ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

世界陸上がらみ&ゆるキャラ~ツイート:あれやこれや~13/08/13

d0164636_865547.jpg
思惑が外れた?

07/15のツイート

男子100mで歴代2位のタイムを持つタイソン・ゲイが
ドーピング検査で陽性反応、世界選手権を欠場するそうな。
ウサイン・ボルトとの対決を売りにしたかったはずのTBSは
さぞかしがっくりしているだろうね。ハハハ。


見落としていたが、ジャマイカのアサファ・パウエルも陽性反応が出たという。
あらら、この夏最大の楽しみだった世界陸上、その中でも一番期待していた男子の
100メートルがつまらないものになってしまった。
私などは、たった10秒間の楽しみを失っただけだからどうということはないが、
TBSはがっくりと肩を落としているに違いない。気の毒に。
d0164636_872783.jpg
“肩落とし”組には織田裕二も入っていることだろう。
9大会連続で中井美穂と組んで司会することが発表されたばかりだったものね。
少しテンションが下がっているぐらいの方が視聴者は有難いけど。ハハハ。
お盆の“〇ソ暑い”時期に開催されることになっている世界陸上…暑苦しい司会は
勘弁願いたいのだが、TBSはこだわり続けている。「あれがいい」と言う視聴者が
当ブログの読者の中にもいるからなあ。ハハハ。しゃべることを仕事にしていたから「どこがいいのか」と思い続けている。
そんなに人気があるのかしら?7月期の主演ドラマの視聴率なんてすこぶる悪いぜ。
しかも、彼が気兼ねなくはしゃいでいられるのは横に中井がいるからということを
誰も言わないのがまた腹立つのさ。中井抜きの織田裕二、どうにもならんよ。

…開幕に備えて書いたものだ。
タイミングがずれたが、ボツにするのも切なくて。ハハハ。
男子100mはガトリンが頑張ったのでそれなりに見ごたえはあったが、やはり、
いくつか、肝心の名前がなかったことで寂しいものになった。

*世界陸上については金曜日にもう一度書く。


まんまちゃん、最強!

08/08のツイート

外国人にゆるキャラを見せるなら
「まんまチャン」を見せなきゃ。
完全に参ると思うけどなあ。
あいつは一種の天才だね。


ふなっしー、くまモン、ひこにゃん…各地のゆるキャラが人気者になっている。
女性や子供に受けるのは分からないでもない。しかし、いい年した男には“どこが
可愛いのかさっぱり分からん”という感じだ。

大きなぬいぐるみに人が入って観客を楽しませる趣向は昔からたくさんあった。
中で最も有名なものはディズニーランドのミッキーマウスだろう。ディズニーは
いったいいくら稼ぎだしたのか…あ、そういうことを言っちゃいけないんだったね。
子供の夢を壊すから。
1973年に、一部しかオープンしていなかったフロリダ州のディズニーワールドを
取材したとき、「ミッキーたちが休んでいるところは絶対に撮らないでくれ」と
広報から厳しく言われたことを思い出す。

5年後、初めて生で触れたMLBで驚いたことの一つは応援風景だった。
基本的に太鼓を叩くことなどなく、応援リーダーもいないのだが、球団によっては
愛嬌のあるぬいぐるみで観客を楽しませていた。
特に、サンディエゴ・パドレスの“チキン”、フィラデルフィア・フィリーズの
“フィリー・ファナティック”の人気は群を抜いていた。
d0164636_874944.jpg
しかし、フジテレビ「さんまのまんま」を見るたびに、これぞ世界一だろうと思う。
番組の最後に“添えもの”のように短い時間しか出てこないから、知らない人も
多いだろうが、日本に“彼”の右に出るぬいぐるみは存在しないと断言できる。
わずかな動きだけで見事に雰囲気を作り、言いたいことを見ている者に分からせる。
ほとんど打ち合わせをしていないだろうに、さんまがその動きを言葉に置き換える
テクニックがまた素晴らしい。まったく違和感がない。

