ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

スマホ・世界陸上・朝日新聞~ツイート:あれやこれや~13/08/21

d0164636_910592.jpg
確かに過去形だけどね

08/14のツイート

お腹がすきました→I was hungry・・・
スマホの音声自動英語変換装置だと、
“いま空腹”でも「過去形」になるんだ。

d0164636_9102271.jpg
日本語の会話の中で「腹が減った」と言えば、文法上の時制(tense)は過去形だが、
言った本人にとっては“今でしょ”。ハハハ。
自動翻訳は便利だけど、日本語の表現は微妙なものが多いからなかなか難しいね。
旅行ぐらいならいいが、ビジネスがからんだとき、意図しない方向に訳されたら
問題が発生することもありそうだ。相手に質問されて答えるときのyesとnoは
ものすごく神経を使いった。意味が日本語とまったく逆になることがあるからだ。


世界陸上を楽しむ、いろいろとw

08/15のツイート

世界陸上・女子高跳び&200M予選…
アスリートがきれいになったもんだ。
大した化粧もしていないのに、内側から
にじみ出るものがある。
その上に自分がやっていることへの自信が
あるから輝きが増す。


女性の美醜についてとやかく言うのは“反則”だと承知している。“紳士”として
あるまじき行為だと自覚している。思っても言ってはいけないのだと、厳しく
戒めている。しかし、オリンピックや世界陸上を見ると美しいものを称えたくなる
衝動を抑えきれない。病気?ハハハ。
d0164636_9103746.jpg
特に、短距離や跳躍系の種目にはビックリするほどきれいな選手がいるね。
ワールド・クラスのアスリートをアドマイアするのは悪いことじゃないと思う。
男子選手の鍛え上げた筋肉も美しいが、やはり、“無駄な肉”がついていない
整った体つきにあくまで細くまっすぐに伸びた長い脚…の魅力には負けるね。
ハハハ。
しかも、強くなった。“最も苦しい”と言われる800㍍を制したケニアのサムが
ゴールの直後でもケロッとしていたのには仰天した。

女子200決勝はビデオで見た。不思議な放送だと思った。“不満の声”はあまり
挙がっていなかったようだが。
実況だけを聴いていて分かるのは、アリソンが途中で倒れたことと、勝ったのが
フレーザーだったことだけだった。大接戦だった2着3着がコートジボワールの
アウレとナイジェリアのオカグバレの争いだったことについて、実況アナは1分後、
ビデオが再生されるまで言わなかった。

男子200決勝でも1着、2着は描写したが、3着争いが混戦になっていることには
触れなかった。今大会ほとんどすべてのレースでそんな感じの実況だった。
“煽ったり盛り上げたり”に熱心で、“その場で起きていることを視聴者に伝える”
という、実況者に求められる“基本”がおろそかだったと言わざるを得ない。
d0164636_9105229.jpg
そして、制作者の頭の中を疑うのは、400㍍、4x100㍍・リレーなどのレースで
種目名や有力選手の名前などの字幕を画面右上に出しっぱなしにしたことだ。
選手がコーナーを走るとき、内側のレーンは字幕に隠れてしまうじゃないかっ!
何を考えているのか理解できない。最後の最後、男子4x100㍍・リレー決勝で
やっと修正された。おそっ!ハハハ。

小谷実可子をおとしめるつもりはないが、
彼女を使い続ける理由は何か?
シンクロのオリンピック選手だったことを
覚えている人は少ないだろう。
JOCの広報委員を務めたこともあるから
TBSはその関連で情報を取るために
手放さないのではないかと勘繰る。


リポートの能力がずば抜けているなら、こんなことは言わない。しかし、何回も
見てきたが、特別なものを持っているとは思えない。
リポート能力、滑舌、局アナの育成、ギャラの発生…いろいろなことを考えたとき、
彼女を起用し続ける理由が分からない。
考えられるのがツイートに書いた“情報”だ。うがち過ぎとは思わないでもないが、
ありえないことではない。過去・現在を問わず、なんらかの“見返り”を期待して
いるとしか思えない解説者の起用はあったから。

マラソンの実況は土井アナだ。
この人の特徴はメリハリが乏しいところだ。
平板に言葉が流れていく。スポーツアナには
珍しいタイプだ。
担当種目がはっきりしないが印象としては
先輩・椎野アナを押しのけてエース的な仕事を
している。失礼だがあまり買わない。

d0164636_9111164.jpg
ボクシングのときにも書いたが、もっとも苦手とするタイプの実況だ。
実況にリズムがない上に“無駄に多い”言葉数が邪魔になって気持ちよく試合を
見ることができないからだ。
お世辞抜きでTBSスポーツ・アナの系譜には伝統を感じていた時期がある。
“世界の松下”が去ったあとは林アナがエースだったが、ここ数年は“衰え”が
隠せなくなっている。

そのあとは、“順番”から行けば椎野だったのだろうが、どうも、今回の布陣や
担当種目から判断すると、土井をエースにしようとしているように見える。
どうなのかなあ?

