ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

伊達公子が切れた…という~勘違いしていないだろうか?~10/01

d0164636_8162311.jpg
09/25のツイート

クルム伊達公子が観客の溜息に切れたそうだ。
ダブルフォルトしたときに会場から漏れたため息…
信頼する記者のリポートには<以降、集中を切らして
敗れていった>とある。
会見での発言や自身のブログからの引用を読むと
ファンを上から見ている。どうしちゃったんだ伊達?


伊達のプレーを初めて見たのは1992年でした。
当時の女子選手の多くが、相手の打ったボールが自分のコートで弾んだあと頂点を
過ぎて下がってきたところを打っていた中で、彼女は弾んだ直後を叩くライジング・
ショットを武器に頭角を現していました。ランキングは20位前後でした。
d0164636_816486.jpg
日本のメディアとは初めは良好な関係でした。決して、自分からべらべらしゃべる
タイプではなかったものの、聞かれればきちんと答える選手でした。話し上手とは
言えないまでも、発言は整理されていたと記憶しています。そして、はっきりと
ものを言うタイプでした。

細かいことは分かりませんが、途中から会見のときの空気がおかしくなりました。
それまで、あるスポーツ紙の記者が質問の口火を切り、全体を仕切っている感じが
あったのですが、それが変わったのです。どこで、何があったのか知りませんが、
当の記者の言動が伊達の逆鱗に触れたのだと、聞きました。以後、会見中の彼女は
言葉では言いませんでしたが、明らかに彼の存在を“無視”していました。
伊達のはっきりした性格を表わしているエピソードだと思います。

世界ランク4位だった1996年に26歳の若さで引退しました。180cmを超える
若手がどんどん出始め、パワー・テニスが世界の主流になろうとしていましたが、
まだまだやれると思っていましたからビックリしました。一方で、その潔さには
納得する部分もありました。

5年後、カーレーサーと結婚した、しかも外国人の…と聞いたとき、さらに7年後、
40歳近くになって、現役に復帰すると聞いたときも驚きました。
驚かせるのが好きなんでしょうかね。ハハハ。

やると決めたらやる、いやなものはいや…男っぽい性格なのかもしれません。
d0164636_8172395.jpg
さて、今回の件です。
伊達はこの日オーストラリアのストーサーに敗れたわけですが、第1セットを
失ったあとの第2セット・タイブレークで“事件”は起きたようです。
ネットでビデオを見ると、伊達がダブルフォルトしたとき、観客から「あーっ」と
大きなため息が漏れていたのは事実です。すると伊達は「ため息ばっかりッ!」と
身振りをまじえて大声を出しています。イライラがたまっていたのが分かります。
試合後の会見でも「これだけたくさんの人が見に来る割には、テニスを見ることの
レベルが上がらない」と苦言を呈していたらしいです。

ちょっと待ったあ!
“選手としての伊達公子をリスペクトしている”とお断りした上で、この言動には
逆に苦言を呈したいと思います。“倍返し”ではありませんが。ハハハ。

全力で相手を倒そうと戦っているときにため息をつかれたのではやっていられない、
その気持ちは理解できます。しかし、レベルが低いと観客を非難するのはプロの
アスリートとしていかがか、と思います。
ちなみに、彼女の公式ブログのタイトルは“Always Smile”…言行不一致。ハハハ。
d0164636_8175764.jpg
いつも書くことですが、どんな競技でも選手が一生懸命プレーするのは当然では
ないでしょうか?まして、プロとしてプレーするのであればなおさらです。
一方、観客は最高のプレーを見ようと思って金を払っています。料金に見合った
プレーを求めるのは彼らの“権利”です。
もちろん、だから何をしたっていいんだとは言いません。しかも、この日の観客は
きたないヤジを飛ばしたわけでもブーイングを浴びせたわけでもないようです。
私の経験によれば、ため息は“出す”ものではありません。“出てしまう”ものです。
違いますか?