ドーピング

08/08 番組への投稿

竹田さんも生島さんも撲滅できるなんて
思っていないはずです。違いますか?
人間に欲がある以上、完全になくなることなんて
考えられません。罰則を重くして“減らす”ことを
目指すのが精いっぱいでしょう


8日、若い友人のスポーツ・ジャーナリスト、生島淳さんがJ-WAVEに出演した。
竹田圭吾の「Jam the WORLD」だ。
ドーピングについて…ということだったので、興味もあって、夜9時からの放送を
ナマで聴いた。はじめに、メールなどの投稿を募っているのを聴いて上記の趣旨で
投稿した。もちろん、ボツだった。ハハハ。

ドーピングの歴史や現状、問題点についての生島さんの話がとても整理されていて
参考になった。本を書くべきだと勧めておいた。売れないだろうけど…と。ハハハ。

ところで、ドーピングという言葉の定義が私の頭の中で少し混乱している。
ずっと、運動能力を高めるために薬物を摂取することだと思っていた。薬物の中の
禁止されているものを摂取することを指して言う場合は”ドーピング違反“だと。
しかし、気になって検索してみると、doping自体に“禁止薬物の使用”の意味が
あることが分かった。
英語の辞書の“dope”の項に“麻薬を飲ませる、麻薬を求める”と出ていることも
初めて知った。

私と同じように“間違って”認識していた人はそれを改められたし。ハハハ。


感情に任せて書きすぎた

08/11のツイート

謝罪&撤回:為末を「ハシクレ」と呼んだことを詫びる。
山縣へのインタビューを中断してボルトに話を聞こうと
したのを見て腹が立っているときのコメントにリプしたために
余計なことまで書いた。
本来、他人には使わない言葉であることも失念していた。(続 

続)また、この言葉を含むリプと、私宛のコメントに対する
リプを削除する。発端となったツイートは訂正も削除もしない。
為末本人の判断か指示か不明だが、やったこと自体が最低だと
思うことに変わりはない。
思慮に欠ける言葉を使ってお騒がせした。申し訳ない。

d0164636_88932.jpg
世界陸上初日、男子100メートル予選最終組で走った山縣をミックス・ゾーンで
捕まえた為末が話を聞いていた。間もなく、後方からボルトが階段を上がって来た。
すると、為末は話をしている山縣に後ろに下がるように求めた。つまり、そこに
ボルトを立たせてインタビューしようとしたのだ!

余りにも思慮に欠けた行動だったので腹が立った。
怒りが収まらないうちに書いたから、為末について“アスリートのハシクレ”と
呼んでしまった。あえて“刺激の強い”言葉を選んだのだ。削除してしまったので
どんな文脈で使ったかが思い出せないが、「自分が同じことをされたらどう思ったか、
考えて見ろ」と言いたかったのだ。
言うまでもなく、“アスリートだったんだから”だけで十分だった。“ハシクレ”が
余計だったことは間違いない。

ひと晩寝て、改めて言われたことを読み直してみると、私の非は明らかだったから
上記の詫びツイートを書き込んだ。
行為そのものを責めるつもりで書いたのに、論旨とは関係のないところで失敗した。
しかも、そもそも“ハシクレ”とは他人に向けて使うのではなく、「大したものじゃ
ありません」と謙遜するときに使う言葉だと遠い昔に教えられたことを忘れていた。
アナウンサーのハシクレだったのに。とほほ。

ただし、問題のシーンについて、TBSと為末には反省してほしいという気持ちに
変わりはない。
ボルトをどこかの国の放送局に持っていかれたために、為末は「ごめんね」と
山縣に謝ってインタビューを続けていた。
彼のツイートの中にも「指示です」とあったように為末が判断したことではない。
インタビューの場を担当するディレクターの浅はかな判断で“山縣の途中だけど、
ここはボルトだろうな。行っちゃえ!”となってしまったのだ。

