ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

松井秀喜&イチロー~二人が“守った”もの~13/07/30

d0164636_10135042.jpg
07/29のツイート

松井秀喜の引退セレモニーが始まろうとしている。
1時半からの中継をliveで見ることにした。
録画はセット済みだが。そうか、最後にプレーした
レイズ戦前にやるわけだ。
仲が良かったジーターがラインナップに戻っている。
盛り上がるね。

d0164636_10144986.jpg
セレモニーのために1日だけの契約を結ぶのはいかにもアメリカ的ですね。
ビジネスがまったくからんでいないわけじゃないでしょうが、球団の思い入れとか
愛情とかを感じます。
NHKの番組が始まってサインしたあとの会見の模様が流れていました。
「ヤンキースでプレーした日々は本当に幸せなものでした」と語る松井。
その通りだと思います。彼の野球人生をずっと見続けてきましたが、星陵高校時代、
巨人時代よりもはるかに幸せだっただろうというのは見ていて分かりました。
楽しんでプレーするアスリートを見ると、こちらまでハッピーになりますね。

セレモニーはあっさりしたものでした。東京ドームでの“こってり”した演出を
見せられたあとですから物足りなさはありますが、MLBはあんなものでしょう。
残念なのは古巣のチーム状態がよくないことでした。2009年、ともにワールド・
シリーズを制した仲間の多くがチームを去っていることも。
しかし、こんなセレモニーをやってもらえるのは組織やチームメイト、ファンに
深く愛された証拠です。ファンの1人として深夜のひとときを楽しみました。

両親とお兄さんが駆けつけたのに奥さんがいなかったことに違和感を覚えた人も
多いようですが、結婚するときに、「どんなことがあっても公の場には出さない」と
奥さんに約束したと聞いています。約束を守ることに抵抗はなかったのでしょう。
徹底してますね。
d0164636_10153142.jpg
セレモニーをベンチから見守る選手の中にイチローの顔が見えませんでした。
「当然いるもの」という先入観があったので注意して見ていなかったのですが、
ツイッターのTLに書き込まれているのを見て初めて気づきました。終了のあと
ビデオをチェックしてみましたが、最後の方でチームメイトと記念撮影する松井の
周辺にもイチローの姿はありませんでした。

…強い違和感がありました。自分に遅れること2年、あとを追う形で同じ戦場に
飛び込んできた後輩のせっかくのセレモニーなのに。
理由がはっきりしない段階では猛烈に腹が立ちました。
どんな事情があったって“目につく形”で祝うべきじゃないのかと。

試合前のルーティンをこなしていた…しか、理由は想像できませんでした。
しかし、同じチームではなくても、いわば“戦友”じゃないか。これはないだろう!
ツイートしたり、私宛のツイートにリプライしたりしながら頭に浮かんでいたのは
“class”という言葉でした。
辞書を引くと、かなり後ろに説明されています。品位、気品、品格…。

数時間後、ネットで不参加の理由を知りました。

式典に不参加のイチロー…「ロッカーのテレビで見ていた。
マシンをやる時間なので」と語った。それが彼の流儀なら
とやかく言わない。結果も出したし。ファンもメディアも
「これぞプロフェッショナル」と称えるのだろうが寂しいね。


やっぱり、試合前のルーティンを崩さなかったということのようです。
一流のアスリートにはよくあることです。朝起きたときから、いつも通りのことを
いつもの通りにやることで試合に向けて体と心のコンディションを整えるのです。
イチローは、毎日カレーを食べる(ですよね)ことから、打席に入る前のストレッチ、
出塁したあと 手袋などをコーチに渡す手順までこだわっています。

松井の引退セレモニーの日もそれを変えなかった、ということです。30分、いや、
15分ずらすことはできなかったのかと思わないでもありませんが、そこまで厳密な
ものなら、第三者が何かを言っても無駄です。イチローのこだわりには深い意味が
あるのでしょうから、それは尊重しなければいけないと思います。

しかし、彼が、ベンチから笑顔で見守ったジーターやリベラ、ペティットのように
“積極的”には参加しなかったことは明白です。彼らには、プレゼンターだったり、
登板予定がなかったり、あっても数時間後だったりという“事情”があるにしても、
カノーやガードナー、若手の選手たちも写真撮影には参加していました。
「今日は松井の日。自分はいい」と気を使ったのかもしれませんが、考えすぎです。

はじけるような笑顔がたくさん見られた数十分の中にイチローがいたってまったく
問題はなかったはずですから。
結果として、異例の形をとってまで松井の引退を祝い、球団を挙げて示したかった
“リスペクト”を否定した形になりました。賢い選択だったとは思いません。
4打数4安打という結果は別の話しでしょう。
d0164636_10162582.jpg
松井は家族のプライバシーを守り、イチローは自分のルーティンを守りました。
いやいや、超一流は頑固です。ハハハ。
ギリギリのタイミングで、マシンを終えたイチローと松井がベンチで遭遇したため
数時間後に(?)こんな映像が届き、野球ファンにとって救われた思いです。

一度、グラウンドを離れた松井はワイシャツの上にユニフォームを着ていました。
始球式のためです。やっぱり、ピンストライプが似合いますね。
この姿を見ると、2009年ワールド・シリーズ優勝のヒーローを頂点に数々の活躍の
記憶が鮮やかによみがえります。松井にとってはこれが一番の“晴れ着”ですね。
間違っても巨人のユニフォームなど着ないでほしいです。ハハハ。
d0164636_10164291.jpg
前にも書きましたが、応援していたアスリートが引退するときに願うのは、以後の
人生が幸せなものであってほしいということです。松井の場合は、子供が生まれ、
国民栄誉賞を受け、充実した日々を送っていることが分かるのがうれしいです。

夏休みなのに、書いてしまった。猛省。
by toruiwa2010 | 2013-07-30 10:17 | メジャー&野球全般 | Comments(7)
Commented by えむ at 2013-07-30 10:32 x
岩佐さん おはようございます。

イチローと松井のやり取りや、ツーショット写真は昨日から流れていましたが、もう少しいいアングルで撮れなかったのでしょうかねw
Commented by ヤップンヤン at 2013-07-30 16:53 x
イチローは松井に嫉妬を感じてどうしても積極的に参加できなかったと感じます。私のうがった考えだとは思いますが・・・。
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-30 17:08
ヤップンヤンさん、こんにちは。

私は彼のエクスキュースを信じます。
是非は別です。嫉妬はないと思います。
Commented by Yumi at 2013-07-30 20:57 x
ヤ軍関係者はこれをどう見てるのでしょうね。アメリカではライバルであってもこのような時、必ず相手を称えます。それが今後のチーム作りにどう影響するのか、ですね。その辺り、関係者に聞いてみます。
Commented by ごじ at 2013-07-30 20:58 x
こんばんは

この人は本当に我々松井ファンをイライラさせますねえ・・・

こんな人が松井より人気あり他の選手や後輩から慕われてるのかわかりません

岩佐さん、これからも我々松井ファン兼イチローアンチとしてイチローネガキャンお願いします!
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-30 21:05
Yumiさん、こんばんは。

居ないことに気づいていたか。
そのとき、マシンをやっていたと知っているか…ですね。
weird・・・状況を知ったときの関係者の頭の中を
察するよ、そんな単語を思い出しますが違いますかね。

なにか、あったらぜひ教えてください。ものすごく
興味があります。
Commented by toruiwa2010 at 2013-07-30 21:08
ごじサン、こんばんは。

私は意図的にイチローネガ運動など、
する気はありません。これまでもしたことはありません。
あくまでも是々非々です。
お間違いのないように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。