その場にいなかったし、“流れ”も知りませんから、うかつなことは言えませんが、
ため息をついた客はずっと伊達を応援していたはずです。ミスしたときにため息を
つくのは“応援しているからこそ”です。
満塁のピンチに押し出しのフォアボールを出したり、これを決めれば勝てるという
PKを外したりしたら、応援するファンの口からため息が出るのは普通のことです。
なんだったら、口汚いヤジやブーイングを浴びせられたりすることだってあります。
テニスは違うのか?それとも、伊達クラスの選手になると違うのか?
そんな話は聞いたことがありません。

ヤジやブーイングは意図的・自発的なものですが、ため息は思わず出るのです。
モチベーションが下がるからやめてくれというのは“わがまま”でしょう。
少なくとも、一方的に、あからさまに、大声をあげて非難するのは間違っています。
復帰後の伊達を支えてきたのは“ため息をついた人たち”だもの。

ストーサーが「観客のため息はどこでもある」と苦笑していたそうです。
第一、“ため息禁止”となったら、テニスを見に行く人がますます減ります。ハハハ。

ネガティブな反応がガマンならないのなら、プロアスリートであることをやめて
ご近所の同好の士と近くのコートでヒッティングをするしかありません。それでは
飽き足りないから現役に復帰したんですよね。だったら、拍手だけして頂戴などと
言ったらダメでしょう?

百歩譲って、試合後の記者会見で愚痴の延長として話すのならまだ理解できます。
しかし、あの場面であのトーンであのセリフはないでしょう。
脈絡が分からないし、誰に向かってのものかも分かりませんが、「シャラップ!」…
「おだまり」と叫んだシーンも流れていました。もし、ファンに向かってだったら
“論外”です。ミハエル・クルムと結婚して12年、日本の大会でとっさに英語が
出ることに時間の経過を感じますが。ハハハ。

彼女が、「レベルが上がらない」と言ったと聞いて、真っ先に頭に浮かんだのは
「新聞記者を育てるのも僕らの仕事だと思ってる」と言ったとされるイチローの
コメントでした。
二流、三流がほざいているなら分からなくもないが、彼らのような、一流とされる
アスリートがこういう“勘違い”発言をするのは、日本のスポーツ選手のレベルが
上がっていない証拠かもしれない。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-10-01 08:34 | テニス | Comments(40)
Commented by S_NISHIKAWA at 2013-10-01 08:42 x
岩佐さん
おはようございます。週末に伊達選手のニュースをみて、感じていたこと、まさに岩佐さんが書かれていることでした。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 08:57
S_NISHIKAWAサン、おはようございます。

結婚してから、だいぶ人柄が変わりましたね。
昔は人見知りするタイプでしたが。
今度の件は、かなり残念です。
Commented by ギリシャ at 2013-10-01 09:30 x
私も岩佐さんと同じ考えです。

確かに、ゴルフの丸山選手が、外国人だったら『オウ』とだとそうでもないのだが、日本人のファンが『あ~あ』と言われると凹む。みたいな事を言っていました。

ただ、日本人の誰もが海外に行けるわけでもないし、長期滞在でもない限り、言わないと思うんですね。

私が思うに、ため息より、欧米のマナー(携帯など)の方が選手はイライラすると思うんですが…。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 09:35
ギリシャさん、おはようございます。

いま、メジャーの大きな試合を見ていますが、
地元のピッチャーがフォアボールを出したとき
やっぱり、あーっと。人間として普通の反応ですね。
Commented by JUN7512 at 2013-10-01 10:05 x
伊達さんらしからぬ言動。
もしや更年期障害か?と思ってしまいました。
Commented by しょう at 2013-10-01 12:18 x
岩佐さん、こんにちは。