***“浅はかな”…大丈夫だろうか。

放送を見ている限り、相変わらずレースでは日本選手の応援に懸命だ。
行き過ぎた実況も目に…いや、耳につく。
それなのに、ボルトにインタビューする絶好のチャンスが目の前にあったら、
日本人は無視してそちらに食いついてしまう。
担当ディレクターが若すぎたのかもしれない。

為末はどんな思いで指示に従ったのか?一瞬、山縣の気持ちを考えたはずだ。
そうでなければおかしいもの。
この仕事の経験が浅いから、言われるがままだったのか?
長く使ってもらうためには逆らっちゃいけないと思ったのか?

難しいことだが、あの場はそのまま山縣のインタビューを続け、終わったあと、
ディレクターに「同じアスリートとして、それはできません」と言ってほしかった。
それで、担当ディレクターやプロデューサーが為末を責めるようならその方が悪い。
…言うのは簡単、実行するのは大変だけどね。

本田に話を聞いているとき、メッシが通りかかったらそっちに行ってしまった。
錦織にインタビュー中、ジョコビッチが来た。マイクをそちらに向けた。
そんなのありか!って話だと思うけど、そうだろう?
by toruiwa2010 | 2013-08-13 08:56 | 放送全般 | Comments(6)
Commented by eita3 at 2013-08-13 09:27 x
岩佐さんこんにちは。

為末さんね件は見ていないのですが、見ていた妻や息子の話ではそんなに酷いことをした感じではなかったとか。

けど本人も酷いことをしたと思っているようなので事実なのでしょうね。

そしてその本人は全く多くを語っていないようですね。言い訳もしていないように見えます。TL流しちゃったかな?

想像ですが、指示に従って思わず行動してしまったけど後から考えたらどう見ても悪い行動だったと悔やんでいるがために何を言われても受け止めている、そんな気がします。買いかぶりすぎかしら?

では。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-13 09:32
eita3さん、こんにちは。

それは、心の広い奥さんと息子さんをお持ちで結構なこと。ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2013-08-13 16:13 x
まんまちゃんですが、関テレが関係している関西各地のイベントに出演していまして、ゆるキャラブーム以前から活躍しています。権利関係の問題であの番組以外にはなかなか出せないんじゃないでしょうか。彦根市の「ひこにゃん」のように一切の著作権料をフリーにする訳にはいかないでしょうね。

おそらく東京では放送されていないと思いますが、半年か四半期ごとに放送される総集編では、まんまちゃんのコーナーが拡大されています。時には中に入っている人(この存在を堂々と認めているのも、まんまちゃんの特徴です)のプライベートな話を、さんまが茶化すことさえしばしばあります。ゲストとのトークより面白いことさえあります。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-13 17:05
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

「さんまのまんまスペシャル」は東京でもOAされています。
Commented by なおぞう at 2013-08-13 17:56 x
ドーピングに関してですが、ぼくも同じように思っておりました。
が、「アンチドーピング機構」という名前を知り、ドーピングという言葉自体に悪い、犯罪的な意味を含むことを知りました。
(実際ヨーロッパの主な国では犯罪になるようです)

ぼくは自転車ロードレースが好きでよく見ます。一番汚染され、一番監視が厳しいと言われるスポーツです。
今年のツールドフランスも、もしかしてこの選手が?という思いを感じずに見ることはできませんでした。
珍しく大会期間中のドーピング発覚はなかったのですが…

とまれ、今回のツールドフランス、Jスポーツの総集編を、かつてのフジテレビの総集編を制作していた方々が参加していると伝わっておりますが、非常に楽しみであります。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-13 18:56
なおぞうサン、こんばんは。

生島さんは、自転車競技は危機に瀕している旨の
発言をしていました。
ツールドフランス・・・かかわっているのは、編集マン、
放送作家たちで、私にとっても懐かしい人たちです。
最高の仕事をしているはずです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。