ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

えっ、仕組まれてたの!?~The Battle of the Sexesから40年~13/09/05

d0164636_83463.jpg
♪She Was More Like A Beauty Queen
From A Movie Scene


あいかわらず、バイクを漕ぐときはマイケル・ジャクソンを聴くことが多いです。
シャッフルをかけているので、日によって順不同ですが、「Thriller」や、「Bad」、
「Beta It」と並んで、イントロだけで「あれだ」と分かるのがこの曲です。
ドラムがリズムを刻む30秒ほどのイントロに続いて彼が歌い始めます。

曲名は「Billy Jean」です。
この曲を聴くと、しばしば、女子テニスのレジェンド、ビリー・ジーン・キングを
思い浮かべます。マイケルとも親交がある女性だったからです。
その“連想”を嫌った関係者たちが、レコードの発売に際してタイトルの変更を
検討したという話も聞きました。

ビリー・ジーン・キングは、生涯グランドスラマーの1人ですが、女子テニス…
もっと言えば、女性そのものの地位向上に大きく貢献した“ウーマン・リヴ”の
先頭に立った人でした。その功績をたたえて、全米テニス協会がUSオープンの
会場にその名をつけたほどのプレーヤーです。テニスに関心があって彼女の名前を
知らない人はいなかったでしょう。
ただし、欧米以外の国のテニス・ファンに彼女が広く知られるようになったのは、
あるイベントがきっかけだったと思います。
d0164636_84922.jpg
1973年9月20日、テキサス州ヒューストンのアストロドームで“世紀の一戦”が
行われました。ビリー・ジーン・キングvsボビー・リッグス…
記録を見れば、1939年にウィンブルドンと全米でチャンピオンになっていますから、
輝かしい戦績を持つリッグスですが、このころは、むしろ男性優越主義者として
世間を騒がせていたようです。

キングvsリッグス…この試合はThe Battle of the Sexes(性別を超えた戦い)と
銘打たれてテニス関係者が注目する中で行われたのです。
結果は6-4, 6-3, 6-3でキング夫人の圧勝でした。
単に、女性が男性に勝った…だけでなく、女権拡張に奮戦するキングが男性優位を
唱えるリッグスに勝ったことで大きな話題になりました。当時はグランドスラムも
簡単に伝えるだけだった日本のメディアも取り上げていた記憶があります。

エキシビションですが、以後、アメリカのスポー史に残る伝説の試合になって
いました。つい先日、“この試合は仕組まれたものだ”と証言する男が現れるまでは。

男の話を信じれば、リッグスはマフィアから10万ドルの借金をしていました。
ギャンブルの負けによるものです。彼はそれを帳消しにしてもらうことを条件に
この試合の企画を持ち掛けたのです。負けることを約束して!
リッグスはまず、当時の女性No1プレーヤー、マーガレット・コートに勝つことで
キングを引っ張り出そうと考えて、ことはその通りに運びました。
負けず嫌いのキングを引っ張り出すのは簡単だったのです。ハハハ。
d0164636_842937.jpg
コートに完勝したあとですから、人々はリッグスが勝つことを疑わずキングに
賭ける人は少なく、マフィアは大儲けしたに違いありません。
こうして、リッグスは10万ドルの借金を帳消しにしたのです。

もちろん、キング夫人は強く否定しています。
「実にバカげた話だわ。私はボビーとコートにいたのよ。彼が“タンク”しようと
考えてなんかいなかったことは分かっていました。彼の目やジェスチャーを見たら、
勝ちたがっているのは明らかだったわ」

日本ではほとんど報じられませんでしたが、記事を見かけたので紹介しておきます。

ちなみに、タンク(TANK)とは、試合を意図的に投げ出すことです。
あまりにもひどい試合運びを見ながら、「これはタンクじゃないの?」と記者席で
話題になることがあります。
全力でプレーしなかったと判定されれば厳しいペナルティが待っています。
アマチュアでは“起こりえない”ことですが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-09-05 08:04 | テニス | Comments(4)
Commented by shin555 at 2013-09-05 13:19 x
この試合のことは記憶があります。
当時、高校生だったので新聞記事でも読んだのでしょうね。
いくら男女でも引退したおじさんと現役トップ選手ならこうなるのかと思いました。
が、裏があったなんて・・・どうなんでしょう?話としては面白いですが(^-^)
そういえば当時、キング夫人、コート夫人と言われてましたね。
日本だけだったのでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2013-09-05 13:48
shin555さん、こんにちは。

英語だと、たぶん、スポーツ選手は
呼び捨てでしょうね。
Mrs.Kingと表示することはないと思います。

ウィンブルドンの主審はMrsをつけますが。
Commented by レニ at 2013-09-05 15:01 x
こんにちは。

キング夫人、コート夫人……懐かしい。
独身女性は沢松和子嬢などと呼んでましたが、とっくに死語なんでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-09-05 15:23
レニさん、こんにちは。

沢松和子・・・コートでのたたずまいにひんがありましたね。

それから…死語です。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。