今回の件、私は伊達擁護です。

あの「シャラップ」のところだけテレビで繰り返し流れている
ために、たいしたことがないのに暴言を吐いたような印象に
なっていますが、惜しいミスに対して毎回「あ〜」と大きく
ため息をつかれてはやる気が削がれるのも分かるのです。
観る側も、選手を盛り上げる役割はあると思うのですが、
日本の観客はどうもミスをした選手と一緒に落ち込むような
雰囲気が強いと思います(私も含めて)。

しかし、伊達は周知させる方法を間違えたな、とは思います。
イメージがかなり悪くなったようです。
ファンを止めるなんていう書き込みをどこかで見ました。
私は応援し続けます。ああいう選手もいていいじゃないですか。
なんといっても「リオス好き」ですから、ちょっとやそっとじゃ
驚きません(笑)。
Commented by すて at 2013-10-01 12:21 x
ほぼ岩佐さんと同じ意見です。ありがとうございます。
試合中の気持ちが高ぶっての叫びは仕方ないとしても、試合後の会見ではもっと違う言い方があったのではないかなと私は思います。

私が伊達さんのファンならかなり気落ちしてしまったでしょうね。
日本の後進を育てるために復帰したのであれば(本当のところは知りませんが)その辺の態度も後輩のお手本になって欲しいですよね。
そして、
Commented by デルボンバー at 2013-10-01 12:27 x
相変わらず日本のスポーツ選手のファンやマスコミに対する対応は成長してないと思います。欧米のアスリート達の足元にも及ばないのでは?
Commented by ギリシャ at 2013-10-01 12:49 x
あと、個人的意見ですが、錦織くんが出始めた頃から、ダブルスで杉山愛さんと組めばいいのに…と思っていました。

愛さんは、錦織くんの足りない物を持っているのし、いい勉強になりそうだと思ったからです。
(あっ、決して伊達さんじゃあダメではなくて…)
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 14:12
しょうサン、こんにちは。

擁護派がいてもおかしくないと思います。
受け止め方はいろいろあるのが当然ですから。

それよりも、マルセロ・リオス!
NYのエレベーターで乗り合わせたことがありますが、
外出するところで、かっこよかったです。

一瞬、TRFのSAMかと思ったけど。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 14:15
すてサン、こんにちは。

イチロー、安藤美姫、そして伊達・・・
外国人ぽくなってるかもしれませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 14:16
デルボンバーさん、こんにちは。

まあまあまあ、
外国にもいろいろな選手がいますから。
ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 14:18
ギリシャさん、錦織がミックスダブルスを
プレーする場合は、シングルスの「ウォームアップ」
ですから、相手は誰でもいいんじゃないでしょうかね。
Commented by DSA at 2013-10-01 18:30 x
年齢を経て精神的にも大人になったと思っていましたが、なかなか勝ち上がれなくなってきたイライラと相まって思わず堪えきれなかったんでしょうか。ただ伊達のそんな部分と常人では考えられない強さとは、コインの表裏のような気もします。
※細かいことで恐縮ですが伊達の引退は96年だったかと思います。
Commented by Sari at 2013-10-01 21:03 x
私の友人はテニスの大会で線審をしています。
伊達さんが線審にむかって、「しっかり見てよ!おばさん!」と怒鳴ったことがあるそうです。友人は自分がその場にいれば主審に報告するかも、と言っていました。暴言だと思います。
彼女のランキング以上のスポンサーがつくのはファンがいるから、伊達の試合だと、観客がよべるから、なのにな、と本当に残念です。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 21:54
DSAさん、こんばんは。

勝てないとイライラする・・・では
一流とは言えないのですがねえ。

確かに、引退は96年でした。目の前で
見ていたのに。とほほ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-01 21:55
Sariさん、こんばんは。

