ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

黒田・岩隈が10勝目!~ダルビッシュ、勝てず~13/07/28

d0164636_10381073.jpg
07/26のツイート

黒田がレンジャーズを相手に登板する。
球宴をはさんで2連勝したが内容は苦しかった。
アーリントンでは過去2度登板して2敗…
12回で7点を失っている。
中軸にはあまり打たれていないが9番・マーティンに
2打席連続HRを浴びている。
d0164636_10382615.jpg
7回 100球 6安打、1四球・3三振 無失点 10勝目


いきなりサードへの痛烈なライナーを打たれたあとヒットを許したが、ゲッツーで
1回を3人で退けた。なんとなく身体が重そうに見えたのが気になった。そうは
言っても、気持ちで投げる彼のことだから責任は果たすと思いながら見ていた。
3回に1死1,3塁で打順が上位に回るピンチがあったが、三振とピッチャーゴロで
しのいだ。二人とも3-2からの勝負だった。

3回に28球を投げ、トータルで47球を要していた。丁寧さの裏返しだがボールが
多くなっている。“打たれそうで打たれない”が持ち味だが、どこまで続けられるか?
ヤンキースの打線を思うと黒田の苦しさが手に取るように分かった。ハハハ。
しかし、先に点を取ったのはヤンキースだった。0-0の6回だからありうる策だが、
無死2塁からイチローに送らせてやっともぎ取った。

07/07 vs BAL:2回の1点を守って7回まで。リベラ打たれて〇Xなし。
07/12 vs MIN:雨の中、5回表まで無失点。5回裏に2点取って勝ち投手
07/20 vs BOS:5回に1点先取、6回まで1-0。追加点あって勝ち投手。
07/25 vs TEX:5回まで0-0,6回に1点先取。7回まで1-0を守り勝ち投手。

黒田の最近4試合の経過を見るとどれだけ苦労したかが分かる。
監督・コーチも打撃陣も、「申し訳ないなあ」の気持ちでいっぱいだろう。

最大のピンチはまたしても1点を守るためにマウンドに上がった6回裏だった。
先頭のキンズラーにヒットを打たれた。続くアンドゥルスの2球目の盗塁失敗で
一度はランナーがなくなったが、内野安打とフォアボールで4番、5番を迎えた。
外野フライで2死1、3塁になったとき、ベンチからコーチではなく監督が出てきた。
「えっ、まさか…?」と思った。MLBでは多くの場合“交代”を意味するからだ。

声をかけただけで終わった。そりゃそうだ。今のヤンキースで黒田は大黒柱だもの。
結果として ピアジンスキの強い打球がレフトの正面に飛んで助かった面はあるが、
1-0とリードした6回、投球数が90球という場面で、先発のエースを交代させたら、
信頼関係が崩れてしまうのだ。数日前、サバシアがBOSOXにメッタ打ちされても
監督が交代を告げたのは投球数が100を超えたあとだった。

この日は若いロマインとバッテリーを組んだ。過去3試合の防御率(4.70)を見ても、
スチュワートと組んだときの2.56に比べると、かなり悪いね。
気のせいか息が合っていないと感じることがしばしばあった。黒田にはできるだけ
気持ちよく投げられる環境を作ってやってよ。それでなくてもツキがないんだから。
ハハハ。

4年連続2けた勝利、100試合連続無失策…ともに地味だが見事な記録だ。
日本メディもそういうことは伝えるが、もっと称えられていいデータには触れない。
今シーズンの黒田の登板を振り返ると、7回まで2点以下に抑えた試合が11もある。
岩隈の8試合、ダルビッシュの5試合とくらべても圧倒的な安定感だ。
7/12以来ヤンキースの先発で勝っているのは黒田だけということも誰も書かない。
自前の記者じゃないかもしれないが、べったり貼り付けている割には気づかないか、
デスクが無視するか…。ったく、もう。嘆かわしい話だね。ハハハ。


黒田の交代を見届けてリハビリに出かけ、
帰宅して今日のブログを更新したら、
もう岩隈が登板する。
彼も6月中旬までの「絶好調」には
程遠いが球宴をはさんで2連勝している。
ツインズ戦は通算3-0…20回2/3で自責点はゼロだ。
10勝目をもぎ取ろう。
d0164636_10384124.jpg
6回 102球 4安打 1四球・9三振 無失点 10勝目


接戦になるかもしれないと思い、“もぎ取る”という言葉を使ったが、その必要は
なかったね。2回に一挙6点を取ってくれたからだ。
バックがもっとしっかり守ってくれれば楽だったろうに、キャッチャーも含めて
「君ら真面目にやってんのか」と言いたくなるような体たらくだった。おかげで
余計な球数を要したために6回での降板になったじゃないか。
6点も取ってくれてるから文句も言いにくいが。ハハハ。

4連続を含む9三振が示すようにボールが切れていた。
1回に内野安打2本で2死1,2塁の場面があったが、5番・プルーフを0-2から
空振りの三振に打ち取った148キロのストレートは力があった。
1,2回は7人の打者のうち5人を2球で0-2と追い込んでいたが、この日の制球の
良さは光っていた。

前回登板のあとチームのHPに「ここぞというときにいい球が投げられた」と
言っていたそうだが、この試合でもそうだった。
ツインズ戦は通算26回2/3を投げて自責点ゼロ…同じ地区だったらよかったのに。
ハハハ。


07/27のツイート

ダルビッシュがCLE戦のマウンドに上がる。
前回登板が気になる。6回1/3、90球で降板した。
“故障上がり”だけでは説明がつかない。
今日、その答えが見つかるかもしれない。
過去10試合2.77点しか援護がない。
MLワーストの部類だ。

6回 123球 3安打 4四球・11三振 1失点 勝て図


123球投げたことで、とりあえず、疑問の答えは出たね。前回登板の90球交代は
あくまで、“故障上がり”を考慮してのものだと分かった。それにしては、試合前に
本人に話してなかったらしいのは変なんだけど。

球宴をはさんで5試合連続で7回を投げ切れていないところが気がかりだったが、
今日も6回で降板した。123球じゃしょうがないわ。
11三振は見事だけど、そのために54球、4四球に28球も要していたのが原因だ。
ただし、今日のダルビッシュはMLBで2本目の先頭打者HRを許しながら、以後、
点を与えなかったことに尽きる。苦しいピッチングだったがよく耐えた。

次回以降の登板に期待しよう。

明日から8月4日まで夏休みに入ります。
by toruiwa2010 | 2013-07-28 10:39 | メジャー&野球全般 | Comments(4)
Commented by 老・ましゃこ at 2013-07-28 20:14 x
一週間のお休みですね!ブログ再開を楽しみに待ってま~す♪
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-28 20:53
老・ましゃこサン、こんばんは。

少しリフレッシュしたいな、と思って。
Commented by リエコ at 2013-07-29 09:42 x
リフレッシュ後の岩佐さんを楽しみにしていまーす(^ー゜)
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-29 09:58
リエコさん、こんにちは。
いま、リフレッシュの前にリハビリ待ちです。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。