ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

誰も勝てなかった~“足踏み”続く4投手~13/09/11

d0164636_71498.jpg
岩隈:3試合連続ノーデシジョン

09/07のツイート

岩隈が先発のマウンドに上がる。
最近4試合は2勝0敗2ノーデシジョンで
安定している。
特に前回は勝ち星こそつかなかったが
最高の投球だった。
相手は12試合を3勝9敗と調子を落としている。
13勝目が狙えるかも。
チームのホームでの連敗を6で止めたいね。
d0164636_7042100.jpg
5回2/3 98球 8安打 2四球・5三振 3失点 勝ち負けつかず


6回終了、同点で交代、7回終了0-0で交代…3試合連続で勝ち星を逃がした。
言い始めるときりがないが、3失点すべてがもったいない。
2回のヤングのホームランは2-0からインハイに入るストレートだったし、6回の
モリナのタイムリーも1-0から真ん中に入ってしまった。さらに、3回の失点は
2死満塁、ヤングを1-2と追い込んでからのワイルドピッチだ。

100球前後投げれば、失投は必ず何球かあるものだし、WPも 仕方がないといえば
仕方がないのだが、惜しまれる。
4-3とリードを保って降板したが、救援が打たれて同点にされた。結局、チームは
勝ったものの勝ち星はつかなかった。
ただし、この3試合の内容は悪くない。防御率も2.90だ。(18回2/3で6点)
今シーズン残りの登板4試合をくさらずに投げ続けてほしい。


黒田:よくよくツキがないね

09/09のツイート

黒田が登板する。
最近4試合は3連敗+ノーデシジョンだ。
前回登板はその前の3試合にくらべると
少しマシだったが、それでもいいときの
彼の調子ではなかった。
BOSOXに地元で3連敗中、それも8,8,9点
取ってだから深刻だ。
今日を入れて残り20試合だね。
d0164636_70718.jpg
6回 118球 5安打 2四球・6三振 2失点 勝ち負けつかず


“天敵”・オルティズには蛇ににらまれた蛙のようになっていた。
2本の2ベースがどちらも得点に結びついた。三振を一つ奪ったが、初球にハーフ
スウィングを取られたオルティズの心が乱れていたせいもある。

投球数…私がつけていたスコアシートでは118だった。YAHOOもこの数字だ。
ESPNや信頼するBRが117なので微妙だが、自分を信じる。投げていない球を
記すことは考えにくい。つけ忘れて少なくなることはあっても。
ま、とりあえず、118なら、2008年4月20日のアトランタ戦以来の最多タイだ。
117だったら、“惜しかった”ということで。ハハハ。
ストライクvsボールも72-36と素晴らしいレイシオだった。

序盤の投球数が多く、5回を終わって105球だったから「ここまでか」と思ったが、
ベンチに戻ったとき、コーチから掛けられた声に小さく頷いていた。前日までの
3連戦が相当な打ち合いになってブルペンを”酷使”していたヤンキースとしては
先発投手にできるだけ長く投げてもらいたいところだったし、黒田も当然 事情を
理解しているから“6回まで”となったのだろう。

3-2とリードしてバトンを渡したが、9回に頼みのリベラが同点HRを打たれた。
助けてもらったことも何度もあるのだから、恨むわけにはいかない。
ベストのときにくらべれば苦しいピッチングだったが、その中で粘って形を作った
黒田も遠くに明かりが見えてきたね。彼もまた、残りの登板は4試合だ。


松坂:クビはつながったね

続いて松坂が登板する。
昇格から3試合は見るも無残だった。
どう考えても今日がラストチャンスだろう。
気持ちでどうなるものでもないが、歯を
食いしばって松坂らしさを少しでいいから
見せてほしいものだ。
投球数が多いのをなんとかしないとね。
d0164636_6594451.jpg
5回2/3 103球 3安打 3四球・6三振 1失点 勝ち負けつかず


MLB昇格から4試合目でようやく試合を作ることができた。
この形で投げられるならメジャーで生き残る可能性はあると思う。
しかし、苦しいフォームだなあ。

日本時間14日のマイアミ戦でもう一試合、しっかりした投球を見せてほしい。
なんてこった。この日は岩隈、黒田も投げる予定になっている。ほぼ同じ時間帯に!


ダルビッシュ:よかったんだけどね

09/10のツイート

間もなくダルビッシュがマウンドに上がる。
TEXはワイルドカード争いに回ってるし
真価を問われるところだ。
最近4試合0-2、防御率も4.50と振るわない。
前々回は2ラン、ソロで逆転され、前回は
四球の直後のHRでやられてる。
つまり要HR警戒だ。
d0164636_6583989.jpg
7回 81球 4安打 1四球・6三振 1失点 8敗目


立ち上がりから“省エネ”投球だった。
“打てそう”と思わせる球が多かったということか。そうは打てないにしても。
2回にアルバレスが空振り三振したスライダーについて現地アナが言っていた。
「最善の方法は、見送ってボールと言ってもらうのを待つしかないね」と。ハハハ。

14-11-10-9-11-9…6回までのイニングごとの投球数だ。
最多17球を投げた7回に先制を許した。2死から2ベースを2本連続で打たれた。
ここまで2安打だったが、痛打されたのはこれが初めてだった。
しかし、結果的にその1点で負けたからと言ってダルビッシュのせいじゃない。
誰だって0点じゃ勝てないよ。
この日のキャッチャーは先日マウンドで激しくやりあったピアジンスキではなく、
ソトだった。これは、つまり…そういうこと?
初めからの予定だったかもしれないしそうでないかもしれない。次を見てみよう。
ハハハ。

注目するのはこのあとのローテーションだ。
地元紙にはまた痙攣が起きたという話もでていた。81球での交代の理由らしい。
まだ次の先発がいつになるのか分からない。中5日なら、日本時間15日になるし、
5人ローテを守るなら16日だ。
残り登板数が微妙で、あと4試合(15日先発)か3試合(16日)だ。

10:00AM 加筆

14日は予定通りテペッシュが入ったから、
ダルビッシュの次の先発は早くても15日
(日本時間16日)以降のなる。

by toruiwa2010 | 2013-09-11 07:01 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。