ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

宮本慎也・イチロー・超真面目選手~野球にまつわるツイートから~ 13/08/27

d0164636_8473542.jpg
無理だと知りつつ…

08/21のツイート

全柔連副会長に山下泰弘が就任するらしい。
水連会長は鈴木大地だし、若い人が責任ある
立場になってぐいぐい改革してほしい。
ついでに、プロ野球コミッショナーに古田敦也、
相撲協会に貴乃花理事長を熱望しておく。
甘いかもしれないが。

“甘いかも…”は、楽観的過ぎると自覚していることを意味している。
彼らの経営感覚などについては未知数なのはたしかだし、報道でしか知らないのに、
うわべの人間的な魅力だけを理由に彼らがそれぞれの団体のトップにつくことを
待望するのはナンセンスかもしれない。
しかし、選挙で投票するときだって、与党の党大会で総裁・代表が…つまり、次の
総理大臣が決められるときに、誰がいいかを考えるときも、判断材料はそれぞれが
持っている情報しかないのだから同じことだよね。
d0164636_8475283.jpg
ヤクルトの宮本慎也が今シーズン限りで引退すると発表したあとにこのツイートを
書いていたとしたら、古田ではなく彼の名前を書いただろう。宮本の“人物像”も
報道されたものしか知らないが、彼の考え方やリーダーシップは確かだと思う。
2年前の春、東日本大震災を受けて全土に悲しみの空気があふれ、節電ムードが
広まっている中でプロ野球が開幕を強行する構えを見せたときの言葉が胸に響いた。

「停電、節電と言っているときに、煌々とした中でやるのは、僕は心が痛い」…

このとき、文部科学省から「できる限り東京電力・東北電力以外で開催するように。
特に、同管内でのナイトゲームは厳に慎むこと」と通達され、メディアから「いつ、
結論を出すのか?」と聞かれたとき、「私が判断する立場にはない」と答えたのは
加藤良三コミッショナーだった!

野球ファンとして、どちらをコミッショナーに担ぎたいかと問われれば、答えは
はっきりしているね。
まあ、実際は、プロ野球には保守的なオーナーたち、相撲には“もっと”保守的な
親方衆という高い壁があるわけで、簡単に実現するとは思えないのが残念だけど。


誰がDIVAやねん!

08/22のツイート

2日前の夜イチローは自宅マンションで女性客に
食事を供し5万円のワイン、シャトー・ラトゥールを
贈ったという。彼女は日本で2番目にビッグなスターだ。
今日の試合前、グラウンドに姿を現した彼女の周りを
たくさんの記者が取り囲んでいた。


ワインは1968年産のものだった。
なぜかと言えば、1968年は、ゲストの女性のデビュー・シングル「星空の孤独」が
発売された年だからだ。彼女はそれほどの大物、例えるならば、“日本のアレサ・
フランクリンだ…、本物のDIVAだと、NYタイムズのコラムに書かれていた。
誰がそんな風に言ったか知らないが、笑った。買いかぶりもいいところだ。だって、
この夜の鈴木家のゲストとは…和田アキ子なんだもの。ハハハ。

「野球のファンじゃないけど、ヤンキースやベーブ・ルースのことは知ってるわ。
だから、ずっとヤンキー・スタジアムには来てみたかったの」と、記事によれば、
“五重に取り囲んだ”記者たちに話したそうだ。  
和田をかばうつもりはないが、この“大変な時期”にニューヨークを、イチローを
訪問したのは、和田側の意向ではなく、イチローが決めたのだそうだ。
訪問自体がイチローの招待によるもので、この週を選んだのも彼だと言う。
d0164636_8481524.jpg
その“タイミング”にビックリしたマネジャーから「大変な記録が生まれるときに
行くんですよ」と言われて、さすがの彼女も「邪魔になるんじゃないだろうか」と
気がかりだったそうだ。しかし、イチローは気にするそぶりも見せなかったらしい。

そうか…松井秀喜のセレモニーはパスして自分のルーティンにこだわったけど、
大記録達成が近かったこの夜は和田アキ子のために試合前日の“決まりごと”を
一部にせよキャンセルしたんだ。不思議な“温度差”だね。ハハハ。


史上最も真面目な野球選手?

文春9月号で懐かしい名前を見つけた。
カープでプレーしたGホプキンスだ。
寸暇を惜しんで医学書を読んでいた。
医師になるのが希望だったのだ。
新幹線で読書している姿を見たこともあった。
あれも医学書だったのだろうか。
希望を叶えて整形外科医になった。
いいコラムだね。


私生活までは知らないから、実際はどうだったのかと聞かれれば、分からないと
答えるしかない。しかし、グラウンドでの行動や伝わってくるエピソードなどを
総合すれば、彼ほど真面目な選手はいなかったと思う。あとにも先にも。

アメリカの名門、ペパーダイン大学を中退してメジャーに入り、その後来日して
1975-76年は広島カープ、77年は南海ホークスでプレーした。
特に、広島が初優勝した75年の活躍をカープ・ファンは忘れないだろう。
日本でのプレーを終えて帰国し、当初の希望通り、医師になったところを見ても、
この人の意志の強さが分かる。
d0164636_848424.jpg
“医師・ホプキンスの凱旋”と題されたこのコラムを書いたのは、ホプキンスが
今年5月に広島球場での始球式に登場したとき、打席に立った彼にマウンドから
投球した人だった。読み応えのあるコラムの中で懐かしい男に出会えて嬉しかった。

日本でプレーした期間は短かったし、私は東京在住だったから、ナマで見る機会は
多くなかったが、記憶に残る選手だった。
妻がコラムを読みながら「ゲール・ホプキンスって知ってる?」と聞いてきたとき、
「野球選手かな?えーと、…広島の?」と、すぐに思い出した。すぐに思い出せた
こともうれしかった。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-08-27 08:48 | 岩佐徹的考察 | Comments(7)
Commented at 2013-08-27 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by デルボンバー at 2013-08-27 12:26 x
僕はずっとイチローの人間性には疑問を持ってます。マリナーズに長く居すわり続けたのも、自分がno.1に居続けたいがためだったのではないかと勘ぐってしまいます…。ま、タイ・カッブもかなりの変わり者だったようですけどね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-27 12:42
デルボンバーさん、こんにちは。

いわゆる「悪いヤツ」ではないと思いますけどね。

マリナーズでは、居心地がよかったでしょう。
開幕時から200安打を目指してプレーしても
誰からも文句を言われないのですから。ハハハ。
Commented by プロ野球データ at 2013-08-27 14:01 x
広島のホプキンス。
よく憶えています。何度か学会で来日しています。
練習の休憩中、移動中でも医学書を読んでいました。更に休日は広島の大学の研究所に通っていたそうです。外国人選手にはたまにインテリアがいますね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-27 14:09
プロ野球データさん、こんにちは。

彼ほどのインテリは、日米を通じて珍しいでしょうね。
Commented by ヤップンヤン at 2013-08-27 16:33 x
松井の引退セレモニーのコラムのとき、私はイチローは松井に嫉妬を感じてどうしても積極的に参加できなかったと感じます。私のうがった考えだとは思いますが・・・、と書き込みましたが、やはりそんな気が改めてしてきました。
人によって温度差があるのならイチローも”人の子”なんですね(笑)。
Commented by toruiwa2010 at 2013-08-27 16:54
ヤップンヤンさん、こんばんは。

彼はかなりの有名人好きだと思います。
コメントも、効果を推し量りながら言っている気がします。
タイプとして好きじゃありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。