ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

ミズノ・坂井義則・滝クリ~TOKYO 2020招致がらみ~13/09/17

d0164636_9123172.jpg
記憶違いだったけど…

09/08のツイート

招致委員の中に水野正人を発見!
たぶん、1979年にテキサスで会ってる。
ピッチャーの足元に目を引かれ見ると
ミズノの靴だった。「日本に中継されると
聞いて履かせたんです」と語っていた。
日本ビジネスマンここにありと思った。


水野正人の名前は別件で頭に残っていただけで、記憶違いだった。お恥ずかしい。
エピソードの中身とミズノつながりは正解なのだが。
しかし、思い出したことを書いておく。ミズノ礼賛になってしまうが他意はない。

その昔、テキサスで私を唸らせた相手はアメリカ・ミズノの近藤謙治氏だった。
旧アーリントン・スタジアムでのヤンキース戦を放送したのだが、レンジャーズの
エース、マトラックが1球投げるたびに、どうもスパイク・シューズが気になる。
手元の画面で確認すると、なんと新品のミズノ社製だった。
「ええ、今日の試合が日本で放送されると聞いたので、頼んでおいたんですよ」と
すましている彼の顔を見ながら「やられた」と思い、「あっぱれだ」と感心もした。 
d0164636_9124638.jpg
当時のメジャーで使われていた野球用具はルイビルかアディロンダックのバットに、
ローリングスかウィルソンのグラブだった。
モーションを起こすピッチャーがアップになるとグラブの手首のところに捺された
“R”や“W”の頭文字が目に入ったものだ。ごくまれに、“M”を見ると「おっ、
この人はミズノを使ってますね」と、興奮した。

1979年にキャンプの取材でフロリダ半島の東海岸を10日間ほど旅したが、そこで、
ミズノのキャンピング・カーを何度か見かけた。彼らもまたキャンプ地を転々とし、
若い選手に製品を売り込んだり、修理をしたりしていた。
先人の努力や日本人選手が増えたことなどで、いまではMのマークを見ることが
そんなに珍しいことではなくなった。


あんまり飲むなよ

坂井義則は早稲田を卒業後フジテレビに入社、
「酒浸り」の日々を送りました。ハハハ。
スポーツ部では陸連とのパイプ役を果たしつつ、
バレーボール中継では私と何十回となくコンビを
組みました。トーチは彼が持っているはずです。
(友人へのツイート)


「それでは、みなさん、あちらにご注目ください」
司会の先輩アナウンサーが指差したのはパーティー会場への出入り口だった。
係りの人が会場の扉を開れると、そこにはスーツ姿の坂井義則が立っていた。
右手にはあの“トーチ”があった。
d0164636_913667.jpg
東京オリンピックの放送に携わったフジテレビとネット局のスタッフの会だった。
1984年に「あれから20年」ということで初めて開かれ、この“聖火入場”は、
さらにその10年後、2回目の冒頭の“演出”だった。
“聖火”に見立てた赤いリボンを結んだトーチを掲げて入場してくる坂井を全員が
拍手で迎えた。もちろん 当時の“厳かな”空気はなく、紅顔の美少年だった坂井が、
30年前は軽々と掲げていたトーチを重そうに持っているのを見てくすくす笑いを
こらえながらだった。ハハハ。

早稲田大学1年生だった坂井は、中距離を専門とするランナーだった。それなりの
記録は持っていたが、選手としてのオリンピック出場はかなわなかった。しかし、
蹴った足が見事に伸びるランニング・フォームの美しさと、原爆が投下された日に
広島県三次(みよし)市に生まれたことなどから、最終走者に指名されたのだった。

2020が決まったことで、数年ぶりに姿を見たが、7歳も下なのに老けていた。
誰よりも、彼こそ“そのとき”まで元気でいなければいけないのだが。


効き目あると思うけどなあ…

私のコラムは繰り返し2chに貼り付けられた。
安倍総理が大見得切ったことを忘れないように、
テレビ各局がニュースの冒頭に毎日”あの部分”を
流し続けるよう提案してみる。


スピーチを聞いた瞬間、総理もずいぶん思い切ったことを言うものだと思った。
一国のトップの口から出た言葉はとてつもなく重い。半世紀前なら「そんなこと
言ってない」で逃げられたかもしれないが、今はしっかり記録に残っている。
「状況はコントロールされています」の部分をあらゆるメディアが連日 繰り返し
流し続けるのはどうだろう。毎日思い出してもらい、コントロールするべく仕事を
しなければと肝に銘じると思うのだが。ハハハ。
d0164636_9132456.jpg
ちなみにだが、記録され、記憶される発言は当然、総理や私の言葉に限らない。
先日開かれた“原発再稼働反対訴える集会”で落合恵子が壇上から語りかけていた。
「本当にアンダーコントロールできていますか?」と。
ギリギリで通じないこともないが、元アナだったら、こういうおかしな日本語を
使っちゃいけない。ハハハ。


VIP並みか!

09/10のツイート

違和感!!「ミヤネ屋」のニュースコーナーに
「滝川クリステルさん帰国」の見出し。
成田では花束贈呈まで。ええっ! 
「お・も・て・な・し」のワンフレーズですごい
スターになったわけだ。
えーと、スピーチの最後に手を合わせていたけど、
普通の日本人はやらないよねえ。

d0164636_9134295.jpg
オリンピック関連のニュースでもCMでも彼女が画面に現れると“きれい”だから
思わず、見てしまう。クライアントにしてみれば、それで十分なのだろう。
前にも書いたが、彼女のアナウンサーとしての能力には疑問があって買っていない。
それは私なりのものさしで測ったものだし、個人の好みだから誰にどう言われても
意見は変わらない。頑固。ハハハ。

今回の「おもてなし」スピーチは悔しいけど効果的だった。外国人より日本人に
受けたキライはあるけど。ハハハ。
お・も・て・な・し…と、一音ずつ区切ったのがよかったね。そして、意図的か
どうかは分からないが、音に合わせて指を“左から右”に動かしたのが最高だった。

日本人があれをやる場合、指が右(本人にとっては左)から右に動くのが自然だ。
英語・フランス語が公用語のIOCの会議の出席者にとって左から右に流れていく
“白魚のような”指を見ると、この言葉が自然に頭に刻まれると思う。
ま、考えすぎで、偶然だったと見るのが妥当なんだろうけど。ハハハ。

あのスピーチと美貌ゆえに、メディアは彼女を“ヒロイン”扱いした。
このニュースの見出しにはたまげた。VIPの帰国みたいで尋常じゃないなあ。
招致委員の中には彼女より長く地味な活動を続けてきた女性が何人もいるんだもの。
d0164636_9135682.jpg
その意味で、荒木田裕子さんに「お疲れさまでした」と言いたい。
1971年春高バレーで準優勝した角館南高校のエースだった。左右の手でスパイクが
打てる選手だった。のち全日本入りし、モントリオールで金メダルを獲った。
筋金入りのオリンピアアンだ。
彼女たちにもスポットライトを当てろよ…と言ったって聞く耳を持たないだろうが、
なんか、釈然とせん今日このごろだ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-09-17 09:15 | スポーツ全般 | Comments(2)
Commented by デルボンバー at 2013-09-17 12:33 x
当時のミズノのCMは覚えています。キャンピングカーに乗って、ミズノのスタッフがいろんな選手に説明してる様子が流れてましたね。ドジャースのフートン投手なんかがいましたね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-09-17 13:55
デルボンバーさん、こんにちは。

名もない若手選手にグラブを無料で
配っていた記憶があります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。