世界陸上・男子マラソン・・・話を聞いていると、
市民ランナー・川内優輝の独特の練習方法について、
瀬古は冷ややか、もう一人は評価していることが
よく分かる。エリートには雑草ランナーのやり方が
理解できないのだろうね。
川内は結果を出してるんだけどなあ。


この日は思うような結果が出せなかったが、川内は不利な条件を克服し、レースに
出ることを練習がわりにして頑張っているランナーです。普通 マラソンの世界では
考えられないやり方だ。
一方の瀬古は四日市工業~早稲田大学と、陸上の名門コースを進み、中村清という
名コーチの下で“陽の当たる道”を歩んだエリート中のエリートだ。そのせいか、
実績がないチーム、監督、選手に対するリスペクトが足りない気がする。レース中、
川内の独特な練習法をアナが話したときの彼の反応は薄く、“通り一遍”だった。
終盤まで、「川内、がんばれ。瀬古の鼻を明かしてやれ!」と祈り続けた。ハハハ。


朝日新聞に突っ込む、いろいろとw

08/17のツイート

「オバマ流?首相、ゴルフ漬け夏休み」…
朝日4面の囲み記事の見出しだ。
ほかの媒体でも似たような見出しを見かけた。
ジャーナリズムのつもりかね。きわめてチープだよ。
ゴルフがダメなら正面からそう言えばいいのに。

d0164636_912614.jpg
メディアの仕事は、世の中で何が起きているかを伝えることだ。正面から正確に、
そして、ときに裏側も探って鋭く。
それだけでは飽き足りないのか、しばしば、斜めから見て伝える。
長い夏休みを取った安倍首相だが、この記事では「オバマ米大統領のゴルフ漬けの
夏休みを見習ったわけではないだろうが、山梨の別荘で夏休み中の安倍晋三首相が
ゴルフざんまいの日々を送っている」と書きはじめ、この日もゴルフだったし、
あの日もゴルフ、これからも予定があると続けている。

休暇中のゴルフは国民感情に反するわけ?
夏休みだから何をやってもいいんじゃないのかな?一日中、遊んでたわけじゃなく、
午後は学者を呼んで話を聞いたり、読書をしたりしてないの?それに関しては何も
書いてないね。ちょっと山梨まで行ってゴルフをしていることを確認し、あとは
一切、取材をしてないの?まさか、そそくさと別のコースに出かけた?ハハハ。

いかにも「皮肉を効かせて書いてやったぜ」的なこの書き方、好きじゃないなあ。
激務の疲れを癒し、秋の国会に備えるための休暇だ。何をしたか、しなかったかを
ごちゃごちゃ言わず、仕事に戻ったとき、ダメなところがあったら批判すればいい。
それとも何か? 家にこもって碁や将棋をしていればいいのか?カードはどう?
テレビゲームはどうなんだ?そんなバカな話はないぜ。

もしかして…ゴルフがいけないのかい?それならそう言えばいいじゃないか。
もう一度言う。こういう書き方は好きじゃないわ。チープでプアだ。

…すでに米国でも注目される存在になった松山は
「1年や2年で優勝は無理。何年もかけてはい上がって
いければいい」。地に足がついた発言が光った。

d0164636_9132657.jpg
昨日の朝日朝刊に載った松山についての記事の結びだ。
最後の「地に足がついた発言が光った」の部分が“光った”。ハハハ。
なぜなら、この記者は、1ヶ月前の全英オープンのあと、こう書いていたからだ。

8月の全米プロ選手権は、優勝候補の一人と目されるだろう。

もちろん、”優勝候補になる”ことはなかった。
この流れからは、松山の考え方は地に足がついていて、この記者は連続メジャーの
トップ10入りを果たした松山の快挙に“舞い上がって”いたことが分かる。
ちなみに、読んだ人も忘れていると思うが、優勝候補うんぬんの記事を読んだとき、
私は「そんなこたあないだろう」と書いている。ハハハ。


ついでに共同通信にも一言。

「あのね、ちょっと共同通信に僕は言いたい」と
自ら切り出した橋下氏。
記事は「数万人の観客が盛り上がり、総立ちになっても、
橋下氏はほとんど座ったまま」‐との内容だった。

好きなサザン・オールスターズのライブに出かけた大阪府知事・橋下徹について
共同通信はそう書いたという。断片を切り取って、面白おかしく伝える。世界中の
メディアに共通する書き方だが、子供じみていて話にならない。
やること言うことが同じように子供じみている橋下にはこのところ辟易しているが、
この件について彼が“激怒”していることには「言ってやれ」と応援する。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-08-21 09:14 | 岩佐徹的考察 | Comments(5)
Commented by しょう at 2013-08-21 12:03 x
岩佐さん、こんにちは。

私も瀬古氏は川内が嫌いなんだろうなぁと感じています。
中本が5位でゴールした後「これぞ代表選手の鑑です!」という
発言をしていましたが、川内へのあてこすりだな、と思いました。
川内は、常識を破ったメソッドで実業団選手に勝っているのに、
彼から学ぶという意識がまったく無く、いつまでも異端扱いする
ようでは、世界はもっと遠くなるような気がします。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-21 12:15
しょうサン、嫌いかどうかはさておき、この人は基本的に
”世間知らず”名のではないかと思っています。

03/13づけの<日本アカデミー賞&瀬古の失言
~WBCと中居&ジヤンゴについても~>( http://bit.ly/13UP2j0 )
に書いた失言でも非常識さが明らかになっています。
Commented at 2013-08-21 12:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shin555 at 2013-08-21 13:25 x
世間知らず説、ハゲ同です。&きれいな人が多かった説にも♪
それにしても、今更期待してませんが、実況してくれなかったですね(>_<)
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-21 13:53
shin555さん、こんにちは。

時差もあって、今年の世界陸上は存分に楽しめませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。