもらったおかげなのさ。“助けてもらった”
自覚はないだろうし、こんな風に考えるのは私だけかもしれないが。ハハハ。

若いアナウンサーが解説者の大事な話をスルーしたりすれば絶対に許さない。
放送の序盤でよくよくダメなアナだと分かると、何か言うたびに「いえ、そうじゃ
ありません」を連発して全否定する。アナの立場になってみると身の毛がよだつ。
ハハハ。

当ブログ以上に(ハハハ)上から目線で話すし容赦がない男だから、関係者の評価は
いろいろだろうが、彼はそのやり方でテレ朝やフジのゴルフ中継に貢献してきた。
フジテレビ時代に仕事をした経験から言えば決してやりにくい相手ではない。
むしろ、はっきり言ってくれる分やりやすい。
以前に比べ、テレ朝の中継でのポジションは少し目立たなくなっているが、役割が
代わっても貴重な存在であることに変わりはない。ますますの活躍を期待する。

ああ、それにしても、最終日はMLBを見るために早朝から起き出したとは言っても
ミケルソンの怒涛の終盤3ホールを見ずに寝てしまった。
あとでビデオでは見たけど、ライブで見たかった。
これではゴルフ・ファンなどとは言えないし、まことに恥ずかしい!
by toruiwa2010 | 2013-07-26 10:22 | スポーツ全般 | Comments(2)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2013-07-26 23:19 x
ミケルソンの終盤のチャージも素晴らしかったのですが、今年は元テニス選手が随分おとなしかったのが良かったですね。森下アナも楽に仕切れたのではないでしょうか。今年最も残念な点は、さっさと選挙速報を切り上げなかったことでした。池上氏ならば「この辺でゴルフをたっぷり見ましょうか」と勝手に切り替えるかもしれませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-27 07:23
ひろ☆はっぴサン、おはようございます。

ミケルソンのチャージ…ビデオでは迫力も
もう一つでした。生で見ていたらさぞ興奮したでしょうね。
M岡にはもう興味ありません。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。