ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

おみごと!岩隈&松坂~残念!ダルビッシュ&黒田~13/09/27

d0164636_7465778.jpg
黒田:どうしても勝てない…

09/25のツイート

間もなく、黒田がマウンドに上がる。
7試合勝ち星がない。この間、0勝5敗、
防御率も6.37と苦しい。現在11勝12敗…
なんとしても負け越してシーズンを終える
屈辱だけは避けたいところだ。
今日の内容が悪いと最終日の登板も怪しくなる。
d0164636_7461641.jpg
5回2/3 99球 5安打(1HR) 2四球5三振 5失点 13敗目

一時“克服”していた立ち上がりの悪い癖が出て、ボールに力が伝わらないうちに
3点を失ってしまった。先頭打者にホームランを浴び、以下 シングル、2ベースと
畳みかけられたあと、さらに犠牲フライを打たれた。
いずれも甘い球を狙い撃ちされた。マウンドに上がってからのウォームアップで
最後にキレのいい2シームを投げていたのに3失点するまでほとんど使わなかった。

3失点のあとは犠牲フライを含めて5回まで連続16人の打者を抑えていた。
自分の責任で出した走者は一人もいない。しかし、味方打線はチャンスがあっても
点を取ってくれない。しびれを切らしたのか、6回表、先頭の2番・マイヤーズに
フォアボールを与えたのがまずかった。
結局、この回2点を失って途中でマウンドを降りることになった。

これでは最終戦の登板はなくなるかもしれない…と思ったが、微妙のようだ。
一度、登板するような報道があったが、今は最終日が“未定”になっている。
私の“あてずっぽう”が的中なら、MLBの黒田の見納めだったかもしれない。
まだわからないので「おつかれさま」は言わない。


ダルビッシュ:仕事はしたが…

ダルビッシュが先発する。
序盤に考えたほどの勝ち星は稼げなかったが
内容的にはエースにふさわしい投球を続けてきた。
今日を入れてあと2試合だ。
プレーオフ出場を目指すチームにとって
彼の2勝は不可欠だね。
それにこたえるピッチングを期待する。
d0164636_7455343.jpg
5回1/3 101球 4安打(1HR) 4四球・9三振 2失点 勝ち負けなし


プレーオフ出場に向けてマグニチュードの大きな試合だから緊張もあったと思う。
それが伝わってくるような立ち上がりだった。ヒットと2四球で満塁としたあと、
犠牲フライであっさりと先制された。
しかし、この日は前回登板にくらべると制球がよかった。しかも、バカに優しくて、
どんどんストライクを取る気前のいい主審だったから、2~5回はエラーを含めて
3人の走者しか許さなかった。

味方が逆転した直後の6回、先頭のドミンゲスにポール直撃のホームランを浴びた。
今年3本目だ。悪い球ではなかったのに持っていかれた。“相性”…ということか。 
ボールが多くなっていて、気をつけろと思ったとき、ストレートのフォアボールで
勝ち越しランナーを出して交代となった。2試合連続で6回持たずの降板だ。
エースなら踏ん張りたいところだったね。

レンジャーズはワイルドカード争いを続けている。
最終日、ダルビッシュが登板する試合にプレーオフ進出がかかる可能性も十分だ。
今度こそ!


松坂:New Dice-K誕生?

7回2/3 105球 4安打 3四死球・6三振 無失点 3勝目
 
d0164636_745283.jpg
速球は相変わらず145キロ前後だが、ストライク・ボール比、68-37が示す通り、
コントロールがよかった。甘いコースに入ることもあったが、カーブを中心とした
変化球は相手に的を絞らせなかった。うまく使った、ということだろう。
カーブについては、現地コメンテーターも「ダイスケのリバイバルのカギだね」と言っていた。

気のせいか、顔つきもシャープになったと思う。体調もいいのだろう。
ピッチャーゴロへの飛びつき方や1塁ベースのカバーに走ったときの体の動きは
日本ではゴールド・グラブの常連だったことを思い出させるものだった。
現地アナも「まるでショートみたいな身のこなしだ」と称賛していた。

この日の出来の良さはキャッチャーとも関係があると思う。
MLBでは2試合目の出場だったようだが、きびきびしていて松坂のタイミングと
ピッタリ合っていたのではないか。計測していないが、過去6試合にくらべると、
投球間隔も短く、テンポよく投げていた。

最初の3試合は酷かったが、3連勝で締めくくった。もう登板がないのが惜しい。


岩隈:褒めすぎることはない

8回 101球 4安打 1四球・9三振 無失点 14勝目

d0164636_7445778.jpg
多くを書く必要はないだろう。
3試合、23イニングス連続無失点…有無を言わさぬ内容でシーズンを終えた。
英語ではStrong Finish と言う。もっと見ていたい内容だった。
ファンもベンチも安心して見ていられる絶対的な安定感…間違いなく今シーズンの
日本人投手No1 だね。いくら褒めても褒めたりない。
2.66は現時点で防御率3位だが、結果的にタイトルを獲れなくても見事な数字だ。
by toruiwa2010 | 2013-09-27 07:47 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。