「おばさん」と呼んだのが事実なら明らかな
暴言ですね。言いつけてやればよかったのに。
ハハハ。
Commented by メッシーナ at 2013-10-01 22:17 x
岩佐さんとはモノの見方がいつも違うと思っていましたが、
このことには、とても同感しています。
しかも、彼女の伝えかたも悪かったと思います。
Commented by taroke at 2013-10-01 23:32 x
今回の件は、あきらかに伊達の失敗ですね。コート上でいらいらして叫ぶだけならまだしも、試合後の記者会見での言い方はまずかった。
ただ、自分も競技者としてトーナメントなどに出ている身なので、その立場から言うと、自分がミスしたときの周囲からの「ああ~」という声は相当こたえます。伊達がエネルギーを吸い取られるようだみたいなことを言ったようですがその気持ち分かります。
ミスをして一番辛いのは自分なのに、それを追い討ちかけるように何百人何千人から「あ~・・・・」といわれたらさぞきついでしょうね。
他の方も書かれてましたが、日本の応援は、流れを読みすぎて、
選手が悪い波にいるときにそれを加速させるような雰囲気になる傾向が強い気がします。悪い波のときこそポジティブな声援をしたほうが応援している選手のためだと思うんですが。
以上、「あ~」というギャラリーの声がどれだけ選手にマイナス
エネルギーを与えているかということを書きました。
だからといって伊達を擁護する気もないですし、ギャラリーが「あ~」と
言うべきではないとも思いません。自分では言わないようにしてますのでそういう人が増えるといいなとは思いますが・・・
Commented by リエコ at 2013-10-01 23:58 x
やっぱり観客に投げた言葉だったんですね。
ずっと自分自身か観客にか迷ってましたが、スッキリしました。
テニスは上流階級のスポーツというイメージがあるので、まさか⁈でした。
この暴言はペナルティ(罰金)はあるのでしょうか?
Commented at 2013-10-02 05:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 06:42
メッシーナサン、おはようございます。

見方が「いつも」違う・・・のに
読み続けてもらって感謝です。ハハハ。
たまに一致するからいいのかな?
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 06:49
tarokeさん、おはようございます。

ファンが試合を見るとき、あなたがおっしゃるような
感情の流れを保つことは無理でしょうね。
一義的に自分が楽しみに行ってるわけですから。

それが、日本人ならではかどうかについては
難しいです。ストーサーが言うように、「ため息は
世界中のどこでも聞からます」から。
ただ、海外では、そのあとに「ガンバレ」の
意味を込めた拍手・声援が起きますけどね。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 06:55
リエコさん、おはようございます。

ここに書きこまれたコメントすべてが
真実かどうかは判断できませんが、
いろいろな「証言」が出ていますね。
言われてしまうこと自体がまずいと思います。
何しろ、一流だもの。ハハハ。

ペナルティの対象にはならないでしょう。
外国人選手も結構言いますから。
ただし。今度のように、観客に向けたものだと
明らかに分かるようなことは少ないですが。
分かれば、猛烈なブーイングが来るし。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 06:56
キンカさん、おはようございます。

虎の尾を踏んだ…ということですかね。
Commented by tom☆ at 2013-10-02 09:43 x
おはようございます♪ 久し振りのテニスの話題がこれとは~!
ため息が多かったのはきっと息を詰める展開が多かった所為でしょうね、だからポイントが決まった時に思わず息がもれると。
団体戦などの経験が有ればまよわず【ドンマイドンマイ!】【次だよ!次!】とかなんとか出てくるものですが、何せ日本人は声を出すのが苦手ですよね★ (今回修造くんは居なかったのかしら?)

伊達が出てきた頃からテニスを始めたので、当然私のアイドルでした! 小気味良いプレーに憧れたものです。
でも当時も彼女はファンの為なんて建て前にも思って無いように素っ気無く、今はただ自分の為だけに復帰したなーと感じます!
だから声援を送ったところでそれにもキレられそう?!★ 
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 09:53
tom☆サン、こんにちは。

どんな流れがあったにせよ、ため息は
制御できないものですからね。
評価を落としちゃって、普通の人なら
凹むところでしょうが彼女は強いからなあ。
ハハハ。
Commented by Vevey at 2013-10-02 21:08 x
岩佐さんこんばんわ
この件、随分コメント多いですね?
楽天オープンに行った人から、心なしかあ〜の声は遠慮がちで、すぐ拍手が起きたりするようになった気がすると聞きました。これもある種の伊達効果かも?
錦織も逆転しましたが、日本での試合は固くなるという部分もわかります。これで応援の仕方がちょっと変わるなら、結果オーライかなと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-02 21:47
Veveyさん、こんばんは。

そんなに簡単に変わりますかね。
変わる必要があるとも思わないんですよ。
私が変えた、、、と言われるのは業腹。
ハハハ。
Commented by kuroneko at 2013-10-06 01:50 x
いつもフィギュアスケートの記事を中心に読ませてもらっています。
伊達さんの件、フィギュアスケートの会場で私が感じていることに少し似ている気がして、伊達さん擁護派としてコメントさせてもらいます。
私が感じるスケートの会場のファンたちの反応は・・・湿っぽいです。マイナス思考的というか・・・。あなたは当の選手の何なのさ、と言いたくなるような・・・それがなんともいえず気持ち悪いことがあります。特に日本の選手に対する応援はそうです。伊達さんもそういうジメジメした感じが嫌で、もっとサバサバ応援してよ、と思ったのでは?単なる想像ですがそう思いました。
いい、悪い、は別として面白い事件ですね。だからコメントも多いし、私もついコメントしたくなってしまいました。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-06 07:56
kuronekoさん、おはようございます。

海外の事情は分かりませんが、日本のスポーツファンと
応援する選手の関係が「ウエット」なのは確かなようです。
しかし、選手が観客の態度を非難するのは間違ってますね。

おっしゃるように、この記事に対するコメント量は今年第2位の
多さになっています。

1位は・・・
<前略 町山智浩さま~“クソじじい”とののしられて~>の
36件です。ハハハ。
Commented at 2013-10-08 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2013-10-09 06:58
カギ付きで伊達公子について書きこんだ
Sさん、おはようございます。

こっぱずかしい・・・ことはなにもありません。
おっしゃっていることはすべて”まとも”だと思います。
Commented at 2013-10-09 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しー at 2014-07-19 21:26 x
今さらですがコメントさせてください。

今回の件はもちろん伊達さんにも悪い部分はありますがそれよりも観客のため息はもっと悪いと自分は感じています。

プロだから?金を払ってるから?それは理由にはならないと思います。
選手は勝ちたいとコートに立ち試合に臨んでいます。勝ちたい気持ちがあるのにため息をつかれたら誰しも嫌な気持ちになりイライラするのは当然ではないでしょうか。

1人のため息も数が集まれば相当大きな音で選手には聞こえると思います。
ため息は自然と出るもの?だから仕方ない?
それで解決するのではなくてまずは1人1人が気をつけないといけないと思います。
プロでもミスはします。
ため息ではなく違うアクションを。

Commented by toruiwa2010 at 2014-07-20 06:51
しーサン、おはようございます。

テニス会場では、世界のどこでも
ため息が漏れることがあります。
日本ほどウェットなものではありませんが。
テニスの観客だって、ほかの競技と同じように
自分の気持ちを表していいのではないですか?
ブーイングがないだけマシではないですか?

この件で一番嫌なところは伊達の態度に
「私の実績があったら、この言動も許される」と
思っているように見える部分です。
Commented by りょう at 2016-11-28 00:35 x
ため息一つつけないなんて決まりがあるならテニスなんて一生見にいかないです
Commented by toruiwa2010 at 2016-11-28 08:12
りょうサン、おはようございます。

ずいぶん、古い記事に!
伊達はよほど虫の居所が悪かったのでしょう。
ダンナとは仲のいい時代だったはずですが。
ハハハ。
Commented by あははー at 2017-05-14 16:55 x
ため息以前にハハハが薄ら寒くて気持ち悪い。
Commented by toruiwa2010 at 2017-05-14 18:47
あははーサン、承認しときます。

改めて読むと恥ずかしいでしょ?ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。